• 【掃除のプロが教える】トイレブラシのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【掃除のプロが教える】トイレブラシのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【掃除のプロが教える】トイレブラシのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【掃除のプロが教える】トイレブラシのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【掃除のプロが教える】トイレブラシのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【掃除のプロが教える】トイレブラシのおすすめ人気ランキング10選

トイレ掃除の必須道具であるトイレブラシは、マーナのような定番メーカー品から、100均ショップのリーズナブル品まで幅広く販売されています。ポット兼用の実用的でおしゃれなタイプやコンパクトに収納できるものなど種類もいろいろ。最近では、掃除のあとそのまま流せる便利な使い捨てタイプも人気です。

今回は、そんなトイレブラシのおすすめ商品を人気ランキング順でご紹介します。また記事前半では、掃除研究家であるお掃除ペコさんに伺った「トイレブラシの選び方のポイント」を解説。使い勝手のいいトイレブラシを見つけて、トイレに幸運を呼び込みましょう!

この記事に登場する専門家

おそうじペコ
トモ
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 145,499  views
目次

トイレブラシの選び方のポイント

今回は、自分の掃除頻度や使用期間に合ったトイレブラシの見つけ方を、数多くのお掃除グッズを試している掃除研究家のおそうじペコさんに伺いました!ぜひ参考にしてくださいね。
トイレブラシの選び方のポイント
<取材協力:おそうじペコさん>
掃除研究家/お掃除ライター

ブログやラジオ、雑誌、ウエブ連載などを通じて、掃除が持つ力や楽しさを伝える活動をしている。NPO法人ハウスキーピング協会認定「ハウスキーピングコーディネーター2級」、日本掃除能力検定協会「掃除能力検定士5級」を取得。

掃除道具や洗剤選びに関しては、疑問があればメーカーに直接取材するなど、徹底したこだわりを持つ。一日の掃除にかける時間は平均3時間。

著書に「暮らしを楽しむお掃除エッセンス(ソフトバンククリエイティブ)」「魔法の1分そうじ(宝島社)」「おそうじやる気スイッチ(三才ブックス)」など。

ブログ:https://ameblo.jp/pekosouji

トイレ掃除の頻度によってブラシの素材を選ぶ

掃除のペースによって選ぶべきトイレブラシの素材も変わります。掃除の頻度にあったブラシで、便器を傷つけず、いつまでも美しい状態を保ちましょう。

週に3回以上掃除をするなら「スポンジタイプ」

2日に1度、週3以上のペースでトイレ掃除をするなら「スポンジタイプ」のトイレブラシがおすすめ。トイレの便器に傷をつけることなく、優しく汚れを落とすことが可能なため、コーティングが施されてる便器の掃除には最適です。

掃除の際に水ハネも少なく、ストレスフリーに使うことができるのもスポンジブラシの良いところ。ただし、スポンジを直接的に絞ることができないため、水が切れにくいのでブラシをこまめに乾かして衛生的に保ってください。
おそうじペコ
掃除研究家/お掃除ライター
おそうじペコさんのコメント
最近では、スポンジタイプの弱点であった水切りが効率よくできる、ブラシの中心部分が空洞になっているタイプも登場しています。購入前にチェックしてみるといいでしょう。

月に2〜3回程度掃除をするなら「ブラシタイプ」

月に2〜3回程度掃除をするなら「ブラシタイプ」

出典:amazon.co.jp

忙しく、頻繁にトイレ掃除をすることができない方には「ブラシタイプ」がピッタリ。なかなかこびりついて落ちない汚れも、掻き出すように掃除ができる為、洗浄力が高いのも特徴です。

また、水切れが良いのでトイレブラシを保管するケースも衛生的に保つことができます。ただスポンジタイプに比べてこする面積が小さいため、掃除スピードはやや遅くなってしまうでしょう。
おそうじペコ
掃除研究家/お掃除ライター
おそうじペコさんのコメント
「スポンジタイプ」と「ブラシタイプ」はそれぞれ得意分野が違うので、掃除の頻度に合わせてトイレブラシを選ぶと、トイレをきれいに保つことができます。

また、新築のトイレや汚れが落ちやすいコーティングが施してある便器の場合は、スポンジタイプのトイレブラシを選びましょう。ブラシを使うと、目に見えない小さな傷がつくことがあり、汚れが付着しやすくなることもあるため注意が必要です。

ブラシの形状は「先曲がりで毛先が短いもの」を選ぶ

トイレで一番汚れがたまりやすい場所と言えば便器のふち裏。そのふち裏を掃除しやすい形状が「先曲がりタイプ」のトイレブラシです。普段、便器全体をまんべんなくきれいにするのが得意な「スポンジタイプ」を使っている場合は、ふち裏専用の「先曲がりブラシ」を準備しておくと隅々までお掃除をすることができるでしょう。

さらに毛足が短いタイプなら、毛先が潰れることもなく長期間使用可能です。また、ブラシのそばに鏡がついているものは、汚れを逃さずきれいに仕上げることができます。
おそうじペコ
掃除研究家/お掃除ライター
おそうじペコさんのコメント
トイレの汚れがたまりやすい部分は、便器の形状や地域の水質によっても違ってきます。汚れがたまる部分に合わせてブラシの形を選びましょう。最近よく見かける球状のトイレブラシは、排水溝の汚れを落とすのに向いています。

全体的な掃除に向いているスポンジタイプのトイレブラシには、ふち裏掃除専用の部分用トイレブラシを合わせましょう!

使用期間で選ぶ

ブラシにも最適な使用期間が存在します。長期間使えるものから使い捨てタイプまであるので、自分にあったものを選びましょう。

2ヵ月に1回程度、こまめに交換するなら「スポンジタイプ」

2ヵ月に1回程度、こまめに交換するなら「スポンジタイプ」

出典:amazon.co.jp

どんなに清潔に保っていても、水気を含みやすいスポンジタイプのトイレブラシは、こまめに交換した方が衛生的です。スポンジタイプのブラシは、使い続けることによりスポンジ部分のコシがなくなり、水のキレも悪くなります。

交換するタイミングを逃さないためにも、スポンジタイプのトイレブラシは2ヵ月に1回くらいの間隔で期間を決めて交換するように心がけましょう。

長期間使ってコスパの良い「ブラシタイプ」

長期間使ってコスパの良い「ブラシタイプ」

出典:amazon.co.jp

ブラシはコシが強く、毛先がヘタるまで時間がかかるため長期間使うことが可能です。掃除の頻度にもよりますが、半年に1回くらいの交換ペースでも充分。その上、水切れも良いため衛生的に保管することもできます。

スポンジタイプに比べ買い換えのペースもゆっくりなので、高機能なタイプを選ぶのも手。ふち裏を掃除しやすいものや、排水溝の汚れを落としやすいものなど、トイレの汚れやすい部分に合わせてトイレブラシを選びましょう。

毎回使い切りで衛生的な「使い捨てタイプ」

毎回使い切りで衛生的な「使い捨てタイプ」

出典:amazon.co.jp

「トイレ掃除はしたいけれど、ブラシの保管が不衛生でイヤだ」という方におすすめなのが、使い捨てタイプのトイレブラシ。掃除が終わるたびブラシ部分を交換するので、保管するのはブラシの持ち手の部分だけになります。

トイレ用の洗剤を含んだものもあり、使用後はトイレに流すこともできるため衛生的。しかも、ボタン一つでブラシ部分が外れるため、手を触れずにトイレ掃除を完了することができます。
おそうじペコ
掃除研究家/お掃除ライター
おそうじペコさんのコメント
ブラシの種類や掃除の頻度によってもブラシの劣化具合や耐久期間は変わってきます。

取り替えのタイミングとして、スポンジタイプの場合は水切れが悪くなり、洗い心地がペチャペチャしたりと、汚れ落ちが悪くなります。ブラシタイプは、毛先が潰れてしまったら交換のタイミングです。交換のタイミングを見極めるのが難しい場合は、今回ご紹介した交換期間を参考にしてみてくださいね。

ブラシケースの底が外れて丸洗いできるタイプが衛生的

水をしっかり切ってもブラシを収納する際、残ってしまった水分がブラシケースに溜まってしまいます。溜まった水分から雑菌が繁殖するため、不衛生になりがちです。トイレブラシを購入するときは、ブラシがケースの底に着かないものを選びましょう。
おそうじペコ
掃除研究家/お掃除ライター
おそうじペコさんのコメント
水が溜まることで、トイレブラシのケース内は不衛生になりがちです。その悩みを解消するために、トイレブラシの水気をしっかりと切り、定期的に天日干しをして衛生的に保ちましょう。天日干しの前には、ブラシとケースを漂白除菌するとより清潔になりますよ。

また、トイレブラシのケースは底が外れて、簡単に丸洗いできるものを選べば、掃除もラクにできるでしょう。

プロの愛用するおすすめのトイレブラシ

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのトイレブラシをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、トイレの掃除のスタイルに合わせて使い勝手のいいものを選んでくださいね。
専門家の
マイベスト

トイレブラシのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、トイレブラシのおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。使いやすいだけでなく、形やデザインもいろいろありますので、好みに合わせてチェックしてくださいね。
10位
タイプブラシタイプ
サイズ幅8.5cm・奥行8.5cm・高さ39cm
重量-
9位

アイセンスリムコンパクト トイレブラシ

TP001

540円 (税込)

タイプブラシタイプ
サイズ幅7cm・奥行8cm・高さ28cm
重量180g
8位
タイプブラシタイプ
サイズ幅11cm・奥行11cm・高さ35cm
重量650g
7位
タイプブラシタイプ
サイズ直径9.2cm・高さ38cm
重量161g
6位
タイプブラシタイプ
サイズ幅8.5cm・奥行13.3cm・高さ37.5cm
重量240g
5位
タイプブラシタイプ
サイズ幅8cm・奥行10.2cm・高さ38cm
重量290g
4位
タイプブラシタイプ
サイズ幅11.4cm・奥行12.9cm・高さ43cm
重量400g
3位
タイプブラシタイプ
サイズ幅10.5cm・奥行10.6cm・高さ35.7cm
重量265g
2位

3Mスコッチブライト トイレクリーナー

T-557-3HC-6RF

1,285円 (税込)

タイプスポンジタイプ(使い捨て)
サイズ-
重量320g
1位
タイプブラシタイプ
サイズ幅16.8cm・奥行7.2cm・高さ36.8cm
重量330g

おすすめ人気 トイレブラシの比較一覧表

商品画像
1
マーナ スマート トイレブラシ

マーナ

2
3M スコッチブライト トイレクリーナー

3M

3
オカ トイレブラシ ペアプランツ

オカ

4
マーナ 2 in 1 トイレブラシ

マーナ

5
マーナ スリム トイレブラシ

マーナ

6
山崎産業 Sattoトイレブラシ

山崎産業

7
ティディ トイレブラシ

ティディ

8
東和産業 アイコンポ

東和産業

9
アイセン スリムコンパクト トイレブラシ

アイセン

10
サラサデザイン b2c トイレブラシ

サラサデザイン

商品名

スマート トイレブラシ

スコッチブライト トイレクリーナー

トイレブラシ ペアプランツ

2 in 1 トイレブラシ

スリム トイレブラシ

Sattoトイレブラシ

トイレブラシ

アイコンポ

スリムコンパクト トイレブラシ

b2c トイレブラシ

特徴デザイン性と使いやすさを兼ね備えたブラシ衛生的で手間のかからない使い捨てタイプ!トイレのインテリアにぴったりのリーフ柄大小2本のブラシで隅々までキレイにモニター500人の声から作られた使い勝手のいいトイレブラシ定期的な買い替えにもおすすめなリーズナブルな価格水キレがよく衛生的に保管できるトイレブラシとポットの一体型! 便利に使える2WAYタイプ持ち運びしやすい「持ち手」付き!おしゃれなトイレにぴったりの高級感のあるデザイン
価格1,000円(税込)1,285円(税込)756円(税込)1,100円(税込)1,080円(税込)311円(税込)1,080円(税込)1,271円(税込)540円(税込)1,624円(税込)
タイプブラシタイプスポンジタイプ(使い捨て)ブラシタイプブラシタイプブラシタイプブラシタイプブラシタイプブラシタイプブラシタイプブラシタイプ
サイズ幅16.8cm・奥行7.2cm・高さ36.8cm-幅10.5cm・奥行10.6cm・高さ35.7cm幅11.4cm・奥行12.9cm・高さ43cm幅8cm・奥行10.2cm・高さ38cm幅8.5cm・奥行13.3cm・高さ37.5cm直径9.2cm・高さ38cm幅11cm・奥行11cm・高さ35cm幅7cm・奥行8cm・高さ28cm幅8.5cm・奥行8.5cm・高さ39cm
重量330g320g265g400g290g240g161g650g180g-
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

トイレをキレイに保つための掃除のタイミング

トイレをキレイに保つためにも、日々のお手入れは重要です。トイレを掃除するタイミングをご紹介しますので、トイレ掃除の参考にしてくださいね。

キレイに見えても毎日お手入れ!

キレイに見えても毎日お手入れ!

出典:amazon.co.jp

見た目にはわからなくても、日々の積み重ねでトイレの汚れは溜まっていきます。気がつけば黄ばみや黒ずみでお掃除が大変ということにも。そんな頑固な汚れを防ぐためにも、1日に1回はトイレブラシでさっとお掃除をしておきましょう。

わずか数分手間をかけるだけでもトイレの汚れ方は変わります。簡単にでもいいので、ふち裏など気になる部分に毎日ブラシで掃除をするといいでしょう。最近では便利な除菌クリーナーも出ていますので、何日かに1度は壁や床もさっと拭いてください。

月に1~2回はこまかいところの掃除を

月に1~2回はこまかいところの掃除を
毎日のお手入れをしていても、見えないところに汚れは溜まっていきます。そのため最低でも月に1~2回は念入りなお掃除が必要。トイレのふちはもちろんフタや床・タンク周りなど、しっかり拭き上げて全体的にトイレをキレイにしましょう。

1年に1~2回の大掃除で隅々までキレイに!

1年に1~2回の大掃除で隅々までキレイに!
毎日のお手入れや月に1~2度のお掃除で手が届かなかった場所も、年に1~2度はしっかりお手入れが必要です。便座のフタなど外せるものは外して隅々までしっかり掃除してください。そうすることでトイレがいつもキレイに保てて、一年中気持ちよく過ごせます。

ブラシ以外のトイレ掃除用品もチェック!

最適なトイレブラシを選んだら、トイレ掃除に必要な洗剤などにもこだわってみてください。以下の記事ではトイレ掃除のアイテムの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックして、キレイなトイレを保ちましょう♪

トイレブラシの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トイレブラシのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

おすすめのトイレブラシを紹介しましたが、いかがでしたか?

トイレブラシを選ぶときは、掃除のタイミングや汚れ具合によって選ぶと、最適なアイテムを手に入れられることがわかりました。自分に合ったトイレブラシで、いつも気持ちよく過ごせる清潔なトイレを目指しましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す