東京都内の盆栽教室おすすめ人気ランキング5選【カジュアルに学びたい方にも!】

シルバー世代の代表的な趣味として認知されている盆栽。でもここ近年は盆栽の幅も広がり、若者世代や外国籍の方にも人気の趣味の一つとなりました。特に東京都内では続々と盆栽教室がオープンしているので、どこに行けばいいものか悩んでいる方も少なくないのでは?

そこで今回の記事では盆栽教室の選び方をご紹介した上で、人気の教室をランキング形式でご紹介。ぜひ行ってみたいと思えるところを見つけて、盆栽を始めてみましょう。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 7,471  views
目次

盆栽教室の選び方

それでは早速、盆栽教室の選び方を見ていきましょう。

伝統盆栽?カジュアル盆栽?習いたい流儀で選ぶ

まずチェックしたいポイントは、習いたい盆栽の流儀について。盆栽の流儀には、日本伝統の盆栽を学べるものと、インテリアとして楽しむためのカジュアル盆栽とがあります。特徴を一つづつ見ていきましょう。

存在感も抜群!日本伝統の盆栽

日本伝統の盆栽には、華道や茶道のように一定の規範があります。木々の選び方、枝葉を整える剪定や水・肥料やり・防虫などの手入れ方法はもちろんのこと、伝統盆栽における美しい根・幹・枝はどういうものかも学ぶ必要があります。

そのため、盆栽の歴史や考え方に精通し、たくさんの盆栽を見てセンスを養うことも大切。もともと盆栽を見るのが好きで展覧会に足を運んだりしていた方、外国籍の方や海外に行く予定があり外国の方に盆栽の腕を披露したいという方には伝統盆栽が向いています。

可愛いインテリアとして人気!カジュアル盆栽

可愛いインテリアとして人気!カジュアル盆栽

出典:seikouen.cc

反対に、盆栽に興味はあるけれど仰々しいのは苦手・あまり大きすぎずインテリアとして癒しがほしいという方にはカジュアル盆栽がおすすめ。カジュアル盆栽ではミニ盆栽や苔玉盆栽とも呼ばれる手のひらサイズの小さな盆栽から、大きめの鉢植え程度といったサイズを中心に扱います。

また、伝統盆栽が松などの幹や枝に存在感のある木々を使うのに比べて、カジュアル盆栽では桜など季節の花々もふんだんに取り入れたり、観葉植物のような鮮やかな葉のある植物を用いるのも特徴です。

お値段も伝統盆栽よりお手頃ですから、まずは気軽に始めてみたいという方はカジュアル盆栽から始めてみるのが良いでしょう。

持ち込みできる?新しく作る?教室のスタンスを確認

「生きる芸術」ともいわれる盆栽。長い年月をかけて手入れしながら、美しい姿に完成させていくのが醍醐味です。すでに育てている盆栽があるけれど、どうしたらもっとより良くなるだろうという悩みをもつ盆栽家の方は、持ち込みOKの盆栽教室や個別指導をしてくれる教室を選びましょう。

反対にこれから盆栽を始めたい、一から教えてほしいという方は、必要な植物や器、はさみなどが準備され、新しく一緒に盆栽を作るコンセプトの教室を選ぶのがおすすめ。初心者コースを設けている教室も多くありますので、盆栽仲間とともに、一緒に育てる楽しみもできそうですね。

鑑賞も大切!盆栽園や販売施設を持っているか

盆栽を始めるにあたってもう一つ大切なのは、鑑賞力を養うこと。「どんな盆栽が美しいのか?」を理解せずに、自分で美しく育て上げることはできませんよね。そのため盆栽初心者の方は特に、その盆栽教室が盆栽園や販売施設を持っているかという点にも注目すると良いでしょう。

中には美術館が併設されていたり、盆栽園でプロによる「お手入れ見学会」を開催している教室も。講師の方にその盆栽の歴史や見どころ、鑑賞のポイントを教えてもらうことによって、お手入れ技術以上だけでない盆栽の美しさや醍醐味を感じ取ることができ、ご自身の盆栽にも生かしていけますよ。

意外とかかる器・鉢代!費用を抑えるなら持ち込み・貸出の教室を

意外とかかる器・鉢代!費用を抑えるなら持ち込み・貸出の教室を

出典:seikouen.cc

華道や茶道と異なり、盆栽は主役となる植物の他に、植えるための器や鉢に意外と費用がかかります。器・鉢なしで作品は完成しませんし、これらも作品の重要なパーツと考えられていることから、益子焼や有田焼などの器をオリジナルで制作していることも少なくありません。

そのため費用を抑えたい方は、器を貸出してくれる教室や、事前に自分で購入した器・鉢を使った盆栽の持ち込みができる教室を選ぶと良いでしょう。カジュアル盆栽の盆栽教室では併設されている店舗から購入する場合も多いので、事前にお店に足を運ぶなどして、費用を見積もっておくのもおすすめです。

東京都内の盆栽教室人気ランキング5選

ここからはいよいよ、東京都内の盆栽教室の人気ランキングをご紹介します。カジュアル・伝統どちらも学べる教室もあるので、ぜひしっかりチェックしてみてくださいね。
5位
流儀カジュアル盆栽
盆栽園等なし
4位
流儀カジュアル
盆栽園等販売店舗あり
3位
流儀カジュアル
盆栽園等販売店舗あり
2位
流儀伝統盆栽
盆栽園等盆栽美術館あり
1位
流儀伝統盆栽・カジュアル盆栽
盆栽園等盆栽園あり

美的センスを磨くなら、こちらもおすすめ

盆栽とともに、植物を使って美を表現する「生け花」。アプローチの仕方は異なりますが、どちらも植物に向き合い、空間に美を創り上げるという共通点があります。盆栽を見る目も養われますので、生け花と盆栽、両方を学ぶ人も少なくないそうですよ。

以下の記事では都内の生け花教室をまとめていますので、ご興味がありましたらぜひこちらもご覧になってくださいね。

まとめ

いかがでしたか?どこもマイペースでじっくり盆栽を習うことができそうな教室ばかりでしたよね。ぜひ盆栽を育てて日本の伝統を知るとともに、ほっこり癒しの時間を持ちましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す