• 東京都内の藍染め体験おすすめ人気ランキング7選【ハンカチ・手ぬぐいから浴衣まで!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 東京都内の藍染め体験おすすめ人気ランキング7選【ハンカチ・手ぬぐいから浴衣まで!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 東京都内の藍染め体験おすすめ人気ランキング7選【ハンカチ・手ぬぐいから浴衣まで!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 東京都内の藍染め体験おすすめ人気ランキング7選【ハンカチ・手ぬぐいから浴衣まで!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 東京都内の藍染め体験おすすめ人気ランキング7選【ハンカチ・手ぬぐいから浴衣まで!】のアイキャッチ画像5枚目

東京都内の藍染め体験おすすめ人気ランキング7選【ハンカチ・手ぬぐいから浴衣まで!】

タデ科の植物の「藍」を発酵させて作られた染料で染める「藍染め」。そんな藍染めによる作品作りを楽しめるのが「藍染め体験」です。ハンカチや手ぬぐいなどの身の回り品から、本格的な浴衣やのれんまで、さまざまな作品を作ることができます。しかし、いざ体験してみたいと思っても、どのように探したら良いか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、東京都内でおすすめの藍染め体験ができるスポットをランキング形式でご紹介。さらに、藍染め体験ができる工房の選び方もあわせてお伝えします。和の文化を学びたい人や観光がてら体験したい人も必見ですよ!
  • 最終更新日:2019年07月16日
  • 11,153  views
目次

藍染め体験の選び方

藍染め体験がしてみたいという人は、趣味で習ってみたい人、東京への旅行のついでに体験してみたい人などさまざまですよね。それぞれの動機や目的によっても、選び方は変わってきます。そこでまずは、藍染め体験ができるスポットを探すときのポイントについて見ていくことにしましょう。

好みの作品が作れるところを選ぶ

藍染め体験と一口に言っても、何を染めるのかは体験する場所によってさまざまです。初心者にはあまり難しいものでは困りますし、すでに経験のあるリピーターなら、自分好みの色々な作品を作りたいはず。ご自分の経験や希望に合った作品が作れるところを選びましょう。

初めてなら簡単な手ぬぐいやハンカチ作りが体験できるところを

はじめて藍染めを体験する人には、やはり難易度の低い簡単なものが向いています。藍染め体験では、講師の指導を受けながらみんなと一緒に作業していくため、それほど難しいスキルは必要ありません。しかし、初心者には手ぬぐいやハンカチなどの1枚布や、Tシャツなどの作品を作れるところが取り組みやすいでしょう。

実用品を作りたいなら、小物・雑貨に対応しているところがおすすめ

実用品を作りたいなら、小物・雑貨に対応しているところがおすすめ

出典:wanariya.jp

せっかく作るのなら、藍染めの楽しさを体験したあとも、それを生活の中で使ってさらに楽しみたいですね。そんな実用性重視の人には、カジュアルに使えるストールやちょっとしたバッグを作れるところを選んでみましょう。同じように作ってもそれぞれに柄の出方が異なるため、世界に一つのものを作って個性を発揮できますよ。人に会ったときにも、注目されそうですね。

染めたいものがあるなら持ち込み可能なところを選ぶ

染めたいものがあるなら持ち込み可能なところを選ぶ
何か染めたいものが決まっている場合は、「持ち込み可能」としている工房を選びましょう。藍染めのいいところは、古くなったりシミになってしまったりしたお気に入りのシャツなどを上から染められること。そのままでは着られなくなった洋服も、全く新しいものとして、よみがえらせることができことです。

ただ、あまり大きなものですと、体験の作業スペースで邪魔になってしまうことも。あらかじめ、どんなものを染めたいのか、工房に伝えておきましょう。

好みの仕上りにあった染め方で選ぶ

藍染めの染め方で選ぶこともできます。一口に藍染めと言っても、何の柄も付けないものや、ゴムで縛って柄を付けるもの、また型を使ってデザインがくっきり浮かび上がる技法などいろいろです。

初心者には簡単で仕上がりが面白い「絞り染め」がおすすめ

初心者には簡単で仕上がりが面白い「絞り染め」がおすすめ

出典:wanariya.jp

小さなお子さんと一緒に参加する場合などは、簡単な「絞り染め」で染められる工房がおすすめです。絞り染めは、布をゴムなどで縛って染料の中に入れるだけで、しばった部分が白く抜け、面白い模様になる技法のこと。縛る部分を何箇所かにしたり、その大きさによっても模様に違いが出ます。ただゴムで縛るだけなので、誰でも簡単に取り組めますね。

細部の模様にこだわりたいなら「型染め」が◎

細部の模様にこだわりたいなら「型染め」が◎

出典:wanariya.jp

次に、細部の模様にまでこだわりたいという人には「型染め」がおすすめ。型のデザインそのままに染めることができまるため、思い通りの仕上りが実現します。型染めは布の上に置いた型にのりを入れておくと、その部分が後で白く抜け、模様として浮かび上がる技法です。こだわりの模様を入れてお気に入りの作品を作ってみましょう。

デザインそのままに染めるなら「ろうけつ染め」を

デザインそのままに染めるなら「ろうけつ染め」を

出典:wanariya.jp

デザインを自分で描きたい人には「ろうけつ染め」が体験できる工房を選びましょう。ろうけつ染めは、溶かした蝋が布に浸み込むことで、上から染色したときにその部分が白くなる技法。また、その蝋にひびが入ると、染料が浸みこんでなんとも味わい深くなります。筆で描いた蝋のデザインがそのまま浮かび上がるので面白いですよ。

仕事に生かしたいなら専門的な技法を学べるところが◎

仕事に生かしたいなら専門的な技法を学べるところが◎

出典:aikuma.co.jp

既に染色を仕事にしている人や、何度か体験を重ね、カルチャーで講師をしたいなどと考えている人には、さらに染め方の技法を深めるための幅広い知識を学べるところがおすすめです。

例えば、自分で型染めのデザインをしてから、型紙を作る方法などを教えてくれるところもあります。藍染めの技法を教えてくれるところは数少ないですが、参加すればきっと技術をさらに向上させてくれるでしょう。

自由研究向けなら作品の難易度や対象年齢を確認しよう

自由研究向けなら作品の難易度や対象年齢を確認しよう

出典:wanariya.jp

お子さんの自由研究として参加するなら、対象年齢や作品の難易度を確認しておきましょう。絞り染めなら布を縛るだけなので、小学生でも簡単。なかには4歳から体験可能なところもあります。

一方で、作る作品や技法によっては、小学生以下は保護者同伴が条件であったり、難しい作業が必要になることも。工房によって対応もまちまちなため、お子さんの年齢にあった体験内容の工房を選びましょう。

東京観光のついでならスケジュールで選ぶ

東京で藍染め体験をしたい人の中には、東京都内や関東近郊に住んでいる人達だけでなく、海外や地方からの観光がてら、体験してみたいという人もいるでしょう。そのような場合には、時間に無理や無駄のないスケジュールで体験できるところを選ぶことが大切です。

他の観光スポットにアクセスのよいところがおすすめ

他の観光スポットにアクセスのよいところがおすすめ
観光ついでに体験したいなら、訪問予定の観光スポットに近い場所や、駅からあまり遠くない工房を選んでおくのがおすすめです。観光で訪れるなら、移動時間・食事時間・お土産の購入時間のほか、新幹線や飛行機などの交通手段の時間に合わせたスケジューリングが必要ですよね。

できるだけ時間を有効に活用するためにも、体験場所に隣接するスポットで観光や食事、買い物ができたほうが無駄がありません。それぞれの工房の近くに、どんな観光スポットがあるのかを探してみるのもひとつの方法です。

所要時間は1時間以内を目安に

所要時間は1時間以内を目安に
藍染め体験では、初心者向けの場合、ハンカチやストール、コースターなど比較的簡単なものが多く、所要時間も40分~1時間ほどで当日持って帰れます。前にも触れた、移動時間のことを考えると、多く見ても1時間ほどで体験できる工房を選んでおくと良いでしょう。

この程度なら、例えば、お子さんとお母さんが体験している間に、お父さんは別の場所で観光したり、休憩したりと有意義に過ごせるかもしれませんね。当然のことながら、本格的な大物作品になればなるほど、体験時間は長くなるのでご注意ください。

一日の体験回数の多いところが便利

一日の体験回数の多いところが便利

出典:wanariya.jp

他の観光スポットと組み合わせてプランを立てる場合には、一日に複数回、実施時間を設けているところが良いでしょう。朝一番なら午前10時から、午後なら13時から実施しているところが多いですが、1日に体験できる回数が多いほど、スケジュールを立てやすくなりますよね。

また、オープンしている時間帯ならいつでも受付可能という工房なら、より参加しやすくなります。ただし、藍染め体験はほとんどが事前予約が必要になるため、早めにスケジュールを立てておくようにしましょう。

東京都内でおすすめの藍染め体験人気ランキング7選

それではここからは、いよいよ人気ランキングの発表です。小学生の自由研究向け、観光で体験をしてみたい人向けにもぴったりのところがきっと見つかりますよ。
7位
東京都内
藍染め体験 野口染物店 藍染め体験
出典:cob.tokyo

野口染物店 藍染め体験

作れるもの持ち込み品(Tシャツ・スカーフなど 要相談)
持ち物エプロン・モチーフ
所要時間30分
場所東京都八王子市
6位

MAITO 草木染めワークショップ

作れるものスカーフ
持ち物手拭きタオル・汚れてもいい服・靴
所要時間2時間半
場所東京都台東区蔵前
5位
東京都内
藍染め体験 藍熊染料 各種講習会
出典:aikuma.co.jp

藍熊染料 各種講習会

作れるものテーブルセンター等
持ち物-
所要時間6時間
場所東京都台東区雷門
4位
作れるもの1枚布の絞り染め
持ち物-
所要時間2時間
場所東京都墨田区京島
3位

藍染め工房 壺草苑藍染め体験

作れるものハンカチ・バンダナ・綿ストール・持ち込み
持ち物なし
所要時間30分
場所東京都青梅市長淵
2位

てぬクリ工房手拭染体験ショートコース

作れるもの手ぬぐい
持ち物エプロン・ゴム手の貸出あり
所要時間約2時間
場所 東京都 葛飾区立石
1位
東京都内
藍染め体験 和なり屋 藍染め体験
出典:wanariya.jp

和なり屋 藍染め体験

作れるもの手ぬぐい・ハンカチ・ストール・トートバッグ等々種類豊富
持ち物なし
所要時間45分~約1時間
場所東京都台東区千束

東京都内でおすすめの人気藍染め体験比較一覧表

商品画像
1
東京都内
藍染め体験 和なり屋 藍染め体験

2
東京都内
藍染め体験 てぬクリ工房 手拭染体験ショートコース

てぬクリ工房

3
東京都内
藍染め体験 藍染め工房 壺草苑 藍染め体験

藍染め工房 壺草苑

4
東京都内
藍染め体験 藍染博物館

5
東京都内
藍染め体験 藍熊染料 各種講習会

6
東京都内
藍染め体験 MAITO 草木染めワークショップ

7
東京都内
藍染め体験 野口染物店 藍染め体験

商品名

和なり屋 藍染め体験

手拭染体験ショートコース

藍染め体験

藍染博物館

藍熊染料 各種講習会

MAITO 草木染めワークショップ

野口染物店 藍染め体験

特徴藍染めでおしゃれなアイテムを作ってみたい人に注染手ぬぐいの染色をしてみたい人に環境に優しい「天然藍灰汁発酵建」で染めたい人に小学生にもおすすめの絞り染め体験染色を仕事にしたい人など染色をより深く学びたい人に季節の草木染をワークショップで体験したい人に徳島県産の天然の藍を使った染色体験ができる!
作れるもの手ぬぐい・ハンカチ・ストール・トートバッグ等々種類豊富手ぬぐいハンカチ・バンダナ・綿ストール・持ち込み1枚布の絞り染めテーブルセンター等スカーフ持ち込み品(Tシャツ・スカーフなど 要相談)
持ち物なしエプロン・ゴム手の貸出ありなし--手拭きタオル・汚れてもいい服・靴エプロン・モチーフ
所要時間45分~約1時間約2時間30分2時間6時間2時間半30分
場所東京都台東区千束 東京都 葛飾区立石東京都青梅市長淵東京都墨田区京島東京都台東区雷門東京都台東区蔵前東京都八王子市
商品リンク

染色用ストールも活用してみよう!

染色用ストールも活用してみよう!

出典:wanariya.jp

季節の変わり目に、ちょっとあると調節ができて便利なのがストールですね。これを染色して自作したいけれど、元になるストールがない、または、ストールを作るのが面倒といった場合は、すでに製品に仕立ててある、染色用の白いストールを購入することができます。あとは、染めるだけで完成ですよ。
東京都内
藍染め体験 青木織工芸 桐生織の染色用シルクストール
出典:aokiori.com

青木織工芸桐生織の染色用シルクストール

手軽に染められるキットも便利

手軽に染められるキットも便利

出典:amazon.co.jp

いい体験工房が見つかったけれど、遠方で参加が難しい人や、観光で来たけれど時間が取れなくて悔しい思いをしたという人は、自宅で手作りしてみるのはいかがでしょう。便利な藍染めキットがあれば、自宅でも藍染めにチャレンジすることができますよ。藍染めは天然素材なので肌にも優しいのがいいですね。

まとめ

いかがでしたか? 体験してみたい作品や工房は見つかったでしょうか。自然の素材から、美しい藍色の作品が出来上がると、また次々に新たな作品を作ってみたくなるのではないでしょうか。自然の色合いには癒されます。きっとやればやるほど奥深く、夢中になってしまう人もいるかも知れませんね。

また、古くなったシャツも藍染めでぜひ蘇らせてみてはいかがでしょう。多少ムラになってもそれが味わいになるのも魅力です。皆さんもぜひ体験してみて下さい。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す