• チェーンソーオイルのおすすめ人気ランキング10選【水溶性・生分解性タイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • チェーンソーオイルのおすすめ人気ランキング10選【水溶性・生分解性タイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • チェーンソーオイルのおすすめ人気ランキング10選【水溶性・生分解性タイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • チェーンソーオイルのおすすめ人気ランキング10選【水溶性・生分解性タイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • チェーンソーオイルのおすすめ人気ランキング10選【水溶性・生分解性タイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

チェーンソーオイルのおすすめ人気ランキング10選【水溶性・生分解性タイプも!】

チェーンソーを正常に稼働させるための必須アイテム「チェーンソーオイル(チェンオイル)」。回転するチェーン部分を保護する潤滑油として使われ、これ無しでチェーンソーを動かすと摩擦によってすぐに焼き付いてしまいます。メーカーとしてはAZやゼノアなどが有名ですが、燃料と違って、適当に選んでいる方が大半なのではないでしょうか?


そこで今回は、人気のチェーンソーオイルをご紹介するだけでなく、選び方のポイントも解説しました。おすすめが多数登場しますので、本記事を参考に、お使いのチェーンソーに最適なオイルを見つけてくださいね!

  • 最終更新日:2019年03月26日
  • 245  views
目次

チェーンソーオイルの必要性。エンジンオイルの代用は可能?

チェーンソーオイルの必要性。エンジンオイルの代用は可能?

チェーンソーを快適に使うための潤滑油、チェーンソーオイル。代わりにエンジンオイルなどを使う方もいるようですが、あまりおすすめできません。


その理由は、同じ油であっても、エンジンオイルでは粘度が不十分なため。粘度が低ければエンジンチェーンに付着しにくく、回転によっても飛ばされてしまうので、十分な働きができないからです。


また、チェーンソーオイルには添加剤による防錆などの性能もあるため、チェーンソーの劣化を防ぐという意味でも効果的。それほど高価なものではありませんから、やはりチェーンソーには専用のチェーンソーオイルを使うのがおすすめです。

チェーンソーオイルの選び方

まずは、チェーンソーオイルの選び方をご紹介します。色々なメーカーから出ているので迷いがちですが、ポイントを踏まえれば、迷わず選べるようになりますよ。

粘度を選ぶポイントは?

チェーンソーオイルの粘度は、取り扱いやすさに関わる大切なポイントです。粘度を選ぶコツは、次の2つになります。

まずは使用機材に合わせよう

まずは使用機材に合わせよう

一般的にチェーンソーの取り扱い説明書ではオイルの粘度について、SAE20・SAE30等と記載されていることが少なくありません。一方、通販サイト等で販売されているチェーンソーオイルを見てみると、粘度はISO VG100のように書かれているため、混乱する方も多いようです。


どちらも粘度の規格ですが、ISO VGはチェーンソーオイルに、SAEは主にエンジンオイルなどで使われています。大雑把な変換としてはVG68はSAE20~30、VG100はSAE30~40ほどに相当しますので、覚えておきましょう。


なお、どれにするか迷ったら、メーカーの純正品を使うのも手です。純正品のオイルは自社のチェーンソーに合わせて作られているため、性能をよりしっかりと引き出せるのが魅力。オイルも含めて販売しているチェーンソーメーカーは、ハスクバーナやゼノア、スチールなどがあります。特にこれからチェーンソーを購入する方は、覚えておいて損はありません。

季節に合わせて選ぶのも大切

季節に合わせて選ぶのも大切

チェーンソーオイルの粘度については季節に合わせて選ぶのも大切。冬場は低温が原因で粘度が高いと硬化してオイルポンプに負荷が掛かるため、低粘度のVG100タイプがおすすめです。逆に高温になる夏場は、熱で柔らかくなっても付着しやすい高粘度タイプが最適になります。


ただ最近では、オールシーズン用のチェーンソーオイルも増えてきて、事情も変わりつつあります。例えば、高粘度タイプでも添加剤を入れて低温でも流れやすくするなど工夫されているので、オールシーズン用であればよほどのことがない限り、1年中使えますよ。

タイプごとの特徴も要チェック!

チェーンソーオイルののタイプは、成分によって大きく次の3種類に分けることができます。それぞれ特徴が異なるので、必要なタイプを選びましょう。

コスパ良好!幅広く使われる「鉱物性オイル」

コスパ良好!幅広く使われる「鉱物性オイル」

最も多く使われているチェーンソーオイルは、鉱物から作られたタイプです。鉱物性のオイルはその性質から粘度を高くできるため、高速で回転するチェーンにもしっかりと付着して、摩擦を和らげてくれます。またリーズナブルな価格で、大容量タイプが多いのも魅力。


鉱物性タイプの商品については、発がん性が危惧されるPCA(多環芳香族)を減らし、安全性を高めた商品も多くなっています。


石油や天然ガス、石炭などに由来する鉱物油については、環境や身体への影響が気になるところだと思いますので、発ガン性の安全基準や、PCAの基準をクリアしているかもチェックしておくのがおすすめです。

庭先で使うことが多いなら「植物性」「生分解性」がおすすめ

庭先で使うことが多いなら「植物性」「生分解性」がおすすめ

庭先で使うことが多く周囲への影響が心配なら、植物性や生分解性のチェーンソーオイルの使用をおすすめします。植物性や、植物由来の原料を用いた生分解性のオイルなら周囲に飛び散っても植物への影響が少ないため、畑の近くなどで作業する際にもぴったり


鉱物性オイルよりも粘度が低く飛び散りやすいため、オイルの消費量が少々増えるのはネックですが、生分解性のオイルなら、多少粘度高めのタイプもありますよ。消費量が抑えられるなど植物性オイルと比べて扱いやすさも向上していますので、特に

詰まりにくさ・洗い落としやすさ重視なら「水溶性」も○

詰まりにくさ・洗い落としやすさ重視なら「水溶性」も○

特に粘度が高いチェーンソーオイルについては、詰まってしまったり、服に付くとなかなか落ちないなどの問題もあります。詰まりにくさ・洗濯での落としやすさを重視するなら、「水溶性タイプ」のチェーンソーオイルを使うのがおすすめ


水溶性タイプは、添加剤を加えて水に溶けやすいよう工夫されているため、服などについたオイルも洗濯でキレイに落としやすいのが魅力です。

使い勝手に関わる!ノズルの仕様も見ておこう

使い勝手に関わる!ノズルの仕様も見ておこう

チェーンソーオイルの容器については、ノズルを取り付けて使うタイプと、一体型のタイプがあります。ノズルが別に付いているタイプは、取り外す際にオイルが垂れて周囲を汚すことがありますが、一体型になったタイプなら、取り付け口から漏れたりすることもなく、周囲を汚しにくいためおすすめ


同じメーカーの製品でも容量で容器の形が大きく異なる場合もありますから、見落とさず確認しておきましょう。

チェーンソーオイルのおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気のチェーンソーオイルをご紹介します。色々なメーカーから出ているので、選び方を参考にぴったり合うものを見つけましょう!

10位
チェーンソーオイル ハスクバーナ・ゼノア ビーゴイル 1枚目
出典:amazon.co.jp

ハスクバーナ・ゼノアビーゴイル

4,050円 (税込)

粘度-
タイプ植物性
ノズルなし
容量5L
特徴-
9位
チェーンソーオイル スチール チェーンオイル スタンダードクリーンEU 1枚目
出典:amazon.co.jp

スチールチェーンオイル スタンダードクリーンEU

3,520円 (税込)

粘度オールシーズン
タイプ-
ノズル
容量4L
特徴OSHAとEUのPCA基準クリア・黄色っぽい透明で目立たない
8位
チェーンソーオイル エーゼット 生分解性チェーンソーオイル 1枚目
出典:amazon.co.jp

エーゼット生分解性チェーンソーオイル

920円 (税込)

粘度ISO VG68
タイプ生分解性
ノズル一体型
容量1L
特徴-
7位
チェーンソーオイル ハスクバーナ・ゼノア チェンオイル 1枚目
出典:amazon.co.jp

ハスクバーナ・ゼノアチェンオイル

HC63221M

5,390円 (税込)

粘度オールシーズン
タイプ-
ノズルなし
容量18L
特徴-
6位
チェーンソーオイル トラスコ中山 チェーンソーオイル 1枚目
出典:amazon.co.jp

トラスコ中山チェーンソーオイル

TO-CHN-1

825円 (税込)

粘度ISO VG110(オールシーズン)
タイプ-
ノズル
容量1L
特徴-
5位
チェーンソーオイル ガレージ・ゼロ チェーンソーオイル オールシーズンタイプ ISO VG110 1枚目
出典:amazon.co.jp

ガレージ・ゼロチェーンソーオイル オールシーズンタイプ ISO VG110

GZAL88

5,400円 (税込)

粘度ISO VG110(オールシーズン)
タイプ-
ノズルなし
容量18L
特徴油飛び抑制
4位
チェーンソーオイル エーゼット チェーンソーオイル Dタイプ 1枚目
出典:amazon.co.jp

エーゼットチェーンソーオイル Dタイプ

TS201

398円 (税込)

粘度ISO VG100(オールシーズン)
タイプ-
ノズル
容量1L
特徴-
3位
チェーンソーオイル エーゼット チェーンソーオイル 1枚目
出典:amazon.co.jp

エーゼットチェーンソーオイル

NR205

507円 (税込)

粘度ISO VG110(オールシーズン)
タイプ-
ノズル
容量0.5L
特徴油飛び抑制
2位
チェーンソーオイル エーゼット 水溶性チェーンソーオイル 1枚目
出典:amazon.co.jp

エーゼット水溶性チェーンソーオイル

W201

537円 (税込)

粘度ISO VG110
タイプ水溶性
効果-
容量1L
1位
チェーンソーオイル エーゼット レギュラーチェーンソーオイル 1枚目
出典:amazon.co.jp

エーゼットレギュラーチェーンソーオイル

RE211

590円 (税込)

粘度ISO VG105(オールシーズン)
タイプ-
ノズル一体型
容量1L
特徴油飛び抑制

人気チェーンソーオイルの比較一覧表

商品画像
1
チェーンソーオイル エーゼット レギュラーチェーンソーオイル 1枚目

エーゼット

2
チェーンソーオイル エーゼット 水溶性チェーンソーオイル 1枚目

エーゼット

3
チェーンソーオイル エーゼット チェーンソーオイル 1枚目

エーゼット

4
チェーンソーオイル エーゼット チェーンソーオイル Dタイプ 1枚目

エーゼット

5
チェーンソーオイル ガレージ・ゼロ チェーンソーオイル オールシーズンタイプ ISO VG110 1枚目

ガレージ・ゼロ

6
チェーンソーオイル トラスコ中山 チェーンソーオイル 1枚目

トラスコ中山

7
チェーンソーオイル ハスクバーナ・ゼノア チェンオイル 1枚目

ハスクバーナ・ゼノア

8
チェーンソーオイル エーゼット 生分解性チェーンソーオイル 1枚目

エーゼット

9
チェーンソーオイル スチール チェーンオイル スタンダードクリーンEU 1枚目

スチール

10
チェーンソーオイル ハスクバーナ・ゼノア ビーゴイル 1枚目

ハスクバーナ・ゼノア

商品名

レギュラーチェーンソーオイル

水溶性チェーンソーオイル

チェーンソーオイル

チェーンソーオイル Dタイプ

チェーンソーオイル オールシーズンタイプ ISO VG110

チェーンソーオイル

チェンオイル

生分解性チェーンソーオイル

チェーンオイル スタンダードクリーンEU

ビーゴイル

特徴一番人気のエーゼット定番チェーンソーオイル洗濯で落としやすい!水溶性が嬉しいチェーンソーオイル冬場も安心して使える、オールシーズン用高粘度オイル安定感がある角型容器に入ったISOVG100オイルコスパ良い18L入りオールシーズン用オイルオールシーズン使える高粘度オイル大量に使う方におすすめ!コスパの良い大容量タイプ生分解性で環境にも優しい!チェーンソーメーカーが販売する安全性の高い純正オイル自然環境を考える方におすすめの植物性オイル
価格590円(税込)537円(税込)507円(税込)398円(税込)5,400円(税込)825円(税込)5,390円(税込)920円(税込)3,520円(税込)4,050円(税込)
粘度ISO VG105(オールシーズン)ISO VG110ISO VG110(オールシーズン)ISO VG100(オールシーズン)ISO VG110(オールシーズン)ISO VG110(オールシーズン)オールシーズンISO VG68オールシーズン-
タイプ-水溶性-----生分解性-植物性
ノズル一体型-なしなし一体型なし
容量1L1L0.5L1L18L1L18L1L4L5L
特徴油飛び抑制油飛び抑制-油飛び抑制---OSHAとEUのPCA基準クリア・黄色っぽい透明で目立たない-
商品リンク

安全に使うためのアイテムも要チェック!

チェーンソーを安全に使うためには、防振手袋や保護メガネ等、安全に使うための保護具をしっかりと用意しておくことも大切。以下の記事でご紹介していますので、こちらもぜひ合わせてご覧ください。

まとめ

きちんとしたチェーンソーオイルを使えば、チェーンソーの寿命を延ばすことができます。今回ご紹介した物はどれも品質がよく、チェーンにしっかり付着して摩擦から守ってくれるものばかり。商品ごとの特徴もよくチェックして、最適な商品を選んでくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す