• 【サイズいろいろ!】刺繍枠のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【サイズいろいろ!】刺繍枠のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【サイズいろいろ!】刺繍枠のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【サイズいろいろ!】刺繍枠のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【サイズいろいろ!】刺繍枠のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【サイズいろいろ!】刺繍枠のおすすめ人気ランキング10選

刺繍の仕上がりをぐんとアップさせてくれるのが「刺繍枠」です。必要ないと思っている方もいらっしゃるようですが、刺繍枠なしでは生地がよれたりしてなかなかキレイな図柄を作ることができません。定番の丸枠の他にも、大きな作品を作りやすい四角枠や、首の負担を軽くするスタンドタイプ、そのまま作品をインテリアとして飾れる額縁のようなものもあり、刺繍をより便利に楽しくしてくれますよ。

今回は、おすすめの刺繍枠をランキング形式でご紹介します。作りたい刺繍の大きさなどを考えながら、ぜひあなたの使い方に合ったお気に入りの商品を見つけてみてくださいね。
  • 最終更新日:2019年05月24日
  • 41,785  views
目次

刺繍枠の選び方

生地がよれずにキレイに刺繍を仕上げるための必需品が「刺繍枠」です。まずは、刺繍枠の選び方を紹介します。どのような刺繍枠を選べばいいのか迷っているときの参考にしてみてくださいね。

刺繍枠の素材をチェック!

刺繍枠の使い勝手を左右するポイントとなるのが「素材」です。刺繍枠は大きく分けると次の2つの素材を使用している場合が多いです。それぞれの特徴を確認して、用途に合う素材を選んでみましょう。

手に馴染むものを長く愛用したい場合は「木材」がおすすめ

手に馴染むものを長く愛用したい場合は「木材」がおすすめ
まずは、木材です。天然素材なので趣があり、使えば使うほど馴染むため長期間使用したい人におすすめです。木材の特徴は何と言っても、フィット感があるところです。

木材は人工的な素材と異なり「しなる」ため、布に合わせて枠にフィットやすく、しっかりと張ることができます。また、軽さもあるため扱いやすく長期間持っていても疲れにくいのも特徴です。一方で、湿気や温度変化には弱いため管理方法には注意する必要があります。

軽くて扱いやすい「プラスチック」

軽くて扱いやすい「プラスチック」
もう一つの素材は、プラスチックです。プラスチックの利点は扱いやすく軽いというところです。通常の環境では材質が変化することがないので、気兼ねなく使用することができます。一方で、伸縮性のない素材となるため、フィット感を出そうとネジで締め付けると割れてしまう場合があります。

作りたい作品に合わせた大きさの刺繍枠を選んで

作品の大きさに合わせて、使いやすい刺繍枠のタイプが異なります。普段、どのくらいのサイズの刺繍をするのか考えて購入するといいでしょう。

布いっぱいに刺繍をしたいときには四角形の枠が便利

布いっぱいに刺繍をしたいときには四角形の枠が便利

出典:amazon.co.jp

布いっぱいに刺繍をしたい場合や、大きめの刺繍を施したい場合は大きめの枠を選ぶと便利です。小さなサイズのものを使用すると、少しずつずらしながら製作する必要があります。大きめの刺繍をする場合は、後述するロールタイプのものや四角形のものを選ぶと、広範囲の刺繍を無理なく行うことができます。

ワンポイント刺繍をしたい場合は、7~10cm程度がベスト

ワンポイント刺繍をしたい場合は、7~10cm程度がベスト
刺繍をする機会が多いのは、ワンポイント刺繍や名前などの刺繍ではないでしょうか。このような小さめの刺繍をするときに、大きい刺繍枠を使用すると位置がずれたり、大きすぎて縫いにくくなったります。

そのため、ワンポイント刺繍をしたい場合は、直径7cmから10cmほどの大きさの刺繍枠がおすすめです。コンパクトなサイズなので持ち歩きもしやすく手軽に刺繍を楽しむことができます。

枠へのセット方法もチェック!

刺繍枠の使いやすさを左右するのが枠へのセット方法です。主に次の3つのタイプがあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

簡単に装着できる「ワンタッチタイプ」

簡単に装着できる「ワンタッチタイプ」

出典:amazon.co.jp

下枠の上に布を置いて、上から枠をはめるだけで簡単に装着できるのが「ワンタッチタイプ」です。はめ込むだけなので、初心者でも使いやすいタイプです。ただし、布に厚みがある場合は、浮いてしまったりしっかりと張ることができなかったりします。

布の厚みに対応できる「ネジ式タイプ」

布の厚みに対応できる「ネジ式タイプ」

出典:amazon.co.jp

このタイプの刺繍枠も、まずはワンタッチタイプのように下枠の上に布を置きます。次に、上枠のネジを緩めて布の上から当てはめます。最後に、ネジを閉めてピンと張れば完成です。少し手間はかかりますが、好みの張り具合に調整できるのがメリットです。また、厚みのある布でもネジで調整することでしっかりと張ることができます。

慣れてきたら「ロールタイプ」もおすすめ

ロール式タイプは、上下の棒に布を巻き付けてピンと張ります。このままでは布が固定されていないので、布テープを使って布を筒状にして棒に固定します。このときに安全ピンで留めたり糸で縫い付けたりしなければなりません。

慣れてしまえば使いやすいですが、布を張るためにはコツが必要となります。初心者の方は、ワンタッチ式やネジ式などの枠型タイプから使用するのがおすすめです。

裏までキレイに仕上げられるのはハンズフリーの刺繍枠

裏までキレイに仕上げられるのはハンズフリーの刺繍枠

出典:amazon.co.jp

刺繍に慣れてくると、表布だけでなく裏側まできれいに仕上げたいと思う人も多いのではないでしょうか。そのような人におすすめなのが、ハンズフリーの刺繍枠です。刺繍枠を固定して使うタイプで、片手で支える必要がありません。また、自分の目線の位置に刺繍枠をセットできるため、肩や首への負担を軽減することもできます。

刺繍枠のおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの刺繍枠をランキング形式で紹介します。使いやすいものや、作りたいもののサイズに合わせて選んでみてくださいね。
10位
サイズ25cm×35cm 
素材ポリ塩化ビニル
9位
サイズ直径18cm
素材-
8位
サイズ直径7.5cm
素材木製(内側:ゴム)
7位
サイズ16cmx10cm
素材木製
6位

GAMBARUショップ 刺繍枠

3,186円 (税込)

サイズ25cm×35cm
素材木製
5位
サイズ直径10cm
素材木製
4位
サイズ直径15cm・18cm・21cm・24cm・27cm
素材プラスチック
3位
サイズ直径8cm
素材
2位
サイズ直径20cm・高さ約31cm~42cm
素材ブナ
1位
サイズ直径13cm・17cm・20cm・23cm・26cm
素材

おすすめ人気刺繍枠の比較一覧表

商品画像
1
刺繍枠 Tenn Well 刺しゅう枠 1枚目

Tenn Well

2
刺繍枠 Etogen 木製 手芸スタンド 1枚目

Etogen

3
刺繍枠 ホームクラフト 刺しゅう枠 1枚目

ホームクラフト

4
刺繍枠 プラスチック製 刺しゅう枠 1枚目

5
刺繍枠 SAJOU 刺しゅう枠 1枚目

SAJOU

6
刺繍枠 GAMBARUショップ  刺繍枠 1枚目

GAMBARUショップ

7
刺繍枠 womei 木製 刺しゅう枠 1枚目

womei

8
刺繍枠 ジャスミン 木製風プチフレーム 1枚目

ジャスミン

9
刺繍枠 クロバー(Clover) ターンフープ 1枚目

クロバー(Clover)

10
刺繍枠 GJ.Trading 刺しゅう 枠 1枚目

GJ.Trading

商品名

刺しゅう枠

木製 手芸スタンド

刺しゅう枠

プラスチック製 刺しゅう枠

刺しゅう枠

刺繍枠

木製 刺しゅう枠

木製風プチフレーム

ターンフープ

刺しゅう 枠

特徴軽くて使いやすい!天然素材のロングセラー刺繍枠セットハンズフリーで楽な姿勢で刺繍を楽しめるロングセラーの定番刺繍枠と言えばコレ!コスパのいいカラフルな刺繍枠ファンも多いメゾン・サジューのおしゃれな刺繍枠広い範囲に刺繍をしたいときにおすすめ扱いやすいコンパクトな木製刺繍枠作品をそのまま飾れるおしゃれな刺繍枠机に取り付けて使える刺繍枠大きめサイズの作品作りに最適
価格1,397円(税込)1,950円(税込)777円(税込)860円(税込)1,208円(税込)3,186円(税込)1,020円(税込)499円(税込)1,953円(税込)1,180円(税込)
サイズ直径13cm・17cm・20cm・23cm・26cm直径20cm・高さ約31cm~42cm直径8cm直径15cm・18cm・21cm・24cm・27cm 直径10cm25cm×35cm16cmx10cm直径7.5cm直径18cm25cm×35cm 
素材ブナプラスチック木製木製木製木製(内側:ゴム)-ポリ塩化ビニル
商品リンク

刺繍枠の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、刺繍枠の売れ筋ランキングのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、おすすめの刺繍枠をランキング形式で紹介しました。作りたい刺繍に合わせた刺繍枠を選ぶと、刺繍がより楽しく、そしてやりやすくなります。サイズに迷ったときは、セットになっている刺繍枠もおすすめですよ。ぜひこの記事を参考に、お気に入りの刺繍枠を見つけてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す