• 市販の犬用シャンプーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 市販の犬用シャンプーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 市販の犬用シャンプーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 市販の犬用シャンプーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 市販の犬用シャンプーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

市販の犬用シャンプーのおすすめ人気ランキング10選

愛犬の皮膚や被毛を健康に保つのに欠かせない、犬用シャンプー。薬用シャンプーやオーガニックの低刺激シャンプー、業務用としてサロンなどでも使われているものなど、多くの種類が販売されているため、どれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は選び方のポイントを押さえた上で、飼い主から人気の市販の犬用シャンプーをおすすめ順にランキング形式でご紹介していきます。APDCやゾイックなど評判のシャンプーを中心に、厳選した10商品が登場。記事の後半ではシャンプーの仕方や注意点も併せて紹介していますので、ぜひ参考にして、あなたの愛犬を清潔に保ってあげましょう!

この記事に登場する専門家

MahaloトリマーKAZU
大谷 幸代
皆川 久美子
きほこ
犬寿司
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 197,424  views
目次

犬用シャンプーの選び方のポイント

まずは犬用シャンプーの選び方のポイントをご紹介します。ワンちゃんにとってシャンプー選びはとても大切ですので、次のポイントを参考にして選んでみてください。

まずはシャンプーの目的を決めて、用途に見合ったものを選ぶ

まずはシャンプーの目的を決めて、用途に見合ったものを選ぶ
どのような目的で愛犬にシャンプーをするのかは、シャンプーを選ぶ上で大変重要です。

例えば、毛のツヤ出しや香りを目的としたシャンプーと、清潔・衛生的に保つためのシャンプーでは用途が違いますよね。清潔に保つためのシャンプーは定期的に使っても安心できるように、成分にこだわっているものの方が適します。

また小型犬や大型犬、子犬と老犬でも適したシャンプーが異なってきますから、愛犬に合わせて目的に合うものを選んでみてください。

乾燥用?皮脂用?シャンプーのタイプは犬種に合わせて

乾燥用?皮脂用?シャンプーのタイプは犬種に合わせて

出典:amazon.co.jp

犬用のシャンプーは、ほとんどの商品が乾燥用と皮脂用で分けられています。犬種によっては乾燥しやすかったり脂っぽくなりやすかったりするので、愛犬の犬種に合わせて選ぶようにしましょう。

小型犬でほとんど室内にいることが多いのならば、エアコンやファンヒーターの影響で皮膚が乾燥しやすくなっています。皮膚表面に白い粉のようなものが出ていたり被毛がパサついたりする場合は、乾燥肌用の「しっとりタイプ」がおすすめです。

また、シーズーやコッカー・スパニエル、柴犬、ラブラドールなどは、皮膚の脂分が多くてベタつきやすく皮膚トラブルを起こしやすいので、皮脂をしっかりと落とす「さっぱりタイプ」を使用すると良いでしょう。

皮膚状態や解消したいトラブルに合う成分かを確認する

皮膚状態や解消したいトラブルに合う成分かを確認する

出典:amazon.co.jp

犬の皮膚は弱アルカリ性で人の皮膚とは異なります。また人の皮膚よりも大変デリケートですから、配合成分はよく確認して選ぶようにしましょう。

皮膚の炎症や乾燥にはアロエ成分、 消臭・消毒作用があり、皮膚のかゆみを抑えるにはユーカリ成分が適します。フケの防止に効果的なのはグリセリンですので、これらを目安にするのも良いでしょう。

どれを使えばいいのか悩んでしまったり、使ってみて皮膚や被毛の様子がおかしいと感じられたときは、獣医師やトリミングサロンなど専門的な知識がある方に相談して選ぶのも1つの手です。

それぞれの種類から愛犬に合うものを選ぶ

犬用シャンプーは愛犬のコンディションに合わせられるように、大きく5種類のタイプが販売されています。自分の愛犬にどれが合うのか、以下から選んでみてください。

健康で皮膚トラブルのない愛犬には、「一般シャンプー」を

一般シャンプーとは、被毛の汚れを落とし、キレイなツヤを出すことをメインに作られている商品です。比較的価格が安価で種類も豊富に販売されているので、ペット用品を取り扱っている店舗で最も多く取り揃えられています。

ただし、皮膚が健康な状態を前提とした商品ですので、皮膚トラブルを起こしている愛犬には使用しないようにしましょう。

「低刺激シャンプー」は、自然由来成分が主体で安心して使える

低刺激シャンプーは、肌に刺激を与えそうな成分を取り除き、自然由来成分を主体として作られています。一般シャンプーに比べれば刺激が少なめで皮膚に優しいですが、薬用シャンプーのような殺菌効果はないので、皮膚が荒れていたり皮膚疾患を患ってる場合は症状を悪化させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

無添加で低刺激の犬用シャンプーはこちらでも紹介しているので、併せて参考にしてください。

皮膚の弱い愛犬に最適な「薬用シャンプー」

薬用シャンプーは、その名の通り薬用成分を主体として作られているシャンプーで、皮膚が弱い犬に適しています。しかし、皮膚が弱いすべての犬に対応しているわけではないので、愛犬の様子を見ながら使用する必要があります。

不安な場合は口コミなどをチェックして、皮膚トラブルが現れたり悪化したという口コミがないか確認しておくと良いでしょう。なお、薬用シャンプーは以下のリンクでもご紹介しています。ぜひ併せてチェックしてくださいね。

皮膚病改善に効果的で、動物病院でも使われている「抗菌シャンプー」

抗菌シャンプーは皮膚疾患の原因となっている菌を殺菌・抗菌し、皮膚病の改善を主な目的として販売されているシャンプーです。殺菌効果が高い分、刺激が強い商品もあるので慎重に取り扱う必要があり、分量や頻度を守った上で使うことが条件となります。

動物病院やトリミングサロンで取扱われていることが多いので、医師やトリマーと相談してから選ぶのがおすすめです。

老犬や水嫌いな愛犬に適した「無水シャンプー」

老犬や水嫌いな愛犬に適した「無水シャンプー」

出典:kenko.com

無水シャンプーは、シャンプー時に水を必要としないタイプです。水嫌いな愛犬や、体力のない老犬を清潔に保ちたい時にピッタリで、舐めてしまっても安全な成分でできています。

洗い流すシャンプーとは違って刺激の強い界面活性剤などを含んでいないものも多くありますので、日頃のケアにおすすめです。

半年以内に使いきれる容量のものを選ぶ

犬用シャンプーにもさまざまな容量のタイプがあり、人間用と同じくお徳用サイズがある商品もあります。しかし、容量が多い方がコスパがいいという考えで購入するのはおすすめできません。

シャンプーは使い始めてから半年で使い切ることが推奨されています。開封後半年以上経ってしまうと、成分が変化しやすく、薬用・抗菌タイプは効果が薄れてきてしまうので、半年以内に使いきれる容量のものを選ぶと良いでしょう。

人と違って毎日シャンプーをするわけでないので、シャンプーの頻度に合わせて選ぶのがおすすめです。

プロの愛用するおすすめの犬用シャンプー

まずは、プロがおすすめする犬用シャンプーをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、それぞれの犬に合ったシャンプーを見つけてください。
専門家の
マイベスト
共立製薬  VET Solutions ユニバーサルメディケートシャンプー 犬用 1枚目
出典:amazon.co.jp

共立製薬 VET Solutions ユニバーサルメディケートシャンプー 犬用

1,938円

詳細情報
・乾燥/皮脂:-
・種類:薬用シャンプー
・容量:473ml
専門家の
マイベスト
ニチドウ ミラクルゼネラルシャンプー400ml 1枚目
出典:amazon.co.jp

ニチドウミラクルゼネラルシャンプー400ml

1,180円

詳細情報
・乾燥/皮脂:-
・種類:一般シャンプー
・容量:400ml
専門家の
マイベスト
コラージュフルフル ネクストシャンプー 200ml 1枚目
出典:amazon.co.jp

コラージュフルフルネクストシャンプー 200ml

1,341円

詳細情報
・乾燥/皮脂:-
・種類:抗菌シャンプー
・容量:200ml
専門家の
マイベスト
P&LUXE ラファンシーズ トリートメントシャンプー&リンス NK-12&22 1枚目
出典:amazon.co.jp

P&LUXEラファンシーズ トリートメントシャンプー&リンス NK-12&22

4,968円 (税込)

詳細情報
・乾燥/皮脂:-
・種類:低刺激シャンプー
・容量:220ml
専門家の
マイベスト
A.P.D.C ティーツリーシャンプー 500ml 1枚目
出典:amazon.co.jp

A.P.D.Cティーツリーシャンプー 500ml

1,880円 (税込)

詳細情報
・乾燥/皮脂:-
・種類:低刺激シャンプー
・容量:500ml
専門家の
マイベスト
ジョンポールペット オートミールシャンプー 1枚目
出典:amazon.co.jp

ジョンポールペットオートミールシャンプー

1,587円

詳細情報
・乾燥/皮脂:乾燥用
・種類:薬用シャンプー
・容量:236.6ml
専門家の
マイベスト
ゾイック クイックハーフ 仔犬用(トリートメントインシャンプー) 1枚目
出典:amazon.co.jp

ゾイッククイックハーフ 仔犬用(トリートメントインシャンプー)

889円

詳細情報
・乾燥/皮脂:-
・種類:低刺激シャンプー
・容量:300ml

犬用シャンプーのおすすめ人気ランキング10選

ここからは犬用シャンプーのおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。上記の選び方のポイントとあわせて、購入する際の参考にしてみてください。
10位
犬
シャンプー ジョイペット 水のいらない泡シャンプー犬用
出典:amazon.co.jp

ジョイペット水のいらない泡シャンプー犬用

426円 (税込)

乾燥/皮脂乾燥用
種類無水シャンプー
容量200ml
9位
犬
シャンプー ペットキレイ 顔まわりも洗える泡リンスインシャンプー子犬・子猫用
出典:amazon.co.jp

ペットキレイ顔まわりも洗える泡リンスインシャンプー子犬・子猫用

327円 (税込)

乾燥/皮脂-
種類低刺激シャンプー
容量200ml
8位
犬
シャンプー ゾイック スピーディワントリートメントシャンプー
出典:amazon.co.jp

ゾイックスピーディワントリートメントシャンプー

990円 (税込)

乾燥/皮脂-
種類一般シャンプー
容量250ml
7位
犬
シャンプー コペット ドッグラックコンディショナーインシャンプー
出典:amazon.co.jp

コペットドッグラックコンディショナーインシャンプー

1,160円 (税込)

乾燥/皮脂-
種類一般シャンプー
容量220ml
6位
犬
シャンプー HappyPeter オーガニックホホバとティーツリー
出典:amazon.jp

HappyPeterオーガニックホホバとティーツリー

1,480円 (税込)

乾燥/皮脂乾燥用
種類低刺激シャンプー
容量250ml
5位
犬
シャンプー ジョイペット 薬用スキンケアリンスインシャンプー
出典:amazon.co.jp

ジョイペット薬用スキンケアリンスインシャンプー

792円 (税込)

乾燥/皮脂-
種類低刺激シャンプー
容量600ml
4位
犬
シャンプー クイック&リッチ トリートメントインシャンプー リフレッシュサボン
出典:amazon.jp

クイック&リッチトリートメントインシャンプー リフレッシュサボン

499円 (税込)

乾燥/皮脂乾燥用
種類低刺激シャンプー
容量200ml
3位
乾燥/皮脂乾燥用
種類低刺激シャンプー
容量500ml
2位
乾燥/皮脂乾燥用
種類薬用・抗菌シャンプー
容量236ml
1位
犬
シャンプー フジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー
出典:amazon.jp

フジタ製薬薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー

804円 (税込)

乾燥/皮脂-
種類薬用シャンプー
容量200g

おすすめ人気犬用シャンプーの比較一覧表

商品画像
1
犬
シャンプー フジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー

フジタ製薬

2
犬
シャンプー ノルバサン シャンプー

3
犬
シャンプー A.P.D.C. ティーツリーシャンプー

A.P.D.C.

4
犬
シャンプー クイック&リッチ トリートメントインシャンプー リフレッシュサボン

クイック&リッチ

5
犬
シャンプー ジョイペット 薬用スキンケアリンスインシャンプー

ジョイペット

6
犬
シャンプー HappyPeter オーガニックホホバとティーツリー

HappyPeter

7
犬
シャンプー コペット ドッグラックコンディショナーインシャンプー

コペット

8
犬
シャンプー ゾイック スピーディワントリートメントシャンプー

ゾイック

9
犬
シャンプー ペットキレイ 顔まわりも洗える泡リンスインシャンプー子犬・子猫用

ペットキレイ

10
犬
シャンプー ジョイペット 水のいらない泡シャンプー犬用

ジョイペット

商品名

薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー

ノルバサン シャンプー

ティーツリーシャンプー

トリートメントインシャンプー リフレッシュサボン

薬用スキンケアリンスインシャンプー

オーガニックホホバとティーツリー

ドッグラックコンディショナーインシャンプー

スピーディワントリートメントシャンプー

顔まわりも洗える泡リンスインシャンプー子犬・子猫用

水のいらない泡シャンプー犬用

特徴「マイフリーガード」でお馴染みの製薬会社から販売細菌やカビから被毛や皮膚を守る無農薬の植物成分を配合クリーミィな泡で汚れとニオイをしっかり落とす皮膚と被毛のバクテリアを殺菌し、健やかな皮膚を保つ天然オイル「エミューオイル」を配合消臭成分入りでペット臭を抑えるトリミングサロンでも使われているプードル専用シャンプーデリケートな顔周りにも使えるから全身清潔外から帰った後などに気軽に使える無水シャンプー
価格804円(税込)1,981円(税込)1,765円(税込)499円(税込)792円(税込)1,480円(税込)1,160円(税込)990円(税込)327円(税込)426円(税込)
乾燥/皮脂-乾燥用乾燥用乾燥用-乾燥用---乾燥用
種類薬用シャンプー薬用・抗菌シャンプー低刺激シャンプー低刺激シャンプー低刺激シャンプー低刺激シャンプー一般シャンプー一般シャンプー低刺激シャンプー無水シャンプー
容量200g236ml500ml200ml600ml250ml220ml250ml200ml200ml
商品リンク

犬用シャンプーの使い方と注意点

愛犬にとって良いシャンプーを選んであげることも大切ですが、シャンプーのし方も重要になってきます。シャンプーの効果をしっかりと得るためにも、正しいシャンプーの方法と注意点をご紹介させていただきます。

事前ブラッシングと、シャンプー後の乾燥をしっかりと

事前ブラッシングと、シャンプー後の乾燥をしっかりと

出典:amazon.co.jp

シャンプー前にしっかりとブラッシングを済ませることから始めましょう。もつれや汚れを予め取り除くことで、シャンプーの効果を得やすくなりますよ。次に、人肌程度のぬるま湯で、皮膚までしっかりと濡らします。

全身をぬるま湯で洗ったら手でシャンプーを泡立て、お尻の方から洗いましょう。被毛だけでなく皮膚の汚れもしっかりと落とすようにするのがコツです。シャンプーを終えたら頭から順にたっぷりのお湯で流し、シャンプーのすすぎ残しが無いようしてください。

タオルドライで全身の水分をしっかり拭き取ってから、ドライヤーで完全に乾かします。生乾きでは雑菌が繁殖しやすくなるので、注意してくださいね。
ブラッシングには、以下のリンクで紹介しているブラシがおすすめです。ぜひ一緒にチェックしてみてください。

シャンプーやお湯が目に入らないよう注意。すすぎ残しもNG

シャンプーやお湯が目に入らないよう注意。すすぎ残しもNG

出典:amazon.co.jp

シャンプー中に注意しなければならないのが、目にシャンプーやお湯が入らないようにすること。そして、すすぎ残しをしないことです。すすぎ残しがあると皮膚病の原因になってしまうこともありますので気をつけてください。

シャンプー後は、長毛種の場合は特に念入りに乾かしましょう。以下のリンクでご紹介している犬用のドライヤーを使って、低温で素早く乾かすのもおすすめですよ。

犬用シャンプーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、犬用シャンプーのAmazon、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

犬用シャンプーのおすすめ人気ランキングをご紹介してきましたが、あなたの愛犬にピッタリなものは見つかりましたか?

犬用シャンプーは多くの種類が販売されていますが、1番大切なのは愛犬との相性です。皮膚や被毛の状態も考慮しながら、コンディションに合わせて良いシャンプー選んであげてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す