• うさぎ用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選【冬でもあったか!】のアイキャッチ画像1枚目
  • うさぎ用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選【冬でもあったか!】のアイキャッチ画像2枚目
  • うさぎ用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選【冬でもあったか!】のアイキャッチ画像3枚目
  • うさぎ用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選【冬でもあったか!】のアイキャッチ画像4枚目
  • うさぎ用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選【冬でもあったか!】のアイキャッチ画像5枚目

うさぎ用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選【冬でもあったか!】

丸っこくて可愛らしいうさぎが、いまペットとして大人気。でも、意外にも寒さには弱い動物だということをご存知でしょうか。体が冷えてしまうと免疫力が下がり、病気になってしまうこともあるため、しっかり防寒する必要があります。そんなときに便利なのが「うさぎ用ヒーター」です。しかし、ケージの中に入れるものやケージの側に置いて全体を温めるものがあり、ボード・保温電球・遠赤外線など温め方もさまざま。いざ購入しようとしてもどれを選べばいいかわかりにくいですよね。

そこで今回は、うさぎ用ヒーターの選び方のポイントと、アマゾンや楽天で購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。うさぎ用ヒーターがあれば、冬でもあったか。大切なうさぎをしっかり寒さから守ってくれますよ!
  • 最終更新日:2019年04月25日
  • 19,980  views
目次

うさぎ用ヒーターの選び方

まずは、うさぎ用ヒーターの選び方についてご紹介します。うさぎの性格によっては合わないものもあるので、選び方のポイントをおさえて、ご自宅のうさぎに合ったものを購入してください。

ボード・保温電球・遠赤外線?温め方で選ぶ

うさぎ用ヒーターにはボード・保温電球・遠赤外線の3つのタイプがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。タイプごとの特徴を知って、うさぎに合ったタイプのものを選びましょう。

うさぎが自分で体温調節できる「ボードタイプ」

うさぎが自分で体温調節できる「ボードタイプ」

出典:amazon.co.jp

ケージの中に入れて直接うさぎを温めるボードタイプのヒーターは、うさぎが自分で上に乗って暖をとれることがメリットです。ケージにヒーターを設置するだけで、寒いと感じたときにボードに乗って温まることができます。熱くなればボードの外に移動すればいいだけなので、自分で体温調節できますよ。消費電力も少なく、経済的なのも嬉しいですね。

ただし、デメリットは、うさぎにコードをかじられてしまう可能性があることです。多くの商品にはカバーが付いていますが、噛む力の強いうさぎだとあっという間にカバーを貫通してしまうことも。コードが傷つくと火事や感電の恐れがあるため、外出中の使用は避けた方がいいでしょう。

すぐに温かくなる「保温電球タイプ」

電球が熱を放射して周囲の空気を温める保温電球タイプのヒーターです。ケージの外にフックで引っ掛けることができるので、ボードタイプのようにコードをかじられることもありません。ボードタイプより早く温まりますが、電気代は保温電球の方がやや高めになります。

注意したいのは、保温電球に直接うさぎが触れてしまうと、火傷してしまう危険性があること。うさぎが活発に動いても届かない位置に設置することが重要です。また、狭いケージだと保温電球が全体を温めてしまい、暑くなり過ぎた際の逃げ場所がなくなってしまいます。ケージの四隅に設置するなどして、ケージ内でも温度差のある場所を作っておきましょう。

ケージ全体を温かくする「遠赤外線タイプ」

ケージ全体を温かくする「遠赤外線タイプ」

出典:amazon.co.jp

遠赤外線でケージ全体をじんわり温める遠赤外線タイプのヒーターは、うさぎにとって快適な温度を保ってくれる優秀なアイテムです。センサーによる温度感知でゲージ内の温度を測定し温度管理をするサーモスタット機能が搭載されているので、飼い主が外出していても安心して使うことができます。もちろん、ケージから離れた場所に設置するため、コードをかじられる心配もありません。

機能面では優秀な赤外線タイプですが、唯一の欠点は値段の高さ。ボードタイプや保温電球は3,000円前後で購入できますが、遠赤外線タイプは10,000円以上するため、購入するのに躊躇してしまうかもしれません。しかし、温度管理やコードの被害がないことを考えると購入しても損はありませんよ。

安全性の高いものを選ぶ

安全性の高いものを選ぶ
もしもの事故や怪我を防ぐために、安全性の高いヒータを選びましょう。ヒーターのコードがかじられてしまうと、感電や火災の原因になってしまいます。コードカバーだけではなく、金属製のコイルが巻かれているものだと安心ですよ。

外出時にもヒーターを使用したい場合は、うさぎが温まり過ぎてしまわないよう、温度調節のできるセンサー機能付きのものを購入してください。

うさぎの特徴に合わせたヒーターを選ぼう

うさぎの特徴に合わせたヒーターを選ぼう
ご自宅のうさぎの性格に合ったものを選ぶことも重要です。臆病な性格のうさぎはボードタイプに警戒して乗ってくれなかったり、嫌がってコードをかじってしまうことも。活発なうさぎはケージ内で動き回り保温電球にあたって火傷をしてしまうかもしれません。

特に注意していただきたいのが、高齢のうさぎです。動けない高齢のうさぎだと熱くてもヒーターから離れられずに、体調を崩してしまうことも考えられます。それぞれのうさぎに合ったヒーターを購入しましょう。

うさぎ用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選

それでは、ウサギ用ヒーターのおすすめ商品をご紹介します。どれも使い勝手の良いものばかりなので、うさぎの性格に合わせてピッタリのものを選んでください。
5位

ジェックスラビんぐ ホッとうさぽかヒーター

3,111円 (税込)

タイプボード
サイズ29.7×20.1×1.6cm
重量760g
コードカバー有(フレキシブルチューブ)
4位

ハイペットミニペット用ほーっと気分スリム

3,387円 (税込)

タイプボード
サイズ14.7×21×1.4cm
重量400g
コードカバー有(フレキシブルチューブ)
3位
うさぎヒーター フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターⅡ 1枚目
出典:amazon.co.jp

フューチャーアロー遠赤外線マイカヒーターⅡ

12,122円 (税込)

タイプ遠赤外線
サイズ35×46.6×4cm
重量1045g
コードカバー
2位
タイプ保温電球
サイズ7.5×7.5×17cm
重量380g
コードカバー
1位

マルカンほっとうさ暖リバーシブルヒーター M

RH-100

1,735円 (税込)

タイプボード
サイズ23×16×1.45cm
重量350g
コードカバー

おすすめ人気ウサギ用ヒーターの比較一覧表

商品画像
1
うさぎヒーター マルカン ほっとうさ暖リバーシブルヒーター M 1枚目

マルカン

2
うさぎヒーター マルカン 保温電球 カバー付 1枚目

マルカン

3
うさぎヒーター フューチャーアロー 遠赤外線マイカヒーターⅡ 1枚目

フューチャーアロー

4
うさぎヒーター ハイペット ミニペット用ほーっと気分スリム 1枚目

ハイペット

5
うさぎヒーター ジェックス ラビんぐ ホッとうさぽかヒーター 1枚目

ジェックス

商品名

ほっとうさ暖リバーシブルヒーター M

保温電球 カバー付

遠赤外線マイカヒーターⅡ

ミニペット用ほーっと気分スリム

ラビんぐ ホッとうさぽかヒーター

特徴うさぎ以外にも大人気のボードタイプヒーター周囲の空気を温めるケージ取付け型ヒーター体の芯から温まる安全設計の遠赤外線ヒーター可動式プラグで狭い場所でも使いやすいのびのびできる大きめサイズ
価格1,735円(税込)2,359円(税込)12,122円(税込)3,387円(税込)3,111円(税込)
タイプボード保温電球遠赤外線ボードボード
サイズ23×16×1.45cm7.5×7.5×17cm35×46.6×4cm14.7×21×1.4cm29.7×20.1×1.6cm
重量350g380g1045g400g760g
コードカバー有(フレキシブルチューブ)有(フレキシブルチューブ)
商品リンク

うさぎにコードをかじられないためには

げっ歯目であるうさぎは歯が一生伸び続けるため、かじって歯の長さを調節しています。うさぎがヒーターのコードをかじってしまうのはこのため。うさぎは異物を飲み込んでも吐くことができないので、かじった異物がお腹の中にある場合は開腹手術をしなければなりません。ヒーターコードをかじられないようにするコツをご紹介しますので、参考にしてください。

ボードタイプはケージの下に入れる

ボードタイプはケージの下に入れる

出典:amazon.co.jp

ケージをかじられる可能性の一番高いタイプがボードタイプのヒーターです。ケージの中に入れて使用するため警戒心の強いうさぎの場合、入れてすぐにかじられて壊れてしまった、なんてことも。好奇心の旺盛なうさぎや噛む力の強いうさぎの場合もケージ内にヒーターを入れておくことは避けた方が無難です。

かじり癖の強いうさぎにもボードタイプのヒーターを使用したい場合は、ケージの下に置いてみてはいかがでしょう。うさぎ用のケージにはペットシーツを敷くスペースがあり、そこにヒーターを置きます。直接乗ることはできなくなりますが、コードをかじられることはなくなりますよ。

コードカバーを取り付ける

コードカバーを取り付ける

出典:amazon.co.jp

保温電球タイプのヒーターはケージの外に取り付けることができ、コードがかじられないようになっていますが、好奇心旺盛なうさぎはケージの中からコードを引っ張って中に入れてしまうこともあるようです。室内を散歩させる際にはコードに触れることができるため、コードカバーを付けて予防しましょう。

コードカバーはホームセンターや100均などでも購入することができ、通信販売でも手軽に入手することができますよ。コードに巻き付けてしまえば少々かじられても安心。カバーは幅の広いものだと保護する面積も広いのでおすすめです。

かじり防止スプレーを使う

コード本体にうさぎの嫌いな匂いや苦みを付けるしつけスプレーも販売されています。うさぎの体に無害な成分で作られていますので、舐めてしまっても大丈夫。コードにサッとスプレーするだけで噛まなくなるのは嬉しいですね。しかし、効果には個体差があり、中にはスプレーしてもかじってしまううさぎもいるので、うさぎの様子を見ながら使うようにしましょう。

うさぎが快適に過ごせる環境を!

うさぎが1年中元気に過ごすためには、寒さ対策だけではなく快適な環境作りも大切です。以下の記事で、おすすめのうさぎ用ケージと、うさぎを飼うときに欠かせない牧草入れをご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

ウサギ用ヒーターについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。うさぎは寒さに弱いため、ヒーターを使って温めてあげる必要があります。うさぎの性格によって合うヒーターは変わってきますので、選び方のポイントをおさえて、ピッタリのものを見つけてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事