• 保温マグカップのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 保温マグカップのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 保温マグカップのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 保温マグカップのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 保温マグカップのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

保温マグカップのおすすめ人気ランキング10選

時間が経ってもおいしい温度がキープできる保温マグカップ。保温容器といえばサーモスが有名ですが、他にもアウトドアメーカー製のかっこいいステンレスマグや、蓋付きタイプで保温性をアップしたものなど、こだわりの商品がたくさん販売されています。また、オフィスでコーヒーを飲むときなどは、見た目にかわいいデザイン性も重視したいところですよね。

そこで今回は、人気のおすすめ保温マグカップをランキング形式でご紹介したいと思います。安心の日本製・猫舌さん向けなどたくさんの保温マグカップが登場しますので、お気に入りの一つを見つけましょう♪
  • 最終更新日:2019年05月09日
  • 140,131  views
目次

保温マグカップの選び方

まずは保温マグカップの選び方のポイントをご紹介したいと思います。

保温マグカップは、とかく保温力の高さだけが評価されているように思われがちですが、タンブラーや水筒と比べるとそこまで保温力は高くありません。おいしく飲みやすい適温をキープすることに重点を置いて、安全で便利に使うために、ぜひ保温力以外のポイントもおさえておきましょう。

自分にとっての適温を保てる保温力があるか

保温マグカップは、素材や構造にこだわることで保温力が高まります。現在もっとも保温力があるのは「ステンレス真空二重構造」でしょう。

真空二重構造の商品はカップの内側と外側の間にすき間があり、その中の空気が抜いてあります。中に入っているドリンクと外気の間で温度が移動しづらいため、ドリンクの温度が保ちやすいという仕組みです。これなら熱いドリンクを入れた時に容器が熱くならないのでマグを触ってもヤケドしづらいですし、冷たいドリンクを入れた時にも容器の外が結露しづらくなります。

適度な容量がある方が冷めにくい?

適度な容量がある方が冷めにくい?
あまりコンパクトなものより適度に容量があった方が、中のドリンクが冷めづらいと感じているユーザーは多いです。目安として容量は300ml以上あった方が一定の保温力を感じやすいようです。保温力がないマグカップに入れたとしても冷める前に飲みきってしまえるくらい容量が少ないなら、保温マグカップを買った意味がないと感じてしまうケースもあるようです。

猫舌さんには保温力低めのマグが人気

猫舌さんには保温力低めのマグが人気
保温マグカップは基本的に、保温性があるものの方が人気が高いです。しかし猫舌の人にとっては必ずしもそうではありません。猫舌の方が保温力の高いマグカップを使った場合、冷めるまでフタを開けておかねばならず、適温になるまで時間がかかってしまいます。

ですから猫舌の方の場合は、あえて保温力が低めで自分にとっての適温を保ちやすいマグカップの方が満足度が高い場合もあります。またドリンクの温度がそのままダイレクトに飲み口に伝わってしまうとヤケドしやすくなりますので、飲み口の構造や素材もチェックしておきましょう。

フタ付きのものがおすすめ

保温マグカップにはフタが付いているものが多いです。温かさは上に逃げていくので、フタをすれば熱を閉じ込められて冷めにくさがUPします。保温を重視する方はフタ付きのものを選んでおきましょう。

また保温マグカップは保温性が高いほど、ドリンクをこぼした時にヤケドのリスクが高まります。マグカップはタンブラーや水筒に比べると密閉性は完璧ではありませんが、フタがないよりもあった方が危険を回避しやすいので、安全面の観点からもフタがあるものはポイントが高いです。

他にもフタ付きのマグカップはホコリが入りづらいといったメリットがあります。作業中に使うことが多い方は、片手でフタを開けられるものや、フタを開ける時に力が要らないものがおすすめです。

倒れにくい工夫が大切

倒れにくい工夫が大切
本体に重量感がある・底が密着しやすく滑りづらい素材になっている・底の面積が広く安定感がある、といったように倒れにくい工夫がしてあるマグカップは特におすすめです。

前項でご紹介した通り、フタ付きの商品なら万が一倒れてもある程度は被害が少なくて済みます。しかしマグカップのフタは水筒やタンブラーほど密閉性が高くありませんので、きちんと倒れにくい工夫がしてあるに越したことはありません。

特にデスクワークの方はパソコンや書類を飲み物から守るため、このポイントはしっかりチェックしておきましょう。

洗いやすいものが便利

洗いやすいものが便利

出典:amazon.co.jp

何度も洗って使うものだから、洗いやすい構造のものを選んでおくとお手入れがラクです。保温マグカップの中には、構造上丸洗いをNGとしているものがあります。そんな中でも丸洗いOKのものや、食洗機対応の商品は便利です。

食洗機で洗えないものの場合は手を入れて洗いやすくするため、本体は口がなるべく広いものを選びましょう。フタの形はなるべく凹凸が少なく、シンプルな構造の方が汚れが落としやすく詰まりづらいのでおすすめです。パッキンなどの細かいパーツは取り外して洗える方が良いですね。

保温マグカップのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの保温マグカップをランキング形式でご紹介していきます。基本的に、保温性が高いものが上位になるようランキングしていますが、選び方の項目でもご紹介した通り、適温は人によって違います。猫舌の方は下位の商品も視野に入れて選んでみて下さいね。
10位

パール金属 真空断熱マグカップ

HB-1915

1,058円 (税込)

容量350ml
9位

スノーピークチタンシングルマグ

MG-042FHR

3,980円 (税込)

容量300ml
8位

コールマンダブルステンレスマグ

170A502323

983円 (税込)

7位
保温マグカップ タイガー魔法瓶 デスクマグ 1枚目
出典:amazon.co.jp

タイガー魔法瓶デスクマグ

MCI−A028

3,500円 (税込)

容量約280ml
6位

Bodum ダブルウォール保温マグ

10602-10

4,131円 (税込)

容量150ml
5位
容量約420ml
4位
保温マグカップ キャプテンスタッグ シーエスプリ  1枚目
出典:amazon.co.jp

キャプテンスタッグシーエスプリ

M-5361

1,380円 (税込)

容量280ml
3位

アスベル真空断熱マグカップ

MG-T330

1,109円 (税込)

容量330ml
2位

セブンセブンアクティブマグ

ATK-450

1,551円 (税込)

容量450ml
1位
容量350ml

おすすめ人気保温マグカップの比較一覧表

商品画像
1
保温マグカップ サーモス 保温マグカップ  1枚目

サーモス

2
保温マグカップ セブンセブン アクティブマグ 1枚目

セブンセブン

3
保温マグカップ アスベル 真空断熱マグカップ  1枚目

アスベル

4
保温マグカップ キャプテンスタッグ シーエスプリ  1枚目

キャプテンスタッグ

5
保温マグカップ ロゴス プリメイヤーマグ  1枚目

ロゴス

6
保温マグカップ Bodum  ダブルウォール保温マグ  1枚目

Bodum

7
保温マグカップ タイガー魔法瓶 デスクマグ 1枚目

タイガー魔法瓶

8
保温マグカップ コールマン ダブルステンレスマグ 1枚目

コールマン

9
保温マグカップ スノーピーク チタンシングルマグ  1枚目

スノーピーク

10
保温マグカップ パール金属  真空断熱マグカップ  1枚目

パール金属

商品名

保温マグカップ

アクティブマグ

真空断熱マグカップ

シーエスプリ

プリメイヤーマグ

ダブルウォール保温マグ

デスクマグ

ダブルステンレスマグ

チタンシングルマグ

真空断熱マグカップ

特徴真空断熱のパイオニアが誇る傑作!安心の国内産で高い保温力を発揮フタの凹凸が少なく口が広いので洗いやすい缶のドリンクをそのまますっぽり収納!約420mlの大容量で倒れづらい保温マグカップにはめずらしいガラス製置くときカチカチ音がしなくて静か安く保温マグを手に入れたい方におすすめ軽くて持ちやすくハンドルが折りたためる100mlと200mlの目盛り付きで便利
価格1,691円(税込)1,551円(税込)1,109円(税込)1,380円(税込)1,674円(税込)4,131円(税込)3,500円(税込)983円(税込)3,980円(税込)1,058円(税込)
容量350ml450ml330ml280ml約420ml150ml約280ml300ml350ml
商品リンク

保温マグカップの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、保温マグカップのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

今回は室内でも屋外でも大活躍してくれそうな保温マグカップをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

どの商品も素材や構造にこだわりがあって、デザインもおしゃれなものばかりでしたね。好みや使うシーンによってピッタリなものは変わってくると思いますので、それぞれの特徴が生かせる場面で使ってみて下さい。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す