• 液体絆創膏のおすすめ人気ランキング7選【爪のささくれ・ひびわれ・靴擦れに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 液体絆創膏のおすすめ人気ランキング7選【爪のささくれ・ひびわれ・靴擦れに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 液体絆創膏のおすすめ人気ランキング7選【爪のささくれ・ひびわれ・靴擦れに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 液体絆創膏のおすすめ人気ランキング7選【爪のささくれ・ひびわれ・靴擦れに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 液体絆創膏のおすすめ人気ランキング7選【爪のささくれ・ひびわれ・靴擦れに!】のアイキャッチ画像5枚目

液体絆創膏のおすすめ人気ランキング7選【爪のささくれ・ひびわれ・靴擦れに!】

水絆創膏、塗る絆創膏とも呼ばれている「液体絆創膏」。一般的なテープで張り付ける絆創膏と違い、水に強くてはがれにくいので、とっても便利です。しかし、メンソレータムのヒビプロやエキバン小林製薬のサカムケアなど、たくさんの種類があるので、どの商品を選んだら良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、口コミなどでも人気のある液体絆創膏を比較し、特におすすめの商品をランキング形式でご紹介します。初めての人なら誰でも気になる使い方やはがし方、選び方のポイントなどもお伝えしますのでぜひ参考にしてくださいね。指先の小さな傷やひびわれ、さかむけなどにお悩みの方は必見ですよ!
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 35,779  views
目次

液体絆創膏の選び方

まずは、液体絆創膏の選び方のポイントをご紹介していきます。ポイントをしっかり押さえておけば、使いやすい液体絆創膏を見つけることができるので、しっかりチェックしておいて下さいね。

接着力・被膜の硬さで選ぶ

テープタイプの絆創膏と同様、接着力の強さは、液体絆創膏を選ぶ時の重要なポイントのひとつです。

被膜が硬くなるタイプは剥がれにくくコスパも良好

被膜が硬くなるタイプは剥がれにくくコスパも良好
接着力の強いものははがれにくく、何度もつけ直す手間が省けるのでコスパも良くなります。また、接着力が強い液体絆創膏ほど、被膜が硬くなるタイプが多いため、しっかりと傷口を保護することができるのも特長です。

しかし、被膜が硬すぎると周りの皮膚を引っ張って傷つけてしまう可能性があり、また、関節に付けると指を曲げにくくなってしまうのが難点。靴擦れやかかとのひびわれ、剥がれやすい指先の小さな傷などに使用するのがおすすめです。

関節に使用するなら被膜が柔らかいタイプを

関節に使用するなら被膜が柔らかいタイプを
一方、指の関節にできた傷などを液体絆創膏で保護したい場合は、被膜が柔らかいタイプのほうが、指を曲げやすくて便利です。液体絆創膏を付けている感覚も少なく、家事や仕事をしやすいので、テープタイプの絆創膏だと手を動かしにくいという方にはピッタリといえるでしょう。

しかし、柔らかい分、はがれやすい商品が多いのが難点。多少はがれやすくても、関節などの動きやすさを重視したい方におすすめです。

乾燥スピードは早いほうがいい!

乾燥スピードは早いほうがいい!
液体絆創膏は、塗った後に傷口がしみる、という欠点があります。どのメーカーの液体絆創膏も、乾くまで患部が痛むことが多いため、出来れば速乾性の高いものがおすすめです。

また、乾ききらないうちに水仕事をしたり、患部を触ってしまうと、せっかく塗った液体絆創膏がきれいに固まらず、本来の役目を果たしてくれなくなることも。特に、塗ってから乾くまで何分も待っていられないような忙しい方、せっかちな方、急いで水仕事をしなければならない主婦の方などは、乾くスピードが早いものを選ぶとよいでしょう。

塗り口の大きさも要チェック!

塗り口の大きさも要チェック!

出典:amazon.co.jp

指先の小さな傷やさかむけ用に使いたい場合、大きいチューブの商品よりも、先の細いチューブタイプが使いやすいもの。また、爪のまわりの細かい傷や、角度がある部分に使いたい場合も、先の細いチューブやハケが付いているタイプがおすすめです。

一方、指の腹に出来た傷や靴擦れなど、広範囲に液体絆創膏を使いたい場合は、先が太めのチューブタイプの方が、早く塗ることができます。どんな傷ができやすいのか、どういった場面で使うことが多いのかを考えてみると、自分にピッタリの液体絆創膏を見つけることができますよ。

使い切れる容量を選ぶのがベスト

使い切れる容量を選ぶのがベスト
内容量が多すぎると、使い切るのに時間がかかってしまいますよね。また、一度に使う液体絆創膏の量も、指先のあかぎれやさかむけがメインになるため、大量に使うことは少ないでしょう。

液体絆創膏を開封して、そのまま置いておくと、フタをしていても中身が固まってしまう可能性があるため、安くて量が多い商品よりも、使い切れる量のものを選ぶのがおすすめです。また、乾燥を防ぐために直射日光の当たらない場所に保管した方が長持ちするでしょう。

液体絆創膏のおすすめ人気ランキング7選

それでは、おすすめの液体絆創膏をランキング形式でご紹介していきます。ぜひ、ご自身にピッタリの商品を見つけて下さいね!

7位:横山製薬 キズコロリ液体絆創膏T

横山製薬 キズコロリ液体絆創膏T 8g
出典:amazon.co.jp
横山製薬 キズコロリ液体絆創膏T 8g

460円 (税込)

詳細情報
・内容量:8g
・塗り口:ヘラ

使いやすいヘラ付き

キズコロリ液体絆創膏は、ヘラがついているので塗りやすく、液体絆創膏の厚みを自由に変えられるのが特長です。何度も重ね塗りでき、はがしやすくしたり、目立ちにくくすることもできるので便利。一般的な液体絆創膏では塗りにくいと感じている方や、塗りにくい場所に傷を多く作ってしまう方におすすめです。

殺菌成分も入っているので、消毒の手間を省くこともできますが、あまり深い傷には使えません。また、付属のへらをなくしてしまうと使いにくくなってしまうので、保管にはご注意くださいね。

6位:ケアフアスト ラップバン液体絆創膏

ケアフアスト ラップバン液体絆創膏
出典:amazon.co.jp
ケアフアスト ラップバン液体絆創膏

380円 (税込)

詳細情報
・内容量:12g
・塗り口:チューブ

たっぷり使いたい人向け!

ラップバン液体絆創膏は、12gも入っているのにリーズナブルなお値段で、コスパの良い優れもの。液体絆創膏を一度使ってみたいという方にも、液体絆創膏を頻繁に使う方にもおすすめです。また、塗った感覚がサラッとしているので、粘着力が強くベタつきやすい商品が苦手な方にもよいでしょう。

ただし、被膜が柔らかく、はがれやすいのが難点。価格が抑えめなので、何度も塗りなおしてたっぷり使っても気にならないと思いますが、塗り直しの手間が面倒という方にはおすすめできません。

5位:ケアハート 消毒もできる液体ばんそうこう

ケアハート 消毒もできる液体ばんそうこう
出典:amazon.co.jp
ケアハート 消毒もできる液体ばんそうこう

290円 (税込)

詳細情報
・内容量:5g
・塗り口:チューブ

消毒もできちゃう少量タイプ

傷口のガードだけでなく、消毒も出来る液体絆創膏。他の液体絆創膏と違い、塗る前に消毒をする手間を省くことができます。傷口から雑菌が入るのでは…と心配な方にピッタリですね。

傷口をしっかり消毒してガードしてくれるので、小さな切り傷や靴擦れにも便利。内容量が5gと少なめなので、使い切れるか心配な方にもおすすめです。ただ、独特のにおいと塗った時の痛みは、他の液体絆創膏と変わりません。また、消毒もできるからと言って、大きな傷に使うのはNGなので注意しましょう。

4位:小林製薬 サカムケア

小林製薬 サカムケア【第3類医薬品】
出典:amazon.co.jp
小林製薬 サカムケア【第3類医薬品】

609円 (税込)

詳細情報
・内容量:10g
・塗り口:ハケ

ハケで小さな傷にも対応可能

液体絆創膏に多いチューブタイプではなく、ハケでさっと塗るタイプの商品。必要なだけハケで塗れるので、本体から出しすぎて失敗するということがなく、手軽に使えます。また、チューブタイプでは塗りにくい爪の間やささくれ、指の腹など、丸みを帯びた部分の傷にも使いやすいので便利です。

ただし、残念ながら、ハケを水洗いすることはできませんので、濡れたままの患部に液体絆創膏を塗ってしまうのは禁物。とは言え、ハケを使って薄い被膜を作れるタイプはほとんど無いので、チューブタイプに不安な方におすすめです。
東京甲子社 コロスキン 【第3類医薬品】
出典:amazon.co.jp
東京甲子社 コロスキン 【第3類医薬品】

520円 (税込)

詳細情報
・内容量:11g
・塗り口:チューブ

3位:東京甲子社 コロスキン

接着力と被膜の固さを重視するならコレ!

接着力が強く、傷口を完全にガードしてくれる液体絆創膏。他の商品と比べると、皮膜が硬くしっかり固まるため、傷口をしっかり守ってくれます。頻繁に動かす指よりも、靴擦れやかかとに出来たひびわれなどに使うのがおすすめです。

ただし、被膜が硬くなりすぎて皮膚を引っ張ってしまい、余計な傷ができる可能性も。また、液体絆創膏が乾燥するまでに時間がかかるため、忙しい方には不向きです。

2位:メンソレータム ヒビプロ 液体バンソウ膏

メンソレータム ヒビプロ 液体バンソウ膏
出典:amazon.co.jp
メンソレータム ヒビプロ 液体バンソウ膏

595円 (税込)

詳細情報
・内容量:10g
・塗り口:ドーム型チューブ

広い傷口に使いやすい柔らかさ

塗り口がプラスチックの半球体で、被膜を薄く塗ることができる液体絆創膏。使っているうちに、塗り口の半球体部分に乾燥した液体絆創膏がこびりつきやすいですが、それも簡単にはがすことができます。使った後に、ティッシュペーパーや布なので軽く拭くと、こびりつきが少なくなりますよ。

粘り気が少なく長持ちしにくいものの、被膜はが柔らかめのため、指の関節に塗っても動かしにくいと感じることは少ないようです。また、被膜は透明で目立ちにくいので、見た目が気になる方にもおすすめと言えるでしょう。

1位:大正製薬 アーチスキン

大正製薬 アーチスキン [指定医薬部外品]
出典:amazon.co.jp
大正製薬 アーチスキン [指定医薬部外品]

480円 (税込)

詳細情報
・内容量:10g
・塗り口:細めのチューブ

長年使われている液体絆創膏

長く使われ続けている液体絆創膏。ノズルが細く、乾燥スピードが速いのが特長です。乾燥した被膜も、硬すぎず柔らかすぎずで、長持ちするためコスパも抜群。ボロボロとはがれてくることも少なく、見た目が汚くなりにくいので、はがれかけの状態が気になる方にもおすすめです。

なお、被膜をはがしたい場合は、被膜の上から液体絆創膏を塗りなおして紙や布でふき取ると、簡単にはがすことができます。ノズル部分が細めなので、小さい傷口や爪の周りの傷にも便利です。

肌への負担が少なめで、固まった被膜に引っ張られて皮膚が切れてしまうことがないのも、この商品のいいところ。ドラッグストアではあまり見かけませんが、通販サイトでなら簡単に購入できますよ。

液体絆創膏を使うときの注意点

あまり知られていない、液体絆創膏を使う時の注意点や、液体絆創膏の特性をご紹介します。液体絆創膏を使う前に、一度読んでおくと、失敗が少なくなりますよ!

塗ったときの痛みと臭いは我慢!

塗ったときの痛みと臭いは我慢!
まるで接着剤のような臭いがする液体絆創膏。どのメーカーの、どの商品でも同じような臭いがしますが、なかには、傷口に使って大丈夫なのか不安になる方もいるようです。

また、塗った後に傷口がしみるのも液体絆創膏の特徴。ずっと痛みが続くのではなく、塗ってから乾くまでの少しの間だけですが、びっくりするくらいにしみることも。これも、メーカーや商品に関係なく、どの液体絆創膏でも起こる事。特に、初めて使用する方は驚かれることが多いようなので、あらかじめ覚えておくとよいでしょう。

深い傷・大きな傷にはNG

深い傷・大きな傷にはNG
液体絆創膏は、さかむけ、小さな切り傷、ひびわれなどの消毒・保護を目的としているため、深い傷口や大きな傷には、使ってはいけません。深い傷口に使ってしまうと、液体絆創膏の成分が傷の奥深くに入り込んで固まり、病院で治療を受けなければならない…なんてことにもなりかねません。

また、体に害のある成分が使われていなくても、多くの成分が取り込まれた場合、体内では異物とみなされて、傷の治りを遅くしてしまったり、傷跡が残る可能性も。説明書をよく読んで、どの程度の傷にまでなら使っていいのか知っておくことを、おすすめします。

はがす場合は説明書通りに

はがす場合は説明書通りに
傷口につけた液体絆創膏が、半分はがれてしまって見た目が悪くなったり、つける時に失敗してやり直したくなったり。また、傷が治ったからはがしたい、ということもあるでしょう。しかし、しっかりと貼り付いている液体絆創膏を無理矢理はがすと、健康な皮膚を傷める原因になります。

乾いた部分から、勝手にパリパリとはがれていく商品もありますが、まずは説明書を読んで、はがし方を確認してみましょう。なかには、液体絆創膏を塗りなおすことで、乾燥させるための薬品が再びしみ込んで、簡単にはがれるようにできている商品もありますよ。

瞬間接着剤で代用するのは厳禁

臭いや見た目が似ているアロンアルファやセメダインなどの瞬間接着剤を、液体絆創膏の代わりに使おうとする方も意外といるようです。しかし、成分や仕組みが全く違うので、瞬間接着剤で代用するのはとても危険。言うまでもなく、肌荒れや傷の悪化にもつながってしまいます。

液体絆創膏は、「指定医薬部外品」や「第3類医薬品」に指定されている、れっきとした医薬品。瞬間接着剤などで代用したりせず、傷口にあった液体絆創膏を使うことをおすすめします。

水仕事をするなら防水絆創膏がおすすめ!

どうしても液体絆創膏のニオイやつけたときの痛みが苦手という方は、防水絆創膏がおすすめです。下記の記事でおすすめの商品をたくさん紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

おすすめの液体絆創膏を7種類、ご紹介させていただきました。気に入った商品は、見つかったでしょうか?個人差はありますが、どの商品も、液体絆創膏を塗った時にしみる感覚や痛み、それから独特のにおいだけは我慢しなければなりません。

ですが、その2点を我慢すれば、お風呂や水仕事、キャンプなどでも大活躍してくれますよ。冬場の乾燥で、あかぎれやさかむけが出来やすい方、水仕事が多くて、シールで張る絆創膏を付けられない方の味方にもなってくれるでしょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す