1. TOP
  2. >
  3. インテリア・家具
  4. >
  5. 家具
  6. >
  7. 高座椅子のおすすめ人気ランキング10選【こたつやローテーブルにぴったり】
  • 高座椅子のおすすめ人気ランキング10選【こたつやローテーブルにぴったり】のアイキャッチ画像1枚目
  • 高座椅子のおすすめ人気ランキング10選【こたつやローテーブルにぴったり】のアイキャッチ画像2枚目
  • 高座椅子のおすすめ人気ランキング10選【こたつやローテーブルにぴったり】のアイキャッチ画像3枚目
  • 高座椅子のおすすめ人気ランキング10選【こたつやローテーブルにぴったり】のアイキャッチ画像4枚目
  • 高座椅子のおすすめ人気ランキング10選【こたつやローテーブルにぴったり】のアイキャッチ画像5枚目

高座椅子のおすすめ人気ランキング10選【こたつやローテーブルにぴったり】

置きやすいコンパクトさと、椅子のように立ち座りが楽なことから人気の「高座椅子」。しかし、安いものから高いものまで値段はまちまち。座面の高さやリクライニングの有無など機能面でも色々な違いがあり、どれを選んだら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。


今回は、そんな高座椅子の選び方と、おすすめの人気商品ランキングをご紹介します。和室や畳スペースにはもちろん、洋風のインテリアに合わせやすい、おしゃれなチェア風アイテムも登場しますよ。さまざまな商品を比較して、お気に入りの高座椅子を見つけましょう!

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 14,798  views
目次

高座椅子の選び方

おすすめの高座椅子のランキングをご紹介する前に、まずは高座椅子の選び方を解説します。快適に使える高座椅子を選ぶ際のポイントをチェックしておきましょう。

使う場面に合わせてタイプを選ぶ

高座椅子は座面の高さによって「ロータイプ」と「ハイタイプ」に分かれています。高座椅子を使いたい場面に合わせて選びましょう。

こたつなどローテーブルと合わせて使うなら、ロータイプが便利

こたつなどローテーブルと合わせて使うなら、ロータイプが便利

和室の座卓やこたつなどのローテーブルに合わせて使うなら、ロータイプの高座椅子がおすすめ。ロータイプの座面の高さは20〜30cmと低めで、テーブルの上に手を置いても違和感がないので、座ったままでも作業がしやすいですね。


また、足を自然と曲げた状態で座れるため、長時間座っていても腰に負担がかかりにくくなっています。通常の座椅子よりも楽に座れるので、普段からローテーブルを使用している方にぴったりのタイプです。

リラックスタイムを楽しみたい方には、ハイタイプがおすすめ

リラックスタイムを楽しみたい方には、ハイタイプがおすすめ

リラックスタイムを快適に過ごしたい方には、ハイタイプの高座椅子がぴったり。座面は30〜40cmと高くなっており、立ち座りが楽な低めの椅子といった感覚で使えます。ローテーブルと合わせるには少々高さがあるので、読書や映画鑑賞など、ゆっくりとリラックスしたいときに使うのにおすすめです。


また、ハイタイプは座面の高さの調節ができる商品が多いのも嬉しいポイント。3〜5段階で調節できるので、座っていて楽な高さを選ぶことができますよ。

立ち上がりが楽になる、ひじ掛け付きを選ぼう

立ち上がりが楽になる、ひじ掛け付きを選ぼう
立ったり座ったりの動作を楽にしたいなら、ひじ掛けがついている高座椅子を選びましょう。立つときにひじ掛けをつかむことができるので、膝への負担が軽くなります。

さらに、ひじ掛け付きなら座っているときにも体重をかけることができて便利。テレビを見るときなど、体勢を崩したい場面で、ひじ掛けにもたれることができます。座った状態で快適に過ごせる高座椅子を探しているのなら、ひじ掛けの有無をチェックしておきましょう。

ゆったりと座るなら、疲れにくい「ハイバック」の背もたれを

ゆったりと座るなら、疲れにくい「ハイバック」の背もたれを

高座椅子を選ぶ際には、背もたれの形状もチェック。足を伸ばし高座椅子に体を預ける座り方をしたい方は、ハイバックの背もたれがついているものを選びましょう。背中全体を支えてくれるので、長時間でも腰や首が疲れにくいです。


反対に、食事中など短時間のみ高座椅子を使用する場合には、ミドルバッグ・ローバックの商品がおすすめ。背もたれの高さがないため、部屋に置いていても圧迫感を感じません。使っていない間も邪魔になりにくいのでおすすめです。

快適に使用するための付加機能で選ぶ

高座椅子の形状から候補が決まったら、次は付加機能に注目しましょう。便利な機能がついているものを選べば、高座椅子に座って快適に過ごせますよ。

長時間座るならリクライニング機能付きがおすすめ

長時間座るならリクライニング機能付きがおすすめ

長時間高座椅子に座る方には、リクライニング機能がついているものがおすすめ。高座椅子は、読書をしたり書き物をしたりとさまざまな場面で使用しますので、場面に合わせて背もたれの角度を変えられると便利です。


特にハイバックの商品を選んだときは、合わない角度のものを使用すると背中や腰を傷める原因ともなります。そのため、体にかかる負担を軽くしたい方にもおすすめの機能ですよ。

収納・移動したいなら折りたたみ式が便利

収納・移動したいなら折りたたみ式が便利

たまにしか高座椅子を使用しないのなら、背もたれ部分を倒してたためる高座椅子がぴったり。こたつを出す冬場だけ高座椅子を使用するといった場合にも、コンパクトに収納していれば邪魔にならないですね。


また、折りたたみ式の高座椅子は重量が軽めなこともポイント。重さ7〜10kg前後のものが多いため、持ち運びがしやすくなっています。複数の部屋で使うなど、高座椅子を移動させることが多い場合も、折りたたみ式がおすすめです。

周囲に手が届く、回転式も便利

周囲に手が届く、回転式も便利
高座椅子に座ったまま、周囲のものに手を伸ばしたいなら、座面が回転する「回転式」が便利です。テレビを見ながら、後ろにあるティッシュを取りたい…なんて時も、くるっと回転するだけなので立ち上がらずに済みます。

集中して作業したい時や、途中で中断したくない映画鑑賞などの際に、あると便利な機能です。足腰が弱くて頻繁に立ち上がるのがつらいという方にもおすすめですよ。

座り心地からクッション材を選ぶ

座面のクッション部分に使われている素材によって、高座椅子の座り心地は変わります。素材に注目して、好みの座り心地を感じられるものを選びましょう。

一般的な柔らかさを求めるなら、ウレタンフォームがおすすめ

一般的な柔らかさを求めるなら、ウレタンフォームがおすすめ
体を柔らかにサポートする座り心地が好みの方は、ウレタンフォームが使用されている高座椅子がおすすめ。ウレタンフォームは、ソファなどでも使用されている一般的な素材です。スポンジ状の構造で、柔らかな座り心地が感じられますよ。

さらに、価格が控えめなため、コストパフォーマンスに優れるところもメリット。毎日気軽に使える高座椅子を探している人におすすめです。ただし、性質上通気性が悪くなりがちなので、定期的に風通しをしてお手入れしましょう。

より座り心地にこだわるなら、ポケットコイルも検討を

より座り心地にこだわるなら、ポケットコイルも検討を
包み込まれるような快適な座り心地を堪能したいなら、ポケットコイル採用の高座椅子がぴったり。主にベッドのマットレスに使用されている素材で、独立したコイルで体を支えて包み込んでくれるので、くつろぎたいリラックスタイムなどに最適です。

また、体の重みが分散されるため、背中や腰などにかかる負担が軽減されるのも嬉しいポイントです。ウレタンフォームと比較すると価格は高い傾向がありますが、座り心地にこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

高座椅子(ロータイプ)のおすすめ人気ランキング5選

それではここからは、おすすめの高座椅子をハイタイプ・ロータイプのタイプ別人気ランキングでご紹介します。まずはロータイプのランキングから見ていきましょう!

5位
座面までの高さ約19〜27cm(3段階の高さ調節可)
背もたれの形状ミドルバック
リクライニング機能
折りたたみ機能
回転機能×
重量約6kg
クッション材
4位
座面までの高さ30cm(高さ調節不可)
背もたれの形状ミドルバック
リクライニング機能×
折りたたみ機能
回転機能×
重量約6.8kg
クッション材
3位
座面までの高さ19〜27cm(3段階の高さ調節可)
背もたれの形状ミドルバック
リクライニング機能
折りたたみ機能
回転機能×
重量7.3kg
クッション材
2位

ファミリー・ライフ天然木低反発リクライニング高座椅子

15,690円 (税込)

座面までの高さ24〜36cm(5段階の高さ調節可)
背もたれの形状ハイバック
リクライニング機能
折りたたみ機能
回転機能×
重量約10kg
クッション材ウレタンフォーム
1位
座面までの高さ22〜30cm(3段階の高さ調節可)
背もたれの形状ミドルバック
リクライニング機能×
折りたたみ機能
回転機能×
重量9kg
クッション材

人気高座椅子(ロータイプ)の比較一覧表

商品画像
1
高座椅子 山善 立ち上がり楽々座椅子 1枚目

山善

2
高座椅子 ファミリー・ライフ 天然木低反発リクライニング高座椅子 1枚目

ファミリー・ライフ

3
高座椅子 武田コーポレーション 座椅子 1枚目

武田コーポレーション

4
高座椅子 ドウシシャ なごみパーソナルチェア 1枚目

ドウシシャ

5
高座椅子 ニトリ 立ち座りラクラク高座椅子(ハープ2) 1枚目

ニトリ

商品名

立ち上がり楽々座椅子

天然木低反発リクライニング高座椅子

座椅子

なごみパーソナルチェア

立ち座りラクラク高座椅子(ハープ2)

特徴転倒防止パーツ付きで安心!スツールとしても使える便利アイテムハイバック&低反発の座面で、長時間でも楽々!ローテーブルとの相性抜群!和室におすすめ柔らかすぎない絶妙な座り心地。温かい木の雰囲気もGOOD大きなひじ掛けで立ち上がりが楽!持ちやすい軽さも◎
最安値
7,443
送料無料
詳細を見る
15,690
送料別
詳細を見る
7,109
送料要確認
詳細を見る
5,990
送料要確認
詳細を見る
座面までの高さ22〜30cm(3段階の高さ調節可)24〜36cm(5段階の高さ調節可)19〜27cm(3段階の高さ調節可)30cm(高さ調節不可)約19〜27cm(3段階の高さ調節可)
背もたれの形状ミドルバックハイバックミドルバックミドルバックミドルバック
リクライニング機能××
折りたたみ機能
回転機能×××××
重量9kg約10kg7.3kg約6.8kg約6kg
クッション材ウレタンフォーム
商品リンク

高座椅子(ハイタイプ)のおすすめ人気ランキング5選

続いては、ハイタイプの高座椅子のランキングをご紹介します。リラックスタイムに使う高座椅子は、こちらを参考にして見つけましょう!

5位
座面までの高さ44cm(高さ調節不可)
背もたれの形状ハイバック
リクライニング機能
折りたたみ機能
回転機能×
重量9kg
クッション材低反発ウレタンチップ・ウレタンフォーム
4位
座面までの高さ27〜39cm(4段階の高さ調節可)
背もたれの形状ミドルバック
リクライニング機能
折りたたみ機能
回転機能×
重量8kg
クッション材ウレタンフォーム
3位
座面までの高さ34〜43cm(4段階の高さ調節可)
背もたれの形状ハイバック
リクライニング機能
折りたたみ機能
回転機能×
重量約10.9kg
クッション材
2位
座面までの高さ約33.5cm(高さ調節不可)
背もたれの形状ハイバック
リクライニング機能×
折りたたみ機能
回転機能×
重量約8.5kg
クッション材ウレタン
1位
座面までの高さ37.5cm(高さ調節不可)
背もたれの形状ハイバック
リクライニング機能
折りたたみ機能×
回転機能×
重量7.5kg
クッション材ウレタンフォーム

人気高座椅子(ハイタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
高座椅子 山善 くつろぎリクライニングチェア 1枚目

山善

2
高座椅子 ドウシシャ なごみハイバックチェア 1枚目

ドウシシャ

3
高座椅子 ニトリ 4段調整高座椅子(オルガン2) 1枚目

ニトリ

4
高座椅子 山善 立ち上がり楽々高座椅子 1枚目

山善

5
高座椅子 ドウシシャ 肘付ハイバックインテリアチェア イストロ 1枚目

ドウシシャ

商品名

くつろぎリクライニングチェア

なごみハイバックチェア

4段調整高座椅子(オルガン2)

立ち上がり楽々高座椅子

肘付ハイバックインテリアチェア イストロ

特徴ヘッドレストもリクライニング!リラックスタイムに最適疲れにくい設計と高級感でインテリアにグッド座ったままで8段階のリクライニング!カバーをつければ衛...高耐久が魅力!立ち上がり時の膝の負担が気になる方にポケットコイル採用で抜群の座り心地。お昼寝にもぴったり!
最安値
10,183
送料無料
詳細を見る
11,664
送料無料
詳細を見る
9,990
送料要確認
詳細を見る
11,192
送料無料
詳細を見る
9,980
送料別
詳細を見る
座面までの高さ37.5cm(高さ調節不可)約33.5cm(高さ調節不可)34〜43cm(4段階の高さ調節可)27〜39cm(4段階の高さ調節可)44cm(高さ調節不可)
背もたれの形状ハイバックハイバックハイバックミドルバックハイバック
リクライニング機能×
折りたたみ機能×
回転機能×××××
重量7.5kg約8.5kg約10.9kg8kg9kg
クッション材ウレタンフォームウレタンウレタンフォーム低反発ウレタンチップ・ウレタンフォーム
商品リンク

高座椅子に合った、最適なテーブルも見つけよう

脚があるため立ち上がりやすく、椅子のように使えるのが魅力の高座椅子。ですが、畳へ直に座るより高さが出るので、今まで使っていたテーブルやこたつと高さが合わなくなる可能性もあります。以下の記事でおすすめローテーブルやこたつをご紹介していますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、おすすめの高座椅子をランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?高座椅子は高さのタイプだけでなく、機能面やクッション材など、特徴はさまざまです。自分に合った高座椅子が見つかれば、リラックスタイムがもっと快適なものになりますよ。ぜひこの機会に、お気に入りの高座椅子を見つけましょう!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す