• 車高調のおすすめ人気ランキング10選【クスコ・タナベからブリッツまで!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 車高調のおすすめ人気ランキング10選【クスコ・タナベからブリッツまで!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 車高調のおすすめ人気ランキング10選【クスコ・タナベからブリッツまで!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 車高調のおすすめ人気ランキング10選【クスコ・タナベからブリッツまで!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 車高調のおすすめ人気ランキング10選【クスコ・タナベからブリッツまで!】のアイキャッチ画像5枚目

車高調のおすすめ人気ランキング10選【クスコ・タナベからブリッツまで!】

車の車高を調整したり、乗り心地や走り性能を良くすることができる「車高調」。ブリッツやクスコ、タナベなど、多くのカー用品メーカーから販売されていますが、商品によって調整方法や構成するパーツの仕様が異なるため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、車高調の選び方と、通販で購入できるおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。車高調があれば、思い通りの車高に調整して愛車をもっとかっこよく乗り回すことも可能。性能や乗り心地もグッとアップすることができますよ!

  • 最終更新日:2018年12月27日
  • 15,703  views
目次

車高調を使うメリット。ダウンサスとの違いは?

車高調を使うメリット。ダウンサスとの違いは?

車高調と聞くと、単に車高調節をするためのパーツだと思う人が多いかもしれません。しかし、「車高調整式サスペンション」という正式名称からもわかるとおり、車高調は、スプリングとショックアブソーバー一式がセットになったサスペンションキットのことです。


車高を下げることに特化したカー用品としては、ストロークの短いコイルスプリング「ダウンサス」がありますが、車高調はより幅広い使い方が可能。車高の上げ下げの調整だけでなく、スプリングの硬さを変えて乗り心地を調整したり、ショックアブソーバーの硬さ(減衰力)を調節したりして、見た目や乗り心地をカスタマイズできます。


その分ダウンサスよりは高価ですが、交換後も車高や乗り心地の変更ができるので、走行スタイルに合わせて、車高や乗り心地を変更することも可能。車高の調整だけでなく、より自分好みの乗り心地にこだわりたい方には、いろいろ細かく調整できる車高調がおすすめです!

車高調の選び方

それでは、車高調の選び方を見ていきましょう。

調整方式で選ぼう

車高調は調整方式によって大きく3つの種類に分かれます。しかし、このうち「Cリング型」は使い勝手の悪さなどから、現在ではあまり使われていないため、それ以外の2つの種類について見ていきましょう。

車高を下げても乗り心地が変わらない「全長調整式」が◎

車高を下げても乗り心地が変わらない「全長調整式」が◎

出典:amazon.co.jp

機能性を重視するなら、車高を下げても乗り心地が変わらない「全長調整式」がおすすめです。全長調整式は、スプリングの位置に関係なく、ブラケット部分の長さを調整して車高を調節するのが特徴。ショックアブソーバーという、振動を減衰する機構の有効ストローク量が変わらないため、底付きの恐れもありません


車高を下げるとゴンゴンと地面にぶつかるような乗り心地になってしまうのでは、と思う方もいるかもしれませんが、全長調整式ならそのような状況も避けることが可能。比較的高価なものが多めですが、中にはコスパの高いお手頃商品もあるので、チェックしてみましょう!

価格重視ならトラブルが起きにくい「ネジ式」も選択肢に

価格重視ならトラブルが起きにくい「ネジ式」も選択肢に

出典:amazon.co.jp

できるだけコストを抑えたいなら、ネジ式も選択肢に入れてみましょう。ネジ式は全長調整式よりも安く手に入れることができ、シンプルな構造でトラブルが起きにくいのがメリットです。


ただし、スプリング下部にあるロワシートを調整する構造になるため、車高を下げれば下げるほどショックアブソーバーが縮み、底付きを起こす恐れがあります。全長調整式と同じようにミリ単位での調整は可能ですが、乗り心地の面では全長調整式よりも劣ってしまうことは覚えておきましょう。

⾛⾏スタイルや運転する環境に合わせて選ぼう

⾛⾏スタイルや、運転する環境に合った構造のものを選ぶことも⼤事なポイントです。

スポーツ⾛⾏には「単筒式」を。街乗りには「複筒式」が◎

スポーツ⾛⾏には「単筒式」を。街乗りには「複筒式」が◎

出典:amazon.co.jp

ショックアブソーバーを構成する筒のタイプには2種類ありますが、スポーツ⾛⾏などハードな運転をする場合には「単筒式」を。ストリート⾛⾏には「複筒式」がおすすめです。

「単筒式」は⻑時間⾼速で⾛⾏しても、安定した減衰⼒を発揮できるのがメリット。しかし、構造上、ごつごつした⾛りに感じやすい傾向があります。そのため、街乗りメインの場合は、ストロークが⻑く乗り⼼地がよい「複筒式」のほうがおすすめです。

アッパーマウントの違いにも注目しよう

アッパーマウントの違いにも注目しよう

出典:amazon.co.jp

ショックアブソーバーとボディをつなぐ「アッパーマウント」の違いにも注目。ドレスアップ目的で車高調を使いたい方や、スポーツタイプで走りを重視したい方は、接合部分に金属が使われている「ピロ式タイプ」がおすすめです。一方、一般走行の車には、接合部分がゴムでできている「ゴムブッシュ式」が向いています。

「ピロ式」は動きがダイレクトに伝わるため、走行性能が向上。キャンバー角を調整できるものもありますが、どうしても乗り心地が硬くなってしまいます。その点、「ゴムブッシュ式」は、純正のタイヤ周りでも使われているとおり、乗り心地がよいのがメリット。純正のアッパーマウントを再利用して使っている車高調なら、その分、コストが抑えめなので要チェックですよ。

減衰力調整付なら、好みに合わせて乗り心地を調節できて◎

減衰力調整付なら、好みに合わせて乗り心地を調節できて◎

出典:amazon.co.jp

様々なシチュエーションや走行環境に合わせて乗り心地を調整したい!という方は、減衰力調整付きの商品がおすすめです。ショックアブソーバーの効きの強さ(減衰力)を調整することで、乗り心地を好みのものに変えることができます。


ダイヤル式になっており、商品によって調整できる段階数が違いますが、30段階くらいを目安に選ぶのがおすすめ。段階数が多いからといって、硬さややわらかさの幅が広がるわけではありません。むやみに段階数が多いものを選ぶと、逆に調整がややこしくなる場合もあるため、注意しましょう。

製品保証が長い商品が安心

製品保証が長い商品が安心

出典:amazon.co.jp

車高調の多くは、取り付けてからの期間や走行距離で保証期間が定められているので、なるべく長期間の保証が付いたものを選ぶと、安心して使うことができるでしょう。


多くの商品は、1年間か1万km以内に正常な使用状況での故障を保証してくれるものが多いですが、長いものなら3年間か6万km以内というものもあります。長い保証期間があれば、万が一の故障でもメーカーに対応してもらえるので、チェックしておくといいですね。

車高調の人気ランキング10選

ここからは、人気のある車高調商品をランキングでご紹介していきます!

10位
車高調 レーシングギア 車高調整式ダンパー 1枚目
出典:amazon.co.jp

レーシングギア車高調整式ダンパー

TYPE-K2

55,080円 (税込)

調整方式全長調整式
ショックアブソーバーの構造複筒式
アッパーマウントの種類強化ゴムアッパーマウント
減衰力調整付き×
保証期間1年間かつ2万km以内
適合車種ワゴンR・アルトラパン
9位
車高調 ブリッツ 車高調 ダンパー サスペンション 1枚目
出典:amazon.co.jp

ブリッツ車高調 ダンパー サスペンション

84,357円 (税込)

調整方式全長調整式
ショックアブソーバーの構造単筒式
アッパーマウントの種類フロント:調整式ピロ・リア:強化ゴム
減衰力調整付き○(32段階)
保証期間3年間かつ6万km
適合車種86・86GR・86GR SPORTS
8位
車高調 オーリンズ 車高調 HA BTO スプリングレス エルグランド E52 1枚目
出典:amazon.co.jp

オーリンズ車高調 HA BTO スプリングレス エルグランド E52

266,112円 (税込)

調整方式ネジ式
ショックアブソーバーの構造
アッパーマウントの種類
減衰力調整付き○(前後20段階)
保証期間
適合車種エルグランド
7位
調整方式全長調整式
ショックアブソーバーの構造単筒式
アッパーマウントの種類専用ゴムブッシュマウント
減衰力調整付き○(36段階)
保証期間1年間又は1万km以内
適合車種スカイライン4WD
6位
車高調 テイン 車高調 STREET BASIS Z 1枚目
出典:amazon.co.jp

テイン車高調 STREET BASIS Z

GSQ98-81AS2

63,409円 (税込)

調整方式ネジ式
ショックアブソーバーの構造複筒式
アッパーマウントの種類純正アッパーマウント再利用タイプ
減衰力調整付き×
保証期間3年間又は6万km以内
適合車種ノア・ヴォクシー・エスクァイア80系
5位
調整方式ネジ式
ショックアブソーバーの構造
アッパーマウントの種類
減衰力調整付き×
保証期間1年間又は1万km以内
適合車種ノート
4位
調整方式全長調整式
ショックアブソーバーの構造単筒式
アッパーマウントの種類ピロ調整式
減衰力調整付き○(30段階)
保証期間1年間
適合車種ムーヴ・ムーヴカスタム
3位
調整方式全長調整式
ショックアブソーバーの構造
アッパーマウントの種類アッパーマウントレス仕様
減衰力調整付き○(40段階)
保証期間1年間又は1万km以内
適合車種フィットハイブリッド
2位

アクシススタイリングパーフェクトダンパー3

128,000円 (税込)

調整方式全長調整式
ショックアブソーバーの構造フロント:複筒式・リア:短筒式
アッパーマウントの種類フロント:純正アッパーマウント再利用・リア:製品一体型
減衰力調整付き○(15段階)
保証期間2年間又は4万km以内
適合車種アルファード・ヴェルファイア
1位
車高調 トラスト GReddy PS 車高調サスキット 1枚目
出典:amazon.co.jp

トラストGReddy PS 車高調サスキット

PS-DH004

101,477円 (税込)

調整方式全長調整式
ショックアブソーバーの構造
アッパーマウントの種類ピロ式アッパーマウント
減衰力調整付き○(15段階)
保証期間
適合車種コペン

人気車高調の比較一覧表

商品画像
1
車高調 トラスト GReddy PS 車高調サスキット 1枚目

トラスト

2
車高調 アクシススタイリング パーフェクトダンパー3 1枚目

アクシススタイリング

3
車高調 クスコ street ZERO A 1枚目

クスコ

4
車高調 アローズ 車高調 1枚目

アローズ

5
車高調 Tanabe 車高調キット SUSTEC PRO 1枚目

Tanabe

6
車高調 テイン 車高調 STREET BASIS Z 1枚目

テイン

7
車高調 RS-R 車高調 Luxury Best i 1枚目

RS-R

8
車高調 オーリンズ 車高調 HA BTO スプリングレス エルグランド E52 1枚目

オーリンズ

9
車高調 ブリッツ 車高調 ダンパー サスペンション 1枚目

ブリッツ

10
車高調 レーシングギア 車高調整式ダンパー 1枚目

レーシングギア

商品名

GReddy PS 車高調サスキット

パーフェクトダンパー3

street ZERO A

車高調

車高調キット SUSTEC PRO

車高調 STREET BASIS Z

車高調 Luxury Best i

車高調 HA BTO スプリングレス エルグランド E52

車高調 ダンパー サスペンション

車高調整式ダンパー

特徴乗り心地を犠牲にせず、車高調整もミリ単位で可能ベストな車高にセットアップ済みで楽々取り付けストリートシリーズの最上級モデルでチューニングの自由度アップカスタム性の高い車高調がお手頃価格でコスパ◎車種別専用設計でコストは抑えながら確かな乗り心地を実現シンプルで扱いやすく、お手頃価格が嬉しい商品高級セダン向けにノウハウを詰め込んで開発された車高調受注後生産で、丁寧に手組みされた高級モデル最高レベルの保証が付いた安心の車高調街乗りでの最高の乗り心地を重視したセッティングが魅力
価格101,477円(税込)128,000円(税込)59,215円(税込)53,784円(税込)73,354円(税込)63,409円(税込)145,800円(税込)266,112円(税込)84,357円(税込)55,080円(税込)
調整方式全長調整式全長調整式全長調整式全長調整式ネジ式ネジ式全長調整式ネジ式全長調整式全長調整式
ショックアブソーバーの構造フロント:複筒式・リア:短筒式単筒式複筒式単筒式単筒式複筒式
アッパーマウントの種類ピロ式アッパーマウントフロント:純正アッパーマウント再利用・リア:製品一体型アッパーマウントレス仕様ピロ調整式純正アッパーマウント再利用タイプ専用ゴムブッシュマウントフロント:調整式ピロ・リア:強化ゴム強化ゴムアッパーマウント
減衰力調整付き○(15段階)○(15段階)○(40段階)○(30段階)××○(36段階)○(前後20段階)○(32段階)×
保証期間2年間又は4万km以内1年間又は1万km以内1年間1年間又は1万km以内3年間又は6万km以内1年間又は1万km以内3年間かつ6万km1年間かつ2万km以内
適合車種コペンアルファード・ヴェルファイアフィットハイブリッドムーヴ・ムーヴカスタムノートノア・ヴォクシー・エスクァイア80系スカイライン4WDエルグランド86・86GR・86GR SPORTSワゴンR・アルトラパン
商品リンク

車高の調整にはフックレンチも必要不可欠

車高調整をするときには、ロックシートやスプリングシートを回すための「フックレンチ」が必要です。車高調にはフックレンチが付属していない場合もあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。自分で用意しなければならない場合は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?ただ車高を下げるだけでなく、選ぶタイプによって車の性能が全く変わることがわかりますよね。車の見た目だけでなく、乗りやすさも好みに仕上がるように、自分の使い方に合わせた商品を選んで快適なドライビングを楽しみましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す