• フライングディスクのおすすめ人気ランキング10選【プラスチック・ウレタン・ゴム製も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • フライングディスクのおすすめ人気ランキング10選【プラスチック・ウレタン・ゴム製も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • フライングディスクのおすすめ人気ランキング10選【プラスチック・ウレタン・ゴム製も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • フライングディスクのおすすめ人気ランキング10選【プラスチック・ウレタン・ゴム製も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • フライングディスクのおすすめ人気ランキング10選【プラスチック・ウレタン・ゴム製も!】のアイキャッチ画像5枚目

フライングディスクのおすすめ人気ランキング10選【プラスチック・ウレタン・ゴム製も!】

子供から大人まで手軽に楽しめるフライングディスク。一般的には「フリスビー」という名前でも親しまれていますね。アルティメットやディスクゴルフなどの競技もあり、スポーツとしての注目度もますます高まっています。でも、いざフライングディスクをやろうと思っても、どれがいいのか決め手がイマイチ分からないという方も多いでしょう。

今回は様々な角度からフライングディスクの選び方を解説し、通販でのおすすめをランキング形式でご紹介したいと思います。ぜひ、思い切り楽しめるフライングディスクを見つけてください!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 10,794  views
目次

スポーツ?遊び?もっとフライングディスクを知ろう!

スポーツ?遊び?もっとフライングディスクを知ろう!
フライングディスクの元祖でもあるフリスビーの起源は、1940年代に米イェールの大学生が、大学近くの「フリスビー・パイ」というパイ屋のパイ皿を投げて遊んだのが始まりと言われています。

その後、1959年にワーム・オー社が「Frisbee(フリスビー)」という名前で、安全なプラスチック製のディスクを売り出して世界に広がりました。実は「フリスビー」という名前はワーム・オー社の登録商標で、「フライングディスク」が正式名称なんですね。

最初は遊びの1種でしたが、1984年にディスクと11種類の競技を総称した「フライングディスク」が制定され、2024年のオリンピック競技種目を目指す、れっきとしたスポーツに発展しました。これから始めるという方も、すでに大好きという方も、手軽で奥の深いフライングディスクをぜひ楽しみましょう!

フライングディスクの選び方

それでは早速、フライングディスクを選ぶときに押さえておきたいポイントを具体的にチェックしていきましょう!

フライングディスクの材質で選ぶ

フライングディスクの材質はプラスチックが一般的ですが、柔らかいウレタンやポリカーボネート製の商品も多く出ており、高い人気を誇っています。それぞれの材質の特徴を良く知り、あなたの使用法にあったアイテムを見つけてくださいね。

プラスチック製は安定した飛行が魅力

プラスチック製は安定した飛行が魅力
しっかりとした硬さがあり、安定して良く飛ぶのがプラスチック製です。もっとも定番なタイプですね。材質がしっかりしていて重量もあるので、強風にも負けず良く飛びます。フライングディスクの7対7で行うアルティメット競技では、プラスチック製が公式ディスクとなっていますよ。

ウレタン素材なら小さいお子様にもぴったり

ウレタン素材なら小さいお子様にもぴったり

出典:amazon.co.jp

小さいお子様と一緒に楽しみたいなら、ウレタン製がおすすめです。軽く柔らかいため当たっても痛くないので、キャッチも怖がらずできます。様々なレジャーシーンで家族揃って楽しめますよ。

最近ではウレタン製のフライングディスクを使ったドッヂボールならぬ、「ドッヂビー」も小学校での人気が高まりつつあります。痛くなく安全で投げやすいので、ドッヂボールが苦手なお子さんも気軽にチャレンジできますよ。物に当たっても壊しにくいので、屋内での使用も可能です。

柔らかくて良く飛ぶゴム製

柔らかくて良く飛ぶゴム製

出典:amazon.co.jp

良く飛ぶフライングディスクがご希望なら、ゴム製はいかがでしょうか?柔らかく正確なスローがしやすい設計なので、思いのままに飛ばすことができます。

柔らかい素材のため、キャッチの時も手を痛める心配はありません。水にも浮くので、海やプールでも思いっきり楽しめますよ。

ポリプロピレンは軽くて丈夫!

ポリプロピレンは軽くて丈夫!

出典:amazon.co.jp

軽さと丈夫さの両方を兼ね備えたディスクをお求めの方には、ポリプロピレン製がイチオシです。ポリプロピレンは軽いのにとても丈夫で、バツグンの飛行性能が期待できます。

2人以上でディスクを投げ合うキャッチディスクで使えば、その飛距離や投げやすさで盛り上がりますよ。

フライングディスクの競技種目で選ぶ

どんな競技種目を行うかでも適したディスクは変わってきます。ここからはフライングディスクで人気の競技と、それぞれの競技に適したディスクをご紹介していきましょう。ぜひ、いろいろな競技にチャレンジしてみてください!

チームプレイが魅力!アルティメット

チームプレイが魅力!アルティメット
ラグビーやアメフトのようなゲームがお好きな方は、アルティメットに挑戦してみては?アルティメット(Ultimate)のイメージはラグビーに近い競技です。推奨されているフライングディスクは直径27cm・重さ175gのプラスティック製で、Discraft ウルトラスターが主に使用されています。

100m×37mのコートを使用し、各7人の2チームが1つのディスクを落とさずにパスでつなぎながら、コート両端のエンドゾーン内でディスクをキャッチすれば得点となりますよ。

ガッツは多彩なスロー技術が見所

ガッツは多彩なスロー技術が見所
ディスクのスローとキャッチを楽しみたい方におすすめな競技がガッツです。主に使われるディスクはワームオー社製のGPAで、直径23cm・重さ110gのもの。

ガッツは各5人2チームに分かれて、ディスクのスローとキャッチの技術を競います。オフェンスチームがスローしたディスクをディフェンスチームがキャッチし、21点の3セットマッチで2セット先取したチームが勝利です。

技術やパワーのある多彩な投げ方が見所で、2012年に大阪で開催された「世界アルティメット&ガッツ選手権大会」では、オープン部門日本代表が優勝!日本が世界一を狙える種目なんですよ。

ゴルフのようなルールのディスクゴルフ

ゴルフのようなルールのディスクゴルフ
豊かな自然の中でじっくり楽しみたいなら、ディスクゴルフが楽しいですよ。使うシーンに応じて、異なる飛行性能の様々なディスクを使い分けるところもおもしろいですね。

ルールはゴルフに似ていて、通常18ホールのコースを回ります。ティーエリアからバスケット型のゴールに入れるまでの投数がスコアとなり、全ホールのスコア合計が少ない人が勝ちです。

遠投力やコントロールなどの技術の他にパット時の集中力なども必要ですが、自然を満喫しながらグループでプレーを楽しめ、誰でも手軽に始められるので広く普及しています。

狭い場所でも楽しめるフリースタイル

狭い場所でも楽しめるフリースタイル
ストリート系ダンスのかっこよさを狙うなら、フリースタイルが断然おすすめ!主に直径27cm・重量160gのフリースタイル用ディスクが使用されています。体全体でフライングディスクを自由自在に操り、フライングディスク競技の中でもとても華やかで魅力的な種目です。

フリースタイルは通常、2〜3人チームで演技を競います。1枚または複数のディスクを使い、音楽に合わせてテクニックを駆使して演技を行い「完成度」「難易度」「芸術性」の項目で採点されます。

ペアチームで行うダブルディスクコート

ペアチームで行うダブルディスクコート
4人でできる対戦型ゲームを楽しみたいなら、ダブルディスクコートがピッタリです。こちらは一般的に、Wham-O社製の110gフライングディスクを使います。

テニスのダブルスのイメージで2人1組の2チームでコートに分かれ、2枚のディスクを使います。片方のコートに2枚のディスクが同時にあるとアウトで、2点相手チームに入ります。キャッチミスやスローミスは1点。フライングディスクを投げるタイミングの判断力・チームワーク・正確なスロー技術などが求められる競技ですよ。

ドッヂビーは小学生から大人までみんなで楽しめる

ドッヂビーは小学生から大人までみんなで楽しめる

出典:amazon.co.jp

子供も大人も安全に楽しめる競技をしたいなら、ドッヂビーがイチオシ!こちらはウレタン製のソフトディスクを使用します。9m×18mのコートで、1チーム13人で行うドッジボール形式のゲームです。

ディスクを当てられたプレーヤーは外野に出なければならず、相手チームにディスクを当てた外野のプレーヤーは内野に入れます。より多くのプレーヤーが内野に残っていたチームの勝ちです。ソフトディスクを使用するため怪我が少ない上、短時間でも運動量が多いので、数多くの小学校でも教材として取り入れられていますよ。

飛距離と安全性を両立できるリング型も!

飛距離と安全性を両立できるリング型も!

出典:amazon.co.jp

とにかく良く飛ぶフリスビーを楽しみたいなら、リング型がベストです。持ちやすいので工夫次第でいろいろな投げ方ができますし、キャッチの方法も穴に腕を通したりと自由自在!遊び方が広がります。

軽いため良く飛びますが、当たっても痛くないのでお子様と遊んでも安心です。ただし良く飛びすぎて木の枝に引っかかったりするので、広い場所で投げてくださいね。

フライングディスクのおすすめ人気ランキング10選

それではフライングディスクのおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。レジャーやスポーツで活躍する、お気に入りの一枚をぜひ探してみてください。
10位
材質エラストマー
直径6.4 cm
重さ20 g
使用競技
カラーバリエーション
9位
フライングディスク WHAM-O DDC ダブル・ディスク・コート
出典:amazon.co.jp

WHAM-ODDC ダブル・ディスク・コート

1,620円 (税込)

材質
直径
重さ110 g
使用競技ダブルディスクコート
カラーバリエーションオレンジのみ
8位
フライングディスク Innova - Champion Discs DX ビースト ゴルフディスク
出典:amazon.co.jp

Innova - Champion DiscsDX ビースト ゴルフディスク

6,644円 (税込)

材質
重さ145ー149 g・151 -159 g・160-164 g・165-169 g・170-172 g・173-175 g
使用競技ディスクゴルフ
カラーバリエーション有(詳細不明)
7位
材質
直径23 cm
重さ110 g
使用競技ガッツ
カラーバリエーション
6位
フライングディスク Discraft スカイスタイラー 160g フリースタイル・スポーツディスク
出典:amazon.co.jp

Discraftスカイスタイラー 160g フリースタイル・スポーツディスク

2,160円 (税込)

材質プラスチック
直径27 cm
重さ160 g
使用競技フリースタイル
カラーバリエーション有(イエロー・オレンジ・ホワイト・ライトブルー)
5位
材質 ポリカーボネイト・エラストマー樹脂
直径33 cm
重さ110 g
使用競技
カラーバリエーション有(オレンジ・イエロー・ピンク)
4位
フライングディスク X-Com 子供フライングディスク 有酸素運動向け
出典:amazon.co.jp

X-Com子供フライングディスク 有酸素運動向け

1,688円 (税込)

材質ウレタン(PUスポンジ)
直径24 cm
重さ105 g
使用競技
カラーバリエーション
3位
材質 ポリプロピレン・エラストマー樹脂
直径24.6 cm
重さ165 g
使用競技
カラーバリエーション有(レッド・ブルー・グリーン・イエロー)
2位
フライングディスク DISCRAFT ウルトラスター 175g アルティメット・スポーツディスク
出典:amazon.co.jp

DISCRAFTウルトラスター 175g アルティメット・スポーツディスク

2,000円 (税込)

材質プラスチック
直径27 cm
重さ175 g
使用競技アルティメット
カラーバリエーション有(イエロー・オレンジ・グリーン・ダークレッド・ピンク・ブラック・ブルー・ホワイト・ライトブルー・レッド・ナイトグロー・ラメ入りブルー)
1位
材質ナイロン・ウレタン
直径23.5 mm
重さ65 g
使用競技ドッヂビー
カラーバリエーション有(エースプレーヤー・ポップテック・クロスビーム・エンジェルマジック)

おすすめ人気フライングディスクの比較一覧表

商品画像
1
フライングディスク ラングスジャパン ドッヂビー 235

ラングスジャパン

2
フライングディスク DISCRAFT ウルトラスター 175g アルティメット・スポーツディスク

DISCRAFT

3
フライングディスク エアロビー スーパーディスク

エアロビー

4
フライングディスク X-Com 子供フライングディスク 有酸素運動向け

X-Com

5
フライングディスク AEROBIE エアロビー  大

AEROBIE

6
フライングディスク Discraft スカイスタイラー 160g フリースタイル・スポーツディスク

Discraft

7
フライングディスク WHAM-O GPA ガッツディスク

WHAM-O

8
フライングディスク Innova - Champion Discs DX ビースト ゴルフディスク

Innova - Champion Discs

9
フライングディスク WHAM-O DDC ダブル・ディスク・コート

WHAM-O

10
フライングディスク ZipChip ジップチップ

ZipChip

商品名

ドッヂビー 235

ウルトラスター 175g アルティメット・スポーツディスク

スーパーディスク

子供フライングディスク 有酸素運動向け

エアロビー 大

スカイスタイラー 160g フリースタイル・スポーツディスク

GPA ガッツディスク

DX ビースト ゴルフディスク

DDC ダブル・ディスク・コート

ジップチップ

特徴当たっても全然平気な柔らかさカラバリ豊富で頑丈なアルティメット公式ディスク丈夫でとにかく良く飛ぶ!高い安全性で小さな子供にも安心飛距離のギネス記録を持つフライングディスクフリースタイル用なら楽しみ方も自由自在キャッチディスクにもピッタリ!ガッツ用フライングディスク重さが選べるディスクゴルフ用!スローの練習にも最適なDDC公認ディスクコンパクトで持ち運び便利
価格1,200円(税込)2,000円(税込)1,880円(税込)1,688円(税込)1,944円(税込)2,160円(税込)1,620円(税込)6,644円(税込)1,620円(税込)1,489円(税込)
材質ナイロン・ウレタンプラスチック ポリプロピレン・エラストマー樹脂ウレタン(PUスポンジ) ポリカーボネイト・エラストマー樹脂プラスチックエラストマー
直径23.5 mm27 cm24.6 cm24 cm33 cm27 cm23 cm145ー149 g・151 -159 g・160-164 g・165-169 g・170-172 g・173-175 g6.4 cm
重さ65 g175 g165 g105 g110 g160 g110 gディスクゴルフ110 g20 g
使用競技ドッヂビーアルティメットフリースタイルガッツ有(詳細不明)ダブルディスクコート
カラーバリエーション有(エースプレーヤー・ポップテック・クロスビーム・エンジェルマジック)有(イエロー・オレンジ・グリーン・ダークレッド・ピンク・ブラック・ブルー・ホワイト・ライトブルー・レッド・ナイトグロー・ラメ入りブルー)有(レッド・ブルー・グリーン・イエロー)有(オレンジ・イエロー・ピンク)有(イエロー・オレンジ・ホワイト・ライトブルー)オレンジのみ
商品リンク

外遊びなら、こちらもおすすめ!

今回は、子供から大人まで幅広く楽しめるフライングディスクに絞って商品をご紹介してきましたが、ご家族や友人同士でアウトドアレジャーを楽しむなら、最近ますます進化したウォーターガンやスポーツカイトなどもおすすめ。青空の下、めいっぱい楽しんでくださいね!

フライングディスクの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、フライングディスクのAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの各売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してみてください。

まとめ

今注目のフライングディスク競技に合わせて、おすすめ商品をランキング形式で紹介いたしました。あなたが欲しいタイプのフライングディスクを見つけるお手伝いはできたでしょうか?

フライングディスク競技は、これからもどんどん注目されていくでしょう。興味のある種目にはどんどんチャレンジして、楽しい休日をお過ごしくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す