1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. 衛生用品
  6. >
  7. 電動毛抜きのおすすめ人気ランキング7選
  • 電動毛抜きのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 電動毛抜きのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 電動毛抜きのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 電動毛抜きのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 電動毛抜きのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

電動毛抜きのおすすめ人気ランキング7選

手軽にムダ毛ケアができる女性の味方、電動毛抜き。一昔前は痛いだけで全然抜けない、というイメージが強かった商品ですが、最近のものはヘッド部分も工夫されていて、中には男性のヒゲなど頑固なムダ毛もしっかり抜いてくれるものもあります。パナソニックのソイエやブラウンのシルク・エピルなどが定番ですが、しかし細かい機能の違いまで理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、電動毛抜きの選び方のポイントと、AmazonやYahoo!ショッピングなど通販で購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。人気の2商品以外に、どんなモデルがランクインするかも注目です。自分にあった1台を見つけて、快適に過ごしましょう!

  • 最終更新日:2020年08月17日
  • 81,871  views
目次

電動毛抜きの選び方

まずは、電動毛抜きの選び方のポイントからご紹介します。

使い勝手の良い防水タイプがおすすめ

使い勝手の良い防水タイプがおすすめ
頻繁に電動毛抜きを使う方ならば特に、お風呂で使用することができる防水タイプがおすすめです。入浴中は体が温まり毛穴も開くので、普段よりも毛穴や肌へのダメージを抑えられて、かつ機械も清潔に保つことができます。電動毛抜きは直接肌に当てて使うものなので、毛だけでなく皮脂も表面にこびりつきやすく、手入れのしやすさというのは意外と重要なポイントです。

全身のムダ毛を処理したいという方はもちろん、ヒゲだけ処理したい男性の方も、使い勝手を重視するならばできるだけ防水対応の電動毛抜きを選ぶようにしましょう。

ムダ毛処理したい部位にあわせて選ぶ

ムダ毛処理と一言でいっても、腕・足・ワキ・ヒゲなど部位はいろいろ。それぞれに対応した電動毛抜きの選び方もチェックしておきましょう。

腕や足など広範囲を処理するなら幅広ヘッド

腕や足など広範囲を処理するなら幅広ヘッド
腕や足など、比較的範囲の広いムダ毛を処理したい方は、できるだけヘッドのローラー部分が幅広のものを選びましょう。中には、幅広ヘッド・顔用ヘッド・ビキニライン用ヘッド、といったように使い分けられるタイプもあります。腕や足も含め、全身のムダ毛処理を行いたい方には断然こういった商品がおすすめです。

また幅が広いだけでなく、ローラー部分のディスクやツィーザー(毛抜き)が多いものはそれだけ抜き残しが発生しにくいので、往復する手間が最小限で済みますよ。

肌の露出が多い部位の処理には精度の高さが重要

肌の露出が多い部位の処理には精度の高さが重要
電動毛抜きは「ムダ毛を掴んで抜く」構造なので、ムダ毛の長さによってうまく抜けないことも。どの程度の長さの毛が引き抜けるのかは、商品によってまちまちです。

ムダ毛を処理するためにムダ毛を伸ばすのでは本末転倒なので、肌の露出が多い部位には特に、できるだけ短い毛にも対応できる精度が高いものを選ぶようにしましょう。こういった使用感は商品スペックだけでなく、口コミも参考にすることをおすすめします。

皮膚が薄い部位には痛みを軽減する工夫が施されたものを

皮膚が薄い部位には痛みを軽減する工夫が施されたものを
これまで手でムダ毛を抜いていたという方ならばご存知の通り、毛を抜くというのはなかなか痛みを伴います。腕や足ならばそこまで問題はないのですが、ワキやビキニラインなど、皮膚が薄い部分に使用するのは基本的におすすめできません。

ただ、どうしても電動毛抜きで処理したいという場合には、マッサージ機能や泡脱毛など、痛みを軽減する工夫が施されたものがおすすめです。できるだけ痛みやダメージを抑えるために、デリケートな部分のムダ毛を処理するときには事前の準備やアフターケアも忘れずに行いましょう。

具体的なケアの方法については記事後半で紹介していますので、興味のある方はぜひ参考になさってください。

アタッチメントの種類はお好みにあわせて

アタッチメントの種類はお好みにあわせて
電動毛抜きの中には、ヘッド交換用のアタッチメントが付属するものがあります。ここで言うアタッチメントは先に挙げたような部位別のヘッドではなく、まったく別の用途として使用できるものです。

例えば、軽石のようなヘッドを回転させて角質を削ることができたり、刃を取り付けてシェーバーとして利用できるものなど。そのほか、ブラシを取り付けて肌をケアすることができるものなどもあります。

アタッチメントは基本的に本来の毛抜きには関係がありませんが、ブラシがあるとムダ毛処理後のケアが楽になります。ただアタッチメントの有無で値段が大きく変わる商品もあるので、予算と相談して選びましょう。

電動毛抜きのおすすめ人気ランキング7選

人気の電動毛抜きをランキング形式でご紹介します。


ランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月2日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。

7位

フィリップス・ジャパンサティネル プレステージ

BRE650/00

10,203円

耐水性
対応部位 全身
アタッチメント有(9種類)
6位
耐水性 -
対応部位 顔・ワキ・腕・脚など
アタッチメント
5位
耐水性
対応部位 全身
アタッチメント
4位
耐水性 -
対応部位 ワキ・腕・脚・ビキニライン
アタッチメント
3位
耐水性
対応部位 全身
アタッチメント有(7種類)
2位
耐水性
対応部位 全身
アタッチメント有(3種類)
1位
耐水性 -
対応部位 全身(デリケートゾーンは除く)
アタッチメント

人気電動毛抜きの比較一覧表

商品画像
1
電動毛抜き ヤーマン Emjoi エピパワー e24 1枚目

ヤーマン

2
電動毛抜き ブラウン シルク・エピル3 1枚目

ブラウン

3
電動毛抜き ブラウン シルク・エピル7 1枚目

ブラウン

4
電動毛抜き ヤザワコーポレーション エピレーター 1枚目

ヤザワコーポレーション

5
電動毛抜き パナソニック アミューレ 泡脱毛(全身用)  1枚目

パナソニック

6
電動毛抜き マクロス レディースコンパクト脱毛器 スベケア 1枚目

マクロス

7
電動毛抜き フィリップス・ジャパン サティネル プレステージ 1枚目

フィリップス・ジャパン

商品名

Emjoi エピパワー e24

シルク・エピル3

シルク・エピル7

エピレーター

アミューレ 泡脱毛(全身用)

レディースコンパクト脱毛器 スベケア

サティネル プレステージ

特徴スピーディーに全身ケア!1台であらゆる部位に対応可能細く短い毛を逃さず除去し手のひらサイズでお手入れラクラク力加減を調整して痛みを軽減!デリケートな部位も快適にケア可能コードレスで使い勝手がよく手軽に全身ケアが完了コスパ◎でお財布に優しい!痛みを抑えた泡脱毛で全身スベスベにスリム&コンパクトで外出先でもちゃちゃっとケアできる1台5役の優れもの!アタッチメント付きで全身をお手入れ可能
最安値
7,480
送料無料
詳細を見る
5,827
送料無料
詳細を見る
12,119
送料無料
詳細を見る
1,500
送料無料
詳細を見る
3,073
送料要確認
詳細を見る
700
送料要確認
詳細を見る
耐水性 ---
対応部位 全身(デリケートゾーンは除く)全身全身ワキ・腕・脚・ビキニライン全身顔・ワキ・腕・脚など全身
アタッチメント有(3種類)有(7種類)有(9種類)
商品リンク

電動毛抜きの使い方のコツ

どんなに性能の良い電動毛抜きを選んでも、使い方を間違えれば余計な痛みやダメージが生じてしまいます。正しい事前準備、抜き方、アフターケアをしっかり押さえておきましょう。

処理する部位は温めて清潔に

処理する部位は温めて清潔に
まずはムダ毛処理する部位をしっかり洗浄してください。汚れがあると開いた毛穴に雑菌が入り、炎症やニキビを発生させる原因となってしまいます。洗った後は、お風呂で処理するのであれば入浴して暖まってから、そうでない場合は蒸しタオルなどで毛穴を開かせましょう。

肌に対して直角に当てる

肌に対して直角に当てる
実際にムダ毛を抜くときのコツは、電動毛抜きを毛が生える方向に逆らう形で当てることです。角度や滑らせる方向を間違えると、余計な痛みを伴います。ただ、首振り機能があるものならば多少角度をつけても問題ありません。

肌のダメージを避けるためにも、できるだけ肌に真っ直ぐ当てて、ローラーの方向に逆らわず滑らせるように当てて行きましょう。

アフターケアは保湿など肌をやさしくケアして

アフターケアは保湿など肌をやさしくケアして

処理後の肌は、毛穴が開いた無防備な状態です。化粧水などでやさしくケアすることをおすすめします。そのほか、ワセリンやオロナインなどでバリアの層を作るのも有効です。ただし内側から汗が分泌されてしまっては意味がないので、ムダ毛を処理した後は運動などは控えましょう。

毛根から処理したいなら脱毛器もチェック!

今回は電動毛抜きをご紹介しましたが、毛抜きはあくまでも「毛を抜く」だけなので、長く使っても基本的に脱毛することはできません。もっと根本から処理したい、脱毛したいという方には、脱毛器がおすすめです。以下の記事では脱毛器の選び方やおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

まとめ

今回は電動毛抜きのおすすめ商品をご紹介しましたがいかがでしたか?電動毛抜きという商品を知らなかったという方も、気になっていたけれど手が出せなかったという方も、今回の記事をきっかけに、一度試してみてはいかがでしょうか。

ただし毛抜きはかなり肌へのダメージを伴う処理方法ですので、くれぐれも準備やアフターケアを忘れずに、快適なムダ毛処理を行ってくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す