• 関東でソロキャンプにおすすめのキャンプ場人気ランキング10選【初心者でも安心のスポットを厳選!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 関東でソロキャンプにおすすめのキャンプ場人気ランキング10選【初心者でも安心のスポットを厳選!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 関東でソロキャンプにおすすめのキャンプ場人気ランキング10選【初心者でも安心のスポットを厳選!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 関東でソロキャンプにおすすめのキャンプ場人気ランキング10選【初心者でも安心のスポットを厳選!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 関東でソロキャンプにおすすめのキャンプ場人気ランキング10選【初心者でも安心のスポットを厳選!】のアイキャッチ画像5枚目

関東でソロキャンプにおすすめのキャンプ場人気ランキング10選【初心者でも安心のスポットを厳選!】

日頃の雑踏から抜け出して、心身ともにリフレッシュしたいときにおすすめなのが、1人で楽しむ「ソロキャンプ」。周りに合わせることなく自分のペースで楽しめるため、充実したひと時を過ごせるのが大きな魅力です。とはいえ、いざソロキャンプを楽しんでみたい!と思っても、キャンプ場選びに悩むという人は多いのではないでしょうか。


そこで今回は、ソロキャンプにおすすめのキャンプ場を選ぶときに役立つポイントをご紹介。さらに、関東で人気のスポットをランキング形式でお伝えしていきます。初心者でも安心して利用できるソロキャンプ場や、大自然を満喫できるキャンプ場を厳選しました。ぜひ、お気に入りのキャンプ場を見つけて、ソロキャンプを思いきり楽しみましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 92,683  views
目次

ソロキャンプにおすすめのキャンプ場の選び方

まずは、ソロキャンプにおすすめのキャンプ場の選び方をご紹介します。

楽しみ方に合わせて選ぼう

まずは、ソロキャンプでどのように楽しみたいのか考えてみましょう。自分の目的やイメージに近いキャンプ場を選ぶことで、充実した時間を過ごせますよ。

一人だけの静かな時間を楽しみたいなら「ソロキャンプサイト」がおすすめ

一人だけの静かな時間を楽しみたいなら「ソロキャンプサイト」がおすすめ

一人気ままにゆっくりとした時間を楽しみたいなら、「ソロキャンプサイト」がおすすめです。ソロキャンプ専用のキャンプ場、もしくはソロキャンプ向けのエリアがあるところなら、慣れていない人でも利用しやすいはず。


周りもソロキャンプを楽しんでいる人ばかりなので、自分一人の静かな時間を自由に楽しめるでしょう。また、ソロキャンプサイトは、他のキャンプサイトよりも利用料金が安価なことが多いので、コストを抑えたい人にもおすすめです。

車やバイクと一緒に楽しむなら「オートサイト」をチョイス

車やバイクと一緒に楽しむなら「オートサイト」をチョイス

車やバイクと一緒にキャンプを楽しみたいなら「オートサイト」や「駐車場付きエリア」のあるキャンプ場を選びましょう。「オートサイト」は電源があるため、照明器具や電子機器の充電が可能。長期滞在にも便利です。ツーリングやドライブがてら、キャンプを楽しみたい人にも向いています。


また、車に荷物をたくさん積んでいる場合や、車にタープをつけてキャンプを楽しみたい場合には「駐車場付きエリア」を選ぶのが正解。自分に合った楽しみ方ができます。

「絶景」が楽しめるキャンプ場で心身ともにリフレッシュするのも◎

「絶景」が楽しめるキャンプ場で心身ともにリフレッシュするのも◎

キャンプをするときに、ロケーションにこだわる人も多いのではないでしょうか。海や湖の近く、あるいは、星空が楽しめる高原、山の上からの眺めを楽しめるところなど、景色を楽しみながら心身ともにリフレッシュしたいなら、「絶景」が楽しめるキャンプ場を選んでみましょう。


また、キャンプ場によっては、ロケーションに合わせて数種類のエリアが設けられている場合もあります。自分の見たい景色がどのエリアなのかも、事前にチェックしておくとよいでしょう。

レジャーを満喫したいなら、アクティビティ充実のキャンプ場を

レジャーを満喫したいなら、アクティビティ充実のキャンプ場を

ソロキャンプとはいえ、アクティブに過ごしたい!という人は、ハイキングやダイビング、釣りなど自然を活かしたさまざまなアクティビティが楽しめるキャンプ場を選びましょう。キャンプ場の周辺に海や川、散策路があるところなら、一人でも活動的に過ごせるでしょう。連泊して、このようなアクティビティにとことん挑戦してみるのもおすすめですよ。

アウトドア気分だけ楽しみたいなら、コテージを利用するのもアリ

アウトドア気分だけ楽しみたいなら、コテージを利用するのもアリ

今までキャンプをしたことがなく、ソロキャンプができるか不安…。でも、アウトドア気分だけでも楽しみたい!という場合は、コテージやバンガローがあるキャンプ場を利用してみるのもおすすめです。


天気や季節に左右されることなく快適に過ごせるのはもちろんのこと、照明やベッド、アメニティなども揃っているので、初めての人でも安心。ただし、キャンプ場の環境や雰囲気は充分満喫できますが、その分どうしても価格が高くなってしまうことは覚えておきましょう。

キャンプ場内の設備やセキュリティをチェック

キャンプ場を決めるときには、設備やセキュリティの充実度もしっかり確認しておきましょう。設備やセキュリティが整っていれば、ソロキャンプでも手軽に楽しめますね。どのくらい滞在するのか、どの設備が必須なのかをチェックすることで、自分に合ったキャンプ場を絞ることができますよ。

トイレやシャワー・お風呂の設備が整っているところが理想的

トイレやシャワー・お風呂の設備が整っているところが理想的

キャンプのときに必須なのが、トイレやシャワー、お風呂などの水回りです。ソロキャンプとはいえ、快適に過ごすためには、やはり水回りの設備が充実しているところがおすすめ。水回りの設備が整っていることが確認できたら、どの位置にいくつあるのか確認しておくと便利です。


最近は、トイレとシャワーが設置されているキャンプ場が多いですが、とくに山の中にある区画整備されていないキャンプ場は、管理が行き届いていなかったり、数が足りないケースもあるため注意しましょう。

料理を楽しむなら炊事場付き、面倒なら売店やカフェ併設のところが◎

料理を楽しむなら炊事場付き、面倒なら売店やカフェ併設のところが◎

せっかくソロキャンプをするなら、凝った料理を作りたいという人も多いはず。「炊事場」があるキャンプ場を選ぶことで、調理道具などの持ち物が減り、ぐんと料理がしやすくなります。また、同時に食材の販売や調理器具のレンタルもチェックしておくと、作りたいアウトドア料理が作れるのかどうかをチェックすることができるでしょう。


逆に、自分で料理を作ったり持ち込みをしたりするのは面倒!という場合には、売店やカフェ、レストランが併設されているキャンプ場がおすすめですよ。

初心者なら、万が一に備えて管理棟があるところが安心

初心者なら、万が一に備えて管理棟があるところが安心

一人行動が基本となるソロキャンプでは、セキュリティ対策が万全なキャンプ場を選ぶことも大事なポイントです。とくにソロキャンプにまだ慣れていないなら、何かあったときにすぐに対応できるよう、キャンプ場内に管理人が常駐しているか、管理棟が設置されているか確認しておきましょう。


さらに、女性のソロキャンパーなら、夜間に入口の施錠がされているか、警備を行っているかもチェックしておくと安心です。また、万が一の事態に備えて、スマートフォンや携帯電話がいつでも繋がるように、電波がつながるかどうかも確認しておくといいでしょう。

コストを抑えたいならフリーサイトのあるキャンプ場を

コストを抑えたいならフリーサイトのあるキャンプ場を

ソロキャンプ場を選ぶときに、気になるのが1泊あたりの料金です。少しでもコストを抑えたい場合は、「フリーサイト」のあるソロキャンプ場を選びましょう。「フリーサイト」は区画整理がされておらず個別に設備などが用意されていないため、比較的安価で利用できます。


一方で、サイトごとに設備が整っている場合や区画分けされている場合は、区画に広さや設備によって料金が大きく異なるため、事前にチェックして検討するようにしましょう。

レンタルが充実していれば気軽に楽しめて便利

キャンプ場によっては、プラスの料金を支払うことでさまざまなアイテムをレンタルすることが可能です。手軽にソロキャンプを楽しみたい人は、チェックしてみてくださいね。

何も持っていないなら、テントの貸出OKの所をチョイス

何も持っていないなら、テントの貸出OKの所をチョイス

ソロキャンプをしてみたいけれど、何も持っていない!という場合は、テントや寝具・ランタンなどを貸し出してくれるキャンプ場を選びましょう。本格的なキャンプ用品もレンタルできるところなら、手軽にソロキャンプに挑戦することが可能。なかには、ソロキャンプ用のセットを取り揃えているところもあります。


また、公共交通機関やバイクなどでキャンプ場まで来る場合には、荷物を減らせるのもメリット

。手軽に利用できれば、気の向いたときにいつでも楽しめますね。

暖房器具の貸出があれば、冬キャンプも楽しめる

暖房器具の貸出があれば、冬キャンプも楽しめる

冬のソロキャンプを楽しみたいなら、「暖房器具」のレンタルがあるキャンプ場を選ぶと安心です。キャンプ場は高原や山のふもと、海辺に多いため、夏は涼しいですが冬はどうしても寒くなります。


とはいえ、1人で暖房器具まで持ち運ぶのは大変ですよね。初心者にはあまり向きませんが、冬にしかみられない景色もあるので、夏のソロキャンプ経験者なら挑戦してみるのもいいでしょう。

キャンプ場周辺の環境やアクセスもチェックしよう

キャンプ場周辺の環境やアクセスもチェックしよう

ソロキャンプ場周辺の環境やアクセスも、忘れずにチェックしたいポイントです。とくに、電車などの公共交通機関を利用する場合は、駅から離れているとたどり着くだけでも重労働となってしまうため、駅からアクセスしやすいキャンプ場を選びましょう。バイクや車で向かう場合は、自宅から2~3時間くらいがおすすめです。


また、周辺の環境も知っておきたいポイント。自然が少なかったり住宅地が少なかったりすると、騒々しくゆっくりと過ごせないかもしれません。自分の好む過ごし方ができるソロキャンプ場を選ぶと充実した時間が過ごせますよ。

関東でソロキャンプにおすすめのキャンプ場人気ランキング10選

それではここからは、関東でソロキャンプにおすすめのキャンプ場をランキング形式でご紹介します。
10位
オートサイト×
ロケーション森林・川の近く
アクティビティハイキング
コテージ・バンガロー×
設備トイレ・炊事場
主なレンタル品
料金無料
住所東京都八王子市
9位
オートサイト
ロケーション川の近く・森林
アクティビティ釣り
コテージ・バンガロー
設備トイレ・炊事場・売店・コインランドリー・大浴場・管理棟
主なレンタル品調理用具・寝具
料金キャンプサイト:4200円(別途入場料520円)(別途駐車代:-)
住所埼玉県秩父市
8位
オートサイト
ロケーション森林
アクティビティハイキング・イベントスペース
コテージ・バンガロー
設備トイレ・炊事場・温泉・茶室・食堂・サービスセンター
主なレンタル品テント・調理用具・ランタン・防寒具
料金テントサイト:730円(別途駐車代:-)
住所千葉県鴨川市
7位
オートサイト×
ロケーション海が近い
アクティビティ釣り
コテージ・バンガロー×
設備トイレ・炊事場・シャワー・売店・サービスセンター
主なレンタル品テント・調理用具など
料金大人:600円(別途駐車場代:-)
住所東京都江東区
6位

大子広域公園オートキャンプ場

オートサイト
ロケーション森林・星がきれい
アクティビティプール・ゴルフ・アスレチック・サウナなど
コテージ・バンガロー
設備トイレ・炊事場・シャワー・売店・温泉・フロント
主なレンタル品テント・ランタン・調理用具・暖房器具・自転車
料金個別サイト:5,900円(通常期)(別途駐車場代:-)
住所 茨城県久慈郡
5位
オートサイト
ロケーション森林・星空がきれい
アクティビティイベントスペース
コテージ・バンガロー
設備 トイレ・シャワー・炊事場・売店・コインランドリー・ドッグラン・貸切風呂
主なレンタル品調理器具・ランタン・暖房器具・ペットゲージ
料金ソロサイト:大人500円(別途駐車代:-)
住所群馬県吾妻郡
4位
オートサイト
ロケーション草原・川の近く・星空がきれい
アクティビティ釣り
コテージ・バンガロー
設備トイレ・シャワー・炊事場・売店・コインランドリー・管理事務所
主なレンタル品調理器具・釣りざお
料金フリーテントサイト:2000円(別途駐車代:-)
住所群馬県吾妻郡
3位

ホウリーウッズ久留里キャンプ村

オートサイト
ロケーション森林・星空がきれい
アクティビティツリーハウス
コテージ・バンガロー×
設備トイレ・シャワー・炊事場・管理棟
主なレンタル品テント・調理器具・ランタン
料金5000円(別途駐車代:宿泊費に含まれる)
住所千葉県君津市
2位
オートサイト
ロケーション高原
アクティビティイベントスペース
コテージ・バンガロー
設備トイレ・炊事場・売店・コインランドリー・シャワー
主なレンタル品テント・ランタン・調理器具・暖房器具・ペットゲージ・掃除道具
料金オートサイト:5,000円(バリューシーズン)(駐車代込)
住所栃木県那須郡
1位
オートサイト
ロケーション川の上流・星空がきれい
アクティビティハイキング・釣り
コテージ・バンガロー
設備トイレ・シャワー・炊事場・売店
主なレンタル品調理用具・釣りざお・寝具
料金大人600円(別途駐車代:普通車1000円・オートバイ400円)
住所埼玉県飯能市

関東でソロキャンプにおすすめの人気キャンプ場比較一覧表

商品画像
1
関東
ソロ
キャンプ場 白岩渓流園

2
関東
ソロ
キャンプ場 CAMP CABINS

3
関東
ソロ
キャンプ場 ホウリーウッズ久留里キャンプ村

4
関東
ソロ
キャンプ場 みどりの村キャンプ場

5
関東
ソロ
キャンプ場 sweetgrass

6
関東
ソロ
キャンプ場 大子広域公園オートキャンプ場

7
関東
ソロ
キャンプ場 若洲公園キャンプ場

8
関東
ソロ
キャンプ場 内浦山県民の森

9
関東
ソロ
キャンプ場 秩父彩の国キャンプ村

10
関東
ソロ
キャンプ場 日影沢キャンプ場

商品名

白岩渓流園

CAMP CABINS

ホウリーウッズ久留里キャンプ村

みどりの村キャンプ場

sweetgrass

大子広域公園オートキャンプ場

若洲公園キャンプ場

内浦山県民の森

秩父彩の国キャンプ村

日影沢キャンプ場

特徴ロケーションも◎!入間川上流にある自然豊かなキャンプ場シーンに合わせて利用できるバリエーション豊かなサイトが魅力的樹齢100年を超えた樹木に囲まれながら森林浴を満喫「星の美しい村」で心身ともにリフレッシュ「ソロキャンプセット」のレンタルあり!1人でも手軽に楽しめるプールやサウナ、ゴルフ場が併設!アクティブを楽しみたい人に東京都23区内にあるソロキャンプ場!40年以上の歴史があるキャンプ場!294haの広大な敷...釣りもキャンプも楽しみたい人に最適!バイクキャンプエリ...東京都内にある無料で使えるソロキャンプ場
オートサイト××
ロケーション川の上流・星空がきれい高原森林・星空がきれい草原・川の近く・星空がきれい森林・星空がきれい森林・星がきれい海が近い森林川の近く・森林森林・川の近く
アクティビティハイキング・釣りイベントスペースツリーハウス釣りイベントスペースプール・ゴルフ・アスレチック・サウナなど釣りハイキング・イベントスペース釣りハイキング
コテージ・バンガロー×××
設備トイレ・シャワー・炊事場・売店トイレ・炊事場・売店・コインランドリー・シャワートイレ・シャワー・炊事場・管理棟トイレ・シャワー・炊事場・売店・コインランドリー・管理事務所 トイレ・シャワー・炊事場・売店・コインランドリー・ドッグラン・貸切風呂トイレ・炊事場・シャワー・売店・温泉・フロントトイレ・炊事場・シャワー・売店・サービスセンタートイレ・炊事場・温泉・茶室・食堂・サービスセンタートイレ・炊事場・売店・コインランドリー・大浴場・管理棟トイレ・炊事場
主なレンタル品調理用具・釣りざお・寝具テント・ランタン・調理器具・暖房器具・ペットゲージ・掃除道具テント・調理器具・ランタン調理器具・釣りざお調理器具・ランタン・暖房器具・ペットゲージテント・ランタン・調理用具・暖房器具・自転車テント・調理用具などテント・調理用具・ランタン・防寒具調理用具・寝具
料金大人600円(別途駐車代:普通車1000円・オートバイ400円)オートサイト:5,000円(バリューシーズン)(駐車代込)5000円(別途駐車代:宿泊費に含まれる)フリーテントサイト:2000円(別途駐車代:-)ソロサイト:大人500円(別途駐車代:-)個別サイト:5,900円(通常期)(別途駐車場代:-)大人:600円(別途駐車場代:-)テントサイト:730円(別途駐車代:-)キャンプサイト:4200円(別途入場料520円)(別途駐車代:-)無料
住所埼玉県飯能市栃木県那須郡千葉県君津市群馬県吾妻郡群馬県吾妻郡 茨城県久慈郡東京都江東区千葉県鴨川市埼玉県秩父市東京都八王子市
商品リンク

家族や友達と楽しめる都内のキャンプ場も人気!

一人で自由に楽しめるソロキャンプもいいですが、家族や友人と一緒にアウトドアレジャーを満喫するのも楽しいですよね。東京都内にある人気のキャンプ場もチェックして、楽しい時間を過ごしてみませんか?ぜひ以下の記事も参考にしてくださいね。

まとめ

今回は、関東地方にある人気のソロキャンプ場をランキング形式でご紹介しました。どのソロキャンプ場も首都圏からアクセスしやすく、非日常的なひとときを過ごせます。ぜひ、気になるソロキャンプ場を見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す