• シルバーポリッシュのおすすめ人気ランキング10選【アクセサリー・楽器のお手入れに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • シルバーポリッシュのおすすめ人気ランキング10選【アクセサリー・楽器のお手入れに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • シルバーポリッシュのおすすめ人気ランキング10選【アクセサリー・楽器のお手入れに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • シルバーポリッシュのおすすめ人気ランキング10選【アクセサリー・楽器のお手入れに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • シルバーポリッシュのおすすめ人気ランキング10選【アクセサリー・楽器のお手入れに!】のアイキャッチ画像5枚目

シルバーポリッシュのおすすめ人気ランキング10選【アクセサリー・楽器のお手入れに!】

アクセサリーや楽器など、銀製品のお手入れには欠かせない「シルバーポリッシュ」。空気に触れると次第に変色してしまう銀製品の輝きを、新品のように蘇らせてくれます。しかし、クロス・液剤クリーナー・研磨力の高いポリッシュからスプレータイプまで種類も豊富で、ヤマハ・ハガティ・タウントークなどたくさんのメーカーから販売されているため、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、シルバーポリッシュの選び方のポイントと、口コミでも人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ピッタリのシルバーポリッシュを選んで、美しい輝きをキープしましょう!
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 2,329  views
目次

シルバーポリッシュの選び方

銀製品の黒ずみの主な原因は、汗や空気に触れることによってできる、銀表面の硫化膜。シルバーのお手入れ用品は、この銀の表面の硫化した被膜を取り除くことで、本来の輝きを蘇らせてくれます。厳密には、研磨剤によりこの被膜を取り除くもののことを「シルバーポリッシュ」といいますが、今回は便利なつけ置きタイプのクリーナーも合わせて、選び方のポイントをご紹介していきます。

磨くものに合わせてタイプを使い分けよう

銀製品のメンテナンスがスムーズにはかどるか否かは、どんな種類のお手入れ用品を選ぶかで決まる、といっても過言ではありません。間違った製品を使うと、せっかくのマット加工やいぶし銀仕上げがなくなってしまうことも…。磨くものにあわせて、失敗なくお手入れしやすい商品を選びましょう。

小物のお手入れには「クロス」がラクチン

小物のお手入れには「クロス」がラクチン

出典:amazon.co.jp

とにかく手軽に済ませたいという方には、「クロス」がおすすめです。銀に磨き目が残らない超微細な研磨剤・クリーナー液を含んだ布で、やさしく磨くだけでOK。ほかに道具がいらないので、思いついたときにすぐできるのがメリットです。ベンダントトップなど小物のお手入れに向いています。変色を防止する成分が含まれているクロスを選ぶと一層よいでしょう。

ただし、クロスには研磨剤が含まれているため、商品によってはメッキやマット加工までツルツルに落としてしまうものも。また、細いチェーンや構造が複雑な留め具など、布で磨きにくいものはお手入れしづらいので、注意しましょう。

メッキ・マット加工・チェーンのケアには「液剤クリーナー」

メッキ・マット加工・チェーンのケアには「液剤クリーナー」

出典:amazon.co.jp

クロスで磨きにくいチェーン・薄いメッキ・マット加工がしてある製品には、液剤タイプのクリーナーが向いています。こすって研磨するのではなく、つけ置きすることで変色を取り除いてくれる薬液なので、研磨剤は不使用。薄いメッキでもはがれにくく、マットな質感もキープしたまま綺麗にしてくれるので安心です。ピカピカにしたい場合は、仕上げに軽く布で磨くと新品のようになります。

しっかりお手入れしたいなら、細かい部分の汚れを落とすブラシ・仕上げ用の磨き布・ピンセットなどがセットになっているものを選ぶと便利。使う道具が増えると一見面倒そうに見えますが、数十秒漬けるだけで黒ずみがとれるので、実は一番簡単なお手入れ方法でもあります。ただし、墨入れ加工してあるものは、加工がとれてしまう恐れがあるので使わないようご注意ください。

カラトリーや置物には「スプレータイプ」が便利

銀のスプーン・フォーク・食器・置物など、通常の液剤タイプだとつけ置き容器に入らない大ぶりなものには、スプレータイプが便利です。まず、ネル生地などやわらかい布にスプレーして銀製品を磨き、仕上げにもう一度液剤を塗布していない乾いた布で磨きます。

市販のクロスより大きな布の全面に薬液を塗布できるので、一気に大物を磨きあげるのに最適。さらに、変色防止作用のある成分が入っていれば、半年~1年以上シルバーの輝きを保てる嬉しい商品もあります。

いぶし銀・頑固な黒ずみは「ポリッシュ」で丁寧に磨こう

いぶし銀・頑固な黒ずみは「ポリッシュ」で丁寧に磨こう

出典:amazon.co.jp

シャープな輝きと鈍い輝きのコントラストが美しいいぶし銀のアクセサリーですが、うっかり普通のお手入れをすると、いぶし銀の部分までピカピカになってしまいます。それを防ぐには、ポリッシュを使った丁寧なお手入れがおすすめです。

トロリとした乳液状のポリッシュは液だれしにくく、布の先端や綿棒にちょこんとつけて、一部だけを磨きたいときにうってつけ。キラリと輝かせたい部分を磨いて、スモーキーさを残したい部分は磨かない、という微調整ができます。また、他のタイプより基本的に研磨力が高いので、液剤タイプでは落ちなかったような頑固な黒ずみにも効果的です。

楽器のお手入れには「楽器専用ポリッシュ」を

楽器のお手入れには「楽器専用ポリッシュ」を

出典:amazon.co.jp

フルートやトランペットなど銀メッキを施してある楽器の磨きあげには、楽器専用ポリッシュがおすすめです。一般に研磨剤入りはメッキが剥げやすいといわれていますが、楽器専用に開発されたポリッシュは、多くの楽器愛好家の方から愛用されており、高い評価を得ています。

同じクロスを何度も使用するより衛生的で、1000円以下でたっぷり使えるので、コストパフォーマンスも抜群。いつもピカピカの状態を保って、気持ちよく演奏したいですね。

アクセサリーのケアには「硫酸なし」がベター

アクセサリーのケアには「硫酸なし」がベター

出典:amazon.co.jp

長く愛用したい貴金属には、硫酸の含まれていない商品を使用するのがおすすめです。硫酸を含んだクリーナーは非常に強力なため、銀表面の変色した被膜をすばやく溶かし、すぐ輝きが戻るというメリットがある反面、酸度が強すぎるために、頻繁に使いつづけると銀そのものを深く溶かして地荒れする原因になります。

表面が傷むことでかえって変色しやすくなり、繊細なチェーンならもろくなってしまうため、注意が必要。購入する際は成分表示を見て、硫酸が含まれていないかどうか確認しましょう。

ストーンへの使用可否もしっかりチェック!

ストーンへの使用可否もしっかりチェック!

出典:amazon.co.jp

ストーン付きのアクセサリーの場合は、それぞれのストーンへの使用可否をしっかり確認しておきましょう。酸で変色被膜を溶かすクリーナーは、ターコイズ・真珠・サンゴ・カメオ・エメラルド・マカライトなど、酸に弱い宝石や真珠などがついた宝飾品には厳禁。

また、ダイヤ・ルビー・サファイヤ・ジルコン・アメジストなどの透明な宝石(エメラルドは例外です)や、ムーンストーンやペリドットなどは、酸に強い宝石なら大丈夫、という製品を選ぶのがおすすめです。とはいえ、商品によっては石の種類に関わらずシルバー以外は不可のものもあります。大切なストーンを傷つけないためにも、しっかり使用が認められている商品から選ぶようにしましょう。

シルバーポリッシュのおすすめ人気ランキング10選

いよいよここからは、おすすめのシルバーポリッシュをランキング形式でご紹介していきます。頑固な汚れを強力に落とすポリッシュから手軽なクロス・初めてでも使いやすい液剤のセットなど、いろいろな種類を網羅していくのでお見逃しなく♪
10位
タイプ楽器専用ポリッシュ硫酸の有無-
ストーンへの使用-
9位

コノシュアージュエリークリーナー シルバー用

1,242円 (税込)

タイプ液剤硫酸の有無なし
ストーンへの使用×
8位
タイプスプレー硫酸の有無なし
ストーンへの使用-
7位
ポリマール SP 銀みがきクロス
出典:amazon.co.jp

光陽社ポリマール SP 銀みがきクロス

540円 (税込)

タイプクロス硫酸の有無なし
ストーンへの使用-
6位

ハガティーミニシルバー&ジュエリークロス

400円 (税込)

タイプクロス硫酸の有無なし
ストーンへの使用○(ターコイズ・パール・サンゴもOK)
5位
シルバーポリッシュクロス
出典:amazon.co.jp

タウントークシルバーポリッシュクロス

470円 (税込)

タイプクロス硫酸の有無なし
ストーンへの使用○(使用できない石もあるので要確認)
4位
タイプポリッシュ硫酸の有無なし
ストーンへの使用△(石の部分を避けてご使用ください)
3位
タイプポリッシュ硫酸の有無なし
ストーンへの使用○(使用できない石もあるので要確認)
2位
シルバークリーンミニ
出典:amazon.co.jp

アンクルビルシルバークリーンミニ

1,200円 (税込)

タイプ液剤・ミニクロス硫酸の有無なし
ストーンへの使用○(使用できない石もあるので要確認)
1位
シルバー・クリーン ミニキット
出典:amazon.co.jp

ハガティシルバー・クリーン ミニキット

1,100円 (税込)

タイプ液剤・クロス硫酸の有無なし
ストーンへの使用○(使用できない石もあるので要確認)

おすすめ人気シルバーポリッシュの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格タイプ硫酸の有無ストーンへの使用商品リンク
1
シルバー・クリーン ミニキット

ハガティ

シルバー・クリーン ミニキット

液剤クリーナーに大人気のクロスがついた...1,100円(税込)液剤・クロスなし○(使用できない石もあるので要確認)詳細を見る
2
シルバークリーンミニ

アンクルビル

シルバークリーンミニ

細部の掃除や石の洗浄に便利なブラシつき1,200円(税込)液剤・ミニクロスなし○(使用できない石もあるので要確認)詳細を見る
3
シルバー ポリッシュ

ハガティー

シルバー ポリッシュ

石付きのアクセサリーが真っ黒になってし...1,190円(税込)ポリッシュなし○(使用できない石もあるので要確認)詳細を見る
4
シルバーポリッシュ

イゼスト

シルバーポリッシュ

いぶし銀に大活躍のポリッシュ780円(税込)ポリッシュなし△(石の部分を避けてご使用ください)詳細を見る
5
シルバーポリッシュクロス

タウントーク

シルバーポリッシュクロス

ストーンに使えて変色防止効果もあるクロス470円(税込)クロスなし○(使用できない石もあるので要確認)詳細を見る
6
ミニシルバー&ジュエリークロス

ハガティー

ミニシルバー&ジュエリークロス

ターコイズのアクセサリーでも安心400円(税込)クロスなし○(ターコイズ・パール・サンゴもOK)詳細を見る
7
ポリマール SP 銀みがきクロス

光陽社

ポリマール SP 銀みがきクロス

プチプラでツヤ出し効果の高い磨き布540円(税込)クロスなし-詳細を見る
8
シルバースプレー

ハガティー

シルバースプレー

たった一度のお手入れで半年以上変色を防止!2,160円(税込)スプレーなし-詳細を見る
9
ジュエリークリーナー シルバー用

コノシュアー

ジュエリークリーナー シルバー用

業務用で強力!ピンセット不要で素早く変...1,242円(税込)液剤なし×詳細を見る
10
シルバーポリッシュ

ヤマハ

シルバーポリッシュ

少量で楽器全体がピカピカに♪コスパ◎657円(税込)楽器専用ポリッシュ--詳細を見る

変色しにくい!シルバーの保管のコツ

ここからは、綺麗に磨きあげたシルバーの輝きを、より長持ちさせるための保管の仕方をご紹介します。

使い終わったら汗やホコリを拭きとろう

身に着けていたシルバーのアクセサリーを外したときは、しまう前にマイクロファイバークロスなどやわらかな布で汚れを軽くふき取るようにしましょう。汗や化粧品を付着させたままにすると、変色が進みやすくなります。

また、ロジウムコーティングされたアクセサリーも磨くとコーティングがとれてしまうため、薬液の含まれていないマイクロファイバークロスでお手入れするのがおすすめです。変色の原因になる皮脂汚れなどを、しっかりふき取るケアを心がけましょう。
マイクロファイバー ポリッシングクロス
出典:amazon.co.jp

タウントークマイクロファイバー ポリッシングクロス

324円 (税込)

専用袋が便利!空気に触れないように保管しよう

専用袋が便利!空気に触れないように保管しよう

出典:amazon.co.jp

シルバーは空気に触れているだけでも、空気中の硫黄分によって徐々に黒ずんでいきます。身に着けていないときは、ジップできる小袋やジュエリーケースに入れて、なるべく空気に触れないように保管しましょう。

また、シルバーの変色を防ぐ特殊な紙が入った保管専用袋を使えば、さらに安心です。シルバーポリッシュでお手入れしにくいロジウムコーティングや、銀に金メッキを施したアクセサリーの保管にも最適ですよ。

まとめ

ここまで、シルバーポリッシュについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?ときにはゴールドをも上回る明るい輝きが魅力のシルバー。変色しやすいデリケートな貴金属ですが、きちんとしたシルバーポリッシュを選べば簡単なお手入れで、新品のような輝きを維持できます。

また、あえて色の変化を活かして、いぶし銀の風合いを作れるのも魅力。ぴったりのシルバーポリッシュを選んで、シルバーの美しさをより身近に楽しんでみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す