• オーガニックベビーフードのおすすめ人気ランキング10選【おいしく安全な離乳食!】のアイキャッチ画像1枚目
  • オーガニックベビーフードのおすすめ人気ランキング10選【おいしく安全な離乳食!】のアイキャッチ画像2枚目
  • オーガニックベビーフードのおすすめ人気ランキング10選【おいしく安全な離乳食!】のアイキャッチ画像3枚目
  • オーガニックベビーフードのおすすめ人気ランキング10選【おいしく安全な離乳食!】のアイキャッチ画像4枚目
  • オーガニックベビーフードのおすすめ人気ランキング10選【おいしく安全な離乳食!】のアイキャッチ画像5枚目

オーガニックベビーフードのおすすめ人気ランキング10選【おいしく安全な離乳食!】

安心・安全でおいしく手軽に食事を与えられる「オーガニックベビーフード」。赤ちゃんの健康と健やかな成長のためにできるだけ農薬などの心配のない、オーガニックベビーフードを選びたいですよね。和光堂やキューピーなど有名メーカーだけでなく、たくさんのメーカーから販売されています。また、レトルト・フリーズドライ・粉末・瓶入りなど種類もさまざまなので、どれを購入しようか迷うこともありますよね?

そこで今回は、通販で購入できるオーガニックベビーフフードのおすすめ人気ランキングをご紹介します。あわせてオーガニック商品を見分けるポイントも解説していますので、新米パパ・ママは必見ですよ。
  • 最終更新日:2019年03月29日
  • 21,365  views
目次

オーガニックベビーフード・おすすめの理由

オーガニックベビーフード・おすすめの理由
赤ちゃんの体はとても小さいので、大人にとってはわずかな量の農薬や化学肥料でも影響は大きくなります。大人には無害でも、赤ちゃんにとっては農薬や化学肥料まみれの食べものになってしまう可能性も。しかも、離乳食期は体が急激に大きくなる時期なので、栄養やエネルギーを吸収しようとします。栄養とともに農薬や化学肥料もどんどん吸収してしまうので、大人よりもダメージが大きくなりかねないのです。

また、赤ちゃんがベビーフードのようにドロドロとしたものを食べるのは、胃や腸などの消化器官が発達していないため。毒素を無害化して体の外に排出する機能もまだ未熟なので、食べ物に含まれる農薬などを排出できず、どんどん体に溜め込んでしまう可能性もあります。

このような赤ちゃんの体を考えると、オーガニックベビーフードがおすすめな理由はわかっていただけると思います。普通のベビーフードよりもお値段高めで商品数も少なくなってしまいますが、大切な赤ちゃんに、ぜひ安心・安全な食べものを与えてあげましょう。

オーガニックベビーフードの選び方

ここまで読んで「赤ちゃんには、できるだけ安全な食べ物を与えたい」と感じたら、次のポイントに沿って、安全でおいしいオーガニックベビーフードを選んでいきましょう。

オーガニック=無農薬と考えない

オーガニック=無農薬と考えない
日本の場合の有機JAS認定マークの認定基準はとても厳しいのですが、完全に無農薬ではなく、有機JAS規格が認めた31種類の農薬は使われている可能性があります。オーガニックベビーフードも本当に農薬が使われていないのか、どんな農薬が使われているのかを自分でチェックして選びましょう。

「オーガニック」の広告に騙されない

「オーガニック」の広告に騙されない
有機JAS認定マークを受けた商品だけが「オーガニック」、「有機」と表示することができますが、この規制は広告までおよびません。実際には有機JAS認定マークを受けていなくても、パンフレットやネットの説明にオーガニックや有機という宣伝文句を入れている自称・オーガニックフードもありますので、気を付けてくださいね。

有機JAS認定マーク以外のオーガニックもチョイス

有機JAS認定マーク以外のオーガニックもチョイス

出典:shioji.co.jp

日本で生産されたオーガニックベビーフードは有機JAS認定を受けてますが、有機JAS認定マークだけが、安全の証明ではありません。最近は日本と同じ水準や、より厳しい基準で作られた外国産のオーガニックベビーフードも輸入されています。

フランスの「ECOCERT」や、ドイツの「BioLand」などの世界基準の認定もありますから、自分でどんな安全基準で作られたベビーフードなのかを調べて、賢く判断してオーガニックベビーフードを選びましょう。

月齢にあっているものを選ぶ

月齢にあっているものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

赤ちゃんは胃腸の消化器官が発達段階で、ベニーフードであっても月齢によっては消化ができず、下痢などを起こしてしまうこともあります。商品には必ず「〇〇ヶ月から」などの月齢の表記がありますから、赤ちゃんの体や月齢に応じたオーガニックベビーフードを選んでくださいね。

保存料や添加物などもチェック

保存料や添加物などもチェック
農薬は使っていなくても、商品の賞味期限を延ばすために保存料や食品添加物などをたっぷりと使っているのでは、とても安全とはいえません。オーガニックベビーフードは保存性の良さも考慮して選ぶ必要がありますが、危険な化学物質や不要な着色料などが使われていないか、しっかり成分表示を見て確認しておきましょう。

アレルゲンの確認は慎重に

アレルゲンの確認は慎重に
赤ちゃんは消化器官が未熟なので、アレルギーリスクも起こしやすいです。卵・乳製品・小麦・落花生・そば・エビ・カニなどの7大アレルゲンの使用の有無は、しっかりチェックしておきましょう。赤ちゃんの体は小さいため、わずかな量のアレルゲンでも激しい反応が起きることがあります。

同じ生産ラインでこういったアレルゲンを扱っていないかも、パッケージの表示をしっかり確認しておきたいですね。

薄味のほうが安全でアレンジしやすい

薄味のほうが安全でアレンジしやすい

出典:amazon.co.jp

生後5ヶ月からの離乳食期は、赤ちゃんの味覚が形成される大事な時期です。あまり濃い味に慣れさせてしまうのは好ましくないので、できるだけ薄味のものを選びたいですね。薄味のほうが家庭でアレンジを加えやすくママも使いやすいですし、手作り感も味わえます。バリエーションを加えることで、赤ちゃんもおいしく食べてくれますよ。

携帯しやすいものが便利

携帯しやすいものが便利
ベビーフードの便利なところは、どこにでも持ち運びができること。レトルトパウチのものや瓶入りのもの、お湯をかけて戻すフリーズドライなどさまざまなタイプがありますから、お出かけ用には携帯しやすく、外出先でもササッと食べることができるオーガニックベビーフードを選んでおきましょう。

小分けに使えるものをチョイスする

小分けに使えるものをチョイスする
赤ちゃんの食欲は個人差が大きいのですが、一度にたくさんのベビーフードは食べられません。オーガニックベビーフードは食べ残しも多いので、できるだけ小分けに使える商品がおすすめです。1度パッケージをあけたら保存できないタイプの場合は、氷を作る容器を使って小分けにして冷凍して、なるべく早めに使い切ってくださいね。

オーガニックベビーフードのおすすめ人気ランキング10選

それでは、有機JAS認定マークの認定を受けた商品を中心に、厳しい安全基準の中で作られた、オーガニックベビーフードのおすすめ商品をご紹介します。
10位
原材料有機農法産の玄米
内容量200g×20個
1個分の価格214円
適応月齢12ヶ月~
オーガニック認定有機JAS認定マーク
9位
原材料有機プルーンピューレ・有機レモンジュース濃縮物
内容量99g
1個分の価格約218円
適応月齢4ヶ月~
オーガニック認定CCOF認定
8位
原材料有機トマト・有機野菜ストック他
内容量130g×5個
1個分の価格1,272円
適応月齢7ヶ月~
オーガニック認定Soil AssociationのOrganic認定
7位

GoGo Squeez有機アップルピューレ

2,998円 (税込)

原材料オーガニックりんご・オーガニックバナナ他   
内容量90g×20個
1個分の価格約150円
適応月齢12ヶ月~
オーガニック認定USDA organic認定
6位

BabyOrgente無添加離乳食オーガニックベビーフード

540円 (税込)

原材料有機ほうれん草・有機小松菜・有機米他   
内容量表示なし
1個分の価格540円
適応月齢5ヶ月~
オーガニック認定有機JAS認定マーク
5位
オーガニックベビーフード Plum Organics  オーガニックベビーフード 1枚目
出典:jp.iherb.com

Plum Organics オーガニックベビーフード

224円 (税込)

原材料有機梨ピューレ・有機マンゴーピューレ・有機レモン汁濃縮物 
内容量113g
1個分の価格224円
適応月齢6ヶ月~
オーガニック認定Oregon Tilth 認定
4位
オーガニックベビーフード Holle オーガニックポリッジ 1枚目
出典:holle.jp

Holleオーガニックポリッジ

1,348円 (税込)

原材料全粒スペルト粉   
内容量250g
1個分の価格1,348円
適応月齢6ヶ月~
オーガニック認定demeter認定
3位
オーガニックベビーフード Earth's Best オーガニック ライス シリアル 1枚目
出典:jp.iherb.com

Earth's Bestオーガニック ライス シリアル

3円 (税込)

原材料全粒穀物   
内容量227g
1個分の価格449円
適応月齢4ヶ月~
オーガニック認定USDA organic認定・QAI認定
2位
原材料西洋ナシ・米粉・濃縮ナシ果汁・全粉乳   
内容量110g×6個
1個分の価格約460円
適応月齢5ヶ月~
オーガニック認定Asure Quality認定
1位

味千汐路有機JAS認定 無添加 ベビーフード

5,270円 (税込)

原材料国産有機コシヒカリ米・国産有機野菜他   
内容量100g×12個
1個分の価格約449円
適応月齢7ヶ月~
オーガニック認定有機JAS認定

おすすめ人気オーガニックベビーフードの比較一覧表

商品画像
1
オーガニックベビーフード 味千汐路 有機JAS認定 無添加 ベビーフード 1枚目

味千汐路

2
オーガニックベビーフード Only organic ベビーフード 1枚目

Only organic

3
オーガニックベビーフード Earth's Best オーガニック ライス シリアル 1枚目

Earth's Best

4
オーガニックベビーフード Holle オーガニックポリッジ 1枚目

Holle

5
オーガニックベビーフード Plum Organics  オーガニックベビーフード 1枚目

Plum Organics

6
オーガニックベビーフード BabyOrgente 無添加離乳食オーガニックベビーフード 1枚目

BabyOrgente

7
オーガニックベビーフード GoGo Squeez 有機アップルピューレ 1枚目

GoGo Squeez

8
オーガニックベビーフード Ella's Kitchen 有機野菜100%離乳食 1枚目

Ella's Kitchen

9
オーガニックベビーフード Happy Baby オーガニックベビーフード 1枚目

Happy Baby

10
オーガニックベビーフード コジマフーズ 有機玄米クリーム 1枚目

コジマフーズ

商品名

有機JAS認定 無添加 ベビーフード

ベビーフード

オーガニック ライス シリアル

オーガニックポリッジ

オーガニックベビーフード

無添加離乳食オーガニックベビーフード

有機アップルピューレ

有機野菜100%離乳食

オーガニックベビーフード

有機玄米クリーム

特徴国産の有機食材だからやっぱり安心程良い硬さで食べさせやすい簡単にリゾットができるおいしいミルク粥は食べやすいなめらかで口に含みやすく果実の自然な甘みが味わえる特殊な滅菌パウチなので安全性もバッチリ長時間の旅行のお伴にかかせないベビー用でも本格派の料理便秘の改善にも効果的トロトロで優しい味わい
価格5,270円(税込)2,757円(税込)3円(税込)1,348円(税込)224円(税込)540円(税込)2,998円(税込)7,100円(税込)218円(税込)4,280円(税込)
原材料国産有機コシヒカリ米・国産有機野菜他   西洋ナシ・米粉・濃縮ナシ果汁・全粉乳   全粒穀物   全粒スペルト粉   有機梨ピューレ・有機マンゴーピューレ・有機レモン汁濃縮物  有機ほうれん草・有機小松菜・有機米他   オーガニックりんご・オーガニックバナナ他   有機トマト・有機野菜ストック他有機プルーンピューレ・有機レモンジュース濃縮物有機農法産の玄米
内容量100g×12個110g×6個227g250g113g表示なし90g×20個130g×5個99g200g×20個
1個分の価格約449円約460円449円1,348円224円540円約150円1,272円約218円214円
適応月齢7ヶ月~5ヶ月~4ヶ月~6ヶ月~6ヶ月~5ヶ月~12ヶ月~7ヶ月~4ヶ月~12ヶ月~
オーガニック認定有機JAS認定Asure Quality認定USDA organic認定・QAI認定demeter認定Oregon Tilth 認定有機JAS認定マークUSDA organic認定Soil AssociationのOrganic認定CCOF認定有機JAS認定マーク
商品リンク

無添加ベビーフードもおすすめ

オーガニックベビーフードを購入しようと思っている方には、無添加のベビーフードもおすすめ。気になる方は、以下の記事も合わせてチェックしてくださいね。

まとめ

赤ちゃんとママにおすすめのオーガニックベビーフード10商品を、人気ランキング形式でご紹介しました。それぞれのメーカーでは、ご紹介した商品の他にもさまざまなタイプのベビーフードを販売していますので、お気に入りの商品を見つけてみてくださいね。

消費者にとってわかりやすいようで、実はわかりにくいのが、「オーガニック」という表記。賢く見分けて、安全で栄養が豊富なベビーフードを選んでいきましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す