• 【初心者必見】羊毛フェルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【初心者必見】羊毛フェルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【初心者必見】羊毛フェルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【初心者必見】羊毛フェルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【初心者必見】羊毛フェルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【初心者必見】羊毛フェルトのおすすめ人気ランキング10選

道具と材料さえあれば、まるで粘土のように好きな形を作ることができる羊毛フェルト。今ではすっかりメジャーな手芸となり、猫や犬・うさぎなどの動物マスコットや、ブローチなどのアクセサリー小物を手作りする人も増えてきましたね。カールした羊毛を植毛してトイプードルのリアルな毛並みを再現したり、ウールの種類によって色々な雰囲気の作品を楽しむことができるのも魅力です。

とは言っても、一体何を基準に羊毛を選べば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そんな初心者の方のために、今回は羊毛フェルトで使用する羊毛の選び方と、通販で購入できるおすすめの羊毛をご紹介します。羊毛フェルトの材料にこだわって、もっと作品作りを楽しみましょう♪
  • 最終更新日:2019年05月29日
  • 18,682  views
目次

羊毛フェルトの選び方

「羊毛フェルト」には、先端にギザギザのついた専用の「ニードル」をサクサクと羊毛に刺すことで形を作っていく「ニードルフェルト」と、石鹸水を使ってゴシゴシとこすることで形を作っていく「ウェットフェルト」の2種類があります。今回は、「羊毛フェルト」と聞いてまず連想されるであろうニードルフェルトを前提として選び方やおすすめの商品の紹介をご紹介します。

羊毛フェルトに使用する羊毛は、実は色が違うだけでなく質感も製品ごとに大きく異なります。色だけでなく羊毛の質感が自分の作風に合うかどうかや、自分にとって扱いやすいかどうかという点にも注目して選びましょう。

素材の種類によって作りやすさや仕上がりが違う

羊毛フェルトに使用する羊毛選びで一番大切なことは、やはり作りたいものに合った色であるということです。でも、一口に「羊毛」といっても実はさまざまな種類があり、同じような色でも羊の品種やどの部分の毛が使用されているかで羊毛のまとまりやすさや作品の質感に大きな違いが出ます。

羊毛ごとの特徴を知り、自分にとって最適なものを選びましょう。

メリノ(メリノウール)

羊毛フェルトに使用される羊毛の中でもっともポピュラーな品種です。手芸店で販売されている羊毛の多くに、このメリノが使用されています。

繊維が細く柔らかいのが特徴で、できあがった作品も艶のあるなめらかな手触りに仕上がります。毛に光沢があり発色もいいためカラーバリエーションが豊富ですが、毛質がなめらかなため特に初心者の方にはニードルでフェルト化しにくい(=固めにくい)かもしれません。ニードルの針穴も目立ちやすいので、美しく仕上げるのに時間がかかります。

また、メリノの中には「ファイン」や「トップ」といった名称が付くものがありますが、これらはメリノの中でもより繊維が細く柔らかなトップコート(上毛)のみが使用されるなどした、より高品質な羊毛です。仕上がりは美しくなりますが、良くも悪くもメリノの個性が強く毛がまとまりにくいため、初心者の方にはおすすめできません。

ロムニー

メリノと比べるとかなり繊維が太くゴワゴワしています。仕上がりもなめらかなメリノとは対照的で、いかにも手作りといった素朴な手触りが魅力です。繊維のごわつきはニードルとの相性が良く、短時間でフェルト化することができ針穴も目立ちにくいので初心者の方におすすめです。ただ、発色が悪く、色味がやや地味です。

その他の羊毛や獣毛

羊毛を使用する羊にはほかにもコリデールやアッシュフォードなどさまざまな品種があり、羊毛専門店なら多くの品種の中からお好みのものを選ぶことができます。でも、一般的な手芸店で販売さている羊毛の多くはそこまで細かな指定はできません。多くの場合、「毛」や「ウール」とだけ記載されています。

こういった製品は、羊をはじめアンゴラやアルパカといったほかの動物のものも含めた「毛」であったり、羊の品種を指定しない「ウール」であるため、パッケージの記載だけで毛の個性や質感を把握することは難しいです。使用した人の口コミを参考にするか、実際に使ってみて自分の作風や作り方に合うかを見極めましょう。

化学繊維

羊毛の中には、羊毛100%ではなくナイロンやアクリルなどの化学繊維が混ざっていたり、化学繊維100%の製品も販売されています。それを「羊毛」と表記しても良いのかは微妙なところですが、化学繊維は本物の羊毛より絡まりやすいためフェルト化が早く、より短時間で作品を完成させることができます。

発色の面でも、羊毛100%の製品では出せない化学繊維ならではの色や質感を出すことができ、より幅広い表現を可能としています。化学繊維が使用されているからといって、決して「偽物」「粗悪品」ということではありません。

作品に合わせて個性的な加工の羊毛を選ぶ

羊毛の中には、ただ染色されているだけではなく、モコモコとしたものやカールしたもの、ストライプ模様になっているもの、「ネップ」と呼ばれる粒状に丸められた羊毛が混ざっているものなど、個性的な羊毛も少なくありません。そういった羊毛を使うことで、動物をよりリアルにしたりマスコットをよりファンシーにしたりと、表現の幅が広がります。

作品の芯に「中詰羊毛」があると便利

特に、マスコットなどの制作で作品の芯として使用されるのが「中詰羊毛」です。これまでにご紹介してきたような色のついた羊毛(染色羊毛と言います)と違って繊維が整えられておらず、クッションの中綿のような形状をしています。

染色羊毛より低価格ではるかに形を作りやすいため、まず中詰羊毛で形を作ってから染色羊毛で覆うことで、初心者の方でもより簡単に思い通りの作品を作りやすく、割高な染色羊毛の節約にもなります。

少し割高にはなりますが色のついた中詰羊毛もあり、使用する染色羊毛に近い色の中詰羊毛を選ぶことで、上に被せた染色羊毛が薄く中詰羊毛が透けて見えてしまうという心配を減らすことができます。あえて中詰羊毛だけで作品を作り、独特の風合いを出すことも可能です。

ただ、中詰羊毛は染色羊毛ほどきれいに洗浄されていませんので、多少ゴミが混じっていることがあります。特に外側に使用する場合は、丁寧にゴミ取りをする必要があるでしょう。

同じ品種でもメーカーによって質感が異なる点に注意

たとえ同じメリノやロムニーであっても、メーカーによって質感や毛の長さが異なります。あるメーカーの羊毛を使ってみて、「この品種の羊毛は使いにくいな」「自分の作風に合わないな」と思っても、他のメーカーのものならしっくりくることもありますので、ぜひ色々なメーカーの羊毛を試してみてください。

また、同じメーカーでもロットが違うと色味が異なる場合があることに注意が必要です。

はじめは少量パックがおすすめ

特に染色羊毛は、決して安いものではありません。手芸店では、1色50g前後の製品も販売されていますが、かなり大きなサイズのものを作らない限り、羊毛フェルトの作品作りで使用する羊毛はごくわずかです。中詰羊毛を使用するとさらに染色羊毛の使用量は減少しますので、50g前後の羊毛を全て使い切ることは難しいでしょう。

欲しい色全てをバラバラで購入すると金銭的にもかなりの負担になりますので、最初は複数の色が少量ずつパックされたものを購入し、特に消費の激しい色がわかってきたら大きなサイズのものを購入するようにするのがおすすめです。

【スタンダード】羊毛フェルトのおすすめ人気ランキング3選

ここからは、標準的な束状の染色羊毛「スタンダード」、素材やデザインに個性のある「変わり種」、植毛におすすめの「植毛向け」の3つのカテゴリに分けておすすめ商品をランキング形式でご紹介したいと思います。羊毛専門店では数限りない種類の羊毛が売られていますが、今回はもっとも一般的で手に入れやすいハマナカの商品をメインにご紹介していきます。

まずはスタンダードからですが、染色したストレートの羊毛は羊毛フェルトでは必ず使用するものであり、素材もカラーバリエーションも非常に豊富です。作りたいものの色や質感に合った作りやすいものを選びましょう。
3位
容量20g(各色約2g)
素材アクリル100%
2位
容量各8g×15色入り
素材ウール100%
1位
容量120g(各色約10g)
素材ウール100%

おすすめ人気【スタンダード】羊毛フェルトの比較一覧表

商品画像
1
羊毛フェルト ハマナカ ウールキャンディ 1枚目

ハマナカ

2
羊毛フェルト 藤久 フルフィール 1枚目

藤久

3
羊毛フェルト ハマナカ アクレーヌ 1枚目

ハマナカ

商品名

ウールキャンディ

フルフィール

アクレーヌ

特徴色々な羊毛を少しずつ使いたい人に!ハマナカ羊毛の少量パ...さすがの使いやすさ!ニードルフェルトのために開発された...お子様でも簡単!カラフルで固まりやすいアクリル100%
価格1,040円(税込)1,924円(税込)600円(税込)
容量120g(各色約10g)各8g×15色入り20g(各色約2g)
素材ウール100%ウール100%アクリル100%
商品リンク

【個性的な変わり種羊毛】羊毛フェルトのおすすめ人気ランキング3選

続いて個性的な質感や模様、形状の羊毛のおすすめ人気ランキングです。スタンダードな羊毛だけでは出せない幅広い表現を可能としてくれます。作りたいものに合う羊毛を選ぶのも良いですが、「この羊毛からどんなものを作れるか」と考えるのも楽しいですよ。
3位
容量30g
素材ウール100%
2位
容量30g
素材ウール100%
1位

ハマナカきらきら羊毛 トゥインクル

363円 (税込)

容量30g
素材ウール60%・ナイロン(スパークナイロン)40%

おすすめ人気【個性的な変わり種羊毛】羊毛フェルトの比較一覧表

商品画像
1
羊毛フェルト ハマナカ きらきら羊毛 トゥインクル 1枚目

ハマナカ

2
羊毛フェルト ハマナカ カラースカード 1枚目

ハマナカ

3
羊毛フェルト ハマナカ カラフルネップ 1枚目

ハマナカ

商品名

きらきら羊毛 トゥインクル

カラースカード

カラフルネップ

特徴羊毛にきらめきを!今までになかったまったく新しい新素材これ1つでニュアンスを出せる!モコモコふわふわの優しい羊毛センスがなくても個性が出せる?!カラフルな粒々入り羊毛
価格363円(税込)407円(税込)454円(税込)
容量30g30g30g
素材ウール60%・ナイロン(スパークナイロン)40%ウール100%ウール100%
商品リンク

【植毛向け】羊毛フェルトのおすすめ人気ランキング3選

ハマナカからは、リアルな動物を作る人向けに植毛に特化した羊毛も発売されています。とはいえ、羊毛はあくまで「素材」。どのように使うかはアイディア次第です。
3位

ハマナカリアル羊毛フェルト 植毛ストレート

650円 (税込)

容量40g
素材毛100%
2位
羊毛フェルト ハマナカ フェルティングヤーン ループ 1枚目
出典:amazon.co.jp

ハマナカフェルティングヤーン ループ

310円 (税込)

容量約10m
素材毛100%
1位

ハマナカリアル羊毛フェルト 植毛カール

650円 (税込)

容量30g
素材毛93%・形状保持用ナイロン7%

おすすめ人気【植毛向け】羊毛フェルトの比較一覧表

商品画像
1
羊毛フェルト ハマナカ リアル羊毛フェルト 植毛カール 1枚目

ハマナカ

2
羊毛フェルト ハマナカ フェルティングヤーン ループ 1枚目

ハマナカ

3
羊毛フェルト ハマナカ リアル羊毛フェルト 植毛ストレート 1枚目

ハマナカ

商品名

リアル羊毛フェルト 植毛カール

フェルティングヤーン ループ

リアル羊毛フェルト 植毛ストレート

特徴カールやウェーブはこれにおまかせ!多様な表現ができるほ...ムラになりにくい毛糸みたいな羊毛簡単にリアルな毛流れを表現できる植毛専用羊毛
価格650円(税込)310円(税込)650円(税込)
容量30g約10m40g
素材毛93%・形状保持用ナイロン7%毛100%毛100%
商品リンク

【番外編】おすすめの中詰羊毛

最後に、番外編としてハマナカの中詰羊毛をご紹介します。
容量50g
素材ウール100%

初心者はキットから始めるのもあり!

今回は羊毛フェルトに使用する「羊毛」に絞ってご紹介しましたが、初心者の方はフェルトキットを使用するのもおすすめです。以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

羊毛フェルトの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、羊毛フェルトのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクから確認してください。

まとめ

羊毛フェルトで使用する羊毛選びで大切なことは、作品に合う色であることだけではありません。質感や使いやすさも同じくらい大切です。まずは少量パックのもので色々な羊毛を使ってみて、自分に合う羊毛を見つけましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す