1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 猫用品
  6. >
  7. 猫捕獲器のおすすめ人気ランキング10選
  • 猫捕獲器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 猫捕獲器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 猫捕獲器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 猫捕獲器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 猫捕獲器のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

猫捕獲器のおすすめ人気ランキング10選

「家の周りに現れる野良猫、どうも弱っているようだから保護したい…」「迷子の愛猫を連れ戻したい…」と思っても、なかなかうまく捕獲できない…ということ、ありますよね。そんな時に役立つのが猫捕獲器です。猫を傷つけないように捕獲し、保護することができます。

しかし、猫捕獲器にも踏板式をはじめとしたさまざまなタイプがあり、どれを選べばよいのか迷ってしまいがちです。そこで今回は、猫捕獲器の選び方と、おすすめの猫捕獲器をご紹介します。ぜひ野良猫の保護に役立ててくださいね!

  • 最終更新日:2020年09月08日
  • 38,309  views
目次

猫捕獲器の選び方

ここでは、猫捕獲器の選び方についてご説明します。猫を傷つけずに迅速に捕獲するためには、どのような猫捕獲器を選んだらよいのでしょうか?選び方のポイントをチェックしてみましょう!

猫を捕獲する方式で選ぶ

猫捕獲器の捕獲方式には「踏み板式」と「吊り下げ式」があります。それぞれメリットとデメリットがあるため、状況に応じてより使いやすい方を選ぶようにしましょう。

踏み板を踏むと扉が閉まる「踏み板式」

踏み板を踏むと扉が閉まる「踏み板式」

踏み板を猫が踏むと扉が閉まるタイプの猫捕獲器です。踏み板の奥にエサを置くなどして猫をおびき寄せ、板を踏ませるようになっており、体の小さな子猫でも捕まえやすいと言われています。


ただし、頭のいい猫の場合は踏み板があることに気が付き、板を踏まないように上手にエサだけ食べてしまうことも。扉が閉まっていないのにエサだけなくなっているという場合には、吊り下げ式の捕獲器を利用するとよいでしょう。

エサを食べようとすると扉が閉まる「吊り下げ式」

エサを食べようとすると扉が閉まる「吊り下げ式」
このタイプは、捕獲器の奥にフックがついています。そのフックにエサを引っ掛け、猫がエサを食べようとしてフックを動かすと扉が閉まるという仕組みになっています。

踏み板への警戒心が強い猫であっても、これなら捕まってくれるといわれています。ただし、天井部分にフックを引っ掛けるため、体が小さな子猫は少々捕まえにくいでしょう。

また、捕獲された猫が捕獲器内で暴れた際、フックが猫の体を傷つけてしまう場合があるので、猫が捕まったらなるべく早く捕獲器から出してあげられる環境を整えて使用するとよいでしょう。

なるべく細長い捕獲器を選ぶ

なるべく細長い捕獲器を選ぶ
猫を捕まえる際には、なるべく細長い猫捕獲器を選ぶとよいでしょう。

なぜなら、奥行きがない捕獲器を使うと猫が扉に挟まれてしまうことがあり、逃げられたり怪我をさせたりしてしまうことが考えられるからです。また、猫は狭い場所を好むため、細長いタイプであれば捕まってくれる可能性も高まります。

国内メーカーのものを選ぶ

国内メーカーのものを選ぶ

通販では安価な海外メーカーの猫捕獲器がたくさん販売されていますが、日本語の説明書が付属しておらず組み立てに苦労したり、作りが粗悪でせっかく捕獲した猫に逃げられてしまったりという例が散見されます。


国内メーカーのものであれば、トラブルがあった際もきちんとサポートしてくれるため安心です。特に信頼できる国内メーカーとして「丸十金網」などが挙げられます。確実な猫の捕獲を行うために、なるべく国内メーカーの製品を選ぶようにしましょう。

猫捕獲器のおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気の猫捕獲器をおすすめのランキング形式でご紹介していきましょう。今回は捕獲器のなかでも、国内メーカーの製品に絞ってピックアップしています。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年8月13日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。

10位
方式吊り下げ式
サイズ幅25×奥行き66×高さ27cm
重量4.5kg
9位
方式踏み板式
サイズ幅26.5×奥行き81.5×高さ31.5cm
重量4kg
8位
方式踏み板式
サイズ幅26.5×奥行き81.5×高さ31.5cm
重量4.7kg
7位
方式吊り下げ式
サイズ幅31×奥行き66.5×高さ35cm
重量7.1kg
6位
方式踏み板式
サイズ幅24×奥行き66×高さ26cm
重量3kg
5位
方式踏み板式
サイズ幅30×奥行き76×高さ30cm
重量-
4位
方式吊り下げ式
サイズ幅28×奥行き65×高さ28cm
重量2.7kg
3位
方式踏み板式
サイズ幅28×奥行き65×高さ28cm
重量3.2kg
2位
方式踏み板式
サイズ幅28×奥行き65×高さ28cm
重量3.6kg
1位
方式踏み板式
サイズ幅30×奥行き79×高さ33cm
重量4kg

人気猫捕獲器の比較一覧表

商品画像
1
猫捕獲器 クローバー ottostyle.jp 動物用捕獲器 踏み板式 1枚目

クローバー

2
猫捕獲器 丸十金網 アニマルキャッチャー踏板式 1枚目

丸十金網

3
猫捕獲器 丸十金網 アニマルキャッチャー猫の保護器 1枚目

丸十金網

4
猫捕獲器 丸十金網  アニマルキャッチャー餌吊式M型  1枚目

丸十金網

5
猫捕獲器 コンパル スーパー捕獲器 1枚目

コンパル

6
猫捕獲器 イーライフ 動物捕獲器EL 1枚目

イーライフ

7
猫捕獲器 サンカ ジャンボ捕獲器  1枚目

サンカ

8
猫捕獲器 ファームエイジ アニマルトラップ 1枚目

ファームエイジ

9
猫捕獲器 ファームエイジ アニマルトラップ 1枚目

ファームエイジ

10
猫捕獲器 福農産業 WP小動物キャッチャー 1枚目

福農産業

商品名

ottostyle.jp 動物用捕獲器 踏み板式

アニマルキャッチャー踏板式

アニマルキャッチャー猫の保護器

アニマルキャッチャー餌吊式M型

スーパー捕獲器

動物捕獲器EL

ジャンボ捕獲器

アニマルトラップ

アニマルトラップ

WP小動物キャッチャー

特徴折りたたみ可能!ガード付きの持ち手で猫にも人にも優しい耐久性があり長く使える!安全性にも配慮軽い力でも作動!捕獲後はキャリーケースとしても使える軽量で扱いやすい。タヌキも捕獲できるサイズ感ブラック塗装仕上げでサビに強い。大きめの猫の保護に!猫以外の小動物にも◎!省スペースで収納可能エキスパンドメタル使用で丈夫!仕掛けも簡単ワンタッチでセット可能。扉も開閉しやすい持ち運びしやすい軽量設計。折りたたみ時の厚さは6cm黒色コーティングで目立ちにくい。すぐに設置できる完成体
最安値
5,500
送料無料
詳細を見る
12,200
送料別
詳細を見る
11,700
送料別
詳細を見る
9,130
送料要確認
詳細を見る
6,274
送料要確認
詳細を見る
6,490
送料無料
詳細を見る
7,669
送料要確認
詳細を見る
13,304
送料無料
詳細を見る
14,850
送料無料
詳細を見る
5,800
送料要確認
詳細を見る
方式踏み板式踏み板式踏み板式吊り下げ式踏み板式踏み板式吊り下げ式踏み板式踏み板式吊り下げ式
サイズ幅30×奥行き79×高さ33cm幅28×奥行き65×高さ28cm幅28×奥行き65×高さ28cm幅28×奥行き65×高さ28cm幅30×奥行き76×高さ30cm幅24×奥行き66×高さ26cm幅31×奥行き66.5×高さ35cm幅26.5×奥行き81.5×高さ31.5cm幅26.5×奥行き81.5×高さ31.5cm幅25×奥行き66×高さ27cm
重量4kg3.6kg3.2kg2.7kg-3kg7.1kg4.7kg4kg4.5kg
商品リンク

猫捕獲器を使う際の注意

猫捕獲器は、素手ではなかなか捕まえられない野良猫を容易に捕まえることができる便利な器具です。しかし、使用する際にはいくつか注意点があります。注意すべきポイントを挙げていきますので、猫捕獲器を購入する前にぜひチェックしてみてください!

私有地以外には原則設置しない

私有地以外には原則設置しない
猫捕獲器を設置できるのは、原則として私有地のみとなっています。例えば、公園に現れる野良猫を保護したいからといって、勝手に公園に猫捕獲器を設置してはいけません。

どうしても私有地の外に猫捕獲器を設置したい場合は、その土地の所有者に許可を取ってから設置するようにしましょう。

保護以外の目的で捕獲しない

保護以外の目的で捕獲しない
法律で「愛護動物」とされ守られている猫は、みだりに傷つけたり殺したりすることが禁じられています。飼い猫だけでなく、猫捕獲器で捕獲した野良猫についても同様です。愛護動物である猫を捕獲して捨てた場合は、罪に問われる可能性があります。

野良猫の被害に悩んでいるけれども、捕獲したところで自分では飼えないという方は、猫の保護活動を行っているNPO団体や保護猫カフェなどに問い合わせてみるとよいでしょう。

他人の飼い猫を捕獲しない

他人の飼い猫を捕獲しない
猫は、放し飼いにされている場合があります。たとえ私有地の中だったとしても、飼い猫の場合は、飼い主に無断でみだりに捕獲することはやめましょう。飼い猫は故人の所有物とみなされるため、飼い猫を捕獲して別の場所に逃したり、傷つけたりした場合には、窃盗罪や財産の侵害とみなされてしまう場合があります。

もし、放し飼いにされている飼い猫によりあなたが迷惑を被っている場合は、捕獲する前に、飼い主の方ときちんと話し合うようにしましょう。

まとめ

今回は猫捕獲器をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?扉を閉める方式や大きさ、捕獲器の色など、さまざまな種類がありましたね。猫を安全に保護するために、ぜひ今回の記事を役立ててみてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す