• 【フラワーギフトに!】切り花延命剤のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【フラワーギフトに!】切り花延命剤のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【フラワーギフトに!】切り花延命剤のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【フラワーギフトに!】切り花延命剤のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【フラワーギフトに!】切り花延命剤のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【フラワーギフトに!】切り花延命剤のおすすめ人気ランキング10選

切り花を長持ちさせる「切り花延命剤」。花が飾ってあると、部屋の雰囲気がパッと明るくなりますよね。成分の違いだけでなく、粉末タイプ・液体タイプなどの違い、使用している花器に使えるかなどの違いもあるため、どれを購入しようか迷うこともありますよね。


そこで今回は、通販で購入できる切り花延命剤のおすすめ人気ランキングをご紹介します。プレゼント・お正月・クリスマス・誕生日などで花を飾る際に活用したい切り花延命剤で花を長持ちさせてみませんか?
  • 最終更新日:2019年05月22日
  • 23,474  views
目次

切り花延命剤は、花を長持ちさせる必需品

切り花延命剤は、花を長持ちさせる必需品

出典:amazon.co.jp

切り花延命剤とは、花を少しでも長持ちさせるための薬剤。よく花屋さんで花を買ったときにつけてくれる小さな袋が、切り花延命剤です。

花は切った瞬間から、栄養素が入ってくるところがなくなってしまいます。そこで、栄養を補給したり、しおれないための働きをしてくれるのが切り花延命剤です。切り花延命剤には栄養剤の他に、抗菌剤や殺菌剤・界面活性剤・エチレンの発生を阻害する成分など、花を生き生きと長く保つために必要なものがいろいろと入っています。

切り花延命剤の選び方のポイント

それでは、部屋や玄関などに飾った切り花延命剤を少しでも長く楽しむために、切り花延命剤の選び方のポイントをご紹介します。

粉末タイプと液体タイプがある

粉末タイプと液体タイプがある

出典:amazon.co.jp

多くの切り花延命剤は液体タイプですが、なかには粉末タイプのものもあります。粉末を水でといて使用するものと粉末状の延命剤をそのまま花瓶の中に入れるものがありますが、あまり花を購入しない方の場合は粉末タイプがよいでしょう。また、液体タイプでも小袋で販売していることもありますので、稀にしか花を飾らない方にはおすすめです。

花をきれいに保つ成分を知る

花をきれいな状態で長持ちさせるための成分について、ご紹介していきます。

栄養剤:切り花が鮮やかな色を保つ手助け

栄養剤:切り花が鮮やかな色を保つ手助け

出典:amazon.co.jp

切り花が鮮やかな色や香りを保ち、美しく咲き続けるために栄養素として、サッカロース、グルコース等の炭水化物が含まれていることがあります。

抗菌剤・殺菌剤:水が腐敗やバクテリア等の繁殖を防ぐ

抗菌剤・殺菌剤:水が腐敗やバクテリア等の繁殖を防ぐ
花瓶の水が腐敗することやバクテリア等の繁殖を防ぐために、硝酸銀、酢酸銀などの抗菌剤や殺菌剤が含まれています。抗菌剤・殺菌剤の主成分は銀。銀には、切り花の老化ホルモンであるエチレンを抑制する働きもあり、花がしおれる原因となるエチレンを阻害する成分としても使われます。主にチオ硫酸銀等が代表的。

糖類:エネルギーをチャージ

糖類:エネルギーをチャージ
切り花延命剤はブドウ糖、ショ糖、マンニトールなどの糖類を含みます。開花や花を鮮やかに保つためにはエネルギーが必要。もともと葉には多少の糖分があるのですが、切り花になって栄養を作られる場がなくなるので、糖類を含む延命剤でチャージします。

界面活性剤:水の吸い上げを良くする

界面活性剤:水の吸い上げを良くする
一般的に、界面活性剤を含むものは水の吸い上げをよくする効果があります。陽イオン系と陰イオン系とがありますので、確認しておきましょう。抗菌剤等に銀が含まれていますが、銀との組み合わせで安定を得るためには、陰イオン系の薬剤の使用が有効であると言われています。

花器の素材が使えるか確認する

花器の素材が使えるか確認する

出典:amazon.co.jp

切り花延命剤は銀を成分に含むことが多いので、花器の素材によっては使えないことがあります。例えば、真鍮・銅・ステンレスなどの花器を腐食させてしまう場合があるので、購入前に確認しましょう。仏花として活ける場合はとくに要注意です。心配な場合は仏花専用の切り花延命剤を購入することをおすすめします。

バラには専用の延命剤がある

バラには専用の延命剤がある
全ての切り花に使用できる切り花延命剤が一般的ですが、なかには花の種類に特化した延命剤があります。その代表格がバラ。衰退成分を他の植物を多く出すため、それなりの対処が必要です。バラ用の切り花延命剤を使用すると、一般の切り花延命剤を用いたときよりも1.2~1.5倍ほど花が長持ちし、大きく鮮やかに咲きますよ。

切り花延命剤のおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの切り花延命剤のうち、人気のある商品をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
10位
内容量200ml
主要成分糖類・抗菌剤
9位
内容量100ml
主要成分糖類・抗菌剤
8位

クリザール フラワーフード

84円 (税込)

内容量5g×5個
主要成分糖類・抗菌剤
7位
内容量1袋3x3cmが12袋
主要成分ヤシ殻活性炭(銀触媒加工/内容量約0.35g)
6位
切り花延命剤 パレス化学  エバーローズ 薔薇用鮮度保持剤 1枚目

パレス化学 エバーローズ 薔薇用鮮度保持剤

880円 (税込)

内容量155ml
主要成分糖類・抗菌剤・STS剤
5位

ジョンソントレーディングイキイキ切花延命剤

464円 (税込)

内容量230ml
主要成分糖類・抗菌剤
4位
内容量200ml
主要成分糖類・有機酸・有機酸塩・防腐剤
3位
内容量250ml
主要成分糖類・抗菌剤・有機酸
2位
切り花延命剤 住友化学園芸  花工場切花ロングライフ液  1枚目
出典:amazon.co.jp

住友化学園芸 花工場切花ロングライフ液

360円 (税込)

内容量480ml
主要成分トレハロース・抗菌剤
1位
内容量320ml
主要成分糖類・抗菌剤・無機イオン

おすすめ人気切り花延命剤の比較一覧表

商品画像
1
切り花延命剤 大塚アグリテクノ株式会社  美咲 1枚目

大塚アグリテクノ株式会社

2
切り花延命剤 住友化学園芸  花工場切花ロングライフ液  1枚目

住友化学園芸

3
切り花延命剤 クリザール 切り花用延命剤 1枚目

クリザール

4
切り花延命剤 フジ日本精糖 キープ・フラワー 1枚目

フジ日本精糖

5
切り花延命剤 ジョンソントレーディング イキイキ切花延命剤  1枚目

ジョンソントレーディング

6
切り花延命剤 パレス化学  エバーローズ 薔薇用鮮度保持剤 1枚目

パレス化学

7
切り花延命剤 後藤  切花延命材 ココスキープ 1枚目

後藤

8
切り花延命剤 クリザール  フラワーフード 1枚目

クリザール

9
切り花延命剤 アース製薬 切り花名人 仏花専用  1枚目

アース製薬

10
切り花延命剤 住化タケダ園芸 フローリスト  1枚目

住化タケダ園芸

商品名

美咲

花工場切花ロングライフ液

切り花用延命剤

キープ・フラワー

イキイキ切花延命剤

エバーローズ 薔薇用鮮度保持剤

切花延命材 ココスキープ

フラワーフード

切り花名人 仏花専用

フローリスト

特徴メモリ付きのキャップが使いやすいトレハロース配合で花の鮮度を保つ花の先進国オランダ本社を置くクリザール1970年代に販売されて以来のロングセラー商品とくにつぼみの状態に効果を発揮一度の水替えでOK!花瓶に入れるだけでOK粉末タイプは清潔に保管できます!銅やステンレスの花器を痛めません水が減ったら、水を加えるだけで効果持続
価格638円(税込)360円(税込)323円(税込)300円(税込)464円(税込)880円(税込)1,058円(税込)84円(税込)395円(税込)410円(税込)
内容量320ml480ml250ml200ml230ml155ml1袋3x3cmが12袋5g×5個100ml200ml
主要成分糖類・抗菌剤・無機イオントレハロース・抗菌剤糖類・抗菌剤・有機酸糖類・有機酸・有機酸塩・防腐剤糖類・抗菌剤糖類・抗菌剤・STS剤ヤシ殻活性炭(銀触媒加工/内容量約0.35g)糖類・抗菌剤糖類・抗菌剤糖類・抗菌剤
商品リンク

切り花を長く楽しむために知っておきたいこと

切り花を長く楽しむためには、ほんのひと工夫でずいぶんと変わってきます。注意事項をいくつかご紹介していきます。参考にしてくださいね。

おおよその花の寿命を知る

おおよその花の寿命を知る
切り花にも寿命があります。とくに、根が張っていた状態から切り離されるので、これまで得ていた栄養分が閉ざされます。一般的に、切り花の寿命は季節や天候にもよりますが、おおよその寿命は以下のとおりです。
・春・秋…1週間から10日間
・夏…4~5日間
・冬…10日間

花がしおれる3つの理由

花がしおれる3つの理由

出典:amazon.co.jp

ひとつ目の理由は、切り口から常に有機物を分泌しているため、この物質が水に溶けだしてバクテリアを発生・繁殖させているから。花瓶の水が汚れてくると、カビが生えてくる場合もあり、花には悪影響を与える原因になります。

2つめの理由は、切り花になった瞬間から根から得ていた栄養がとれなくなって、栄養不足になってしまっていることがあげられます。

最後に3つめの理由は、同じ花瓶に入れた花がしおれだすと、そのしおれた部分からエチレンという老化ホルモン物質が出続けて、他の元気な花たちまでしおれさせてしまうことがあげられます。そのため、必ずしおれている花はすぐに摘むようにしましょう。

花瓶の中の水は常にきれいにしておく

花瓶の中の水は常にきれいにしておく
延命剤が入っている場合でも、2日に1回は取り換えましょう。また、水を取り替えるときには、花瓶もしっかりときれいに洗うようにしましょう。意外と花瓶にカビや細菌が付着していることがあるからです。

また、花瓶の水の中には茎のみがつかっている状態がベスト。茎の真ん中から下の方の葉は、水切りする前に全部取り除いておくようにしましょう。というのは、葉が水に浸かっていると、水がどろどろになってしまうからです。

清潔な花切バサミで切る

清潔な花切バサミで切る

出典:amazon.co.jp

花を切るときには、必ず専用の花切バサミを使用するようにしましょう。工作用のハサミでは、刃先がさびたり、切りにくかったりしますが、植木用・花用のハサミは刃先が頑丈なので大丈夫です。また、専用の花切バサミ以外のハサミでは、しっかりと茎が切れずに、導管をつぶしてしまう場合があります。これでは、水を吸い上げられないので、気を付けましょう。

水切りするときには斜めに茎を切る

水切りするときには斜めに茎を切る
切り花を花瓶に入れるとき、茎の長さを花瓶に合わせるため、バケツの深いところで花を水切りします。そのときの注意事項として、必ず花は花切ばさみで茎を斜めに切るようにしましょう。横に並行ではなく斜めに切ることで、水を吸い上げる面積が広くなるからです。

希釈倍率を守ろう

希釈倍率を守ろう
希釈倍率は必ず守るようにしましょう。50倍など実際にどの程度の希釈倍率は商品の表示に書かれているはずです。切り花延命剤も濃ければよいというものではありません。強いからこそ希釈することを肝に銘じておきましょう。

万一、肌についたときには、きれいに洗い流してください。また、食用の植物・観葉植物・庭用の植物や観賞魚水槽の浄水などにも絶対に使用しないでくださいね。

花を楽しむなら花瓶にもこだわりたい!

花を長持ちさせるのも重要ですが、より美しく飾るために花瓶にもこだわってみませんか?気になる方は、以下の記事も合わせてチェックしてくださいね。

切り花延命剤の売れ筋ランキングもチェック!

なお参考までに、切り花延命剤のAmazon・楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回はおすすめの切り花延命剤についてご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。切り花延命剤を使用するだけで、花の鮮度や持ち具合がずいぶん変わってきます。また、花を長持ちさせるためにはその下準備も必要です。ぜひ花のある暮らしを楽しむためにも、適切な切り花延命剤を選んでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す