• 除菌スプレーのおすすめ人気ランキング10選【インフルエンザ・ノロウイルス対策にも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 除菌スプレーのおすすめ人気ランキング10選【インフルエンザ・ノロウイルス対策にも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 除菌スプレーのおすすめ人気ランキング10選【インフルエンザ・ノロウイルス対策にも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 除菌スプレーのおすすめ人気ランキング10選【インフルエンザ・ノロウイルス対策にも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 除菌スプレーのおすすめ人気ランキング10選【インフルエンザ・ノロウイルス対策にも!】のアイキャッチ画像5枚目

除菌スプレーのおすすめ人気ランキング10選【インフルエンザ・ノロウイルス対策にも!】

キッチンやトイレの除菌はもちろん、ノロやインフルエンザなどのウイルス対策にも便利な除菌スプレー。赤ちゃんやペット・布団・靴など幅広く使える便利なアイテムです。しかし、アルコールや次亜塩素酸といった成分に違いがあり、どれを購入すればよいか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、除菌スプレーの選び方とともに、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。携帯できるコンパクトサイズから、つい手に取りたくなるおしゃれなものまで、おすすめ商品を幅広くご紹介!気軽にシュシュっとして、家中のばい菌やニオイなどをやっつけましょう!

この記事に登場する専門家

須藤 昌子
  • 最終更新日:2020年02月22日
  • 344,584  views
目次

除菌スプレーは効果があるの?殺菌との違いは?

除菌スプレーは効果があるの?殺菌との違いは?

除菌スプレーにどの程度効果があるか、気になる方も多いはず。除菌には菌を減らして、清浄度を高めるという意味があります。細菌やウイルスを死滅させることは滅菌や殺菌と呼ばれ、菌を減らす量の多さで見れば、滅菌⇒殺菌⇒除菌という順番になります。


一見すると除菌スプレーの効果は薄いと思われますが、「滅菌」は医療器具などに使われる用語であり、「殺菌」は医療品や医薬部外品にのみ使用できる表現で、どちらも、家庭用の洗剤・石けん・スプレーになどに使用されることはありません。


今回ご紹介する除菌スプレーは、噴射することで短時間で菌を減らすことができるため、ご家庭で手軽に使えるのがメリット。ターゲットとなる菌に合わせて除菌成分を変えることにより、除菌効果をアップさせることが可能です。この記事を参考に、用途に合わせて上手に使ってくださいね。

除菌スプレーの選び方

まずは、除菌スプレーの選び方についてご紹介します。除菌スプレーと一口にいってもさまざまな種類がありますので、ポイントを押さえてピッタリな1本を見つけてください。

用途に合わせて、メインとなる除菌成分を選ぼう

除菌スプレーと一口に言っても、そのタイプはさまざま。使う場所や目的に合うものを選びましょう。

キッチン用品には、安全性の高いアルコール系を使おう

キッチン用品には、安全性の高いアルコール系を使おう

アルコール系の除菌スプレーは安全に使えるため、キッチン用品におすすめです。噴射してもすぐに蒸発し、除菌成分が残りにくいので、包丁・まな板・調理台の除菌に最適。雑菌が増えやすい三角コーナーにも、噴射しておけば安心です。


一般的なアルコール系除菌スプレーのアルコール濃度は、30%~40%前後。雑菌の増殖予防には十分ですが、ウイルスの殺菌にはアルコール濃度が70%以上必要です。ウイルス対策が目的ならば、アルコール濃度を購入前に確認してください。


ノロウイルスなど抵抗性の高いウイルスに対しては、高濃度タイプでも十分に効果を発揮しない可能性があります。一度スプレーしたあと15秒ほどおいて、再度スプレーするのがおすすめです。万全を期すなら、次にご紹介する次亜塩素酸系の除菌スプレーを使いましょう。


また高濃度タイプは引火の危険性もあるため、使用には注意しましょう。アルコール系は手や指に使うタイプや食品に直接使用可能なもの、電化製品にも対応したものなど種類も多いので、使用したい場所によって使い分けてみてくださいね。

次亜塩素酸系は、ノロ・インフルエンザのウイルスに効果大!

次亜塩素酸系は、ノロ・インフルエンザのウイルスに効果大!

ノロ・ロタをはじめとするウイルスの除菌には、次亜塩素酸や次亜塩素酸ナトリウムの除菌スプレーが効果を発揮します。次亜塩素酸ナトリウムは塩素系漂白剤に含まれる成分。除菌効果は高いですが、希釈が必要なうえに拭き取りが必要で、色落ちの可能性もありました。


現在は電解処理や濃度調整により、刺激が少なく拭き取りの必要ない除菌スプレーがたくさん販売されています。次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムを電解して作る水溶液のことで、人体に害がないことで知られています。


そのため、食品を扱う場所や赤ちゃん用品などには、次亜塩素酸水を使ったスプレーがおすすめです。除菌能力が高く安全な次亜塩素酸水ですが、塩素系漂白剤の成分ですので、酸性漂白剤との併用は避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんやペット用品に使うなら安全性の高いものを

赤ちゃんやペット用品に使うなら安全性の高いものを

赤ちゃんのおもちゃや哺乳瓶、ペット用品などに使用する除菌スプレーは、体に影響がないものを使いたいですよね。次亜塩素酸水の除菌スプレーもおすすめですが、天然由来成分100%ものだとより安全です。


植物の葉や種子から抽出した成分など使ったものなら、口に入っても安心。中には食品に直接スプレーしても大丈夫なものもあります。ペット用品に使用する場合は、無香料タイプを選ぶと臭いを嫌がることがないので、ぜひチェックしてください。

トイレの除菌には、効果が長時間持続するものがおすすめ

トイレの除菌には、効果が長時間持続するものがおすすめ

トイレは雑菌が繁殖しやすいうえに、素肌が直接触れる場所が多いため、除菌スプレーを活用している方も多いはず。清潔さを保つためにも、トイレには、効果が長時間持続するタイプの除菌スプレーがおすすめです。


泡タイプの除菌スプレーなら、トイレの汚れを落としつつ除菌もできるので一石二鳥ですよ。

布団や衣類の臭い対策は、消臭効果つきが便利

布団や衣類の臭い対策は、消臭効果つきが便利

布団・衣類・靴などは臭いがつきやすいうえに、湿気や汗によって菌が繁殖してしまいがち。特に布団や靴はなかなか洗うことができないため、除菌スプレーが便利です。布団・衣類・靴には、臭いを効果的に抑えてくれる、消臭効果つきの除菌スプレーを活用するようにしましょう。


毎回クリーニングに出さないスーツやコートも、帰宅してスプレーすれば菌の繁殖を抑え、臭いも消すことが可能。このタイプは活用範囲が広く、スリッパやクッション、カーペットにも威力を発揮してくれます。無香タイプと香りつきがありますので、お好みを選んで常備しておきましょう

おしゃれなボトルなら部屋置きOK!

おしゃれなボトルなら部屋置きOK!

除菌スプレーは、手に取りやすい場所に置いておくと便利です。おしゃれなデザインの除菌スプレーを選ぶと、インテリアに馴染んで部屋置きしやすいので、よりこまめに除菌できますよ。


菌の繁殖を防ぐにはその都度スプレーすることが大切。お部屋の雰囲気を大切にしつつ、清浄に保ちたいなら、ぜひボトルデザインにもこだわって選んでみてください。

外出先では小型除菌スプレーを活用しよう

外出先では小型除菌スプレーを活用しよう

除菌する場所は家の中だけとは限りませんね。外出先で除菌スプレーを使用するなら、持ち運びが便利なコンパクトサイズの除菌スプレーを準備しましょう。鞄の中に入れておけば、必要なときにサッと取り出して、使うことができます。


コンパクトスプレーにもいろいろなタイプが出ていますので、手指・赤ちゃんグッズ・トイレ・ドアノブ・衣類のニオイなど、除菌する目的に合ったものを選んでくださいね。

プロの愛用するおすすめの除菌スプレー

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの除菌スプレーをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、用途に合わせて手軽に使えるものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

除菌スプレーのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人体にも安全で使い勝手の良いおすすめの除菌スプレーを、ランキング形式でご紹介したいと思います!


ランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月17日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
主成分次亜塩素酸
内容量500ml
9位
主成分二酸化塩素
内容量300ml
8位
除菌スプレー ファーストコレクション ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー 1枚目
出典:amazon.co.jp

ファーストコレクションジェームズマーティン フレッシュサニタイザー

1,338円

主成分エタノール・DL-リンゴ酸・グリセリン脂肪酸エステル・DL-リンゴ酸ナトリウム
内容量500ml
7位
主成分次亜塩素酸水
内容量300ml+詰替用1L
6位
主成分エタノール、イソプロパノール、水、ポリマー、銀系抗菌剤
内容量200ml×2
5位
主成分発酵アルコール・アルカリイオン水・グレープフルーツ種子エキス
内容量400ml
4位
主成分二酸化塩素液、界面活性剤、シリコン消泡剤
内容量300ml
3位
主成分水、エトキシシラン系化合物、可溶化剤、安定化剤
内容量250ml
2位
除菌スプレー ニイタカ ノロスター アルコール除菌(ウイルス除去)スプレー  1枚目
出典:amazon.co.jp

ニイタカノロスター アルコール除菌(ウイルス除去)スプレー

-

1,382円 (税込)

主成分エタノール・クエン酸・グリセリン脂肪酸エステル・クエン酸ナトリウム・精製水
内容量600ml
1位
主成分醸造用アルコール・カテキン
内容量1,000ml

人気除菌スプレーの比較一覧表

商品画像
1
除菌スプレー ドーバー酒造 パストリーゼ77 スプレーヘッド付

ドーバー酒造

2
除菌スプレー ニイタカ ノロスター アルコール除菌(ウイルス除去)スプレー  1枚目

ニイタカ

3
除菌スプレー エーザイ イータック 抗菌化スプレーα 1枚目

エーザイ

4
除菌スプレー 大幸薬品 クレベリン スプレー 1枚目

大幸薬品

5
除菌スプレー フマキラー ウィルシャット 400ml 1枚目

フマキラー

6
除菌スプレー 富士フイルム 富士フイルム HydroAg+ 1枚目

富士フイルム

7
除菌スプレー OTOGINO OXミストスプレー 1枚目

OTOGINO

8
除菌スプレー ファーストコレクション ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー 1枚目

ファーストコレクション

9
除菌スプレー A2Care 除菌 消臭剤 スプレー 1枚目

A2Care

10
除菌スプレー 株式会社ラジカルラボ キエルキン 1枚目

株式会社ラジカルラボ

商品名

パストリーゼ77 スプレーヘッド付

ノロスター アルコール除菌(ウイルス除去)スプレー

イータック 抗菌化スプレーα

クレベリン スプレー

ウィルシャット 400ml

富士フイルム HydroAg+

OXミストスプレー

ジェームズマーティン フレッシュサニタイザー

除菌 消臭剤 スプレー

キエルキン

特徴食品にも使える!酒屋さんが作った食品由来の除菌スプレーウイルス除去率99.999%。業務用業界で年間200万...ノンアルコール、塩素系成分不使用。抗菌作用が1週間持続する人気の「クレベリン」のスプレータイプ3つのパワーでウイルス・細菌を除菌アルコールに銀の成分を配合。除菌効果が1ヵ月以上続く次亜塩素酸水を主成分としたミスト抗カビ効果もあるプロ仕様除菌スプレー布製品の除菌にピッタリな、臭い・べたつきのない除菌スプレー花粉対策にも!次亜塩素酸のみを使用した除菌スプレー
最安値
6,880
送料要確認
詳細を見る
1,382
送料無料
詳細を見る
2,980
送料要確認
詳細を見る
2,057
送料要確認
詳細を見る
要確認
5,080
送料別
詳細を見る
2,900
送料無料
詳細を見る
要確認
1,320
送料別
詳細を見る
1,980
送料別
詳細を見る
主成分醸造用アルコール・カテキンエタノール・クエン酸・グリセリン脂肪酸エステル・クエン酸ナトリウム・精製水水、エトキシシラン系化合物、可溶化剤、安定化剤二酸化塩素液、界面活性剤、シリコン消泡剤発酵アルコール・アルカリイオン水・グレープフルーツ種子エキスエタノール、イソプロパノール、水、ポリマー、銀系抗菌剤 次亜塩素酸水 エタノール・DL-リンゴ酸・グリセリン脂肪酸エステル・DL-リンゴ酸ナトリウム二酸化塩素次亜塩素酸
内容量1,000ml600ml250ml300ml400ml200ml×2300ml+詰替用1L500ml300ml500ml
商品リンク

除菌スプレーを使用する際の注意点

ここでご紹介した除菌スプレーは安全性の高い商品ばかりですが、実際にご使用になられる際は、注意事項をよく読んでお使いください。ここでは、基本的な注意点をピックアップしてみました。

次亜塩素酸水系は、注意事項をよく確認してから使用して

次亜塩素酸水系は、注意事項をよく確認してから使用して
次亜塩素酸水を使った除菌スプレーは安全と言われていますが、体内に入ってもいいものではありません。厚生労働省では食品添加物として認めていますが、「食品の完成前には除去」することが適当と定めています。

赤ちゃんのおもちゃや食器類など、口に直接触れる可能性があるものには、食品由来の除菌スプレーを使うなど、使い分けをすることがおすすめです。

除菌アイテムならこちらもおすすめ

今回は除菌スプレーをご紹介しましたが、除菌をするならウエットティッシュや消毒液もおすすめです。以下の記事では除菌におすすめのアイテムをご紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。たくさんの除菌スプレーの中から安全で効果的なものを見つけ出すには、除去したい細菌やウイルス・それに対抗できる除菌成分・使いたい場所などを明確にすると、選択肢を絞理こむことができます。

今回ここで取り上げたポイントをご参考に、効果が高く、安心して使える除菌スプレーを探してみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す