• Cc96fbac45fc097d3092af63a907e755bc44c5cd
  • 61dcf5cbd99066eda1f4917b676dba1dceb405fb
  • 7cdc5996a5a462626b45eaf9f90a174553688c84
  • 520ea3f7c14986cf140152d9d6906de263ccdd1f
  • 64ee9b0d4e05a1af064f18baf1bff1a4114cde33

【小学生に最適!】分度器のおすすめ人気ランキング10選

小学生の頃に誰でも使ったことがあるのが角度を測る「分度器」。でも、大人になるとあまり馴染みがなくなってしまいますよね。そのため、いざお子様のために選ぼうとすると、シンプルなものや色が付いたもの、余白の有り無しなど意外と様々な商品があって驚かれるのではないでしょうか?どれを選べばいいのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は、文具店はもちろん、Amazonや楽天など通販ショップでも手軽に購入できる分度器の中から、小学生のお子様用に使いやすいものを選んでランキング形式でご紹介します。さて、初めて分度器を使うお子様にぴったりの、使いやすくて間違えにくい商品はどれでしょうか!?

最終更新日:2017年08月01日 | 4,757views

分度器の選び方

分度器は、小学4年生になると算数で使うようになります。お子様のために、ぜひ使いやすいものを選んであげたいですよね。100円ショップなどでもたくさん売っているので意外と適当に選びがちですが、ポイントを守らないと快適に使えず、学習に躓くきっかけにもなりかねません。

ここでは小学生のお子様に分度器を購入する際に、どのようなポイントを踏まえて選べば良いのかご紹介します。選び方をじっくり読んで、どんな分度器がお子様に合っているのか分かるようになりましょう!

大きな文字で読みやすい物を選ぶ

出典:lohaco.jp

普通の定規にも共通するポイントですが、できるだけ数字が大きな文字で書いてある分度器を選びましょう。大人でも数字が小さいと読みにくく大変ですね。例えば、テストで「分度器で角度を測ってみよう!」という問題が出ても、数字が大きいほうがスムーズに数値を読み取れるので負担を減らせます。

それにまだ小学生の子供ですから、数字に慣れさせる必要があります。そのためにも、できるだけ大きな数字を使い、注目させると学習しやすいメリットがあるんですよ。

色付きではなく透明な物を選ぶ

子供に興味を持ってもらえるようにする意図なのか、最近は透明な物ではなく全体にカラーが付いた色付き定規も販売されています。しかし子供に買い与えるなら、透明な分度器にしましょう。なぜなら、色付き分度器だとそもそも数字が読み取りにくく、プリントに書いてある図形なども分度器越しに見にくいからです。

分度器の主な使い方は、プリントに書いてある図形に合わせて角度はいくつかを読み取ること。そのため、分度器越しに図形が見にくいのは大きなデメリットになります。色付きは綺麗なので子供が欲しいと言うかもしれませんが、使いやすさでは劣るのでやめておきましょう。

なお、透明な分度器に数字などを色分けしている物があります。こちらの場合は過度に色が付いているものを除けば、色によって直感的に分かる便利な物なので問題ありません。

メーカー製の目盛りがしっかりした物を選ぶ

様々な商品が100円手軽に購入できる100円ショップ。安いので文房具を揃える時にも利用する人も多くなりました。しかし、測るための道具である分度器は、メーカー製のしっかりした物を購入することをおすすめします。

実は複数の定規を購入して突き合わせて見ると分かるのですが、物によって目盛りに微妙なずれがあるんですよ。100円ショップは低コストで生産することが基本なので、目盛りがずれている商品も多くあります。そのため、単純に線を引くためならともかく、測ることが目的の場合は、定規や分度器の購入には適していません。

テストでなぜか一人だけ微妙に数値が違う回答をする子どもがいて調べてみたら、定規の目盛りがずれていたのが原因だった、という話も実際にありました。それほど高額な物ではないのですから、分度器に限らず、計測するための定規はメーカー製のしっかりとした物を購入してあげましょう。

余白の有り・無しは学校か本人に合わせて選ぶ

分度器には実は2タイプあって、下の部分に余白があるタイプと無いタイプに分かれます。どちらが良いのかというと、これは学校によって推奨しているタイプが違うため、学校に合わせて選ぶのが大切です。

学校によってはどちらでも良いところもあるので、その場合はお子様に合ったほうを選ぶことになります。様々なところで親御さんが意見していますが、不器用な子どもの場合は普通の余白あり分度器では図形に合わせるのに苦労するそうです。そのため、あまり器用ではないかも…と思えるお子さんには、少しでも負担を減らしてあげるために、写真のような余白無しタイプを選んであげてくださいね!

小学生に最適な分度器のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、たくさんの分度器の中から、小学生の子でも使いやすいおすすめ商品を選んでご紹介します。どれも低価格で購入できる物なので、100円ショップなどで適当に揃えずに、しっかりした物を購入しましょう。お子様と一緒にランキングを見てみてくださいね!

10位:ソニック 9センチ分度器

ソニック 9センチ分度器 SN-388
130円(税込)

・製品のサイズ:90×49×1.5mm(幅×奥行き×厚さ)
・分度器のサイズ:9cm
・素材:アクリル樹脂

最小限の文字数。プリントが見やすい作り

どの企業も使いやすい分度器をつくろうと工夫を凝らしていますが、数字や補助のために細かい目盛りを付けているために、下のプリントが見にくくなるというデメリットがありました。

こちらの商品は分度器に書いてある数字や目盛りなどを最小限にしてあり、プリントの上で使っても図形が見えなくなることがありません。ごちゃごちゃしていると分かりにくいので、シンプルな分度器が欲しい方におすすめです。特殊インクを使用しているため、目盛りや数字が消えにくく長持ちするのも評価ポイントです。

9位:レイメイ藤井 はし0目盛り 分度器

レイメイ藤井 はし0目盛り 分度器 APJ92
126円(税込)

・製品のサイズ:-
・分度器のサイズ:9cm
・素材:PETボトル再利用品

目盛りが左右どちらでも使える分度器

学校の先生と共同開発したというこの分度器の特徴は、目盛りが外側と色がついた部分の2つになっていること。それぞれ左右からゼロで始まっているため、どちらでも測れるのが特徴です。また、この分度器は写真のように2つくっつけて円にすると、360度が視覚的によく分かるようになっているので、円の学習もできるんですよ!

下の部分を見てもらえれば分かるように、余白がないタイプなので図形に合わせやすいメリットも。本体はペットボトルを再生した樹脂から出来ているので環境に優しく、柔軟性があるので教科書にも合わせやすい作りになっています。

8位:レイメイ藤井 見やすい白黒 分度器

レイメイ藤井 分度器 見やすい白黒 分度器 APJ151
176円(税込)

・製品のサイズ:-
・分度器のサイズ:9cm
・素材:アクリル樹脂

見やすさ重視!白黒でプリントがすっきり見える

こちらの商品は白黒にすることで、よりプリントが見やすくなっています。分度器はプリントや教科書に密着させて使うので、視認性は図形を読み取るために重要ですよね。なお、ご紹介した商品は写真の白タイプですが、数字のところが黒くなっているタイプもあるので好きな方を選んでください。

先ほどの同メーカー品と同じで、目盛りが2つあり左右から始まっているためどちらでも測れるのがポイント。こちらのほうが、より透明で確認しやすいため順位を上にしました。

7位:ソニック 分度器 SN-564

ソニック 分度器 SN-564
151円(税込)

・製品のサイズ:90×48×1.5mm(幅×奥行き×厚さ)
・分度器のサイズ:9cm
・素材:アクリル樹脂

ポイントごとに大きな文字。これならすぐに分かります!

ポイントごとに大きな文字なので、確認しやすい分度器です。45度や135度といったよく使われる角度も、少し小さいながらも、大きく書かれているので分かりやすいですね。また、青色を効果的に使っているので、注目させたいポイントがすぐに目に飛び込んできます。

これならお子様にも数値が分かりやすく、視力が弱いお子さんでも見やすいのでおすすめですよ。

6位:ソニック 楽しく学習 分度器 SN-799

ソニック 楽しく学習 分度器 SN-799
151円(税込)

・製品のサイズ:90×48×1.5mm(幅×奥行き×厚さ)
・分度器のサイズ:9cm
・素材:-

黄色いカラーで見やすい。左右どちらでも使える分度器

写真にもあるように、色分け効果が特徴の分度器。数値の部分が注目しやすい黄色になっているので、自然と確認しやすくなっています。中心の部分は合わせやすいように基準線が設けてあり、下の部分も黄色くなっているので、とても分かりやすいですね。

また、左右どちらからでも読めるように、目盛りが二つあるので安心。ちなみに名前シール付きなので、いちいち買う必要がなく便利ですよ。

5位:コクヨ 分度器 「まなびすと」

コクヨ 分度器 まなびすと GY-GBA310
127円(税込)

・製品のサイズ:90×50×1mm(幅×奥行き×厚さ)
・分度器のサイズ:9cm
・素材:R-PET

Amazon分度器カテゴリー1位!人気の分度器

こちらの分度器は、Amazonの分度器カテゴリーで1位の人気商品。特に10度ごとにカラーが交互になっており、放射状に大きく塗られているので分かりやすいと評判でした。また、目盛りが二つあり、どちらからでも測れるので左利きの方でも使いやすいですね。

基準線は大きく取っていて、その下に余白部分があります。これは、学校によっては余白があったほうが測りやすいと、推奨されているため。柔軟な素材を使っているので、教科書にも合わせやすく使いやすい分度器です。

4位:クツワ 「STAD」 算数分度器

クツワ STAD 算数分度器 HP09A
274円(税込)

・製品のサイズ:90×45×1.5mm(幅×奥行き×厚さ)
・分度器のサイズ:9cm
・素材:メタクリル樹脂

徹底した色分け!これならすぐ分かる分度器

左右どちらからでも測れるタイプの分度器を使っていると、うっかり違う方の目盛りを読んでしまうことがありませんか?こちらの商品は徹底的に二色で色分けされておりあ、ミスを防ぐことができる分度器です。数字だけではなく、開始であるゼロの部分も色が付いている徹底ぶりですよ。

こちらは余白がないタイプで、うっかり余白で計測してしまうミスがありません。ただし、余白があったほうが良いという学校もあるので、状況によって使い分けましょう。小学校の教科書にも対応している、安心して購入できる分度器です。

3位:共栄プラスチック カラー分度器

共栄プラスチック カラー分度器 CPK-90
173円(税込)

・製品のサイズ:90×1.5mm(幅×厚さ)
・分度器のサイズ:9cm
・素材:アクリル樹脂

左右対称の色使い。間違えにくく見やすい分度器

色使いが最小限で、全体的にすっきりとしたデザインの分度器。数字が左右で色違いになっているので、読み取る際に間違えにくいのがメリットです。また、中心部分は大きく透明になっており、合わせやすいように矢印付きなのでとても便利ですよ。

二つの目盛りがあることで左右どちらからでも測れるため、左利きの人でも扱いやすくなっています。カラーはブルー以外にもピンクとイエロー、グリーンがあるので好きな色を選べますよ。

2位:ソニック 「ナノピタ」 分度器 リバーシブル

ソニック ナノピタ 分度器 リバーシブル
118円(税込)

・製品のサイズ:90×48×1.5mm(幅×奥行き×厚さ)
・分度器のサイズ:9cm
・素材:アクリル樹脂

すべり止めで滑らない!リバーシブルで両面使えます

分度器で角度を測ろうとしたら滑ってしまい、またやり直しになった経験はありませんか?この商品はそのような悩みを解消してくれる分度器で、他の製品にはないすべり止め加工がされているんですよ。すべり止め加工がされている「ナノピタ」シリーズにはいくつかありますが、こちらがスタンダードタイプの商品です。

リバーシブルタイプのメリットは、一方の側だけすべり止め加工されているので、すべり止めのON・OFFができること。固定したいときだけ、加工されている面を下にしましょう。

それから、リバーシブルだけあって、写真のように裏にも色違いで目盛りがあります。また、見てみもらえばよくわかるのですが、裏返しても数字が反転していません。これなら、数字を測る際に裏面を使っても混乱しませんね。

1位:ソニック 「ナノピタ」 分度器 キッズ

ソニック ナノピタ キッズ 分度器
151円(税込)

・製品のサイズ:90×48×1.5mm(幅×奥行き×厚さ)
・分度器のサイズ:9cm
・素材:アクリル樹脂

「ナノピタ」シリーズで小学生向けの分度器

他の会社とは違う着目点で、変わった文房具を制作しているソニック。この会社が販売している「ナノピタ」シリーズの中でも、キッズは小学生の教科書の内容に合わせて設計されているので小学生にぴったりです。

「ナノピタ」シリーズの特徴であるすべり止め加工により、測ろうとしたら滑ってしまった…ということがありません。それに加えて小学生向けに、より大きな数字を採用しているため見やすくなっています。特にポイントとなる数字が他よりも強調するように、一回り大きくなっているので、学習に最適ですよ。

下に余白の入ったタイプですが、矢印があるので中心を合わせやすくなっています。大きな黄色い丸で囲んであるので、分かりやすくて使いやすいですね。すべり止め加工がされている分度器は、調べた限りでは「ナノピタ」シリーズの他にはありませんでした。滑りにくく小学生向けに作ってあり、価格も他の分度器と変わらないのでおすすめですよ!

まとめ

小学生向けの分度器おすすめ人気ランキング、いかがでしたか?分度器にも意外と多くの種類がありますよね!

今回は、お子様の学習に役立つようなアイテムをチェックしました。分度器を初めて使う4年生の頃は、まだ使い方に慣れていないのでうっかりミスも多いものですが、分かりやすい表記や色分けなどでミスを防ぐ工夫がされた商品がたくさん出ていました。

100円ショップでも分度器は販売されていますが、値段もそこまで変わらないので工夫された分度器のほうがおすすめです。ぜひお子様に合った分度器を選んで、使わせてあげてくださいね!

関連記事

人気の記事

関連キーワード