レディースサンダルのおすすめ人気ランキング10選【歩きやすくておしゃれ!】

夏のファッションアイテムとして大活躍のレディースサンダル。普段使いにできるフラットなタイプから、女性らしいヒールのサンダル、歩きやすいスポーツサンダルなど、その種類はさまざまです。しかし、いざ買おうとするとどんなサンダルが自分に合うのかわからない…とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、自分の足に合ったサンダルの選び方や、レディースサンダルのおすすめ人気ランキングをご紹介します。足にぴったりとフィットするサンダルで、今年の夏もおしゃれに楽しく過ごしましょう!
この記事に登場する専門家
  • 最終更新日:2018年07月09日
  • 41,366  views
目次

サンダル選び方のポイント

サンダルを選ぶ時はどのようなところをチェックすればいいのでしょうか?ここでは、サンダル購入時のポイントを見ていきたいと思います。他の靴と選び方が異なるサンダルですが、ポイントを押さえれば足に負担もかけずに綺麗に履きこなせますよ!

かかとは小さめがジャストサイズ

靴を選ぶときはかかとのフィット感に気をつけて購入する方も多いと思います。かかとが靴より大きいと足が疲れやすくなりますし、靴ずれを起こす原因になりますよね。

ですが、実はサンダルの場合、かかとがぴったり合っているものよりも、かかとが少しはみ出すくらいのサイズを選ぶのが正解です。目安はかかとがサンダルより2~3ミリほど大きめであること。これくらいはみ出した方が足が綺麗に見えます。

ジャストサイズでかかとがぴったり合っているものを選ぶ人もいますが、ヒールのある革製のサンダル場合は、履き続けると革が伸びて足がつま先へ前滑りをしてしまうことも。足の負担を考えると、少し小さめサイズの方が長く履けると言えるでしょう。

つま先がサンダルの内側に入るサイズを選ぼう

かかとは少しはみ出るくらいがベストですが、つま先がはみ出すサンダルはNG。つま先部分はサンダルの内側におさまっているのが理想的です。目安としては、つま先がサンダルの内側に1センチほど入っていればジャストサイズと言えます。

先ほども述べたように、ヒールがあるサンダルは履きこんでいくと前滑りになりつま先がはみ出す原因になるので、まずはかかとが少しはみ出し、つま先がきちんと内側に入っているかをチェックしましょう。つま先が内側に入っていると足先だけに負担をかけず、姿勢を崩さずに歩く事ができますよ。

足の幅や甲のフィット感を確認!

かかととつま先をチェックしたら、今度は足の幅や甲の部分のフィット感も確認しましょう。サンダルは通常のジャストサイズより少し小さめのサイズを選ぶことが重要ポイント。足幅や甲もゆとりがあるものより、ぴったりと隙間が少ないものがジャストサイズです。とは言っても、甲がぴったりしすぎて付属のビジューやストラップが食い込んでくるようなものはNG。

サイズはサンダルの素材によっても変わってきます。革製のサンダルは使用しているうちに伸びてくることがあるので、多少ぴったりとしたものがベスト。それ以外の素材で足の幅がきつすぎたり、押さえが当たったりするものは足の形と合っていない可能性があります。サンダルを試着したときは、足に強く当たる部分はないかを確認するため、少し歩いてみましょう。

土踏まずのフィット感も大切に

かかとやつま先、指や足の甲などのフィット感を確認したら、土踏まずとのフィット感も確認しましょう。土踏まずが合わずに浮いたサンダルは、つま先に負担がかかって指の付け根を痛めたり、アーチ型になっている足裏のバランスを崩してしまう恐れがあります。

足裏のバランスが崩れると、骨格の歪みで下半身が太くなったり、脚に疲労感が出たり、外反母趾の原因になったりする可能性も…。それだけ土踏まずのフィット感の確認は重要です。特にヒールのついたサンダルは足裏のバランスを崩しやすいので、試着して土踏まずが浮いた感じになっていないか、しっかり確認してくださいね!

プロの愛用するおすすめのレディースサンダル

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのレディースサンダルをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、履きやすくてコーディネートしやすいものを見つけてくださいね。

GUパールストラップサンダル

590円 (税別)

GUダブルベルトバックルサンダル

2,490円 (税別)

【フラットタイプ】レディースサンダルのおすすめランキング5選

今回は「フラットタイプ」と「ヒールタイプ」の2つに分けてランキングをご紹介します!まずはフラットタイプから。シンプルなデザインなのでジーンズだけでなくスカートと合わせるのもおすすめのタイプです。また、歩きやすさも大きな魅力。ぜひチェックしてみてください!

5位:ザ・ノース・フェイス スポーツサンダル Ultra Tidal II

ザ・ノース・フェイス スポーツサンダル Ultra Tidal II NF51622

4,700円 (税込)

詳細情報
・素材:合成繊維
・サイズ展開:23.0cm~29.0cm

ユニセックスで楽チンに履けるサンダル

ザ・ノース・フェイスはアメリカ発のブランド。アウトドアのウェアを中心にした商品展開ですが、機能的でシンプルなデザインなので、タウンカジュアルとしても大活躍するのがとても魅力です。

このスポーツサンダルはレディース・メンズと共に同じデザイン。色もブラックやグレープリーフグリーン・コズミックブルー・ホワイトなど主張しすぎないシンプルさがいいですね。サイズはジャストサイズでも通常より大きめに作られているようです。足を止めるマジックテープが短くなっているので、事前にサイズのチェックは忘れないようにしましょう。

4位:アミアミ 低反発インソール ストラップ サンダル

アミアミ 低反発インソール ストラップ サンダル MJ104

2,990円 (税込)

詳細情報
・素材:エナメル・合成素材
・サイズ展開:22.5cm~25.0cm

フェミニンなデザインとお手頃価格が魅力のサンダル

レディースシューズのメーカーとして人気急上昇中のアミアミ。このストラップサンダルは4センチヒールなので完璧なフラットではありませんが、ウェッジソールなので安定感があるのが魅力です。値段もお手頃でカラー展開はなんと15色、サイズ展開は22.5から25センチまで、と選択肢があるのがいいですね。

ちょっとしたお出かけにも使えそうなサンダルですが、ストラップがゴム式なので、ゴムが伸びてしまうと履けなくなってしまうのがマイナスポイント。ワンシーズンの活躍になりそうですが、お値段が手ごろなので、色違いで揃えてみるのもコーディネートの幅が広がっていいかもしれませんよ!

3位:ビルケンシュトック サンダル アリゾナ

ビルケンシュトック サンダル アリゾナ 051791

8,450円 (税込)

詳細情報
・素材:合成皮革
・サイズ展開:22.5cm~29.0cm

コンフォートサンダルの定番は2017年も大人気

ドイツ生まれのシューズブランドとして世界中で有名なビルケンシュトック。なんと創業240年を誇る老舗ブランドです。ビルケンシュトックの代表的シリーズなのが、この「アリゾナ」で、1973年の発売以来多くの人に愛されてきました。日本でも近年再び人気を盛り返しているブランドです。

サイズ展開も22.5から29センチと女性だけでなく男性も履けるユニセックスなサンダルですが、注目ポイントは同じデザインでも、幅狭・普通幅と、足の幅に合わせてさらに商品展開をしていることです。値段は若干高めですが、何年も愛用するファンがいることからも、一足でかなり活躍してくれそうな一足です。

2位:zootie ベルクロ サンダル

zootie ベルクロ サンダル

1,382円 (税込)

詳細情報
・素材:ポリエステル
・サイズ展開:22.5cm~25.0cm

プチプラなので初めてのスポーツサンダルにおすすめ!

ここ数年流行中のコンフォートサンダル。またはスポーツサンダルとも呼ばれ、素足だけでなくソックスと合わせて秋までファッションに取り入れる人も増えています。今年こそは挑戦してみたい、という方におすすめなのがzootie のベルクロ サンダルです。

シンプルなデザインなので合わせやすいですし、値段も2000円以下とかなりのお手頃価格。サイズ展開も22.5から25センチまでをカバーしているので、足が小さかったり、大きかったりして合う靴が見つからない、と悩んでいる方も気軽に購入できます。プチプラなのでワンシーズンのみになりそうですが、気になるアイテムをお手軽に試せるのは大きな魅力ですね。

1位:TEVA ハリケーン

TEVA ハリケーン

6,300円 (税込)

詳細情報
・素材:合成繊維
・サイズ展開:22.0cm~26.0cm

1日中履いても疲れない! 大人気のコンフォートサンダル

アメリカのカリフォルニアで生まれたシューズブランドのTEVA。1984年に設立され、世界初のスポーツサンダルを販売したことでも知られています。TEVAの代表的なベストセラーサンダル「ハリケーン」の第一の魅力は「疲れにくいこと」です。インソールが軽量でクッション性に優れているので、歩くときに衝撃を吸収して快適な履き心地が続きます。

履き心地がとてもよく、靴下を履いたコーディネートでも違和感がありません。サイズも幅広く展開していますが、人によっては小さめサイズだときつさを感じるようです。TEVAは値段が高めなので、購入前のサイズ確認は必須でしょう。

【ヒールタイプ】レディースサンダルのおすすめランキング5選

脚を綺麗に見せてくれるヒールサンダルが欠かせない、と言う方もいらっしゃるでしょう。ここでは5センチ以上のヒールサンダルで、おすすめ5点をご紹介します。

5位:partir d`abord ウェッジソール ミュール

partir d`abord ウェッジソール ミュール

3,132円 (税込)

詳細情報
・素材:人工皮革
・サイズ展開:22.0cm~25.0cm(S・M・L・LLで展開しています。)
・ヒールの高さ:8cm

高めのヒールでも安定性バツグンのサンダル!

高さのあるサンダルを履きたいけれど、ピンヒールは安定性がないので履きたくない…と言う方におすすめなのがこのサンダルです。ヒールの高さは8センチですが、安定性がありクッションインソールなので、全体的に足に優しく疲れにくい設計になっています。

日本製で値段は手頃ですし、全体的に丁寧な作りのサンダルですが、幅が広く作られていることにご注意ください。幅広さんでも大きめに感じる方もいるようなので、ワンサイズ下のものを選ぶのもいいでしょう。

4位:Aqua Garage Wストラップ美脚サンダル

Aqua Garage Wストラップ美脚サンダル

2,680円 (税込)

詳細情報
・素材:合成皮革
・サイズ展開:23.0cm~24.5cm(36~39サイズで展開しています。)
・ヒールの高さ: 10cm

10センチヒールでどんなスタイルにも合うシンプルなサンダル

大人っぽいデザインが魅力のWストラップサンダル。ヒールは10センチとかなり高めですが、インソールはクッション性があり、ソールも滑りにくいものを使用しています。Wストラップなので足首がしっかりホールドされながらも履きやすいところも人気のようです。

カラーはブラックの他にベージュ・レッド・メタルグレートホワイトがあり、共布ヒールなので統一感のあるシンプルなデザインになっています。スカート・パンツどちらにも合わせやすい商品です。

3位:Aqua Garage ジュートラップクロスゴムベルトサンダル

Aqua Garage ジュートラップクロスゴムベルトサンダル

2,480円 (税込)

詳細情報
・素材:スエード
・サイズ展開:23.0cm~24.5cm(36~39サイズで展開しています。)
・ヒールの高さ: 7.5cm

高ヒールなのに楽にはけるベルトサンダル

ヒールは7.5センチと高めのベルトサンダルですが、ウェッジソールと太めのゴムストラップでしっかり足を支えるので楽に履けます。こちらのインソールも柔らかいので歩く時の衝撃も吸収してくれるので、甲高幅広の足で、ヒールを取り入れたい方に挑戦しやすい機能的なサンダルです。

色はブラック・ベージュ・ブラウン・グレージュとシンプルな4色。ゴムストラップなので伸縮性はありますが、長く使うとゴムが伸びてしまう可能性があります。ヒールの高い安定したサンダルをお手頃価格で、と言う方にはとてもお勧めの商品です。

2位:アミアミ ヒール 異素材 バイカラー サンダル

アミアミ ヒール 異素材 バイカラー サンダル

2,990円 (税込)

詳細情報
・素材:合成素材
・サイズ展開:22.0cm~24.5cm(S・M・L・LLで展開しています。)
・ヒールの高さ: 7cm

7センチヒールで脚を綺麗に見せるストラップサンダル

きれいめファッションに最適なバイカラーのストラップサンダルです。インソールも柔らかくふかふかとした低反発タイプなので足にも優しい作りになっています。カラー展開が24種類と豊富で手ごろな価格なので、複数購入を検討する方もいるようです。

素材やカラー展開は豊富なのですが、サイズが24.5センチまでしかないところが少し残念。それでも、ストラップは足首に合わせて調整できますし、ワンタッチでボタンが取り外しできる簡単さが履きやすくていいようです。

1位:menu'e ワンストラップ サンダル

menu'e ワンストラップ サンダル

2,991円 (税込)

詳細情報
・素材:合成皮革
・サイズ展開:22.0cm~26.0cm(S・M・L・LL・3Lで展開しています。)
・ヒールの高さ: 6.7 cm

雑誌『GINGER』とコラボしたきれいめサンダル

ファッション雑誌『GINGER』とのコラボ企画で生まれたおしゃれなストラップサンダル。ヒールの高さは6・7センチなので脚に負担をかけず、普段使い・きれいめスタイルどちらでも活躍しそうなシンプルデザインです。

今回はレッドをご紹介していますが、カラーは他にもブラックやグレーの定番色から、きれいなグリーンまで10色を揃え、エナメル・スエードと素材で選べるのも魅力。24センチサイズの人はMサイズ(23~23.5cm)にするなど、少し小さめサイズを選ぶと綺麗に履きこなせそうです。

気に入っているけど足に合わない場合は…

気に入っているけど足に合わない場合は…
サンダルのデザインがとても気に入ったのに、試着してみると違和感がある…そんな経験ありますよね。かかとやつま先の部分が合わない場合は、別サイズを合わせてもいいと思いますが、幅が部分的にきつかったり、足の甲が薄くて上手くフィットしないこともあります。

そんなときは、きつい部分だけをお店でお直ししてもらったり、市販されているサンダル用の中敷きで甲の薄さをカバーしたりする方法を考えましょう。お店のお直しは有料になる可能性がありますし、サンダル用の中敷きも別に費用がかかりますが、せっかくデザインが気にいったサンダルに巡り会えたのですから、色々な可能性を探るのも購入する工夫としてプラスになります。

靴の試着は短時間なので、本当に足に合うかどうか、なかなかわかりづらいもの。万が一合わない場合も、できる限り工夫することで、快適に履けるようになるかもしれません。

こんなレディースサンダルも!

今回はレディースサンダルをご紹介しましたが、サンダルと一口に言っても、履いていく場所・シチュエーションによっておすすめのものは変わりますよね。以下の記事ではそれぞれオフィス・ビーチ用のサンダルを紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。商品によっては普段使いできるものもありそうですよ!

まとめ

いかがでしたか?最近では履きやすさや歩きやすさを考慮した商品が増えてきているので、足に負担をかけない快適な一足との出会いも多いでしょう。サンダル選びは通常の靴選びと少し異なる点があります。今回ご紹介したサンダルの選び方を参考にしながら、ぜひあなたにとって、快適かつおしゃれな一足を手に入れてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す