• 赤ちゃん用洗剤(無添加)のおすすめ人気ランキング10選【粉・液体タイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 赤ちゃん用洗剤(無添加)のおすすめ人気ランキング10選【粉・液体タイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 赤ちゃん用洗剤(無添加)のおすすめ人気ランキング10選【粉・液体タイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 赤ちゃん用洗剤(無添加)のおすすめ人気ランキング10選【粉・液体タイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 赤ちゃん用洗剤(無添加)のおすすめ人気ランキング10選【粉・液体タイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

赤ちゃん用洗剤(無添加)のおすすめ人気ランキング10選【粉・液体タイプも!】

産まれたての赤ちゃんの透明なお肌。なるべくきれいな状態を保ってあげたいと思うのが親心ですよね。TVなどから聞こえてくるアトピーやアレルギーなどのフレーズに、思わず無添加洗剤を手にとってしまうママも多いと思います。私も長女の湿疹をきっかけに無添加洗剤を使うようになったママの1人です。でも、なんとなくで使い始めたは良いけれど、本当にお肌に良いのか、汚れはしっかり落ちているのか、そもそも赤ちゃん用洗剤は必要なのか、疑問に思ったことはありませんか?

今回はそんな疑問や悩みをふまえて、おすすめの赤ちゃん用洗濯洗剤(無添加)をランキング形式でご紹介します。P&Gのさらさをはじめ、シャボン玉石けんやアラウなどの商品もたくさん登場しますよ。ベビーだけでなく、家族にも、環境にも優しい赤ちゃん用洗濯洗剤。ぜひこのまとめを商品選びの参考にしてみてくださいね!

この記事に登場する専門家

田中 弘子
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 180,960  views
目次

赤ちゃん用洗濯洗剤(無添加)の基礎知識

まずは赤ちゃん用洗濯洗剤の基礎知識について押さえていきましょう。メリットだけでなくデメリットもあることを知っておくと、日頃の洗剤選びの参考になると思いますよ!

赤ちゃん用の洗濯洗剤って必要?

赤ちゃん用の洗濯洗剤って必要?
そもそも赤ちゃん用の洗濯洗剤って本当に必要なのでしょうか。我が家では長女の湿疹がなかなか治らず、調べた結果「洗剤かぶれ」というキーワードにたどり着きました。赤ちゃんのお肌はとてもデリケートで、代謝も活発です。きちんとケアしてあげないとすぐに湿疹ができてしまいます。長女の場合は乳児湿疹からはじまり、その湿疹でかぶれたお肌に、香料や柔軟剤の入った衣類が刺激を与え悪化した…という経緯がありました。

はじめから洗剤かぶれではなかったものの、やはりデリケートなお肌に刺激は禁物です。一度肌トラブルをおこすとなかなか治りにくいですし、月齢が小さいとむやみにお薬も使えません。どこまで無添加にこだわるかは別として、産まれてすぐの数カ月だけでも低刺激のものを選んであげた方が安心でしょう。

せっけんと合成洗剤

せっけんと合成洗剤
洗剤には大きく分けて、せっけんと合成洗剤があります。せっけんはパーム油や牛脂など動植物の油が原料となっており、合成洗剤は石油が主な原料です。さらに、合成洗剤とせっけんを合わせた複合洗剤と分類されるものあります。ちなみにせっけん・合成洗剤とも、粉・液体・固形の3タイプの形状があります。

肌や環境に優しいのはもちろんせっけんです。また粉せっけんは、きちんと理解して使用すれば、実は合成洗剤よりも汚れ落ちが良いというメリットもあります。逆に粉せっけんのデメリットは、冷水に溶けにくいという点、そして泡立っていないと効果が発揮されないという点です。使い方を誤ると、汚れがしっかり落ちない・せっけんかすが残ったままなど、黄ばみ・匂いなどのトラブルになりかねない点には注意しておく必要があります。

その点、合成洗剤はどんな使い方でも一定の洗浄力が期待でき、なおかつコストも安いというメリットがあります。このように、洗剤にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、個々の洗剤の特徴についても、しっかり把握しておきましょう。

「無添加」=「添加物ゼロ」ではない

「無添加」=「添加物ゼロ」ではない
無添加洗剤とは、上記のようなせっけんを主成分とするものも多くありますが、それだけではありません。実は、「無添加」の定義はとてもあいまい。商品によっては、1種類の添加物が入っていないだけでも無添加とうたっているものもあります。また、添加物の含有量が1%未満の場合は、成分欄に記載する義務がないため、成分表だけでは判断しづらい商品もあります。

この点をよく理解しておかないと、「無添加だと思っていたのに添加物がたくさん入っている…」と後々驚くことになりかねません。実際にネットでもそういった口コミをよく見かけます。むやみに「無添加」のキャッチフレーズに踊らされないよう注意が必要ですね。

洗剤に含まれる添加物

洗剤に含まれる添加物
合成洗剤の原料は、石油など化学合成して作られた界面活性剤(水と油を混ぜる働きをするもの)です。この他に、蛍光増白剤(衣類を白く見せる役割)や、エデト酸(製品の劣化や沈殿などを防ぐ)、漂白剤・香料・着色料などさまざまな種類の添加物が含まれます。

赤ちゃん用の洗濯洗剤のほとんどは、蛍光増白剤や漂白剤・着色料が無添加の商品が多いようです。でも中にはそれらが無添加でも、界面活性剤は合成…といった商品もあります。

先にも述べましたが合成洗剤にもメリットがありますので、一概にどの商品が良い・悪いとは言えません。より安全なものを選びたい方は、せっけんを主成分とした洗剤を選ぶと良いでしょう。

赤ちゃん用洗濯洗剤(無添加)の選び方

それでは先に述べた基礎知識をふまえて、赤ちゃん用洗濯洗剤の選び方のポイントをご説明します。せっけんと合成洗剤の簡単おすすめな見分け方もご紹介しますので、実際に購入する際にぜひ役立ててくださいね!

覚えておくと便利!見分け方のコツ

覚えておくと便利!見分け方のコツ
せっけん・合成洗剤それぞれにメリット・デメリットがあるのはお分かりいただけたと思いますが、実際に購入する際はどうやって見分ければ良いのでしょうか。ただでさえ忙しいママ。買い物のときに、じっくり成分表を見比べる余裕はなかなかないですよね。

実は簡単に見分けるコツがありますのでご紹介します。成分表の上に「品名」という欄がありますので、そこを見てみましょう。せっけんの場合は「洗濯用せっけん」という表示。合成洗剤の場合は「洗濯用合成洗剤」と表示されます。

品名だけで簡単に見分けがつくおすすめの方法です。購入の際はせひチェックしてみて下さいね。

せっけん洗剤「粉」と「液体」はどちらが良いの?

せっけん洗剤「粉」と「液体」はどちらが良いの?
無添加洗剤に多い粉せっけん。肌や環境に優しいばかりでなく、合成洗剤よりも高い洗浄力でスッキリ洗い上げることができますので、しつこい汚れもしっかり落としたい方におすすめです。ただし、洗濯前にぬるま湯で洗剤を溶かしたり、泡立たせたりというひと手間が必要。その手間を怠ると、汚れが落ちなかったり、洗剤が溶けきれずに衣類に付着し、黄ばみや匂いの原因となることもあります。

液体状のせっけんは、洗浄力でいうと粉せっけんにはかないませんが、溶け残りなどがなく手間がかかりません。あまり手間をかけられない方や、さほど汚れがひどくないご家庭では液体状のせっけんのほうが扱いやすいと思います。ただし、粉に比べるとコストがかかる場合が多いようです。

ご家庭のライフスタイルに合わせて、洗浄力や洗濯の作業負担・コストなどから総合的に考えることが大切です。

香りやふんわり感も楽しみたい

香りやふんわり感も楽しみたい
赤ちゃん用の洗濯洗剤の場合、合成香料を使用していないものがほとんどですが、洗濯後の香りに癒される…という方も多いですよね。赤ちゃん用洗濯洗剤には、ハーブなどの天然成分で香りを楽しめるような商品があります。口コミでも自然な優しい香りが好評のようですので、無臭では物足りないという方におすすめです。

また、柔軟剤は衣類に成分が残ってしまうため、肌の弱い方や赤ちゃんには不向きです。でも、ゴワゴワしていたり、繊維がささくれている洗濯物はかえって肌を痛めかねません。実はせっけん成分の洗剤は衣類にもやさしいため、繊維を痛めることなく洗いあがります。そのため、合成洗剤で洗うよりもふんわりと仕上がるんですよ。

香りの好みや仕上がり具合は個人の感じ方に差が出やすいポイントですが、迷った時は口コミなども参考にして選びましょう。

プロの愛用するおすすめの赤ちゃん用洗剤(無添加)

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの赤ちゃん用洗剤をご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、赤ちゃんの肌に優しい洗剤を見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

赤ちゃん用洗剤(無添加)のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、上記の基礎知識や選ぶポイントをふまえて、おすすめの赤ちゃん用洗剤をランキング順でご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

10位:まるは油脂 やさしくなりたい 洗濯用ハーブの香り粉石けん

まるは油脂 やさしくなりたい 洗濯用ハーブの香り粉石けん
出典:amazon.co.jp
まるは油脂 やさしくなりたい 洗濯用ハーブの香り粉石けん

1,296円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯用石けん
・主成分:純石けん分(70%・脂肪酸ナトリウム)・アルカリ剤(炭酸塩・珪酸塩)・香り(ラベンダーオイル・ミントオイル)
・形状:粉
・香り:ラベンダー・ミント(天然ハーブオイル)
・容量:1.8㎏

せっけん生活入門者におすすめ

肌荒れを起こしやすい出産後のお母さんや小さなお子様に「お肌にやさしい商品を使ってもらいたい」という想いから生まれた「やさしくなりたい」シリーズ。パッケージのデザインは赤ちゃんとお母さんがモチーフになっていて、見た目にも癒されますね!しっとりした粉質で、粉せっけん特有の粉とびも少なく使いやすいとの口コミも多くありました。

水温が低めでも比較的溶けやすく、ハーブの香りも楽しめるため、せっけん洗濯入門用におすすめのタイプですよ。

9位:P&G さらさ 洗濯洗剤 液体 本体 850g

さらさ  洗濯洗剤
出典:amazon.co.jp
さらさ 洗濯洗剤

308円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯用合成洗剤
・主成分:界面活性剤(24% ポリオキシエチレンアルキルエーテル、LAS、純せっけん成分(脂肪酸ナトリウム))安定化剤・アルカリ剤など
・形状:液体
・香り:柑橘系(天然由来成分)
・容量:850g

合成洗剤と自然由来洗浄成分のベストミックス

パンパースでもおなじみのP&Gより、蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加の合成洗剤です。ドラッグストアなどでもよく見かける商品なので、気になっていた方も多いと思います。

本当に欲しいと思ってもらえるものを作りたいと、さらさの開発チームが3年以上の月日をかけて開発した本製品。合成洗剤と自然由来の洗浄成分をベストミックスすることで、洗浄力も保ちながらやさしく洗いあげてくれますよ。せっけん洗剤ほど洗濯に手間がかけられないという方には、特におすすめです。

8位:シャボン玉 衣料用液体洗剤 スノールベビー

シャボン玉 スノールベビー
出典:amazon.co.jp
シャボン玉 スノールベビー

827円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯用せっけん
・主成分:純石けん分(25% 脂肪酸カリウム)・アボガドオイル
・形状:液体
・香り:無香料
・容量:800ml

手洗い時のママの手肌もいたわる

無添加せっけんでおなじみのシャボン玉せっけんより、赤ちゃん用の液体洗剤の登場です。アボガドオイル配合で、衣類をふんわりと仕上げてくれますよ。吐きこぼしやうんちなど、赤ちゃんの衣類は洗濯前に手洗いすることも多いですよね。スノールベビーは手洗いの場合にも、手肌にやさしいのが特徴です。

ただ、商品は良いのだけれど、コストがかかるとの声も多いようです。数ヶ月の間だけ…と割切って使うと良いかもしれませんね!また、シャボン玉せっけんには、ベビー用でない無添加洗剤も多数取り扱いがあります。ベビー用より割安になる商品もあるので、検討してみるのも良いかもしれません。

7位:ネオナチュラル:neobaby 善玉菌酵素 洗濯洗剤

ネオナチュラル neobaby 善玉菌酵素 洗濯洗剤

1,296円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯用洗浄剤
・主成分:善玉発酵菌由来酵素・アルカリ剤(炭酸ナトリウム)・再汚染防止剤(カルボキシメチルセルロース)など
・形状:粉
・香り:ラベンダー・ローマンカモミール・ボリジ(天然ハーブエキス)
・容量:800ml

善玉菌酵素の力でにおいもスッキリ

オーガニックコスメやスキンケア用品を扱うネオナチュラル。7位でご紹介するのは、そんなメーカーが開発した洗濯洗剤です。洗浄成分は乳酸菌や納豆菌など、善玉菌由来の酵素で、この酵素の力で洗濯槽もぴかぴかになるというのは驚きです!

肌や環境にやさしいのはもちろんですが、においの原因となるものをしっかりと分解し、洗濯物ににおいが残らないというのも特徴の一つ。すっきり洗いあがった洗濯物に、ほのかに香る天然ハーブが毎日のお洗濯を楽しくしてくれそうです。

楽天で評価の高い本商品。お試しキットがあり、気軽にはじめられるところも嬉しいですね。

6位:メイド・イン・アースの液体せっけん

メイド・イン・アースの液体せっけん

3,024円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯用せっけん
・主成分:純せっけん成分(30%脂肪酸カリウム)
・形状:液体
・香り:無香料
・容量:1200ml

洗濯だけでなく哺乳瓶や食器洗いにも

こちらは、天然のココヤシの実を原料とした液体せっけんです。純度が高いため、少量でもしっかりと洗いあがります。さらにココヤシのオイル分で、柔軟剤なしでやわらかく仕上がるのも特長ですよ。

お洗濯だけでなく、哺乳びんや離乳食用の食器洗い・バスタブ洗いなど住まいのおそうじにも使用でき、洗い物の際にも手荒れをしないとの口コミも。かわいいボトルなので、出産祝いなどにも喜ばれるかもしれませんね!

5位:虎斑竹専門店 竹虎 竹炭の洗い水

虎斑竹専門店 竹虎 竹炭の洗い水
出典:amazon.co.jp
虎斑竹専門店 竹虎 竹炭の洗い水

1,296円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯用洗浄剤
・主成分:竹炭、竹炭灰、水
・形状:液体
・香り:無香料
・容量:1000ml

国産の竹炭パワーで洗浄・消臭

成分は竹炭と竹炭灰と水だけという竹炭の洗い水。灰汁を洗剤として使用していた先人の知恵を活かした、天然のアルカリ洗剤です。竹炭パワーで洗浄力も市販の洗剤と遜色なく、消臭効果もあります。原料となる竹も一切の薬剤・農薬・化学肥料等を使用せず育った四国産の孟宗竹を使用しているので安心ですね。

1回の洗濯に使用する量が少量で済むので、お値段の割に経済的!楽天・アマゾンともに評価の高い商品です。

4位:ライトウェーブ バジャン

ライトウェーブ バジャン
出典:amazon.co.jp
ライトウェーブ バジャン

1,598円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯用洗浄剤
・主成分:炭酸塩・重炭酸塩・けい酸塩など
・形状:粉
・香り:無香料
・容量:1.2㎏

洗浄水でメダカが生きられる?安心の重曹洗剤

重曹水を電気分解するという、新しい発想から生まれた洗浄剤です。主成分が重曹なので、洗浄液の中でメダカが泳げるほど安全なのだとか。洗浄力・消臭力もしっかりあり、ドイツの調査機関による洗浄料比較試験でも、その洗浄力が高評価されています。

アマゾンのレビューでも「スッキリ洗い上がりにおいも残らずおすすめ」と、洗い上がりの評価が非常に良い商品です。満足度が高い分、もう少しお値段が安ければ…という現実的な声も多数ですが、アトピーや日頃のお洗濯に悩んでいる方は試してみる価値があるかもしれません。

3位:太陽油脂 パックスベビ― 洗濯せっけん

太陽油脂 パックスベビ― 洗濯せっけん
出典:amazon.co.jp
太陽油脂 パックスベビ― 洗濯せっけん

622円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯せっけん
・主成分:純石けん分(35% 脂肪酸カリウム)・ムクロジエキス
・形状:液体
・香り:無香料
・容量:1200ml

安心感・洗浄力・コストなどトータルで◎

3位でご紹介するのは、マカデミアナッツ油などの植物油脂を原料にした洗濯用せっけんです。人の皮脂中にも含まれているパルミトオレイン酸を多く含むマカデミアナッツは、肌なじみがよく手肌にもやさしいのが特徴です。

洗浄力やふんわり感など、洗い上がりの口コミも上々。パッケージのシンプルさからか、大人の敏感肌の方へおすすめする声も多いですよ。合成洗剤の割安感にはかないませんが、せっけん洗剤の中ではリーズナブルで続けやすい価格も嬉しいですね!

2位:サラヤ:arau. アラウベビー 洗濯用せっけん

サラヤ arau. アラウベビー 洗濯用せっけん
出典:amazon.co.jp
サラヤ arau. アラウベビー 洗濯用せっけん

448円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯用せっけん
・主成分:純石けん分(30% 脂肪酸カリウム)
・形状:液体
・香り:ラベンダー・スペアミント(天然ハーブオイル)
・容量:1000ml

もはやおなじみのピンクのパッケージ

赤ちゃんのいるご家庭ではおなじみ…とも言っても過言ではない、人気商品アラウシリーズの赤ちゃん用洗濯洗剤です。同シリーズのボディーソープや食器洗いなどを使ったことがある方も多いかもしれません。ヤシから生まれたせっけん成分で肌や衣類にやさしく、汚れはしっかり落とします。ハーブの香りが好きという意見も多数聞かれます。洗濯後の良い香りはやはり癒されますよね。

赤ちゃんの衣類を手洗いすることを想定し、手肌をいたわるアロエエキスを配合しています。赤ちゃん用洗濯洗剤の中では価格もリーズナブルで、毎日のお洗濯にも使いやすいのもいいですね。

1位:ミヨシ 無添加 ベビーの肌着洗いせっけん

ミヨシ 無添加 ベビーの肌着洗いせっけん
出典:amazon.co.jp
ミヨシ 無添加 ベビーの肌着洗いせっけん

442円 (税込)

詳細情報
・品名:洗濯用せっけん
・主成分:純石けん分(30% 脂肪酸カリウム)
・形状:液体
・香り:無香料
・容量:800ml
赤ちゃん用だけでなく、他の洗剤のレビューなども高評価の多いミヨシ。無添加と言えば必ず名前が挙がるのではないでしょうか。そんな知名度・評価の高さから、安心して使えるとの声が多数あるミヨシの洗剤。同社の洗剤愛用者が、出産を機にベビー用に切り替えるというパターンも多く、その信頼度が伺えます。手にとりやすいお値段も嬉しいですね。

片手で液を計量できるボトルは、赤ちゃんを抱っこしたまま洗濯をするママを想定してのこと。ただ、実際に使うママからは扱いづらい、1回で計りきれないなどの声もあるようです。使いづらく感じる場合は、詰め替え用を好きなボトルに入れて使っても良いかもしれませんね!

洗濯時の注意点

洗濯時の注意点
せっけん洗剤は洗濯機のカビが多く発生するという意見も多く見られます。自然由来のせっけん成分がカビの栄養となるようですが、合成洗剤だからカビが生えないというわけでもありませんので、日頃からこまめに洗濯槽のお手入れをすることが大切です。洗濯槽がきれいになることで衣類に菌が移るのを防ぎ、肌トラブルの予防にもつながりますよ。

また、お使いの洗濯機がドラム式の場合、洗剤の使い方には特に注意した方が良さそうです。粉せっけんを投入口から入れるとパイプが詰まったり、洗剤が泡立ちすぎるとエラーになったりするようですので、使用前には必ず洗剤や洗濯機の取扱説明書に目を通しておきましょう。

まとめ

赤ちゃん用無添加洗剤のおすすめの商品をご紹介してきましたが、いかがでしたか?大事なのは自分の赤ちゃんに合っているかどうか、ご家庭の生活スタイルに合っているかということです。ほんの少し正しい知識を持っているだけで、商品の選び方も変わってくると思います。やみくもに無添加のキャッチフレーズに踊らされないようにしたいものです。

この記事を参考にお気に入りの洗剤を見つけて、ぜひ健やかな赤ちゃんのお肌と日々のお洗濯のために役立ててくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す