• 妊娠帯のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 妊娠帯のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 妊娠帯のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 妊娠帯のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 妊娠帯のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

妊娠帯のおすすめ人気ランキング10選

大きくなってくるお腹を支えたり、お腹を冷えから守るのに役立つ「妊娠帯」。安定期に入り、お腹が目立ち始める戌の日の安産祈願からつけ始めるという方も多いものではありますが、さらし・腹巻き・ガードル・サポートベルトなどたくさんの種類があり、どれがどう違うのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、妊娠帯についてのあれこれや選び方、妊娠帯のおすすめをランキング形式でご紹介していきたいと思います。中には妊娠中だけではなく、産後の体型ケアにも使える優れものまでありますので、購入をお考えの際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 130,889  views
目次

妊娠帯は必要?妊娠帯をつける理由とは

妊娠帯は必要?妊娠帯をつける理由とは
妊娠帯は妊婦さんがお腹に巻く腹帯のことで、妊娠5ヶ月目の戌の日に、安産を祈願して行われる儀式「帯祝い」の日から巻き始める方も多いようです。妊娠帯をつけることで期待できる効果は「身体への負担軽減」と「冷え予防」の主に2つです。

お腹が大きくなってくると、多くの妊婦さんはお腹を支えるために上体を反らすようになります。姿勢が悪くなるため肩や背中が痛んだり、腰に負担がかかったりして腰痛になりやすくなります。妊娠帯をつけることで正しい姿勢を保つことができ、大きなお腹を支えてくれるようになるため、腰痛の軽減にも役立ちます。

また、妊娠初期はつわり、後期は安静が必要になったりと運動量が必然的に少なくなります。動かないことで血の巡りが悪くなり、冷え性になる方が多くいると言われています。冷えた状態が続くと便秘やむくみなどの他、出産や授乳などでもトラブルが起こることがあるようです。秋冬はもとより、クーラーを使う夏にも、妊娠帯は身体を冷えから予防するのに役立ちます。

妊娠帯の選び方

妊娠帯にはどのようなタイプがあって、どんなことに気をつけて購入すればよいのでしょうか。ランキングの前に、まずは妊娠帯の選び方から一緒に見ていきましょう。

自分に合ったタイプのものを選ぶ

さらし・腹巻・ガードル・ベルトなどのたくさんの種類がある妊娠帯ですが、それぞれにどんな特徴があるのでしょうか。メリットやデメリットなど選ぶ際に考慮したいポイントをご紹介したいと思います。

体型に合わせて自由に巻ける【さらし布タイプ】

帯祝いの日に神社からいただいたり、持参して祈祷してもらう腹帯は、簡単に言うと一枚の長いさらしの布です。岩のようにたくましく育って欲しいという願いが込められていると言われていることから、「岩田帯(いわたおび)」と呼ばれています。妊娠帯の中では昔からある一番オーソドックスなものと言えるでしょう。

妊婦さんのお腹の大きさに左右されず、巻き具合の調整もしやすくなっていますが、さらしを半分に折って、くるくると巻き取ってから身体に少しずつ巻きつけていかならないなど、コツがいります。慣れないうちは手間に感じたり、見た目のボリューム感が気になる方も多いようです。

下着の上から巻いてしまうと、トイレの際に巻き直しが必要となるため、下着の下につけると良いでしょう。赤ちゃんが生まれた後は、小さく切ってガーゼなどにもできます。吸水性・通気性に優れており洗濯してもすぐ乾く反面、とにかく長いので、シワを伸ばしたり畳んだりするのが大変かもしれません。

着用が楽でリラックスできる【腹巻きタイプ】

着用が楽でリラックスできる【腹巻きタイプ】

出典:amazon.co.jp

筒状になっているこのタイプは、長い布を巻くさらしタイプに比べ、着脱が非常に簡単です。ずれてもすぐに直すことができ、トイレの際に上げ下ろしをしなくて済むので、最も使いやすい妊娠帯と言えるでしょう。伸縮性のある素材でお腹部分をすっぽりと包み込んでくれるため、冷え対策にも適していますよ。

また、身体のラインを整えてくれるガードルタイプの妊娠帯に比べ、締めつける力を感じにくくなっているので、昼間だけではなく就寝時にも使えます。ただ、自分で巻き具合を調整できないため、お腹が小さいうちはフィット感が足りず、布のもたつきが気になったり、お腹が大きくなった際には、サポート力が足りないと感じる方がいるかもしれません。

つけ心地の良さはそのままに、下腹部に補強のための工夫がされていたり、サポートベルトが付いているなどサポート力が高められているものがあるので、こういったものを選ぶと臨月まで使う事ができるでしょう。

スタイルアップに最適な【ガードルタイプ】

スタイルアップに最適な【ガードルタイプ】

出典:amazon.co.jp

ガードルタイプは、腹巻きタイプと同様にお腹全体を包んでくれるものでありながら、足を通して着用することから、よりずれにくく動きやすいという特徴があります。下着(ショーツ)と一体型の商品も多く、下着と二重につけなければならないさらしタイプや腹巻きタイプなどと比べ、アウターに響きにくくスッキリと見せたいパンツスタイルなどにも最適です。

お腹だけではなくお尻もしっかりと支えてくれるので、外出時はもちろん立ち仕事などにも良いですね。このタイプには、お腹の大きさに合わせてホールドする力を調整できる面ファスナー式の補助帯(ベルト)が付いている物もあり重宝します。ただ、太ももの付け根部分なども圧迫しているため、血流の流れなどに影響を与える可能性も。着用は昼間だけにし、夜はリラックスできる腹巻きタイプなどが良いでしょう。

お腹を下からしっかり支えてくれる【ベルトタイプ】

お腹を下からしっかり支えてくれる【ベルトタイプ】

出典:amazon.co.jp

サポートベルトタイプは、下からお腹を支えてくれるので、腰痛の予防や緩和に役立ちます。立ったままで姿勢を崩さずに着用できるのは「さらしタイプ」と同じですが、ワンタッチでつけられる面ファスナーが採用されていることから、とにかく着用が簡単で手間が掛からないと人気がある妊娠帯です。

グルグルと巻かなくて良いので着心地も軽く、また動きやすいでしょう。肌への負担を避ける為、腹巻タイプの上から巻いている方も多く、腹巻き+ベルトのセットで販売されている商品もあります。トイレに行く度に巻き直しせずに済むよう、着用後に下着を履くのが良いでしょう。

お腹の大きさや形に合わせて巻く力を調整することができるので、産前はもとより、産後に広がってしまった骨盤を元の位置に戻す「骨盤矯正ベルト」としても使えるものもあります。このような、産前・産後どちらにも使えるタイプを選ぶと、長く使えるのでお得感がありますよ。

季節に合わせて選ぶ

季節に合わせて選ぶ
つけていて楽なものであれば、ずっと同じ妊娠帯でももちろん問題ありませんが、夏と冬では気温が異なりますので、季節に応じて用意しておくとベストでしょう。

あせもなどの肌トラブルが発生しがちな夏は、かいた汗を適度に吸い取って、外へ逃がしてくれる綿100%の妊娠帯を選ぶと良いでしょう。また、通気性に優れているものは洗ってもすぐに乾くので、連日着用したい時にも助かりますね。

気温が下がる晩秋から冬にかけては、着替えの際のちょっとした時間でも身体の冷えが気になるもの。厚手のもので、できるだけ素早くつけられるものが好ましいですね。特に下着と重ねて履ける腹巻きタイプは保温効果もより期待できそうです。

妊娠帯のおすすめ人気ランキング10選

それでは、妊娠帯のおすすめをランキング形式でご紹介していきます。選び方なども参考に、自分に合った使いやすい妊娠帯をゲットして、快適な産前・産後生活を送ってくださいね!
10位
サイズフリー(長さ5.3メートル)
カラーホワイト
素材綿100%(無蛍光さらし)
タイプさらし布
9位
サイズS・M・L・LL
カラー白・紺
素材ナイロン・発泡ウレタン・綿・ポリウレタン
タイプベルト
8位
サイズフリー(長さ4.2メートル)
カラーホワイト
素材さらし部分/綿100%(無蛍光さらし)・伸縮部分/レーヨン80%、ナイロン15%、ポリウレタン5%
タイプさらし布
7位
サイズM(腹囲78-100cm・ヒップ85-98cm)・L(腹囲88-110cm・ヒップ90-103cm)
カラーサックス・ピンク
素材綿93%・ポリウレタン7%
タイプガードル
6位

ワコール産前用ボトム マミングサポート

MGP123

7,776円

サイズM(腹囲78-100cm・ヒップ85-98cm)・L(腹囲88-110cm・ヒップ90-103cm)
カラーサックス・ピンク
素材ナイロン・ポリウレタン
タイプガードル
5位
サイズマタニティM-L(腹囲78-110cm/ヒップ85-103cm)
カラーピンク・キナリ・クリーム
素材身生地/綿93%、ナイロン5%、ポリウレタン2%・補助腹帯表/ナイロン100%・補助腹帯裏/綿100%
タイプ腹巻き+ベルト
4位
サイズM-L(腹囲81~110・ヒップ85~104)
カラーアイボリー・ピンク
素材フロント表/ポリエスエル100%、フロント裏/綿100%・ベルト/綿100%
タイプベルト
3位
サイズマタニティM・L
カラーグレー・ピンク
素材綿100%
タイプガードル
2位
サイズマタニティM-L・L-LL
カラーアイボリー・ピンク
素材綿90%・ナイロン5%・ポリウレタン5%
タイプ腹巻き
1位

ピジョン長く使える産前産後マタニティベルト

4,600円

サイズM・L・LL
カラーブラック
素材ナイロン・ポリウレタン・ポリエステル
タイプベルト

おすすめ人気妊娠帯の比較一覧表

商品画像
1
妊娠帯 ピジョン 長く使える産前産後マタニティベルト 1枚目

ピジョン

2
妊娠帯 ワコール 産前用腹帯 1枚目

ワコール

3
妊娠帯 ピジョン おなからくらく妊婦帯パンツ 1枚目

ピジョン

4
妊娠帯 ローズマダム ワンタッチ妊婦帯 1枚目

ローズマダム

5
妊娠帯 犬印本舗 はじめて妊婦帯 1枚目

犬印本舗

6
妊娠帯 ワコール 産前用ボトム マミングサポート 1枚目

ワコール

7
妊娠帯 犬印本舗 らくばきパンツ妊婦帯 1枚目

犬印本舗

8
妊娠帯 犬印本舗 さらし妊婦帯たんじょうII 1枚目

犬印本舗

9
妊娠帯 青葉 トコちゃんベルトII 1枚目

青葉

10
妊娠帯 犬印本舗 岩田帯タイプ いわた 1枚目

犬印本舗

商品名

長く使える産前産後マタニティベルト

産前用腹帯

おなからくらく妊婦帯パンツ

ワンタッチ妊婦帯

はじめて妊婦帯

産前用ボトム マミングサポート

らくばきパンツ妊婦帯

さらし妊婦帯たんじょうII

トコちゃんベルトII

岩田帯タイプ いわた

特徴つけ心地柔らかで、痛くなりにくい!サポート力は、下着専門メーカーならでは軽いつけ心地で、アウターにも響きにくいたくさんの妊婦さんをサポートし続けてきたロングセラー商品腹巻きに、サポートベルトがついてお得に使える!ベルト一体型で、サポート力を調整可能可愛いデザインで、履いているだけで気分が上がりそう!心地よい肌触りはそのままに、着用しやすいさらし布タイプ妊娠初期から産後まで使える骨盤矯正ベルト昔ながらの岩田帯は帯祝いに最適!
最安値
要確認
4,290
送料無料
詳細を見る
2,420
送料無料
詳細を見る
1,986
送料要確認
詳細を見る
1,527
送料要確認
詳細を見る
要確認
5,369
送料無料
詳細を見る
1,652
送料要確認
詳細を見る
10,820
送料要確認
詳細を見る
1,058
送料別
詳細を見る
サイズM・L・LLマタニティM-L・L-LLマタニティM・LM-L(腹囲81~110・ヒップ85~104)マタニティM-L(腹囲78-110cm/ヒップ85-103cm)M(腹囲78-100cm・ヒップ85-98cm)・L(腹囲88-110cm・ヒップ90-103cm)M(腹囲78-100cm・ヒップ85-98cm)・L(腹囲88-110cm・ヒップ90-103cm)フリー(長さ4.2メートル)S・M・L・LLフリー(長さ5.3メートル)
カラーブラックアイボリー・ピンクグレー・ピンクアイボリー・ピンクピンク・キナリ・クリームサックス・ピンクサックス・ピンクホワイト白・紺ホワイト
素材ナイロン・ポリウレタン・ポリエステル綿90%・ナイロン5%・ポリウレタン5%綿100%フロント表/ポリエスエル100%、フロント裏/綿100%・ベルト/綿100%身生地/綿93%、ナイロン5%、ポリウレタン2%・補助腹帯表/ナイロン100%・補助腹帯裏/綿100%ナイロン・ポリウレタン綿93%・ポリウレタン7%さらし部分/綿100%(無蛍光さらし)・伸縮部分/レーヨン80%、ナイロン15%、ポリウレタン5%ナイロン・発泡ウレタン・綿・ポリウレタン綿100%(無蛍光さらし)
タイプベルト腹巻きガードルベルト腹巻き+ベルトガードルガードルさらし布ベルトさらし布
商品リンク

マタニティショーツもお探しなら…

妊娠帯と合わせてマタニティショーツについてもお探しなら、以下の記事も参考になりますよ。ぜひチェックしてみてくださいね!

妊娠帯の売れ筋ランキングもチェック!

参考までに、妊娠帯のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

さらしタイプから、骨盤矯正ができるサポートベルトタイプまで様々な妊娠帯をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

妊娠帯は必ず毎日しなければならないものではありませんが、季節や服装に合わせ、いくつか持っていると身体への負担や冷えを軽減してくれることでしょう。ぜひ、着けていて心地良いと感じられるような妊娠帯を見つけて、活用してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す