1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. チーク
  6. >
  7. 【徹底比較】リキッドチークのおすすめ人気ランキング16選【NARS・THREEも!】
【徹底比較】リキッドチークのおすすめ人気ランキング16選【NARS・THREEも!】

【徹底比較】リキッドチークのおすすめ人気ランキング16選【NARS・THREEも!】

みずみずしい質感と、お肌の内側からじんわり染み出したような仕上がりが魅力のリキッドチーク。パウダーチークやクリームチークに比べると、リキッドチークを販売しているブランドは少ないですが、だからこそどれを選べばいいか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。


そこで今回は、@cosme・Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングで売れ筋上位のリキッドチークをすべて集め、現役のメイクアップアーティストにご協力をいただいて、最もおすすめの商品を決定したいと思います!


mybest編集部がすべての商品を実際に使って、以下の3点を比較・検証をしました。

  1. 仕上がり
  2. 落ちにくさ
  3. 使用感

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイリキッドチークなのでしょうか?初めての方も安心して使いこなせるよう、正しいつけ方も記事後半でご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

  • 2020年09月04日更新
  • 35,577 views

検証のポイント

売れ筋のリキッドチーク16商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 仕上がり

    検証① 仕上がり

    まずは最も気になる、仕上がりの検証を行いました。ヘアメイクアップアーティストの藤原さんが、モデルに全商品を塗布。どの商品が最も肌なじみがよく、血色感が自然かをチェックしていただきました。

  • 落ちにくさ

    検証② 落ちにくさ

    つづいては、落ちにくさの検証です。まず人工皮革にリキッドチークを少量とって塗っていきます。次に、塗布したリキッドチークの上に、馬油とぬるま湯をまぜて疑似汗に見立てた液を1滴垂らします。その上から分銅を置いたティッシュを引き、どれくらいチークが擦れてしまうかをチェックしました。

  • 使用感

    検証③ 使用感

    最後に、mybest編集部5名で使用感の検証を行いました。ぼかしやすいテクスチャかどうかや、ケースやチップなどが使いやすいか、持ち運びできそうかなどをそれぞれチェック。5名が出した点数を平均したものを、使用感の点数としています。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    現役ヘアメイクアップアーティストが検証協力!

    現役ヘアメイクアップアーティストが検証協力!

    今回の比較・検証では、有名タレントやモデルのメイクも手がけている現役ヘアメイクアップアーティストの藤原李果さんにご協力いただきました!


    <ヘアメイクアップアーティスト 藤原李果さん>
    プロのヘアメイクアップアーティスト。タレントやアーティストのヘアメイクを担当する傍ら、公益財団法人日本アロマ環境協会認定アロマアドバイザーとして美容ライターや監修なども手掛けている。ThreePEACEの人気ヘアメイクアップアーティスト・室岡洋希氏に師事後、独立。

    リキッドチークの選び方

    リキッドチークを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

    ① 肌なじみがよく、内側からにじむような血色感が出るものを選ぼう

    リキッドチークは、肌なじみと自然な血色感で選ぶようにしましょう。

    しっかり発色か薄づきか、それぞれの利点を押さえて選ぶのがおすすめ

    しっかり発色か薄づきか、それぞれの利点を押さえて選ぶのがおすすめ

    リキッドチークを選ぶときは、肌なじみがよく自然な血色感が出せるものを選ぶのが大切です。


    とくにリキッドチークは比較的発色がいいものが多いです。高発色だと少量で済むので、コストパフォーマンスが高め。はっきり色づくため、チークをしっかり主張させたいおフェロメイクやガーリーメイクのときなどにもおすすめですが、つけすぎに注意する必要があります。


    発色がいいものだけがいいチークとは限りません。薄づきなタイプには濃さの調節がしやすいというメリットが。薄づきタイプは、メイク初心者の方やナチュラルメイクが好きな方におすすめです。透け感のある発色のものなら、パウダーチークのベースとして使うこともできますよ。


    自分のメイクに合わせたものを選びましょう!

    色味はなりたいメイクのイメージやパーソナルカラーで決めよう

    色味はなりたいメイクのイメージやパーソナルカラーで決めよう

    色味は、なりたいメイクのイメージやパーソナルカラーに合わせて選びましょう。黄みよりのカラーが得意な方はコーラルやオレンジなどがおすすめで、青みカラーが得意な方は青みよりのピンクなどを選ぶのがおすすめです。


    また、色ごとのイメージは下記のようになっています。メイクの雰囲気に合わせて使い分けるのもおすすめですよ!


    レッド系:色っぽいイメージにしたいなら。デートのときや、おフェロメイクのときにおすすめ

    オレンジ系:明るく健康的な雰囲気にしたいならコレ。カジュアルなメイクをしたいときにも

    ピンク系:甘くかわいい雰囲気に。かわいらしくあどけない顔立ちを演出したいときにぴったり

    ② しっかり肌に密着して、汗や擦れで落ちにくいものを選ぼう

    しっかり肌に密着して、汗や擦れで落ちにくいものを選ぼう

    汗や擦れで落ちたり、時間が経って色がなくなってしまった!ということがないよう、しっかり肌に密着して落ちにくいものを選びましょう。


    リキッドチークのなかには、長時間色味がキープされるティント処方のものも。ティントタイプのものは密着度が高く擦れや汗に強く落ちにくいため、頻繁にお直しができないような場面や、汗をかきやすい夏場やアクティブなシーンなどに使用するのに向いています。


    今回、リキッドチークはどれくらい汗や擦れに強いのか検証してみましたので、結果をぜひ参考にしてみてくださいね。

    ③ ぼかしやすさや塗りやすさ・持ち運びのしやすさなどもチェック

    リキッドチークは、形状がさまざまです。ぼかしやすいテクスチャかどうかや、塗りやすいか、持ち運びしやすいかなどはチェックしておきましょう。

    みずみずしいテクスチャのものはぼかしやすい!

    みずみずしいテクスチャのものはぼかしやすい!

    リキッドチークは内側からにじむような発色をしてくれるものがGood。そのためには、ぼかしやすいかどうかが非常に重要です。テクスチャがみずみずしいものは、ふわっと肌になじんでくれるのでぼかしやすく、内側から発色したような仕上がりに


    逆にテクスチャがこっくりしすぎていると、ムラになったり色が一点に集中してしまったりするので、ぼかしやすいかどうかはしっかりチェックしてくださいね。

    メジャーな形状なのはハケ・チップタイプ。使いやすいものを選んで

    メジャーな形状なのはハケ・チップタイプ。使いやすいものを選んで

    リキッドチークの使いやすさを左右するともいえる、形状についてもチェックはマストです。


    リキッドチークの定番は、ハケになっているタイプです。ネイルポリッシュのような形状である場合が多く、フタの部分にハケが付属しています。また、似た形状としてチップタイプになっているものも。ハケタイプやチップタイプは商品数が多く、選びやすいのもこのタイプの特徴です。


    ポンプタイプのリキッドチークもあります。手に出して使うこのタイプのメリットは、容器内のリキッドが汚れにくく、清潔に使えるところ。プッシュタイプやチューブタイプは1プッシュで量を出しすぎてしまわないように気をつけて使いましょう。

    売れ筋の人気リキッドチーク全16商品を徹底比較!

    リキッドチークの検証

    それではここからは、@cosme・Amazon・楽天などで売れ筋上位のリキッドチーク16商品をすべて集め、どれが最もおすすめの商品なのかを検証していきます。


    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:仕上がり

    検証②:落ちにくさ

    検証③:使用感


    ※ランキング作成日:2019年9月26日

    今回検証した商品

    1. コーセー|アディクション チークポリッシュ
    2. 日本ロレアル|ネオヌード ブラッシュ
    3. ACRO|THREE エピック ミニ ダッシュ
    4. アルビオン|エレガンス クルーズ サンディカラー
    5. カネボウ化粧品|SUQQU シマー リクイド ブラッシュ
    6. ドド・ジャパン|ドド リキッドチーク
    7. 日本ロレアル|ベビードール キッス&ブラッシュ
    8. 資生堂|マジョリカ マジョルカ クリーム・デ・チーク
    9. 日本ロレアル|クッションブラッシュ スプティル
    10. 井田ラボラトリーズ|ジューシーレディリキッドチーク
    11. アルビオン|エレガンス クルーズ ラディ ウォーター
    12. フードコスメ|スキンフード フレッシュフルーツジュース エクストラクション ブラッシュ
    13. 資生堂|NARS リキッドブラッシュ
    14. シャンテイ|スウィーツスウィーツ クッションティントチーク
    15. アモーレパシフィックジャパン|ETUDE HOUSE カラフルドローイング ウォーターカラーチーク
    16. アユーララボラトリーズ|アユーラ シロップチーク

    検証① 仕上がり

    仕上がり

    まずは最も気になる、仕上がりの検証を行いました。


    ヘアメイクアップアーティストの藤原さんが、モデルに全商品を塗布。どの商品が最も肌なじみがよく、血色感が自然かをチェックしていただきました。

    【検証結果ハイライト】ラメやパールが入っていない、ピンクすぎないものがGood

    【検証結果ハイライト】ラメやパールが入っていない、ピンクすぎないものがGood

    リキッドというだけあって全体的に肌なじみがよく、血色感もかなりナチュラルでした。藤原さんがなかでも高い評価をつけたのは、ラメやパールが入っていないみずみずしいテクスチャのもの。リキッドらしいみずみずしさに加え、ラメなどが入っていない分かなり自然に肌に溶け込み、わざとらしいツヤではなくお風呂上がりのような上気した頬に仕上げてくれます。


    ちなみに、ピンクのチークを選ぶ際は、ピンクが強すぎないものがおすすめ。色味がピンクすぎると、肌なじみはよくてもわざとらしい印象になったり、若々しいメイクに偏ったりしてしまうためです。


    リキッドチークを仕上がりで選ぶなら、ラメやパールが入っておらずみずみずしいテクスチャのものを選ぶと失敗しないでしょう。

    藤原リカ
    ヘアメイクアップアーティスト
    藤原リカさんのコメント

    優秀なリキッドチークは、お風呂上がりで内側から発色しているような仕上がりになります。テクスチャのみずみずしさは肌なじみに影響するので、しっかりチェックしてみてください。


    薄づきなものは、チークベースとして使うのもおすすめです!

    検証② 落ちにくさ

    落ちにくさ

    つづいては、落ちにくさの検証です。


    まず人工皮革にリキッドチークを少量とって塗っていきます。次に、塗布したリキッドチークの上に、馬油とぬるま湯をまぜて疑似汗に見立てた液を1滴垂らします。その上から分銅を置いたティッシュを引き、どれくらいチークが擦れてしまうかをチェックしました。

    【検証結果ハイライト】リキッドチークは比較的落ちにくい!水っぽいテクスチャは消えやすい

    【検証結果ハイライト】リキッドチークは比較的落ちにくい!水っぽいテクスチャは消えやすい
    やはりリキッドチークは肌に定着しやすいのか、多少の汗や擦れで色が落ちることはありません。今回検証した商品のなかで色がなくなってしまったのは、たったの4商品のみ!色がなくなってしまったのは、水に近いテクスチャのチークでした。


    水っぽすぎると肌に定着しにくいからか、疑似汗を垂らした段階でチークがにじみ、擦るとみるみる色が消えてしまいます。水っぽいテクスチャのリキッドチークは、汗をたくさんかく夏場やアクティブなシーンには向いていないといえるでしょう。

    検証③ 使用感

    使用感

    最後に、mybest編集部5名で使用感の検証を行いました。


    ぼかしやすいテクスチャかどうかや、ケースやチップなどが使いやすいか、持ち運びできそうかなどをそれぞれチェック。5名が出した点数を平均したものを、使用感の点数としています。

    【検証結果ハイライト】使用感で選ぶなら、量の調整がしやすく持ち運びにも便利なチップタイプ一択!

    【検証結果ハイライト】使用感で選ぶなら、量の調整がしやすく持ち運びにも便利なチップタイプ一択!

    編集部が使ってみて、総じて使いやすいと感じたのはチップタイプのリキッドチークでした。点置きするのが簡単なうえ、テクスチャも水っぽすぎず硬すぎないため、ぼかしやすかったのが印象的です。


    また、量の調整がしやすいため、つけすぎることもありません。これなら、リキッドチーク初心者でも失敗しにくいのではないでしょうか。


    一方、ぽんぽんするタイプやプッシュタイプなどだと、量の調整が難しかったりムラになったりして使いづらいという声が多数。こういったタイプは容器も大きめなので、持ち運びも不便そうです。

    No.1
    ベストバイ・リキッドチーク

    コーセーアディクション チークポリッシュ

    2,095円(税込)

    総合評価

    4.76
    • 仕上がり: 5.0
    • 落ちにくさ: 5.0
    • 使用感: 3.8

    使いやすさNo.1!ナチュラルな仕上がりにも大満足

    mybestイチオシのリキッドチークは、アディクションでした!ラメが入っていないのでナチュラルな印象に。色味も日本人に合う色なので、肌の色を選びません。みずみずしく、肌にすんなりなじんでくれるのも魅力のひとつだといえます。


    ハケが大きめなので、一定量のチークを一気にのせられるのも便利です。みずみずしいテクスチャが非常にぼかしやすいので、リキッドチークを初めて使うという方も、キレイな仕上がりが期待できます!濃く色づきすぎないので、チークのベースとして使うのもおすすめ。


    汗や擦れにも非常に強く、どんなシーンでもしっかり色づきをキープしてくれるのも嬉しいですね。

    内容量12ml
    色展開全8色
    No.2

    日本ロレアルネオヌード ブラッシュ

    5,616円(税込)

    総合評価

    4.73
    • 仕上がり: 5.0
    • 落ちにくさ: 4.5
    • 使用感: 4.4

    とろっとしたテクスチャと、サラサラ質感で使いやすい

    とろみを感じるテクスチャなのに、肌にのせるとサラサラな質感に変化し、ふわっとなじんでくれます。指で軽くぼかすだけでじんわり内側から発色したかのような頬になれるので、これを使ってしまうと、いい意味で水っぽいテクスチャのリキッドチークが使いにくくなるかもしれません。


    また、気になるほどではありませんが、擦れには若干弱く、擦るとチークが伸びてしまっていました。夏場よりは、保湿したい冬場などに使うのがおすすめです。

    ケースもしっかり閉まるので、持ち運びの際に液だれの心配もないのが嬉しい。誰でも簡単にふんわりした頬が完成するので、一度は使ってみてほしいリキッドチークです!

    内容量3.9ml
    色展開全8色
    No.3

    ACROTHREE エピック ミニ ダッシュ

    3,240円(税込)

    総合評価

    4.66
    • 仕上がり: 5.0
    • 落ちにくさ: 4.0
    • 使用感: 4.8

    スッとなじんでぼかしやすく、薄づきでもちゃんとツヤが出る!

    汗をかくとちょっとよれてしまう可能性があるので、夏場などアクティブな場面ではあまり使用しないほうがいいかもしれません。ただ、仕上がりは絶妙な色味とほのかなラメでイマドキ肌に!みずみずしいテクスチャがスッと肌になじんで、驚くほどぼかしやすいです。

    薄づきなのにちゃんとツヤが出るのが、このチークのすごいところ。少量でも十分に肌になじむので、血色感が出て健康的な雰囲気になります。パウダーチークの下地として塗ると、色味と血色がバランスよくなるのでおすすめです!


    ケースもスリムな細長タイプで、ポーチに入れて持ち運びやすいのも嬉しいですね。

    内容量6g
    色展開全9色
    No.4

    アルビオンエレガンス クルーズ サンディカラー

    2,160円(税込)

    総合評価

    4.62
    • 仕上がり: 5.0
    • 落ちにくさ: 4.0
    • 使用感: 4.6

    テクニックいらずでキレイに仕上がる!ぼかしやすいので初心者にもGood

    肌の上にのせると、サラサラ質感のパウダーに変化するエレガンスの「クルーズ サンディカラー」。ナチュラルな血色感で、ふわっと肌になじんでくれます。


    とにかくぼかしやすいのが嬉しいポイント。初めてリキッドチークを使う人でも、テクニックいらずでキレイに仕上げられるのでおすすめです。つけすぎてしまったら、ブラシで広げてあげれば失敗しません。


    目立って汗や擦れで色が落ちるわけではないので、リキッドチークのなかでは夏場にも使いやすいアイテムだといえます。


    ※こちらの商品は廃番となっています。(2019年11月現在)

    内容量5.8g
    色展開全5色
    No.5

    カネボウ化粧品SUQQU シマー リクイド ブラッシュ

    3,700円(税込)

    総合評価

    4.53
    • 仕上がり: 5.0
    • 落ちにくさ: 4.5
    • 使用感: 3.4

    持ち運びには不向きだが、発色がちょうどよく肌なじみも抜群

    みずみずしいテクスチャで、発色がよすぎたり悪すぎたりすることなく、肌にスッとなじんでくれます。ラメやパールも入っていないので、チークのベースとしても使いやすいです。肌なじみが本当にいいので、肌色も肌質も選ばないチークといえます。


    汗や擦れにも強く、汗をかきやすい夏場でもにじむことなく色をキープしてくれるでしょう。ケースが少し大きいのと、プッシュタイプは出す量に気をつかわなければいけないのが難点。

    内容量7.5ml
    色展開全5色
    No.6

    ドド・ジャパンドド リキッドチーク

    822円(税込)

    総合評価

    4.34
    • 仕上がり: 5.0
    • 落ちにくさ: 4.0
    • 使用感: 3.2

    伸びがよすぎて逆に使いにくい…!ヘルシーなメイクにはもってこい

    みずみずしいテクスチャで非常に伸びがいいですが、あまりに伸びがいいため中央が薄くなったりムラになったりしてしまう可能性も。ムラにならないよう、注意して伸ばす必要があります。

    ただ、汗には強いため夏場でも使いやすいでしょう。色味は見たままだと蛍光オレンジっぽいですが、実際に塗ってみると肌が透ける感覚のある爽やかな印象に!とくに色黒の人が合わせやすい色だといえます。

    内容量6.5ml
    色展開全3色
    No.7

    日本ロレアルベビードール キッス&ブラッシュ

    4,980円(税込)

    総合評価

    4.32
    • 仕上がり: 4.8
    • 落ちにくさ: 4.0
    • 使用感: 3.6

    つけすぎには注意!上品な頬に仕上げてくれる

    クリームとリキッドのいいとこどりをしたイヴ・サンローランの「ベビードール キッス&ブラッシュ」。上品な頬に仕上げてくれるチークは、肌にのせるとパウダーのようなさらさら質感に変化します。ほんの少量でしっかり伸びてくれるうえにはっきり色づいてくれるので、つけすぎに注意が必要。


    汗には若干弱いという検証結果でしたが、アクティブに動く日などに使用しなければ問題ないでしょう。

    内容量10ml
    色展開全5色
    No.8

    資生堂マジョリカ マジョルカ クリーム・デ・チーク

    743円(税込)

    総合評価

    3.87
    • 仕上がり: 3.5
    • 落ちにくさ: 5.0
    • 使用感: 3.1

    初心者には向いていないが、しっかりメイクにおすすめのチーク

    発色がよすぎるのと、肌に定着するのが早いためぼかすのにテクニックが必要なチーク。コツをつかめばキレイに仕上げられますが、初心者向けではない印象です。はっきり色づくので、しっかりメイクのときに使うのがおすすめ。


    汗や擦れに強いのは嬉しいポイントだといえます。汗をかきやすい夏場も活躍してくれそうです。

    内容量5.4ml
    色展開全4色
    No.9

    日本ロレアルクッションブラッシュ スプティル

    2,939円(税込)

    総合評価

    3.84
    • 仕上がり: 3.5
    • 落ちにくさ: 4.5
    • 使用感: 3.7

    仕上がりはパフの使い方次第。肌なじみは良好

    肌なじみ良好でかなり発色がよく、色味もピンクが強く出るランコムのチーク。思いのほか発色するので、パフで上手にぼかさないとおてもやん状態になりかねません。パフで軽くつけてから、境界線を指でやさしく叩きながらぼかして使うのがおすすめです。


    汗や擦れには比較的強いので、夏場のアクティブな場面で使っても特段問題はないでしょう。

    内容量7g
    色展開全2色
    No.10

    井田ラボラトリーズジューシーレディリキッドチーク

    660円(税込)

    総合評価

    3.80
    • 仕上がり: 3.0
    • 落ちにくさ: 5.0
    • 使用感: 4.0

    落ちにくく密着感があるチーク。色味は若いので大人女子には不向き

    色味が思いのほかピンクで、少し若すぎる印象に。色白さんなら白浮きせず使えるかもしれませんが、色黒の方だと浮いて悪目立ちしてしまうでしょう。汗と擦れへの耐久性は高く、肌にしっかり密着しているのは分かります。擦れた跡もなく、プチプラにしてはチップが柔らかく塗りやすいのもGood。
    内容量4g
    色展開全3色
    No.11

    アルビオンエレガンス クルーズ ラディ ウォーター

    2,160円(税込)

    総合評価

    3.74
    • 仕上がり: 5.0
    • 落ちにくさ: 2.0
    • 使用感: 3.2

    お風呂上がりのような血色感はGoodのせたらすぐにぼかして

    お風呂上がりのような血色感は、さすがエレガンス。すっぴんのようなナチュラルメイクがお好きな方には、ぜひ試してみてほしいアイテムです。ただ、汗や擦れには残念ながら弱く、目に見えて色が落ちてしまいました…。また、頬にのせたらすぐにぼかさないとそこに色が定着してしまいます。


    ※こちらの商品は廃番となっています。(2019年11月現在)

    内容量5.5ml
    色展開全6色
    No.12

    フードコスメスキンフード フレッシュフルーツジュース エクストラクション ブラッシュ

    1,925円(税込)

    総合評価

    3.74
    • 仕上がり: 4.5
    • 落ちにくさ: 2.5
    • 使用感: 3.7

    秋口の大人メイクにはもってこいだが、擦れに弱く色味が暗い

    肌の色に合えば、大人なベージュコーラルが秋口メイクにぴったり。さらさらなテクスチャで伸びがいいのは評価できます。ただ、色味が暗めなので肌がくすんでいるとキレイに発色しない可能性があります。また、汗より擦れに弱いようで、検証の際にチークの擦れ跡がしっかり残ってしまいました。
    内容量7ml
    色展開全6色
    No.13

    資生堂NARS リキッドブラッシュ

    2,574円(税込)

    総合評価

    3.69
    • 仕上がり: 4.0
    • 落ちにくさ: 3.5
    • 使用感: 3.2

    量の調整が難しい…!汗や擦れにも弱く夏場や汗っかきさんには不向き

    少量でかなり発色するので量の調整はマストですが、プッシュ式のため調整しにくいのがイマイチです。リキッド自体の質は悪くなく、むしろ伸ばしやすいといえます。ただ、汗や擦れに弱いのとラメ感が強いので、汗をかく日や夏場の使用や、汗っかきな方は避けたほうがよいでしょう。
    内容量15ml
    色展開全4色
    No.14

    シャンテイスウィーツスウィーツ クッションティントチーク

    800円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 仕上がり: 4.8
    • 落ちにくさ: 1.6
    • 使用感: 3.6

    汗と擦れでごっそり色落ち。使い方は簡単だけど水っぽすぎる

    価格を考えると、ぽんぽんするだけでクリアに発色する点は評価できます。ただ、少々テクスチャが水っぽく汗や擦れにも弱いのが難点。パッケージも大きめなので、持ち運びにも向いていないといえるでしょう。


    ※こちらの商品は廃番となっています。(2019年11月現在)

    内容量20g
    色展開全3色
    No.15

    アモーレパシフィックジャパンETUDE HOUSE カラフルドローイング ウォーターカラーチーク

    1,380円(税込)

    総合評価

    3.47
    • 仕上がり: 4.5
    • 落ちにくさ: 2.0
    • 使用感: 3.1

    肌なじみはよいが、量の調整が難しい

    さらさらしたテクスチャで、出してみるとネオンカラーのようなピンク色でびっくりしますが、肌にのせるとなじみます。ラメが入っていない分、毛穴が気になる人も使いやすいですが、汗と擦れには若干弱め。チューブタイプなので、気をつけないとドバッと出てきてしまい、量の調整が難しいです。


    ※こちらの商品は廃番となっています。(2019年11月現在)

    内容量10g
    色展開全5色
    No.16

    アユーララボラトリーズアユーラ シロップチーク

    2,640円(税込)

    総合評価

    2.58
    • 仕上がり: 3.0
    • 落ちにくさ: 1.0
    • 使用感: 3.9

    薄づきすぎてつけてもわかりづらい…耐久性もほぼナシ

    とにかく薄づきで、色がついているのか分かりづらいのが残念。それでいて、つけすぎるとベタつきが出るのと、指に色がついてしまいます。汗と擦れにもかなり弱く、一瞬で色落ちしてしまいました。夏場のアクティブなシーンにはおすすめできません。
    内容量9ml
    色展開全3色

    人気リキッドチークの検証結果比較表

    リキッドチークの正しい順番と使い方

    ここからは、リキッドチークの正しい使い方をご紹介します。

    ファンデーションの種類に合わせて塗る順番は変えるのが正解!

    ファンデーションの種類に合わせて塗る順番は変えるのが正解!

    リキッドチークは、クリームチーク同様ファンデーションの種類によって塗る順番を変えてあげる必要があります。リキッドファンデーションやクリームファンデーションならベースメイクがすべて完了した後パウダーファンデーションなら化粧下地の前に塗るようにしましょう。


    リキッドファンデーションやクリームファンデーションは油分が多いため上から塗布してもなじみますが、パウダーファンデーションは粉なので、上から重ねるとリキッドチークがムラになってしまう可能性があります。


    自分が使っているファンデーションの種類を確かめてから塗るようにしてくださいね。

    基本は頬に3点置き。軽いタッチで素早く伸ばしていく

    基本は頬に3点置き。軽いタッチで素早く伸ばしていく

    チップやハケタイプのリキッドチークは、画像のように3ヶ所に点置きして指の腹で素早くトントンと伸ばしていきましょう。のせたまま時間が経ってしまうと色が濃く残ってしまったり、ムラになったりしてしまうため、素早く伸ばすのが重要なポイントです。


    リキッドチークをつけすぎてしまった場合は、何もついていないブラシやスポンジで軽くおさえ、拭き取ってあげてくださいね。

    プロが愛用するおすすめのリキッドチーク

    最後に、プロの愛用するおすすめのリキッドチークをご紹介します。
    専門家の
    マイベスト
    専門家の
    マイベスト

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す