• A1f55062171bc366c02a01786f1f87f151baaca0
  • Cb5e2bfc841effe7e54afb82c86c559f1fe9d504
  • 4e0575e265c0119a5dccd2426d48b01a2481c112
  • 9cf73d71ae0a0b1cc03e4e0e6f9af42dd688194f
  • D16effc1363368b4248bb26a08c49350d3a4f3ec

市販のおすすめの妊娠線予防オイルランキング10選【保湿で予防ケア!】

妊娠中期に入り、お腹が大きくなることで皮膚が急激に引っ張られてひび割れたような線が入ってしまう症状を「妊娠線(肉割れ)」と言います。海外では「ストレッチマーク」という言葉で知られていますね。個人差はありますが、一度できてしまった妊娠線は消すことができないという話もあるので、ほとんどの妊婦さんが対策を行っていることでしょう。

今回はそんな妊娠線対策で人気の高い、市販の妊娠線予防オイルを10種類ご紹介します!ニベアなどのボディクリームで代用される方もいるようですが、やはり専用のオイルが一つあると安心です。妊娠線予防オイルは妊娠祝いのプレゼントでも喜ばれるアイテムでもあるので、妊娠していなくても読んで損はない内容になっていますよ。

最終更新日:2017年11月15日 | 7,890views

妊娠線予防オイルの選び方

妊娠中期から後期に見られることが多い妊娠線。できてしまうと妊婦さんにはショックが大きいですよね。急激な体重増加により、お腹だけでなくバストや二の腕・お尻・太ももにまで妊娠線が現れることもあります。

なぜ、妊娠線にはクリームではなくオイルがおすすめなのかを考えてみたことがありますか?オイルは手のひらで温めてから塗ることになるため、塗った箇所の皮膚が温まって、皮膚自体も伸びやすくなるのです。また、オイルは潤いをしっかりと閉じ込めてくれるので乾燥も防いでくれます。

この項目では、どのような点に注目して妊娠線予防のオイルを選ぶべきかピックアップしています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

使われている成分をチェックする

積極的に使いたい妊娠線予防オイルですが、入っているとあまり良くない成分もあります。それは、トルエン・パラベン・サリチル酸・アキュテイン・トレチノイン・ハイドロキノンといった成分です。これらの成分は配合されていたとしても、もちろん微量であり、すぐに妊婦さんや赤ちゃんに何か起きるような危険な成分ではありません。でも、妊婦さんは肌がデリケートになっているので刺激を感じることもあるということを覚えておいてください。

また、オーガニック製品とそうでない製品を比べて、オーガニックの方が良いと安易に判断してはいけません。非オーガニックでも厳選された素材を使っているものもありますし、例えオーガニック製品でも人によっては肌に合わない場合もあるからです。自分の肌質などとも相談することが大切ですね。

香りも重要なチェックポイント

妊娠中に良い香りで癒されたいと思う人もいれば、ちょっとの匂いでも気持ちが悪くなってしまう人もいます。妊娠線予防オイルは妊娠初期から使い始める人もいれば、安定期ぐらいから使い始めるという人もいますが、中にはつわりで匂いに敏感になってしまっている人もいるでしょう。

妊娠中は今まで気にならなかった匂いが気になってしまう人もいるので、香りの強さはチェックしておきたいですね。匂いつわりがない人であれば、リラックスできる香りを楽しむのも良いと思います。

ホルモンの影響でイライラしたり落ち込みやすくなってしまう時も、良い香りの妊娠線予防オイルで癒されるリラックスタイムを演出すれば、ストレス解消になるはずですよ!

使う量と価格のバランスを見極める

妊娠線予防オイルは何ヶ月も使い続けるものです。せっかく良いオイルでも、リピートしにくい高価格の商品だともったいなくてたっぷり使えない…なんていうことに!妊娠中は妊娠線予防オイル以外にも、これから生まれてくる赤ちゃんや妊婦生活のためにもお金はかかるものです。

妊娠線予防オイルで全身の保湿をする人やマッサージを行う人もいるでしょう。その場合はある程度量も必要になるので、たっぷり使える内容量のものを選ぶようにしてください。

伸びが良く、ちょっとの量でもしっかり伸ばせる妊娠線予防オイルで、リピートしやすい価格のものが一番ですね!

市販の妊娠線予防オイルのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、具体的に人気が高くおすすめの妊娠線予防オイルを10種類、ランキング形式でご紹介します。1つ使ってみて合わなければまた別のオイルに変えてみるのもアリですが、気に入ったオイルが見つかったら、複数買いや大きいサイズで購入してみるのも良いですね。

このランキング内の妊娠線予防オイルはどれも有名なので、すでに使っている妊婦さんもいるかもしれません。自分の使っているオイルが何位なのかチェックしてみるのも楽しいですよ。ランキングはあらゆる角度から見ての判断なので、順位を問わず自分にあったものを選んでください!

10位:ニールズヤード レメディーズ ストレッチマークオイル

ニールズヤード レメディーズ ストレッチマークオイル
5,400円(税込)

・主な成分:ダイズ油・アーモンド油・コムギ胚芽油・オレンジ花油(ネロリ油)・マンダリンオレンジ果皮油
・内容量:100ml

厳しいイギリスのオーガニック基準を満たすオイル

安全性の高さをしっかりクリアしている妊娠線予防オイル。ユーザーレビューでは伸びがあまり良くないという意見もありますが、こっくりとしたオイルなのでしっかり密着して保湿してくれます。冬でもこれなら頼りになりそうですね。

ネロリの香りも優しくリラックスモードに導いてくれます。ただ、価格がちょっと高めなのがネックです。リピートするとなると厳しいと感じる人もいるかもしれませんが、つるつるの潤い肌をキープしてくれる効果が期待できますよ!

9位:ピジョン オーガニクス マッサージオイル

ピジョン オーガニクス マッサージオイル
1,960円(税込)

・主な成分:トリ(カプリル酸・カプリン酸)グリセリル・ヒマワリ種子油・オリーブ油・バオバブ種子油・トコフェロール・アルゲエキス・マカデミアナッツ油・モスカータバラ種子油・ラベンダー油・ニオイテンジクアオイ油・ビターオレンジ果皮油・ダイズ油
・内容量:140ml

赤ちゃんブランドといえばピジョン!さらっとした使用感が特徴

こちらは、バオバブシードオイルという珍しいオイルを配合しています。このオイルはビタミンが豊富に含まれていて、肌に潤いを与えつつ柔らかい肌質にしてくれるところがGOOD!ラベンダーやゼラニウムの香りがほんのりするので、フローラル系の香りが好きな人におすすめです。

数ある妊娠線予防オイルの中でも、かなりサラサラしたつけ心地のタイプ。乾燥肌のユーザーからは、もう少し保湿効果が欲しいという厳しい意見もありました。ただ低価格なので、1日に何度かたっぷり塗るようにすれば保湿効果は上がりそうですね。

8位:ママ&キッズ モイストオイルコンディショナーEX

ママ&キッズ モイストオイルコンディショナーEX
2,000円(税込)

・主な成分:エクストラオリーブ・ヒマワリ種子オイル ・ミネラルオイル・スクワラン・ビワ葉エキス・モモ葉エキス
・内容量:195ml

メイク落としと保湿ミルクにもなる多機能オイル

メイクの上からこのオイルをつけて洗い流せば、なんとメイク落としにも使えるこちら。妊娠線予防には、入浴後の濡れたお腹に塗るのがおすすめです。お湯にこのオイルを混ぜると保湿ミルクになり、しっかりお腹を保湿できるので、さらに妊娠線を防いでくれる効果が期待できそうです。

小さなお子さんにも使えるので、家族全員の乾燥対策が行えそうですね。オイル状の商品ですが、保湿ミルクのような使い心地なので好き・嫌いは分かれるかもしれません。でも、この価格と内容量なら惜しみなく使えますよ。

7位:バイオイル バイオイル

・主な成分:ミネラルオイル・トリイソノナノイン・エチルヘキサン酸セテアリル・ミリスチン酸イソプロピル・パルミチン酸レチノール・酢酸トコフェロール・ラベンダー油・ローズマリー油・ローマカミツレ花油・ビサボロール・トウキンセンカ花エキス・ダイズ油・ヒマワリ種子油・BHT・香料・赤225
・内容量:125ml

あらゆる肌トラブルに万能なオイルは妊娠線予防にも◎

バイオイルは全身に使えるオイルで、ニキビ対策・日焼け対策・キズ跡・虫刺されに使っているユーザーも多いことで知られています。妊娠線予防でもその効果は高く、特に双子を妊娠しているユーザーに愛用者が多いようです!

独特の香りがあり、そこで好みが別れてしまうのがちょっと残念。海外コスメの香りなどに慣れている人なら、気にならない香りかもしれません。出産後もフェイスケアで使うこともできるので、使い残しが出る心配はいりませんよ!

6位:ヴェレダ マザーズボディオイル

ヴェレダ マザーズボディオイル
4,104円(税込)

・主な成分:アーモンド油・ホホバ種子油・コムギ胚芽油・香料・アルニカ花エキス
・内容量:100ml

さまざまなオイルを扱うヴェレダのマザーズボディオイルなら安心!

高品質のオイルが揃うヴェレダ。もちろん妊娠線予防オイルも安心の品質で、このオイルは産後の引き締めケアのマッサージにも使うことができます。オイル以外にもアルニカの花のエキスが入っているので、潤いだけでなくハリ感のある肌に!

ローズとネロリの香りが爽やかですが、香りが強いというレビューも多いので、匂いつわりがある人はちょっと注意が必要かもしれません。逆につわりのない人には、このオイルの良い香りが妊娠中のイライラもリラックスさせてくれそうですね。

5位:ロクシタン リラクシングマッサージオイル

L'OCCITANE リラクシング マッサージオイル
4,380円(税込)

・主な成分:アーモンドオイル
・内容量:100ml

妊娠線予防だけでなく、気になるむくみ対策にも!

もともとがマッサージオイルなので、妊娠中に起きやすいむくみに対してもアプローチできるところがGOOD!ロクシタンらしい華やかさのある香りも好評です。できてしまったセルライトにも効果があったというユーザーの声もあるので、体重増加に関する肌トラブルにも期待が持てますね。

むくみ対策でも使おうとすると、100mlはちょっと少ないかもしれません。あまり低価格ではありませんが、妊娠線予防でも人気が高いので、検討する価値ありですよ。

4位:クラランス ボディオイル トニック

クラランス・ボディオイル トニック
3,596円(税込)

・主な成分:-
・内容量:100ml

香りの支持率高め!癒されたいならこの香り

こちらは肌にハリとしなやかさを与えてくれるオイルで、妊娠中だけでなく産後の肌引き締めにも役立ってくれます。入浴後の、肌が濡れている状態で塗るのが正しい塗り方。しっとりと肌に潤いを閉じ込める感じを実感できます。

何と言っても香りがよく、ユーザーの多くが、ハーブのような良い香りに癒されたとレビューでも書いています!妊娠線にも効果があったと高く評価している人もたくさんいますが、気軽にリピートできる価格かと言われると、ちょっと疑問ですね…。しかし効果の高さと香りの良さで、購入に踏み切る人が多いオイルですよ。

3位:オーガニックマドンナ セラムオイル

オーガニックマドンナ セラムオイル
2,160円(税込)

・主な成分:オーガニックオリーブオイル・オーガニックアルガンオイル・オーガニックシアバター・ オーガニックホホバオイル・オーガニックレモンマートル油・ 天然マンダリンオレンジ果皮油、・天然グレープフルーツ果皮油・トコフェロール
・内容量:80ml

オーガニック保湿成分99%で肌が喜ぶ!

安定期に入ってから妊娠線予防を本格的に始める人が多いようですが、こちらのオイルは妊娠2ヶ月から使えるので、早くから妊娠線予防をしたい人におすすめです。全身に使用でき、オーガニック成分が肌に優しく潤いを与えてくれます。

妊娠中はホルモンの影響でシミ・ソバカスができやすかったり肌の乾燥が進んでしまう人もいますが、そんな悩みにもこのオイルが役に立ってくれるんです!グレープフルーツのさっぱりとした香りで、つわりのある人でもこれなら気にならないかもしれませんね。

2位:エルバビーバ ストレッチマークオイル

エルバビーバ ストレッチマークオイル
4,752円(税込)

・主な成分:アーモンド油・ヒマワリ種子油・コムギ胚芽油・ローズヒップ油・ラベンダー油・ローズマリー葉エキス・マンダリンオレンジ果皮油・ニンジン種子油・ダマスクバラ花油・ビャクダン油・トコフェロール
・内容量:125ml

夜塗って朝までにしっかり肌に染み込み、潤いを実感!

お風呂上がりの浸透しやすいコンディションで使うと、翌朝にはしっとりと潤いあふれる肌に!この潤いが妊娠線予防では大切ですよね。ユーザーの中には多少ベタつくという声もありますが、塗る時間を夜にすることで朝になればベタつきはなくなり、オイルが浸透して長く潤います。

オイルがボトルの口にたまりやすいという意見がレビューの中にはありましたが、気になるのであれば500mlのビッグボトルはポンプタイプでたっぷり使えるので、そちらを購入するのもおすすめですよ!
エルバビーバ ストレッチマークオイルビッグボトル
13,176円(税込)

・主な成分:アーモンド油・ヒマワリ種子油・コムギ胚芽油・ローズヒップ油・ラベンダー油・ローズマリー葉エキス・マンダリンオレンジ果皮油・ニンジン種子油・ダマスクバラ花油・ビャクダン油・トコフェロール
・内容量:500ml

1位:AMOMA natural care AMOMA マタニティオイル

AMOMA マタニティオイル
2,399円(税込)

・主な成分:ライスオイル・マカダミアナッツオイル・パルマローザ・フランキンセンス・マンダリン
・内容量:160ml

マタニティセラピストが開発した、日本人の肌になじみやすいオイル!

1位となったのは、ライスオイルとマカダミアナッツオイルをベースに、日本人の肌になじみやすく作られたオイルです。開発にはマタニティセラピストが携わり、妊娠線予防に対して考えて作られています。AMOMAは妊活から産後までのお母さんと赤ちゃんについて、しっかり研究されているブランドです。

中でもこのオイルは人気が高く、ベタベタしづらいところが良いですね。ポンプ式で使いやすく、優しい柑橘系の香りもほんのりする程度で高評価を得ています。価格や量もリピートしやすく、惜しみなく使えますね。

これなら妊娠祝いのプレゼントでも喜ばれそう。万人受けまちがいないと思いますよ!

妊娠線予防オイルを使う上での注意点

妊娠線は、ちょっと気を許すといつの間にかできてしまいます。特に妊娠後期に「うっかり塗り忘れて、今まで妊娠線ができてなかったのに!」なんていうことも。

きちんと塗っていても、急激な体重増加などによって肌が引き伸ばされて妊娠線ができてしまうこともあるので、妊娠線予防オイルを使っていれば100%大丈夫とは保証はできません。でも、多くの人が上のランキングでご紹介したオイルを使って効果を実感しています。

塗り忘れないようにすることと、肌の乾燥には常に注意するようにしましょう。オイルが合わなくてかゆみを感じる場合以外で、乾燥でかゆみを感じている場合は妊娠線ができる可能性が高いので、妊娠線予防オイルでケアすることをおすすめします。

まとめ

妊娠線、できてしまったら困りますよね。ちょっと気にして妊娠線予防オイルを塗ることを毎日の習慣にしてしまえば、肌の潤いもキープできます!

妊娠線予防オイルを上手に使って、出産後も潤いのある肌でいたいですね。

関連記事

人気の記事