• Cbaa2566e25cfb163e7b7b49c26806a71c915657
  • B069e4f391304268b01270c33502b7fbc4e1f2c8
  • 052d56ad79997c3bea928ea4b98212ab5c013fef
  • 27be450108fd09aa778dd7c519581d9ccb64527b
  • Ad074807e13f344f4f0d627150e9cba60f1e953e

車用キズ消しのおすすめ人気ランキング10選

ぶつけたり擦ったりした場合に限らず、飛石・砂・洗車機などが原因で車の塗装面はキズが付きますよね。そんな時に便利なのが「車用キズ消し」ですが、ワックスタイプ・コンパウンド・スプレータイプ・タッチペンタイプなどさまざまな種類があり、使い方もそれぞれ異なります。これだけ豊富だと、一体どれを使えばキレイにキズが消せるのか選びにくいものですよね。

そこで今回は、Amazonや楽天などの通販で人気の商品を、値段や口コミ、効果などから比較し、おすすめ順にランキングでご紹介。キズの状態にあわせた詳しい選び方のポイントも解説します。簡単で女性でも使いやすいものや塗装剥がれにも効果的なもの、水垢も落とせる便利な商品も登場しますので、ぜひ参考にしてあなたの車に最適なキズ消しを選んでくださいね。

最終更新日:2017年11月07日 | 143,289views

車用キズ消しの選び方のポイント

車のキズを消すには、キズの程度にあわせて選ぶことが大切。おすすめ商品の前に、まずは詳しい選び方のポイントをご紹介します。

細かいキズには「ワックスタイプ」がおすすめ

磨きキズや洗車機によって発生した細かなキズには、ワックスタイプのキズ消しがおすすめです。主にハンネリタイプと固形タイプがあり、研磨剤の有無で選べるのが特徴です。

研磨剤を含んでいるハンネリタイプは、研磨成分がキズのくぼみを磨いて目に見えないレベルまでカバーしてくれます。効果は長期間持続し、ワックスの効果がなくなってもキズは目立ちにくくなります。しかし、磨き過ぎはキズを増やしてしまうので注意が必要です。

一方、固形タイプは研磨剤を含まず、主にシリコンなどでキズを埋めるもの。キズ自体を消しているのではなく見えにくくしているだけですから、ワックスの効果がなくなるのと同時にキズが目立ってきてしまいます。研磨剤を含まないので安心して使えますが、まめに塗り直しが必要です。

浅い引っかきキズには「コンパウンド」が最適

小キズ取りの必須アイテムとも言えるのが、コンパウンドです。いわゆる研磨剤で、小キズを取ったり補修・塗装後の磨き上げなど、広く使えるのが特徴となっています。チューブに入ったペースト状のものから、クリーム・液状・シートタイプなどさまざまな種類があり、用途に合わせて使い分けが可能です。

粗目から極細目まで粗さに種類がありますが、いずれも車の塗装面を削ってキズを消すものですから、使えば使うほど塗装面を薄くしてしまう点には注意が必要。また、水をかけると見えなくなるキズ・触れた時に爪が引っかからない程度のキズにしか効果がないので、あくまでも浅いキズ用と考えてください。

広範囲の擦りキズには「スプレータイプ」が効果的

スプレータイプはキズの範囲が広い場合に便利です。コンパウンドやワックスより深いキズを隠せるのが特徴で、コンクリートなどに擦って白っぽくなったキズにも使用できます。ただ、使用前にシリコンオフなどの下処理を施す手間がある上に、スプレーは車のカラーにあわせなければならないので選ぶのがやや難しいです。

また、塗り方によっては仕上がりに素人っぽさが出てしまいます。キズを隠せさえすれば良いという方や、施工に自信のある方でなければ、扱いが難しいタイプと言えるでしょう。

塗装剥がれやワンポイントのキズには「タッチペン」が便利

タッチペンタイプは、塗装面が剥がれてしまったキズに最適です。シリコンオフやサビ落としなど、スプレータイプのように下処理が必要ですが、ほぼ目立たない程度までキレイにすることが可能。タッチペンの場合も車体の色と同じ色を選ぶ必要があります。

塗料が乾いたらマスキングを施し、サンドペーパーで磨いてフラットにするという作業が必要なのでやや手間はかかりますが、自然に仕上げたい方や完璧に仕上げたいという方にはおすすめできます。

車用キズ消しのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ランキング順におすすめの人気商品をご紹介します。あなたの車のキズに最適なものを選んでいきましょう。

10位:Holts キズ消しスプレー

Holts キズ消しスプレー MH184
720円(税込)

小キズと水垢を同時に除去できるムースタイプコンパウンド

Holtsのキズ消しスプレーは、サッとスプレーして磨くだけで小さなキズを消してくれるコンパウンド。柔らかいムースタイプで、キズだけでなく水垢落としもできるためコーティングの下地作りにも便利です。ワックス成分も配合しているので、ツヤ出しを行うことも可能です。

1本でキズ消し・水垢落とし・ワックスと3役になるため大変便利なのですが、キズが深い場合は効果を実感しにくいかもしれません。水垢を落とす効果には優れていますから、ごく浅い小キズと水垢対策用と割り切って使ってみてはいかがでしょう。

9位:QUIXX 塗装面用キズリペアシステム

QUIXX スクラッチリムーバー 塗装面用キズリペアシステム
1,800円(税込)

塗装面を削らずにリペアするキズ消しアイテム

従来のキズ消しとは一線を画すのが、ドイツ製のQUIXX 塗装面用キズリペアシステム。コンパウンドのように研磨して消すのではなく、塗装をキズ面へ移動させて目立たなくするという画期的なアイテムです。

キズリペアシステムを付属のクロスに垂らして1~2分ほど磨くと、有効成分が塗装を移動させてキズを同化。その効果は半永久的に持続し、美しい本来のツヤを取り戻して長期間保つことができます。キズを消すには根気よく磨く必要がありますが、やり過ぎるとキズが増えるために加減が難しいのが欠点です。

8位:RINREI キズ消し 4in1コンパウンド

RINREI キズ消しコンパウンド 4in1コンパウンド B-34
680円(税込)

キズ消しの他、水垢・黄ばみ・油膜まで落とせる4in1タイプ

RINREIのキズ消し4in1コンパウンドは、ボディのキズ消しや水垢の除去、黄ばみ除去と油膜落としなどをこれ1本で可能にしたコンパウンド。0.7ミクロンという超微粒の硬質アルミナを配合し、ボディのキズを簡単に消すことができます。

劣化で黄ばんでしまったヘッドライトも程度が軽ければキレイになり、フロントガラスにこびりついた油膜を落とすのにも効果的。ノンシリコン・ノンワックスタイプなので、ワックスやコーティングの下地作りにも最適です。価格も手頃ですので、あれこれカーメンテナンスグッズを揃える前に試してみてはいかが?

7位:Holts コンパウンド ミニセット

Holts コンパウンド ミニセット MH926
580円(税込)

3ステップで簡単に使える! 使いきりサイズ

粒子の粗さが異なる3タイプのコンパウンドがセットになった、Holtsコンパウンド ミニセット。研磨性の高い粗目、仕上げ用の細目、鏡面仕上げ用の極細目というペースト状のコンパウンドが、それぞれ使い切りやすい少量ずつのセットになっています。段階仕上げによって効率的にキズを消せるため、初めて使う方にとっても分かりやすいでしょう。

それぞれ個別で揃えるとなると出費もかさみますが、これなら1つでOK。価格も手ごろで気軽に試せますよ。たっぷり91g入りの単品もラインナップされているので、使ってみて気に入ったら単品もぜひチェックしてみてくださいね。

6位:SOFT99 液体コンパウンドトライアルセット

SOFT99 99工房 液体コンパウンドトライアルセット 09193
1,123円(税込)

Amazonベストセラーを獲得しているトライアルセット

車のキズ消しを初めてセルフ施工するという方におすすめなのが、SOFT99の液体コンパウンドトライアルセット。初めて使う方にもわかりやすい3ステップ式で、順番に使うだけでキズ消しできます。ボトルには大きくキズ消し用・仕上げ用・超鏡面用と表示があり、カラーも違うので間違えることはまずないでしょう。

浅いキズに効果的で、もちろん水垢を除去するのにも役立ちます。こちらもトライアルセットですから小量となっていますが、300ml入りの単品もあるので、おためし購入をするのに最適です。

5位:RINREI ProMiraX スリキズ キズ消しコンパウンド

RINREI ボディークリーナー ProMiraX スリキズキズ消しコンパウンド
837円(税込)

スリキズに効果的! 1ミクロンと0.7ミクロンでダブル磨き

磨き過ぎによる失敗を軽減してくれる、スリキズ消しコンパウンド。粗目を含まない1ミクロンと0.7ミクロンの2本セットで、失敗するリスクを減らしてくれます。1ミクロンで深めのキズを除去し、0.7ミクロンでキズをキレイにして元の塗装色を復元。2ステップで仕上げられるので初めての方にもぴったりです。

キズ消しだけでなく、虫汚れや水垢除去にも使用可能。ただし、深いキズには効果があまりなく、磨き過ぎはかえってキズを目立たせてしまいますから、様子を見ながら少しずつ作業するのがおすすめです。

4位:PiKAL コンパウンド ラビングコンパウンド

PiKAL コンパウンド ラビングコンパウンド
244円(税込)

液だれを起こさないペーストタイプ。下処理にもおすすめ

カーメンテナンス用品として人気のPiKALラビングコンパウンド。小石や砂粒が飛んだことによる小さなキズや磨きキズに最適で、低価格ながら十分な効果を発揮してくれる優れものです。サンドペーパーで言うところの#1000~#1200ほどの粗目ですが、他の製品では効果が実感できなかった水垢やキズにも有効、と口コミでも高い評価を得ています。

また、マフラー周りなどのメッキ部分を磨くのにも使えるため、金属をピカピカにしたい時にも活躍。蓋が開けにくいという点はマイナスですが、低価格で高い効果をもたらすのでキズ消しコンパウンドとしては十分魅力的です。

3位:SOFT99 超ミクロンコンパウンド液体セット

SOFT99 補修用品 超ミクロンコンパウンド液体セット 09063
515円(税込)

光沢を取り戻してくれる超ミクロンの液体コンパウンド

ちょっとしたキズを手軽に消したいなら、液体タイプのコンパウンドが便利。SOFT99の超ミクロンコンパウンド液体セットは、これ1本で鏡面仕上げが可能で、車の塗装面に美しいツヤを与えてくれます。鍵穴周りのキズや引っかきキズなども修復でき、ワックスで仕上げた時のような光沢のある仕上がりに。

特に洗車機による浅いキズに効果的なので、日頃から洗車機をよく使うという方にはおすすめです。コンパウンドではあるものの、粒子が微細なミクロンのため塗装面へのダメージも少なめ。黄ばみや水垢にも使えるので、全塗装面を磨き上げたいという方にも最適です。薄いキズがあちこちにあるという方や、黄ばみを取り除きたいという方はぜひご検討ください。

2位:SOFT99 ペイント タッチアップペン

SOFT99 ペイント タッチアップペン ホンダ
419円(税込)

ボディカラーにあわせて選べば、ごく自然な仕上がりも可能

ペイントタッチアップペンは、車体のカラーとの色合わせさえすれば小さなキズをほぼ完璧にカバーしてくれるキズ消しアイテム。塗装面よりもさらに深いキズや、塗装が剥がれてしまった箇所にも効果的で、1本持っているとさまざまなキズに対処できます。

走行中の飛石や砂によるキズなども、見た目にはわからないレベルまで仕上げられるため、こだわって修復したい方にうってつけ。キズに何度か重ね塗りし、乾燥させた後にコンパウンドで磨く必要があるため手間はかかりますが、完成度にはきっと満足できることでしょう。

こちらはホンダ用ですが、トヨタやダイハツなど各メーカーに対応したタイプも発売されているので、色合わせもしやすいですよ。ご自分の愛車のカラーにあわせて1本備えておいてはいかがでしょうか?

1位:CCI スマートミスト キズ消し撥水タイプ

CCI コーティング剤 スマートミスト キズ消し撥水タイプ 180ml W-155
1,198円(税込)

使い方簡単、女性にもぴったりなミストタイプ

CCIのコーティング剤 スマートミストキズ消し撥水タイプは、スプレーして拭き取るだけでキズが消せるお手軽なメンテナンスグッズ。コンパウンドやタッチペンとは異なり、ワックスがけや下処理をする手間もないため、女性にもおすすめできます。

洗車後の濡れたボディにスプレーして拭き取れば、ポリマーコーティングでキズの凹凸をカバー。従来品ではキズに入り込んだ汚れまでコーティングしてしまうので効果を実感しにくいものも多かったのですが、これなら特殊浸透剤が汚れもしっかり除去するためキレイに仕上がります。

また、繰り返し使うことでさらにキズを隠し、撥水効果も得られるので撥水コート車にも最適。コンパウンドを含んでいませんから、大切な車に磨きキズやワックスキズを付けたくないという方にも自信を持っておすすめできます。

車のキズを上手に消す方法

キズ消しを行う前に、まずは洗車して塗装面の汚れや油分を取り除きましょう。コンパウンドの入っているものは、目の粗い順に使用してキズを消していきます。この時、1ヵ所に集中して磨きすぎると逆効果ですから、少しずつ様子を見ながら行ってくださいね。仕上げにワックスでツヤを与えれば完成です。

剥がれた塗装を補修するペンタイプの場合、キズに直接塗り込んでしっかり乾燥させましょう。完全に乾いたらコンパウンドで磨いて平らにならし、仕上げスプレーを使ってツヤ出しを行います。スプレータイプのキズ消しは、キズを中心にして離れた位置から噴き付け、キズがしっかり隠れたらスプレーの境目をぼかすように仕上げます。

コンパウンド系の場合は磨きすぎに注意し、スプレーとペンタイプの場合は完全乾燥させることを心がけて作業しましょう。

コーティング剤を使って、日頃からキズ予防

キズを消すだけでなく、キズを防止するのも愛車をピカピカに保つコツ。塗装面をしっかりコーティングしておくことで、小さなキズから車のボディを守ることができます。以下のリンクでは簡単に使えるコーティング剤を紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。車用のキズ消しにもさまざまな種類がありますが、キズの状態に適したキズ消しを選べばキレイに消すことができます。

まずは車のキズの状態をチェックして、どのタイプが適しているかを確認しておきましょう。ご紹介した選び方を参考にしながら、あなたの車にぴったりなキズ消しを見つけてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

関連キーワード