• 37209a4ada3d0b18bd358bf87f5aef711f28214b
  • 2273f85d9a27e6b4fbe2aa4311d91a518f1aabfe
  • Cccf0f0a9289179d33ffc8e1c60437eaef96e00f
  • 46d4f6d467581f18826d7891d52c494f76a82604
  • Fdb11731386d08905ea808cf0b6d0824a75676f1

眉毛バサミのおすすめ人気ランキング15選【使いやすい!】

顔のメイクにおいて、眉毛のお手入れに欠かせないのが「眉毛バサミ」です。眉毛の長さや形で顔の印象が大きく左右されてしまうほど、眉毛のお手入れは重要なため、オシャレさんにとって欠かせないメイク道具のひとつです。ただ、眉毛バサミは価格もピンキリで形も種類がいろいろあるので、結局どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、眉毛バサミの上手な選び方のポイントと、Amazonや楽天などの通販で購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。20年以上のベストセラー商品や職人の手仕事が光るひと品、洗練された海外ブランド商品、左利き用のものまで幅広く登場しますのでぜせ参考にしてくださいね。使い勝手バツグンの眉毛バサミがあれば、納得の仕上りになること間違いなし!

最終更新日:2018年05月17日 | 19,579views

眉毛バサミの選び方

美容のプロの間でも、理想的な眉を作るために最も重要な道具が眉毛バサミと言われています。自分に合ったものを見つけるためにも、まずは、眉毛バサミを選ぶためのポイントをしっかり押さえておきましょう。

そのあとに眉毛バサミのおすすめ商品をズラリとご紹介していきますので、お楽しみに!

目的に合った形を選ぶ

眉毛バサミと一括りに言ってもその種類はさまざまで、目的に応じた形状があります。代表的な3種類を下記にまとめましたので、ぜひ参考にして自分に合った種類のものを選んでくださいね。

【オシャレハサミ】まとめてカットしたいときに

刃先が曲線になったカーブ刃の「オシャレハサミ」は、毛を何本かまとめてカットしたいときにおすすめです。刃の反り返った方を外側に向ければ肌にあてやすく、刃先が肌にくい込むこともないので、ザクザクとスピーディに切り進められます。

【カットハサミ】細かい処理をしたいときに

刃先が直線になったストレート刃のものは一般的に「カットハサミ」と呼ばれています。1本ずつカットして細かい処理をしたいときにおすすめです。また、よりピンポイントで根元からカットしたい方は刃先が薄い「薄刃」のハサミを選びことをおすすめします。

【セーフティハサミ】鼻毛カッターとしても最適

「セーフティハサミ」は刃先を丸く加工したものです。肌に先端を誤って当ててしまっても肌を傷つける心配が少ないのが嬉しいですね。敏感肌の方や手先が不器用な方におすすめで、鼻毛カッターとしても最適です。

【クシ付き】失敗したくない人におすすめ

刃先にあらかじめクシが付いている眉毛バサミもあります。眉毛を短くしたり薄くしたいとき、クシを肌にあててクシからはみ出た眉毛をハサミで切りますが、クシを片手にもう片方の手でハサミを動かすことは、意外に難度が高めです。鏡を見る角度を手で遮られ、クシを持つ手の力加減ではみ出る毛の量も定まらず、切りすぎたりまだら模様になったり。

そういう失敗が多いという方はクシ付き眉毛バサミを選んでください。毛を整えカットする作業が片手でできて鏡も見やすく、一定の量で切りやすいので失敗が少なく済みます。眉カットのビギナーにおすすめのアイテムです。

【左手用】左利きさんにはコレ!

眉毛バサミのほとんどは右手用なので、左利きの方はうまく切れずに眉がおかしな形になったり、左右チグハグになったりと困ることも多いでしょう。しかし、各メーカーからちゃんと左手用のものも販売されているので、左利きの方はぜひ左手用の眉バサミを選んでくださいね。

左手用の眉毛バサミのおすすめ商品も後ほどご紹介します。左利きさんは要チェックですよ!

使いやすいメーカーのものを選ぶ

眉毛ハサミは、刃物メーカー、あるいはコスメブランドから販売されていることが多く、どちらもこだわりを持って作られています。それぞれの特長などを押さえ、自分にとってより使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

切れ味重視なら刃物専門メーカーのものを

眉毛バサミは何と言っても切れ味が重要です。切れないハサミで眉毛を切ると思い通りの形に仕上げられないばかりか、肌も毛も傷めてしまいます。その点、刃物メーカーの眉毛バサミは、長期的に使用しても切れ味と使い心地が安定しているのが特長。比較的安価なのも嬉しいポイントです。国内メーカーだと、貝印やグリーンベルなどが有名ですね。

また、決して安くはないものの、刃物製造が盛んな地域の工場や職人さんが手がけたものも品質には間違いがありません。日本だと岐阜県関市、海外だとドイツのゾーリンゲンなどが挙げられます。

刃物メーカーの眉毛バサミは、短い毛などもしっかり切れる眉毛バサミをお探しの方や、切れ味が長続きするものを選びたいという方におすすめです。

仕上り重視ならコスメブランドのものを

有名なコスメブランドの多くが眉毛バサミを販売しています。各ブランドが熟練の刃物職人などに製作を依頼していたり、その品質にはかなりこだわって作られており、隠れたロングセラー・ベストセラー商品だったりもするのです。

刃物メーカーの眉毛バサミは切れ味を重視しているのに対し、コスメブランドのものは、メイク法を熟知しているプロが辿り着いた「使いやすさ」が重視されていると言えます。プロの愛用者も多く、一般の人でも一度使ったら手放せないと長年使い続けているという人も少なくありません。

眉の長さを整えるためだけではなく、細かなラインを整えたり、プロのような繊細なカットを行いたいというこだわりのある方は、コスメブランドのものを選ぶとよいでしょう。

【コスメブランド】眉毛バサミのおすすめランキング5選

では、いよいよ眉毛バサミのおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。まずはコスメブランドのおすすめ商品から。続けて刃物メーカーのおすすめ商品もご紹介しますので、お楽しみに!

5位:花王 est アイブロウシザーズ

Loading
出典:www.kao.co.jp
花王 est アイブロウシザーズ 4901301227126

3,800円 (税込)

詳細情報
・タイプ:オシャレハサミ
・サイズ:-
・素材:-
・生産国:-

繊細に造られたシンプルなフォルムは手に馴染みやすい

花王によるデパート専用化粧品ブランド「est(エスト)」の眉毛バサミで、刃先がカーブした「オシャレハサミ」タイプになります。日本人女性の平均的な眉の形に沿う繊細な刃先のフォルムは使いやすさ抜群。手に馴染みやすい洗練されたデザインも人気の秘密です。ただ、普段使いにするには、少しお値段が高めなのが難点かもしれません。

4位:伊勢半 ヒロインメイク コーミング眉カットハサミ

伊勢半 ヒロインメイク コーミング眉カットハサミN

802円 (税込)

詳細情報
・サイズ:-
・素材:-
・生産国:日本

クシからハサミが出ているのが特長!細かい毛も切りやすい

クシから刃先が出ているタイプなので、片手で簡単に毛を整えながら刃先で繊細にカットができるの特長。眉毛の角度に合わせやすい安定感のあるハンドルと、肌にあてやすいカーブ刃によって不要な細かい毛を1本1本、均一に揃えることが出来ます。ただし、この商品はクシは刃に接着されていて取り外しできないので、ご注意ください。

3位:シュウウエムラ カッター

シュウウエムラ カッター N

6,500円 (税別)

詳細情報
・タイプ:カットハサミ
・サイズ:-
・素材:ステンレススチール
・生産国:日本

プロにも愛用者が多いハンドメイドの本格仕様

「シュウウエムラ」のメイクアップツールはプロに愛用者が多いことでも有名です。この眉毛バサミはハンドメイドで作られており、刃先が直線になっているカットはさみタイプ。毛の長さの調整や直線的な形に整えるときに向いています。専用のケースも付いているから持ち運びにも便利。ポーチに入れて携帯しやすくなっています。

2位:カネボウ 鉄舟 眉毛カット用ハサミ

カネボウ 鉄舟 眉毛カット用ハサミ 212192

2,090円 (税込)

詳細情報
・タイプ:オシャレハサミ
・サイズ:-
・素材:-
・生産国:日本

職人が入念に刃付けしているので切れ味抜群

職人が手作業で作り上げる化粧筆などをラインナップした「鉄舟コレクション」のアイテムです。この眉毛バサミは熟練した職人の手で作られた絶妙なカーブの刃先が特徴的。誰が使ってもプロが仕上げたような繊細なカットが可能になると評判です。職人がひとつひとつ入念に刃付けしているので、長期間使っても抜群の切れ味が持続します。

1位:資生堂 アイブローシザーズ

資生堂 アイブローシザーズ 212

2,700円 (税込)

詳細情報
・タイプ:オシャレハサミ
・サイズ:39×91mm
・素材:-
・生産国:日本

発売以来20年以上愛されるロングセラー

刀の名匠が残した伝統技術を生かし、50以上の工程を経て一つひとつ吟味し調整されて完成するという切れ味抜群の眉毛バサミ。他商品よりもかなり小さく作られた刃先と、刃先の絶妙なカーブによって細かい部分の毛をうまく挟むことができます。数ある資生堂商品の中でも、実は20年以上のロングセラーを誇っているという人気商品です。

【刃物メーカー】 眉毛バサミのおすすめランキング10選

続いては、国内外の刃物メーカーから販売されている眉毛バサミのおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。

10位:無印良品 スチールまゆ用カットはさみ ケース付

Loading
出典:www.muji.net
無印良品 スチールまゆ用カットはさみ ケース付

1,740円 (税込)

詳細情報
・サイズ:全長約90mm
・素材:スチール・めっき・ニッケル
・生産国:日本

刃物の街・岐阜県関市のハサミ専門工場で製造

Loading

出典:www.muji.net

無印良品の化粧用刃物製品は、刃物の世界三大生産地のひとつに挙げられることでも有名な岐阜県関市の専門工場に製造依頼しているってご存知でしたか? この眉毛バサミは、もともと刀鍛冶から始まったというハサミ専門工場で作られています。

手作業によって繊細に刃作りされた、カーブのついた「オシャレハサミ」タイプです。職人の手で丁寧に作られているので切れ味が高くて芯が強く、毎日安心して使うことができます。

9位:貝印 クシ付き秘密のマユハサミ (左手用)

貝印 クシ付き秘密のマユハサミ (左手用) KQ3034

972円 (税込)

詳細情報
・サイズ :80×20×145mm
・素材:-
・生産国:日本

市場に少ない左手用!!左利きさんの強い味方

大手刃物メーカーの貝印で10年以上のロングセラーとしてシリーズ累計1000万個を突破しているクシ付き眉毛バサミ。そんな人気商品には左手用もちゃんと用意されています。

取り外しできるクシ、視界をさえぎらない持ち手など利点は右手用と全く変わらず、スピーディに眉カットができる優れものです。左利きさんには欠かせないアイテムとして口コミサイトなどでも高評価を得ています。

8位:ロバートクラス 左利きキューティクルシザー眉毛切兼用

ロバートクラス 左利きキューティクルシザー眉毛切兼用 RK082024-11-3.5-Left

4,980円 (税込)

詳細情報
・サイズ:全長9cm
・素材:ニッケルメッキ鋼
・生産国:-

ドイツで歴史のある高級刃物ブランド

刃物製造で有名なドイツの街・ゾーリンゲンに設立され約180年の歴史をもつ刃物ブランド「ロバートクラス」。マイスターの手作りによるポケットナイフや家庭用の小型ハサミが有名です。そのロバートクラスが作った左手用の眉毛バサミになります。

先端は少しカーブがついていて、鋭く尖っているので極細の毛も正確にキャッチ。高精度の眉毛ハサミです。歴史ある高級刃物ブランドのため、比較的高価ですが、長く最高の切れ味と使い心地が続きます。

7位:金田洋鋏 おしゃれはさみ

金田洋鋏 おしゃれはさみ kaneda001

1,058円 (税込)

詳細情報
・タイプ:カットハサミ・オシャレハサミ・セーフティハサミ
・サイズ:全長130mm・刃渡り20mm
・素材:-
・生産国:日本

美容ハサミ専門のメーカーによる高精度の仕上がり

職人の高度な技術によって生み出された刃先の精度のいいエステ用ハサミ。刃物の街として知られる岐阜県関市にある、主にプロ仕様の理美容ハサミを製造販売する「金田洋鋏」の商品です。ストレート刃のオールマイティなタイプをはじめ、カーブ刃(眉用・甘皮用)、先丸タイプの4種類をラインナップしています。

6位:貝印 Groom! クシ付きマユハサミDX

貝印 Groom! クシ付きマユハサミDX

505円 (税込)

詳細情報
・サイズ:約8×14×2.1cm
・素材:ステンレス刃物鋼(刃部)・ABS樹脂(ハンドル・抗菌剤含有)・ポリアセタール(クシ・抗菌剤含有)
・生産国:-

持ち手は大きく、クシはコンパクトで使いやすい

クシが着脱できるのが便利なストレート刃の眉毛バサミです。メンズ向け商品なので、持ち手が大きく親指を当てる部分が幅広いため、安定して握れるのが特長。一方、クシはコンパクトで眉毛全体が見やすく、ハンドルは鏡を見る際に手が邪魔にならない3D形状になっているので、カットしやすい構造になっています。男女兼用で使うのもおすすめです。

5位:TWEEZERMAN ステンレスアイブロウ シェイピングシザー&ブラシ

TWEEZERMAN ステンレスアイブロウ シェイピングシザー&ブラシ 58400-040-0

4,320円 (税込)

詳細情報
・タイプ:カットハサミ
・サイズ:-
・素材:ステンレス
・生産国:イタリア(本体)・韓国(ブラシ)

洗練されたニューヨークのメイクツールブランド

「ツイーザーマン」は、ヘンケルスなど有名刃物ブランドを抱えるドイツ企業ツヴィリンググループの傘下にある、ニューヨークのメイクツールブランドです。眉毛ケアに注力し、とくに毛抜きで知られるブランドですが眉毛バサミも刃物ブランドが母体となっているだけあって切れ味は間違いなし。洗練されたデザインのハサミとブラシがセットになっていておしゃれ感も抜群です。

4位:グリーンベル 匠の技 鍛造化粧はさみ 眉毛・ムダ毛用

グリーンベル 匠の技 鍛造化粧はさみ 眉毛・ムダ毛用 G-2101

1,200円 (税別)

詳細情報
・タイプ:セーフティハサミ
・サイズ : 全長9.7cm
・素材 : 炭素鋼(ニッケルメッキ)
・生産国 : 日本

鍛造で成型されているので耐久性が違う

厳選した刃物鋼を鍛造で成型しているので耐久性に優れているのが特徴。熟練の職人が刃付け作業をして丹念に仕上げた、本物の切れ味が長く持続します。

指の穴が大きめサイズなので男性の手でも使いやすく家族で使えるのも嬉しいですね。刃が丸いタイプは、安全で肌を傷つける失敗も少ないので安心。敏感肌にも向いていて、鼻毛にも使えます。同じ「匠の技」シリーズの鍛造のものでは、先が尖った曲線刃タイプもあります。

3位:貝印 Q.E.C クシ付マユハサミ(2WAY)

貝印 Q.E.C クシ付マユハサミ(2WAY) KQ0967

761円 (税込)

詳細情報
・サイズ:145×84×20mm(パッケージサイズ)
・素材:ステンレス特殊鋼(刃部)・ABS樹脂(ハンドル・抗菌剤含有)・ポリアセタール(クシ・抗菌剤含有)
・生産国:日本

右手だけで両眉に対応できる「2方向クシ」が新しい

左右2方向対応のクシ付きで、どんな毛流れでも片手で梳きながらカットできる斬新なアイテムです。右手専用で、左右どちらの眉毛もハサミの向きを同じにして使います。左側の眉は、クシを逆向きに差し替えれば毛並に合わせてカットが可能。クシは外側に向けて角度を付け斜めの形で、眉毛の流れに沿わせやすくなっています。

1本ずつカットしたいときは、クシをスライドして取りはずせるので便利。持ち手は鏡が見やすいロングハンドルを採用するなど、使いやすさのための工夫が満載のひと品です。

2位:関孫六 薄刃オシャレハサミ

関孫六 薄刃オシャレハサミ HC3540

918円 (税込)

詳細情報
・タイプ:オシャレハサミ
・サイズ :60×13×142mm
・素材:ステンレス刃物鋼(刃部)・ABS樹脂(ハンドル)・ABS樹脂(キャップ)
・生産国:日本

刀匠の技が生かされたスリムな刃で短毛もキャッチ

包丁で有名な刃の名匠「関孫六」。その伝統の技で仕上げられたオシャレハサミです。精密な刃付けと調整をしていて切れ味が抜群なのはもちろん、薄刃仕上げで刃先がスリムにカーブしているので肌にあてやすく短い眉毛でも根元近くからカットできる優れものです。「関孫六」シリーズの眉毛バサミには、クシ付きタイプもあります。

1位:グリーンベル ステンレス製クシ付き眉はさみ

グリーンベル ステンレス製クシ付き眉はさみ MI-245

784円 (税込)

詳細情報
・サイズ : 全長119.5mm
・素材 : ステンレス・ABS樹脂
・原産国 : 日本

寝ている細い毛もすくい上げるステンレス製クシ

プラスチックのクシが多い中で、こちらはステンレスを精密に加工した薄いクシを採用しています。金属製のクシは毛の通りが良く、クシの歯の間に程よい摩擦が生じるため、寝ている毛も簡単にすくえて狙った毛を逃しにくく、カットのしやすさは格別。仕上がりのレベルがぐっとアップします。 ただし、クシはネジで固定されていて取り外しはできません。

また、顔からハンドルが離れるよう設計されているので、スムーズにハサミを動かすことができ、視界をさえぎらず鏡が見やすくなっているのも注目すべきポイントです。

上手な眉毛の切り方のポイント

眉毛バサミのおすすめ商品、いかがでしたか? では最後に、上手な眉毛の切り方のポイントをまとめましたので、早速ゲットした素敵な眉毛バサミを使って試してみてくださいね。

眉のセルフカットで必要なものは、基本的には眉毛バサミ、眉用クシ・ブラシ、そして鏡があればOK。そのほかに毛抜き、電動シェーバーなどもあると便利です。また、最初に理想の眉をマーキングするするため、アイブロウペンシルも用意しておいてください。

切る前に眉のアウトラインを描いておく

Loading
眉毛を切るときはすっぴんの状態では行わないようにしましょう。いつもの眉メイクをした状態からカットを始めると失敗がありません。眉メイクからはみ出ている毛が要らない毛ということになりますから、基本的にはそこだけ切ればOKなのです。

まずは眉用のクシやブラシで眉毛の流れを整えたら、アイブロウペンシルなどで自分の眉の形を生かして理想形のアウトラインを描くことから始めます。眉毛を描く際に見るところは眉頭・眉山・眉尻の3点。ペンシルや筆などを小鼻(鼻の脇)から目尻にあて、その延長線上まで眉尻を描いてください。眉頭から3分の2の位置(だいたい黒目と眉尻の間)に眉山を作ってみたください。

これが理想的な眉の形の目安と言われる「眉の黄金比」です。最も気をつけたいのは、眉尻を短くしすぎないこと、眉尻を眉頭より下げないことです。

アウトラインからはみ出た毛を切っていく

Loading
次に、理想のアウトラインからはみ出た毛を眉毛バサミで切っていきます。毛と皮膚の間に刃を入れて、毛の根元から切っていけばOK。長さを揃えるときや薄くしたいときは、毛の流れの反対から眉用クシを入れて毛を起こしながらクシの外側に出た毛をカットしてください。

自然に仕上げたいなら、一気にざっくり刈り込んだりはせず、鏡で薄さを確認しながら1本ずつ少しずつ切りましょう。アウトラインの外側の眉下の毛は剃るか、毛抜きで抜いていきます。

細い毛や、抜きづらい毛などを毛抜きで抜くのはおすすめできません。抜き続けることで、眉が生えなくなったり、まぶたのたるみや眉ニキビ、埋没毛の原因になることもあるからです。電気シェーバーで優しく剃るのがベストです。両眉のカットが終わったら、鏡で顔全体のバランスを見て、眉の形や濃さを確認してください。

手軽にお手入れしたいなら電動シェーバーもおすすめ

眉毛の細かな部分までお手入れできる「眉毛バサミ」ですが、不器用な方だとなかなか思い通りに使いこなせないことも。もっと手軽に眉毛を整えたいという方は、便利な「電動眉毛シェーバー」を使ってみるのもおすすめです。ぜひ下記の記事も参考にしてくださいね。

眉毛バサミの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、眉毛ハサミのAmazon 売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

眉メイクを決定づける道具「眉毛バサミ」は、オシャレさんには必要不可欠です。市場には比較的リーズナブルで高品質なものが多種多様に揃っていますので、自分の目的に合った使いやすいものを見つけて、理想の眉を作ってくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す