• 1万円以下のワーキングチェアのおすすめ人気ランキング【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 1万円以下のワーキングチェアのおすすめ人気ランキング【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 1万円以下のワーキングチェアのおすすめ人気ランキング【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 1万円以下のワーキングチェアのおすすめ人気ランキング【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 1万円以下のワーキングチェアのおすすめ人気ランキング【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

1万円以下のワーキングチェアのおすすめ人気ランキング【2020年最新版】

長時間座ることも多いワーキングチェアは、製品の良し悪しによって作業効率が変わるといっても過言ではありません!しかし、ひとくくりにワーキングチェアといっても、ニトリやオカムラなどのメーカーや、リクライニングチェアのように背中を伸ばせるロッキング機能付きのものなど様々。さらにキャスターのあり・なしも選ばなければならないので迷ってしまいますよね。

そこで今回は、1万円以下のワーキングチェアの選び方のポイントとおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。激安でもその満足感を侮ってはいけませんよ!
  • 最終更新日:2020年04月08日
  • 145,482  views
目次

1万円以下でも十分使える!ワーキングチェアの魅力とは

1万円以下でも十分使える!ワーキングチェアの魅力とは

長時間のパソコン作業や勉強などをする時に重宝するワーキングチェア。しかしワーキングチェアと聞くと、本格的なオフィスで使う高級な製品をイメージしてしまいますよね?


実は1万円以下の安価なワーキングチェアでも、使い方や必要な機能に合ったものを選べば十分使えます。本革などの高級素材を使ったものだとさすがに高すぎますが、強いこだわりがなければリクライニング機能やアームレスト付きなど、機能性の高い製品を選ぶことも可能です。


安くてもデザイン性が高くおしゃれなワーキングチェアがたくさんあるので、家庭用として使えるコスパのいい製品を見つけてくださいね。

1万円以下のワーキングチェアの選び方

1万円以下で選ぶならどれも同じじゃないの?と思いがちですが、そうでもありません。低価格でも自分にぴったりのワーキングチェアをゲットするために、以下のポイントを意識してみてください。

使い方に合わせてタイプを選ぼう

まずは、使い方に合わせてどんなタイプのものを購入するか選びましょう。

仕事や勉強メインなら前傾姿勢対応がおすすめ

仕事や勉強メインなら前傾姿勢対応がおすすめ

仕事や勉強をメインとしてワーキングチェアを使うなら、前傾姿勢に対応しているものがおすすめです。座面が前方に傾いているため、パソコン作業や勉強をするときに前のめりになっても姿勢が安定します。前傾姿勢になることで、自然とパソコンや本に体が近づくので作業もしやすいですよ!

リラックス効果を求めるなら後傾姿勢。ヘッドレスト付きも選択肢に

リラックス効果を求めるなら後傾姿勢。ヘッドレスト付きも選択肢に

後傾姿勢に対応しているワーキングチェアは、リラックスしながら作業したい人に向いています。座面を後方に傾けることができ、背もたれを倒せる範囲が広いのが特徴。少しもたれながらの作業も可能なため、長時間のパソコン作業やテレビ鑑賞用として使うのにおすすめです。


疲れやすい人は、ヘッドレスト付きも選択肢に入れてみるといいでしょう。深くリクライニングするときに頭を支えてくれるので、さらにリラックスできますよ。

サイズは部屋やデスクとのバランスが大切

サイズは部屋やデスクとのバランスが大切
ワーキングチェアのサイズは、部屋やデスクとのバランスを考慮する必要があります。座り心地を重視したものほど大きくなる傾向があるので、置くスペースやデスクとのバランスを考えて選びましょう。

また、ワーキングチェアは利便性や長時間座ることを考えて作られているため、キャスターがついていたり座面や背もたれのクッションが分厚かったりと場所を取る商品も多くあります。


広いオフィスなどは良いのですが、一般のお宅の書斎やリビングなどに置くと圧迫感を感じる場合もあるので、注意が必要です。

長時間作業にはアームレスト付きが◎。デスクに収まるかも重要

長時間作業にはアームレスト付きが◎。デスクに収まるかも重要
長時間の作業をする人は、アームレスト付きを選ぶといいでしょう。作業をしていると気づかないうちに肩に負担がかかったり姿勢が崩れたりしまいがち。そんなときにアームレストに腕を置いておくことで、肩への負担を軽くし正しい姿勢を保ってくれます

ただし、本体サイズはしっかりチェックしても、意外と見落としてしまうのがキャスターやアームレストがデスクに収まるかというところ。デスクに収まらなければ、チェアが常にデスクの前を占領してしまうので要注意ですよ。


また、小さいお子さんがいるご家庭などは足を引っかけてしまったりとけがの原因にもなりかねません。チェアを選ぶ前に、デスクの袖と袖の間・天板までの高さを測っておきましょう

見た目とお手入れのしやすさで座面の素材を選ぼう

見た目とお手入れのしやすさで座面の素材を選ぼう

座面や背もたれの素材は、見た目とお手入れのしやすさに注目!ワーキングチェアの素材には、主に合皮(フェイクレザー)とファブリックあります。合皮素材の物は汚れても水拭きできるものが多いためお手入れがしやすく、本革よりも安価というのが大きな魅力です。しかし、蒸れやすいというデメリットもあるので注意しましょう。


ファブリックはカジュアルな雰囲気で、通気性を考えてメッシュになっているものが多くあります。しかしお手入れがしにくいというデメリットがあり、特に飲み物などをこぼしてしまったときは厄介です。

高級感のある本革素材を使っているものは、値段が高く1万円以下のチェアを探している方には向きません。ある程度値段が抑えられてコスパの良いものを探しているなら、合皮・ファブリック・メッシュなどの中から選ぶのが無難です。

高さ調節やリクライニングなどの機能をチェック

高さ調節やリクライニングなどの機能をチェック

高さ調節やリクライニング機能などもチェックしておきたいポイントです。まずチェアの高さですが、デスクとの差尺は大体30cm前後がいいといわれています。


基本的にワーキングチェアは、レバー付きで高さ調節できるものがほとんどですが、まれに付いていない場合もあるので注意してみておきましょう。

また長時間座っていると腰やお尻が痛くなる人は、リクライニング機能の有無も要チェック!ものによって倒せる角度が違うので、どれくらいの角度まで倒せるのか事前に確認しておくといいでしょう。

1万円以下のワーキングチェアのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ランキング形式で人気のおすすめ商品をご紹介していきたいと思います!あなたにとって満足度の高い商品を見つけて、快適な作業環境を整えてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月26日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
サイズ幅60×奥行60×高さ116~126cm
肘までの高さ-
高さ調整
素材メッシュ(競技用)
アームエスト
リクライニング
9位
サイズ幅63×奥行65×高さ116~126cm
肘までの高さ61-71cm
高さ調整
素材メッシュ
アームエスト
リクライニング-
8位
サイズ64×奥行62×高さ86~96cm
肘までの高さ-
高さ調整
素材メッシュ
アームエスト
リクライニング-
7位
サイズ幅48.5×奥行61~68×高さ43~64cm
肘までの高さ-
高さ調整
素材アクリル、合板、ウレタン
アームエスト
リクライニング
6位
サイズ幅47×奥行50×高さ71~80.5cm
肘までの高さ-
高さ調整
素材ナイロン・ポリエステル
アームエスト
リクライニング
5位

LOWYA(ロウヤ)オフィスチェア パソコンチェア ミドルバック コンパクト

F102_G1037

11,151円 (税込)

サイズ幅62×奥行68×高さ86~93cm
肘までの高さ-
高さ調整
素材ファブリック
アームエスト
リクライニング
4位
サイズ幅51×奥行62×高さ107~115cm
肘までの高さ59~67cm
高さ調整
素材メッシュ
アームエスト
リクライニング
3位
サイズ幅51.5×奥行59×高さ85~97cm
肘までの高さ-
高さ調整
素材ポリエステル
アームエスト
リクライニング-
2位
サイズ約幅41×奥行56×高さ86~98cm
肘までの高さ-
高さ調整有(86~98cm)
素材メッシュ
アームエスト
リクライニング
1位
1万円以下ワーキングチェア タンスのゲン G-AIR ハイバックオフィスチェア
出典:amazon.co.jp

タンスのゲンG-AIR ハイバックオフィスチェア

65090108 03

4,980円 (税込)

サイズ幅64~66×奥行64~66×高さ107~114cm
肘までの高さ64~71cm
高さ調整有(座面高:43-50cm)
素材メッシュ(競技用)
アームエスト
リクライニング

人気ワーキングチェアの比較一覧表

商品画像
1
1万円以下ワーキングチェア タンスのゲン G-AIR ハイバックオフィスチェア

タンスのゲン

2
1万円以下ワーキングチェア アイリスオーヤマ メッシュバックチェア 1枚目

アイリスオーヤマ

3
1万円以下ワーキングチェア 山善(YAMAZEN) オフィスチェア 1枚目

山善(YAMAZEN)

4
1万円以下ワーキングチェア HINCES オフィスチェア 1枚目

HINCES

5
1万円以下ワーキングチェア LOWYA(ロウヤ) オフィスチェア パソコンチェア ミドルバック コンパクト 1枚目

LOWYA(ロウヤ)

6
1万円以下ワーキングチェア ヤマソロ パソコンチェア パンナ 1枚目

ヤマソロ

7
1万円以下ワーキングチェア 宮武製作所 プロポーションチェア 1枚目

宮武製作所

8
1万円以下ワーキングチェア DORIS Garuda オフィチェア 1枚目

DORIS

9
1万円以下ワーキングチェア タンスのゲン オフィスチェア アーク 1枚目

タンスのゲン

10
1万円以下ワーキングチェア マキナ オフィスチェア 1枚目

マキナ

商品名

G-AIR ハイバックオフィスチェア

メッシュバックチェア

オフィスチェア

オフィスチェア

オフィスチェア パソコンチェア ミドルバック コンパクト

パソコンチェア パンナ

プロポーションチェア

Garuda オフィチェア

オフィスチェア アーク

オフィスチェア

特徴コスパ最高!組立のしやすさも人気の理由通気性の良いメッシュ素材で蒸れ知らずメッシュ生地で気持ちよく使える快適設計進化した背もたれが上質なくつろぎを実現爽やかな肌さわりの生地でくつろぎ快適ころんとした形で、丸みのある曲線がフィット独特の座り姿勢で、背筋がピン!飽きのこないシンプルなデザイン肘掛けが可動してデスクにすっきり収まる優れた機能性で座り心地を追求
最安値
4,980
送料要確認
詳細を見る
3,280
送料無料
詳細を見る
4,389
送料別
詳細を見る
7,980
送料要確認
詳細を見る
11,151
送料要確認
詳細を見る
8,980
送料無料
詳細を見る
7,120
送料別
詳細を見る
4,990
送料別
詳細を見る
4,378
送料別
詳細を見る
要確認
詳細を見る
サイズ幅64~66×奥行64~66×高さ107~114cm約幅41×奥行56×高さ86~98cm幅51.5×奥行59×高さ85~97cm幅51×奥行62×高さ107~115cm幅62×奥行68×高さ86~93cm幅47×奥行50×高さ71~80.5cm幅48.5×奥行61~68×高さ43~64cm64×奥行62×高さ86~96cm幅63×奥行65×高さ116~126cm幅60×奥行60×高さ116~126cm
肘までの高さ64~71cm--59~67cm----61-71cm-
高さ調整有(座面高:43-50cm)有(86~98cm)
素材メッシュ(競技用)メッシュポリエステルメッシュファブリックナイロン・ポリエステルアクリル、合板、ウレタンメッシュメッシュメッシュ(競技用)
アームエスト
リクライニング---
商品リンク

汚れ防止やおしゃれも楽しめるカバーの購入もおすすめ

汚れ防止やおしゃれも楽しめるカバーの購入もおすすめ

ワーキングチェアを購入するなら、一緒にチェアカバーを購入するのもおすすめです。カバーをつけていれば汚れを防止できますし、元々のチェアのデザイン以外にも自分好みにおしゃれを楽しめますよ!


チェアカバーは椅子全体を覆うものから背面だけをカバーするものなど種類は様々。長時間座って汚れが気になるなら全面カバー、ちょっとしたおしゃれを楽しみたいなら背面だけのカバーなど用途に合わせて選びましょう。


デザインもシンプルな無地タイプや色鮮やかなもの、北欧風をイメージしたカバーなど色々あるので、自分の好みやインテリアに合わせて探してみてくださいね。

折りたたみチェアや高級チェアもチェック!

1万円以下の商品をご紹介してきましたが、価格にこだわらなければ選択肢はまだまだ広がります。また、スペースがあまりとれない方は折りたたみチェアなどもおすすめですよ。下記の記事も参考になりますのでぜひチェックしてみてくださいね!

ワーキングチェアの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ワーキングチェアのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

いかかでしたか?自分のこだわりが色濃くでてくるオフィスチェアは、作業効率UPだけではなく、効果的にリラックスするためにも重要なあなたの味方です。デスクワークの疲労を和らげるためにもしっかりと選びたいものですね。

1万円以内で快適な作業空間に近づければ安いもの!この記事を参考にぜひお気に入りの1脚を手に入れてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す