• 96436d2c99680384cc97f07d914ee4ef9f5f63e9
  • 1c2f22380aa6c42292b839f298b0aa1879e75272
  • A4f4ca38bfbb84c17e9d8410c1d76460a874fbc0
  • 526619797b80c0ed5f931ce2b555359a40ca31a0
  • 9262107ab5f72c0e56928c4f69f2fdb5b3c8ffb7

パターンブロックのおすすめ人気ランキング10選【タスクカード付きも!】

知育玩具として人気急上昇中の「パターンブロック」。ブロック遊びの延長でごっこ遊びをしたり、タスクカードなどを見ながら6種類の形を組み合わせ、図形を完成させて遊ぶものです。幼児教室や小学校で教材として使われることも多く、小学受験に出題されることも。楽しく遊びながら子ども自ら数学的な発見ができ、いつの間にか「算数・数学好きを育てる!」と教育熱心な親御さんの間で評判です。

しかし、人気の商品ということもあって、様々な種類のパターンブロックが販売されており、どのような商品を選べば良いか迷うところですよね。そこで今回は、数学に役立つパターンブロックの見分け方、お子さんに合わせた選び方と共に、通販でも購入できるおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。わが子に、お孫さんやお友達にピッタリのパターンブロックを見つけてくださいね!

最終更新日:2017年10月11日 | 63views

パターンブロックの選び方

それでは、パターンブロックの選び方のポイントをチェックしていきましょう。

ブロックの形は6種類!全て入っているものを選ぶ

正式なパターンブロックのには、正三角形・ひし形(2種類)・等脚台形・正六角形・正方形の6種類があり、形ごとに色が決まっています。また、それぞれの形の角は30度・60度・90度・120度・150度といった30度の倍数になっており、組み合わせることで180度(直線)や360度(円)になることも特徴です。

見た目はパターンブロックのようでも、6種類すべてが入っていなければ意味がありません。また、円や円柱、長方形等が入っているものや2~3種類の形しか入っていないものも、厳密にはパターンブロックとは言わないようです。「6種類・6色」で作られたパターンブロックを選びましょう。

質感の良い木製 or 安価なプラスチック製?

パターンブロックは、木製とプラスチック製の2種類が販売されています。木製のパターンブロックは木の手触りと質感が人気で、お孫さんやお友達のお子さんへのプレゼントにも最適。プラスチック製に比べて滑りにくいので、小さい子供にも扱いやすいようです。

一方、プラスチック製のパターンブロックは比較的安価な商品が多く、軽くて丈夫なことが特徴。せっかく買っても子供が使わなかったらもったいないかな…と心配があるなら、こちらで試してみてもいいかもしれませんね。

ブロックの厚さで選ぶ

パターンブロックの厚さは、0.5cm~1cmと幅があります。平面に並べる遊びが中心ならどちらでも大丈夫ですが、積み上げたり、立てたり、重ねたりといった立体的な遊びをするには、やはり1cmの厚みのあるタイプがおすすめです。小さなお子さんにとっても、1cmのタイプのほうが扱いやすいでしょう。ただし、収納性を重視するなら、コンパクトにまとまる薄いタイプが便利です。

”問題集”付きもおすすめ!

パターンブロックで遊ぶときには、パターンブロックの問題集とも言える「タスクカード」や「パターンブック」を使う場合があります。自分の好きなように形を作ることは想像力を伸ばすことに役立ちますが、図形感覚を養うという意味においては、与えられた課題に合わせてピッタリと形を"置く"という点も重要です。

お子さんの中には、自分で自由に遊ぶよりも、問題を解くことの方が好きという子も少なくありません。パターンブロックは持っているけど、あまり興味を持ってくれなかったというお子さんには、タスクカードや問題集を用意してあげると興味を持つきっかけになることも。また、算数の図形に対する苦手意識を防ぐためにも効果的といわれています。

もし、ブロックの延長として遊ばせるだけでなく、教育効果を狙うのであれば、タスクカードなどの問題集がセットになっているものを選ぶのがおすすめです。

パターンブロックのおすすめ人気ランキング7選

それではここからは、おすすめのパターンブロックをランキング形式でご紹介します。

7位:東洋館出版社 パターンブロック&タスクカード2種

東洋館出版社 パターンブロック&タスクカード2種★web限定セット★
9,102円(税込)

・内容量:250ピース
・素材:木製
・厚さ:1㎝
・セット内容:緑色正三角形50個・黄色六角形25個・オレンジ色正方形25個・赤色台形50個・木目平行四辺形50個・青色ひし形50個・取っ手付き堅牢キューブボックス・タスクカード2冊

小学校の受験対策にピッタリのセット

「ちょっと高価でも、手っ取り早く一通り揃えたい!」という方はこちらのセットがおすすめです。兄弟やお友達と数人で一緒に遊んでも十分に楽しめる250ピース入り。東洋館出版社のHP限定セットになり、それぞれをバラバラで揃えるよりも186円お得となっています。

小学校の算数の授業のために身に着けておきたい基本の図形パターンが網羅されたタスクカードは、小学校受験対策にも有効です。受験対策としては、平面で並べるだけでなく"お手本と同じように積み上げる"という問題も小学校受験の過去に出題されています。タスクカードで一通りできるようにしておくと安心ですね。

6位:美工社 パターンブロック児童用

美工社 パターンブロック児童用
4,780円

・内容量:250ピース
・素材:プラスチック製
・厚さ:0.5㎝
・セット内容:黄色六角形25枚・赤台形50枚・オレンジ正方形25枚・緑正三角形50枚・青平行四辺形50枚・ライトオレンジひし形50枚・収納ケース・活用ガイド

ボリューム・コスパ共に満足!図形遊びに

こちらもカラフルでボリュームたっぷりのパターンブロックセットです。250ピース入っているので、大きなパターンの図柄を作ることも可能。プラスチック製で軽く厚さが0.5㎝なので、ブロックでの見立て遊びを卒業した5、6歳以上のお子さんにおすすめです。

ただやはり、立てて遊ぶにはちょっとコツが必要なので、小さいお子さんには上手に並べることが難しい場合も。図形に特化した遊び方ができるようになってからの購入がおすすめです。

5位:Learning Resources パターンブロック ミニセット

Learning Resources パターンブロック ミニセット : 0.5 CM
1,728円(税込)

・内容量:100ピース
・素材:プラスチック製
・厚さ:0.5㎝
・セット内容:ー

まずはお試し!リーズナブルなパターンブロック

「とりあえずやってみよう!」という方にもお求めやすいリーズナブルな商品。プラスチック製ではありますが、中が空洞ではなく一枚板でできています。ただし、厚さが0.5㎝なので立てることは難しく、平面のみの使用向きです。

250ピース入り(4,000円程度)の大容量パックも用意されているので、パターンブロックの質感が気に入った場合は、追加購入も可能。高額なセットを買っても、お子さんが興味を持ってくれるか不安…という方には、うってつけですね。

4位:Learning Resources 木製パターンブロック

Learning Resources 木製パターンブロック
5,670円(税込)

・内容量:250ピース
・素材:木製
・厚さ:1㎝
・セット内容:6図形・6色・プラスチック製収納バケツ

色鮮やかな木製パターンブロック!

5位の商品と同じLearning Resources社の木製パターンブロックです。厚みが1㎝あり、簡単に自立するので、立体図形にも挑戦できます。タスクカードやパターンブックがついていないので、お子さんによっては遊び方がわからない…と戸惑うかもしれませんが、250ピースとたっぷり入っているので、家族でアイデアを出し合って、様々な遊び方を工夫してみるのも楽しいですね。

それでも困ったら、他社のタスクカードやパターンブロックを追加購入してみるのも良いでしょう。ただし、ブロック1辺の長さが違う場合があるので、注意が必要です。

3位:東洋館出版社 パターンブロック

東洋館出版社 パターンブロック
4,860円(税込)

・内容量:250ピース
・素材:木製
・厚さ:1㎝
・セット内容:緑色正三角形50個・黄色六角形25個・オレンジ色正方形25個・赤色台形50個・木目平行四辺形50個・青色ひし形50個・取っ手付き堅牢キューブボックス

小さなお子さんにおすすめ!ブロック遊びの楽しさを!

3歳~6歳の子どもを対象とした多くの幼児教室で利用されているのが、こちらの東洋館出版社の「パターンブロック」です。重さや質感など、小さな子供が使いやすく楽しめることを第一に考えて作られました。取っ手付きの半透明の収納ボックスはしっかりとした作りで、やんちゃなお子さんでも安心です。

ただし、天然素材で作られているため、強くこすったり口に入れると色が落ちる場合があります。何でも口に入れてしまう妹・弟・ワンちゃん達には注意が必要です。

2位:アントンシーマー ASパターンブロック

アントンシーマー ASパターンブロック
7,600円(税込)

・内容量:250ピース
・素材:木製(ブナ材)
・厚さ:1㎝
・セット内容:ブロック6種・遊び方ガイド

インテリアとして飾りたい!ギフトにおすすめ!

パッケージがおしゃれで贈り物に人気のパターンブロック。ブナの木材に塗料を塗り発色良く仕上げてあります。250ピース入りのセットと125ピース入りハーフセットの2セット展開。パターンブック付きの125ピースセットは珍しいので、気軽に試してみたいという方には嬉しいですね。

アントンシーマー社は、ドイツでも信頼されている木のおもちゃメーカー。他の木製玩具メーカーの多くがパーツの製造をアントンシーマー社に委託しているのだそうです。パターンブロックは、高い品質に絶対の自信を持つアントンシーマー社一押しの商品。品質にこだわりたい方にもおすすめですよ。

1位:東洋館出版社 PATTERN BLOCKS+

東洋館出版社 PATTERN BLOCKS+
5,616円(税込)

・内容量:150ピース
・素材:木製
・厚さ:1㎝
・セット内容:緑色正三角形30個・黄色六角形15個・オレンジ色正方形15個・赤色台形30個・木目平行四辺形30個・青色ひし形30個・タスクカード・解説書・ブロック収納ポーチ

ストーリのあるタスクカードでちょっぴり英語の学習も♪

パターンブロックは150ピースと、他の商品と比べるとボリュームに物足りなさを感じるかもしれませんが、1~2人でじっくり遊ぶには必要十分!タスクカード2種・解説書・ブロック収納ポーチセットと、内容が充実しています。

特に平面に敷き詰めて遊ぶタスクカードは、絵本仕立てになっていてストーリーもあり、英語の文章も付いています。お気に入りの絵本を何度も読むように、楽しみながら図形遊びを繰り返すことで、数学的な見方が身につきますよ。

もう一冊の立体に詰み上げるタスクカードは、カードの上にパターンブロックでトンボや犬を作り、イマジネーションの広がりを感じながら遊ぶことができるでしょう。小さなお子さんから小学校の入学のお祝いなどにもおすすめのセットになっています。

年齢に合わせたパターンブロック活用法

対象年齢が3歳からになっていることが多いパターンブロックですが、「3歳から始めないと遅い」ということはありません。パターンブロックは、年齢を追うごとに遊び方も大きく広がっていくため、幼児はもちろんのこと、本格的な図形の授業が始まる小学校2~3年生にも効果的。さらに言えば、小学校の授業で図形が苦手だと感じている高学年のお子さんにおすすめのアイテムでもあります。

そこで最後に、年齢ごとのパターンブロックの遊び方と期待できる効果をまとめましたので、ぜひ、お子さんの成長に合わせて活用してみてくださいね。

3~5歳の幼児は想像力を育てる遊び方を

3~5歳の幼児は、パターンブロックを食材や電車等に見立てた"ごっこ遊び"が中心です。高く積み上げて遊ぶブロック崩しも大好きですね。"形"に興味がある子は、この時期に見本に合わせてプロックを並べることができるようになります。形の組みあわせ、色の組み合わせも思いのままに、お子さんの素晴らしい想像力、発想力を伸ばしてあげましょう。

幼稚園~低学年は構成力を育てる遊び方を

6歳~低学年くらいになると、簡単な図形の意識ができるようになり、パターンブロックを並べて模様を作ったり、意識的に六角形を台形2枚に置き換えたり、正三角形を組み合わせてひし形や平行四辺形、六角形を作ることができるようになります。タスクカードやパターンブックを活用してたくさんの形を作り、構成力を育ててあげましょう。
東洋館出版社 構成力をのばすパターンブロックタスクカード
1,728円(税込)

高学年は算数力を育てる活用法を

小学校の高学年以上になると、パターンブロックで遊んできたことが数学的な考え方につながり、図形から面積を求めたり、図形問題の見えない線が見える力が付いてきます。アメリカでは"Hands on Math"「手で解く数学」と言い、10歳以降もパターンブロックが授業で利用されている例も。

頭の中だけでは理解しにくい図形問題も、目で見て手で動かして見ることでより理解しやすくなります。図形や分数が苦手なお子さんのために、パターンブロックを活用してみるのはいかがでしょうか?
東洋館出版社 パターンブロックで「わかる」「楽しい」算数の授業 上学年
2,052円(税込)

その他の知育玩具もチェック!

今回ご紹介した「パターンブロック」の他にも、子供の成長に役立つ知育玩具はたくさんあります。ぜひ、いろんな体験をさせながら、お子さんの可能性を見つけてあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?パターンブロックはどれも同じと思っていましたが、どのように遊ぶか、学ばせたいかでそろえる数やプラスしたいアイテムも変わってきますね。

タスクカードやパターンブック、問題集なども揃えてみるとパターンブックの活用法がどんどん広がります。お子さんと楽しく使えるパターンブロックを選んでみてくださいね。商品選びの参考にしていただけたら幸いです。

関連記事

人気の記事