1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 日用品
  6. >
  7. 手ぬぐいのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれに使える!】
  • 手ぬぐいのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれに使える!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 手ぬぐいのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれに使える!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 手ぬぐいのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれに使える!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 手ぬぐいのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれに使える!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 手ぬぐいのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれに使える!】のアイキャッチ画像5枚目

手ぬぐいのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれに使える!】

古くから日本で愛用されてきた「手ぬぐい」。昨今は手ぬぐいならではの柄の美しさや素材感が見直され、プレゼントにしても喜ばれるアイテムとして、老若男女に人気があります。ラッピング・タペストリー・バッグへのアクセントなど、さまざまな使い方がされることも!とはいえ一口に手ぬぐいと言っても種類が多いので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、手ぬぐいの選び方と人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介。手ぬぐいの魅力やほつれの対策など、知っておきたい情報の満載ですよ!お気に入りの手ぬぐいを手に入れて、昔ながらの文化を日常に取り入れましょう。

  • 最終更新日:2020年06月16日
  • 33,693  views
目次

おしゃれで実用的!手ぬぐいの魅力とは

おしゃれで実用的!手ぬぐいの魅力とは

木綿を平織りにして作られた「手ぬぐい」。昔ながらのアイテムですが、最近になって改めてその魅力が見直されてきています。


手ぬぐいの魅力といえば、まずはなんといってもそのデザイン性。染料で鮮やかに染め上げられたものや、おしゃれなデザインが施されたものも多く、お土産や贈り物としても魅力的です。


また、吸水性・速乾性に優れているため衛生的で、ハンカチのように使ったり入浴時のタオルとして使ったりと、実用性も抜群。スカーフ・ランチョンマット・タペストリー・ラッピングなど色々な使い方ができるので、お気に入りの柄を一枚持っておくと、活躍すること間違いなしですよ!

手ぬぐいの選び方

それでは早速、手ぬぐいの選び方を見ていきましょう。

好みや用途にあわせて染め方を選ぼう

手ぬぐいには伝統的な技法によって手染めされたものと、機械でプリントされたものとがあります。それぞれのメリットやデメリットを知っておくと、好みの手ぬぐいを見つけやすくなるでしょう。

毎日手ぬぐいを使うなら、色落ちしにくく丈夫な「捺染」

毎日手ぬぐいを使うなら、色落ちしにくく丈夫な「捺染」

日常的に手ぬぐいを使う方におすすめなのが、捺染(なっせん)で作られた手ぬぐいです。染める色ごとに作られた型を使い、一色ごとに繊維の表面を染め、乾かすという工程が繰り返されています。裏面には色がついていないので、色のある・なしのコントラストが特徴的です。


色落ちしにくく耐久性があるので、鮮やかな色や柄を長く楽しめるのが魅力。どこか懐かしい、手ぬぐいらしい手触りも、長く楽しめますよ。また比較的安価なものが多いので、痛んだときも買い替えしやすく、普段使いに最適です。

移ろう色の変化を楽しみたいなら、色落ちのある「注染」

移ろう色の変化を楽しみたいなら、色落ちのある「注染」

色落ちによる独特の風合いを楽しみたいなら、注染の手ぬぐいがぴったり。染料を注いで繊維を染め上げる手法で、捺染と違って裏表の色の違いがないのが特徴です。


洗濯を繰り返すごとに色味が抜けていくので、少しずつ変わっていく色のグラデーションを楽しめるのが最大の魅力。ただし洗濯の際は色移りの可能性があるので、他の洗濯物と分けて洗うなど、多少の気遣いが必要になります。

色落ちがなくリーズナブルな「プリント染め」

色落ちがなくリーズナブルな「プリント染め」
繊維を染めるのではなく、機械で顔料を乗せていく方法のプリント染めは、凝った柄のものを手軽に楽しみたい方に最適。大量生産でき、カラフルで複雑な柄も比較的容易にプリントできるので、安価な商品が多いのが特徴です。一般的に、捺染や注染などの表記がなければ、プリント染めと判断して良いでしょう。

顔料インクを使っているため、肌触りがやや硬く、柔らかい肌触りを好む方には不向きです。肌に使うよりは、ランチョンマットやラッピングなどに使うのに良いタイプです。なお色落ちはありませんが、顔料が繊維から剥がれ落ちる可能性があるため、手洗いで洗濯する必要があります。

生地の種類でも手触りが変わる!

手ぬぐいの生地には、主に特岡/岡・総理/文・綿の3種類があります。どのような用途で使うかによって、適した生地が異なりますので、ぜひチェックしてみてください。

敏感肌やデザイン重視の方は、なめらかで繊細なデザインの多い特岡/岡生地

敏感肌やデザイン重視の方は、なめらかで繊細なデザインの多い特岡/岡生地

デリケートなお肌に使うなら、特岡と呼ばれる細い糸を緻密に織ったものがおすすめです。糸の密度が見た目にも高く、しっとりなめらかな肌触りが特徴的で、荒れた肌にひっかかりにくく肌への刺激も少なめ。肌荒れやアトピー症状で悩む方にも支持されています。


また、その「きめ」の細やかさから、複数の色を使用した繊細なデザインが多いのも特徴。浴衣などの見せる衣類にも使われています。デザインが気に入ったら、タペストリーとして使ったり、ギフトにしたりしても素敵ですね。

布巾・ハンカチ・タオル代わりに使うなら、吸水性・通気性のいい総理/文生地

布巾・ハンカチ・タオル代わりに使うなら、吸水性・通気性のいい総理/文生地

総理または文と呼ばれる生地は、太めの糸を使いざっくりと織られています。特岡に比べざらっとした手触りではありますが、吸水性や通気性に優れており、ハンカチやタオル代わりにして、水や汗を拭うのに最適。普段の生活はもちろんのこと、スポーツなどにも重宝します。


また、洗ってもすぐに乾き、使い込むことでガーゼのような肌触りになっていくのも嬉しいポイント。ただ、「きめ」が粗いため、デザインの柄は大きめで、使われる色も少なくなります。観賞用というよりは、ガンガンと使い倒すのに向いている生地といえるでしょう。

柄にも注目。文様の意味を知ると、より自分に合うものを選べる

柄にも注目。文様の意味を知ると、より自分に合うものを選べる

日本の伝統的な織物の一つである手ぬぐいを選ぶなら、柄とその意味にも着目したいもの。最初の一枚を選ぶときは、日本ならではの雰囲気を感じさせてくれる、和柄の模様を選ぶのがおすすめです。


代表的なところだと、六角形の幾何学模様「麻の葉」や、波のように扇状の形を重ねた「青海波」などがあります。例えば「麻の葉」は子の成長を、「青海波」は平穏な暮らしが続くようにという願いなど、伝統的な柄には色々な意味が込められているので、自分の思いに合うものを選ぶのも良いですね。


もちろん現代的な柄や、伝統的な柄をアレンジしたデザインもおしゃれですが、柄とその意味も考えて選んでみると、より日本の伝統的な文化を感じることができますよ。

手ぬぐいのおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、人気の手ぬぐいをランキング形式でご紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月29日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
染め方-
生地-
素材綿
サイズ(約)33×88cm
9位
染め方プリント染め
生地-
素材綿
サイズ(約)33×100cm
8位
染め方-
生地総理生地
素材綿
サイズ(約)34×102cm
7位
染め方-
生地特岡生地
素材綿
サイズ(約)36×100cm
6位
染め方-
生地岡生地
素材-
サイズ(約)-
5位
染め方-
生地-
素材綿
サイズ(約)34.5×90cm
4位
染め方-
生地-
素材綿
サイズ(約)35×88cm
3位
染め方-
生地-
素材ポリエステル
サイズ(約)31×100cm
2位
染め方捺染
生地-
素材綿
サイズ(約)33×90cm
1位
染め方捺染
生地文生地
素材綿
サイズ(約)ほつれ加工あり:33×88cm・ほつれ加工なし:33×90cm

人気手ぬぐいの比較一覧表

商品画像
1
手ぬぐい 米七 彩 小紋手ぬぐい 1枚目

米七

2
手ぬぐい 宮本 レトロ小紋てぬぐい 1枚目

宮本

3
手ぬぐい SRS スーパークール 手ぬぐい 1枚目

SRS

4
手ぬぐい 双葉屋 やわらかガーゼ手拭い 1枚目

双葉屋

5
手ぬぐい ニシオ 和心 手ぬぐい 1枚目

ニシオ

6
手ぬぐい 二幸 なめらか 豆しぼり手ぬぐい 1枚目

二幸

7
手ぬぐい 西口商事 白無地手ぬぐい 1枚目

西口商事

8
手ぬぐい リビタオル 手ぬぐい さらし 1枚目

リビタオル

9
手ぬぐい PAX−ASIAN 和手ぬぐい 1枚目

PAX−ASIAN

10
手ぬぐい WKG ガーゼ手ぬぐい 1枚目

WKG

商品名

彩 小紋手ぬぐい

レトロ小紋てぬぐい

スーパークール 手ぬぐい

やわらかガーゼ手拭い

和心 手ぬぐい

なめらか 豆しぼり手ぬぐい

白無地手ぬぐい

手ぬぐい さらし

和手ぬぐい

ガーゼ手ぬぐい

特徴ほつれ有無が選べる。性別や年代を選ばず使える小紋柄が豊富レトロでかわいい個性的なデザイン。色落ちしにくいてぬぐい水に濡らすと冷感持続。スポーツ観戦や外での作業におすすめほつれにくいガーゼ手ぬぐい。絵柄が豊富で好みが見つかる切りっぱなしなので乾きやすい。存在感のあるかわいい動物柄手触りのよいなめらかな岡生地を使用。カラーが選べる粋な柄10枚入りなのでたっぷり使える。なめらかで高品質な特岡生地乾きやすい切りっぱなしの総理生地。いろいろな用途に使える渋い色の和柄がおしゃれ。頭に巻ける大きめサイズ汗や皮脂を吸収してくれる二重ガーゼ。着物や浴衣にぴったり
最安値
396
送料要確認
詳細を見る
550
送料無料
詳細を見る
998
送料要確認
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
225
送料要確認
詳細を見る
250
送料別
詳細を見る
2,500
送料要確認
詳細を見る
190
送料要確認
詳細を見る
320
送料別
詳細を見る
742
送料要確認
詳細を見る
染め方捺染捺染------プリント染め-
生地文生地----岡生地特岡生地総理生地--
素材綿綿ポリエステル綿綿-綿綿綿綿
サイズ(約)ほつれ加工あり:33×88cm・ほつれ加工なし:33×90cm33×90cm31×100cm35×88cm34.5×90cm-36×100cm34×102cm33×100cm33×88cm
商品リンク

「ほつれ」対策は、ハサミで切って洗濯するのが正解

「ほつれ」対策は、ハサミで切って洗濯するのが正解

手ぬぐいといえば、端が切りっぱなしになっているのが特徴です。水切れを良くし衛生的に使えるように、応急処置の際にすぐに裂けるように、という工夫の現れではありますが、それでもやっぱり気になってしまうという方もいるでしょう。ですが、方法を知っていれば簡単に対処できます。


まずは、ほつれが気になってきたら、ハサミではみ出た糸を切り揃えるようにしましょう。つい引っ張って取りたくなりますが、そうすると余計にヨレてしまうのでNGです。


また、手ぬぐいは洗濯を繰り返すうちに生地が落ち着き、ほつれにくくなるもの。ほつれを切る・洗うを繰り返していくことで気にならなくなるので、ぜひ使い込んでみてください。

白い手ぬぐいを自分で染めるのも楽しい

気に入った手ぬぐいを購入するのもいいですが、自分で染めてみるという方法もあります。以下の記事では、染めもの体験ができる東京都内の工房を取り上げていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

手ぬぐいの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、手ぬぐいのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

いかがでしたか?手ぬぐいには生地・染め方・柄などさまざまなバリエーションがあり、また無地のものを自分でカスタマイズすることも楽しめます。使えば使うほど奥の深い手ぬぐいの世界。今回の記事を参考に、ご自分にぴったりの手ぬぐいを探してみてください。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す