• 【プロが教える】育児日記のおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんの成長を記録しよう!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【プロが教える】育児日記のおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんの成長を記録しよう!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【プロが教える】育児日記のおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんの成長を記録しよう!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【プロが教える】育児日記のおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんの成長を記録しよう!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【プロが教える】育児日記のおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんの成長を記録しよう!】のアイキャッチ画像5枚目

【プロが教える】育児日記のおすすめ人気ランキング10選【赤ちゃんの成長を記録しよう!】

「初めて笑ってくれた」「初めて寝返りができた」といった、赤ちゃんの思い出を書き残しておける「育児日記」。ノートに手書きして楽しんでいる方も大勢いますが、あまり凝ったことは苦手という方には、あらかじめ印字されているものがおすすめです。とは言え、妊娠中から使えるものや、赤ちゃんの誕生から1歳までを記録できるものなど種類も豊富で、どれにしようか迷ってしまいますよね。

今回は、出産・育児のスペシャリストである助産師歴30年の浅井さんに、選び方のポイントを教えていただきました。それをふまえながら、人気の育児日記をランキングでご紹介します。また記事の後半では育児日記を使う時のちょっとしたコツなども紹介していますので、あわせて参考にして、赤ちゃんの思い出を記録しちゃいましょう。
この記事に登場する専門家
浅井 貴子
  • 最終更新日:2018年07月25日
  • 146,451  views
目次

育児日記の選び方のポイント

今回は、育児雑誌でも多数執筆されている浅井さんに、育児日記の選び方や使用する際のアドバイスを詳しくお聞きしました。どれを選べばいいかわからないというママは、ぜひ以下のポイントを参考に、自分にとって書きやすく続けやすいものを選んでくださいね。
育児日記の選び方のポイント
〈取材協力:浅井 貴子さん〉
大学病院、未熟児センターでの勤務を経て、フリーランスとなる。

生活情報サイト「All About」では母乳育児ガイド・新生児育児ガイドを務め、育児雑誌などへの執筆も多数。「AMOMA(母と子のナチュラルケアブランド)」の商品開発、自治体における赤ちゃん訪問、ベビーマッサージ教室「カモマイル」を主宰するなど、乳児期の赤ちゃんの子育て指南を数多く行う。

マメに書くなら1年間、など書き方や性格に合う期間・タイプを選ぶ

マメに書くなら1年間、など書き方や性格に合う期間・タイプを選ぶ
多くの育児日記は1冊で1年間記録できるようになっていますが、その他にも半年間のものや3年間・5年間・10年間、あるいは20年間も記録できるものもあります。中には妊娠中の記録をつけられるものもあるので、いつからいつまで記録したいかを予め考えておき、無理せず書き続けられそうな期間のものを選ぶようにしましょう。

ちなみに、育児日記には子どもや家族の思い出を残すという意味だけでなく、子どもが大人になった時にプレゼントとして贈り、「あなたが小さな頃はこうだったわよ」とお手本として伝える役割もあります。ぜひ自分の性分やペースに合った日記を選んで、最後まで書き終えてくださいね。
浅井 貴子
助産師
浅井 貴子さんのコメント
記録できる期間は1年間のものを使っている方が大半です。赤ちゃんの月齢が10ヵ月くらいになると、自分で動き回れるようになり目を離せませんから、中々書く時間が確保できないのが理由の一つかもしれません。また、「陣痛がきた」あるいは「出産した」時間から書き込み始めるママが多いようです。

あまりマメではない方なら1年間、手帳や日記に書き込むのが好きな方は3年間・5年間・10年間・20年間のものを選ぶなど、自分の性格に合ったものを選ぶといいですよ。

「授乳・排泄・睡眠時間」の記録項目は時系列がおすすめ

大抵の育児日記には、名前・誕生日・身長・体重といった「赤ちゃんのデータ」のほか、「授乳・排泄・睡眠時間」「予防接種」「病気の記録」「出産祝い・内祝いなどをメモできるお祝いリスト」などの記録項目が用意されています。

その中でも「授乳・排泄・睡眠時間」が特に重要で、時系列になった項目のものだと使い勝手が良くおすすめ。赤ちゃんの生活リズムも掴めますし、「おっぱいは何時にあげたっけ?」と忘れてしまう心配もなくなるので、こまめに記録しておきましょう。

他にもフリースペースが盛り込まれていたり、「初めて○○できた日」といった記念の記録が残せたり、赤ちゃんの手形・足形や写真をを貼るページ、アルバムページが付いたりしたものもあります。自分がどんな記録を残しておきたいか購入前に考えておきましょう。
浅井 貴子
助産師
浅井 貴子さんのコメント
なお、1歳以降になるとおっぱいや排泄の記録は不要になり、日々のちょっとした様子を記録することがメインになってきます。日記のように詳細に記録しておきたいか、成長を実感できる記念日などの時だけ記録できれば良いのかを考えて、1歳以降の項目部分もチェックしておきましょう。

また、育児日記ばかりでなく母子手帳も書くようにしてくださいね。日々の記録は、赤ちゃんが体調を崩したりして病院にかかる時に役立ちますが、病院ではプライベートな部分も書かれた育児日記を見ることはありません。いざという時に必要な情報を先生に見せるためにも、母子手帳はしっかり記入しておきましょう。

外出時なども見越して、シーンに合った大きさ・重さを選ぶ

外出時なども見越して、シーンに合った大きさ・重さを選ぶ
育児日記の大きさもさまざまです。スケジュール帳のような小さいサイズのものもあれば、B5・A5といったノートサイズのものもあります。サイズが小さい方が持ち運びには便利ですが、記入できるスペースは少なくなってしまいます。

また、ページ数が多くなればなるほど重たくなってしまいます。記録したいことを書けるスペースが十分にあるのか、ご自宅だけで使用するのか、外出時に持ち歩くのかといった点を考慮して、使い方に合った大きさや重さのものを選びましょう。
浅井 貴子
助産師
浅井 貴子さんのコメント
最近の育児日記には、キャラクターものやかわいいデザインのものも多いですね。しかし、中にはシンプルなデザインの方がいいという意見もあるでしょう。

その場合は、シンプルなデザインや革のカバーをかけて使用するといいですよ。「記録したい項目が充実していて良いけど、デザインが気になる…」という方はぜひ試してみてください。

ペンホルダー・ポケットなど、その他の機能も要チェック

育児日記は赤ちゃんの様子を記録するだけではなく、育児に役立つコラムが掲載されていたり、ペンホルダーが付いているもの、母子手帳や診察券を入れられるファスナー付ポケットが付いているものもあります。

また育児日記は普通のノートと同じように、糸で綴じられているものとリング式のものがあります。リング式は育児日記を開いたままにしやすいというメリットがありますが、リングが手に当たって書きにくかったり、万が一赤ちゃんが指を入れてしまった場合に怪我に繋がる恐れもないとは言い切れません。

育児日記を使用するシーンを想像しながら、自分に合った機能や特徴がある育児日記を選ぶようにしましょう。

育児日記(マタニティ期から)の人気ランキング5選

ここからは、マタニティ期から使えるものと、出産後から使えるものに分けて、人気の育児日記をご紹介します。まずはマタニティ期から使えるものをご紹介しますので、選び方もふまえながらお気に入りを見つけてみてください。
5位
5年連用 育児日記 マムズ ワン
出典:amazon.co.jp

クロニクルブックス・ジャパン5年連用 育児日記 マムズ ワン

2,203円 (税込)

記録期間5年間時間軸での記録×
その他の記録ページサイズバイブルサイズ程度
その他の機能
4位
記録期間妊娠中から1歳まで時間軸での記録
その他の記録ページ年間イベント・はじめて記念日などサイズB5
その他の機能
3位
育児ダイアリー あおむし
出典:amazon.co.jp

学研ステイフル育児ダイアリー あおむし

D13016

1,123円 (税込)

記録期間妊娠中から1歳まで時間軸での記録
その他の記録ページ誕生記録・予防接種リスト・はじめて記録などサイズA5
その他の機能ペンホルダー・ポケット付き
2位
育児日記 ダイアリー うぶごえ
出典:amazon.co.jp

シィ・エス株式会社育児日記 ダイアリー うぶごえ

1,676円 (税込)

記録期間妊娠中から1歳まで時間軸での記録
その他の記録ページ誕生記録・はじめて記録・アルバムなどサイズ
その他の機能CDポケット付き
1位
たけいみき ベビーダイアリー
出典:amazon.co.jp

クローズピンたけいみき ベビーダイアリー

DI11330

1,123円 (税込)

記録期間妊娠中から1歳まで時間軸での記録
その他の記録ページはじめて記録・予防接種リスト・定期健診記録などサイズB5
その他の機能ペンホルダー・ポケット付き

人気育児日記(マタニティ期から)の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格記録期間時間軸での記録その他の記録ページサイズその他の機能商品リンク
1
たけいみき ベビーダイアリー

クローズピン

たけいみき ベビーダイアリー

記念日を自分で設定できるのが嬉しい1,123円(税込)妊娠中から1歳まではじめて記録・予防接種リスト・定期健診記録などB5ペンホルダー・ポケット付き詳細を見る
2
育児日記 ダイアリー うぶごえ

シィ・エス株式会社

育児日記 ダイアリー うぶごえ

写真を中心とした育児日記1,676円(税込)妊娠中から1歳まで誕生記録・はじめて記録・アルバムなどCDポケット付き詳細を見る
3
育児ダイアリー あおむし

学研ステイフル

育児ダイアリー あおむし

妊婦検診前から役立つマタニティページ1,123円(税込)妊娠中から1歳まで誕生記録・予防接種リスト・はじめて記録などA5ペンホルダー・ポケット付き詳細を見る
4
育児日記

upcheeka

育児日記

カラフルなページが盛りだくさんで楽しく...1,296円(税込)妊娠中から1歳まで年間イベント・はじめて記念日などB5詳細を見る
5
5年連用 育児日記 マムズ ワン

クロニクルブックス・ジャパン

5年連用 育児日記 マムズ ワン

好きなタイミングから始められる5年連用日記2,203円(税込)5年間×バイブルサイズ程度詳細を見る

育児日記(出産後から)の人気ランキング5選

ここからは、出産後から使える育児日記をご紹介します。書き込みやすさなどを比較しながら、気に入ったものを選んでみてくださいね。
5位
ディズニー 児ダイアリー ミッキー&ミニー
出典:amazon.co.jp

サンスター文具ディズニー 児ダイアリー ミッキー&ミニー

S2070570

729円 (税込)

記録期間誕生から1歳まで時間軸での記録
その他の記録ページ初めて記念日・フォトスペース・定期健診記録などサイズA5
その他の機能ペンホルダー付き
4位
ミドリ 育児ダイアリー 汽車柄
出典:amazon.co.jp

デザインフィルミドリ 育児ダイアリー 汽車柄

26210006

1,208円 (税込)

記録期間誕生から1歳まで時間軸での記録
その他の記録ページはじめてできたこと・誕生記録・お食い初め、初節句記録などサイズB5
その他の機能ペンホルダー付き
3位
記録期間時間軸での記録
その他の記録ページ誕生記録・はじめて記録・予防接種記録などサイズA5
その他の機能
2位
ミドリ 育児ダイアリー
出典:amazon.co.jp

デザインフィルミドリ 育児ダイアリー

800円 (税込)

記録期間誕生から1歳まで時間軸での記録
その他の記録ページ誕生記録・アルバムページ・予防接種リストなどサイズA5
その他の機能
1位
記録期間誕生から1歳まで時間軸での記録
その他の記録ページ誕生記録・アルバムページ・予防接種リストなどサイズA5
その他の機能

人気育児日記(出産後から)の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格記録期間時間軸での記録その他の記録ページサイズその他の機能商品リンク
1
育児日記

銀鳥産業

育児日記

名前の由来までしっかり残せるから、思い...1,101円(税込)誕生から1歳まで誕生記録・アルバムページ・予防接種リストなどA5詳細を見る
2
ミドリ 育児ダイアリー

デザインフィル

ミドリ 育児ダイアリー

パッと書いてサッと確認できる、忙しいマ...800円(税込)誕生から1歳まで誕生記録・アルバムページ・予防接種リストなどA5詳細を見る
3
育児日記

SASSY

育児日記

名入れしてプレゼントにも2,592円(税込)誕生記録・はじめて記録・予防接種記録などA5詳細を見る
4
ミドリ 育児ダイアリー 汽車柄

デザインフィル

ミドリ 育児ダイアリー 汽車柄

たくさん書き込みたいママにぴったり1,208円(税込)誕生から1歳まではじめてできたこと・誕生記録・お食い初め、初節句記録などB5ペンホルダー付き詳細を見る
5
ディズニー 児ダイアリー ミッキー&ミニー

サンスター文具

ディズニー 児ダイアリー ミッキー&ミニー

授乳や睡眠のリズムを記録しやすい729円(税込)誕生から1歳まで初めて記念日・フォトスペース・定期健診記録などA5ペンホルダー付き詳細を見る

育児日記を使う際の注意点

意外と見落としがちな、育児日記を使う際の注意点をまとめました。

エコー写真を貼るときは、普通紙にコピーして

エコー写真を貼るときは、普通紙にコピーして
育児日記を使う際に、赤ちゃんのエコー写真を記念に育児日記に貼っておきたいという方も多いと思いますが、もし病院でもらったエコー写真が感熱紙にプリントしたものであれば注意が必要です。

感熱紙は濡れると印刷内容が消えてしまいますし、時間の経過でも変色したり消えてしまうことがあります。保存しておきたい場合はコンビニなどで普通紙にコピーし、それを保存するようにしましょう。

病院で育児日記が貰えるかも要確認

病院で育児日記が貰えるかも要確認
病院によっては、赤ちゃんが誕生すると半年分の育児日記がプレゼントされるところも少なくありません。

授乳や排泄の記録とメモが残せるタイプのものが一般的ですが、特に母子同室の場合は入院中の授乳量のチェックなどに毎日提出を求められることもあるので、「病院でもらえるなら買わなくてもいい」という人はもちろん、「自分で購入したものを使いたい」と希望される場合は、事前に病院に育児日記がもらえるのかどうかを確認しておくようにしましょう。

育児日記にアプリを使うのも手

「赤ちゃんのお世話で手一杯で、育児日記まで記入できない」という方は、育児日記アプリを活用するのもいいでしょう。授乳や体重、排便など毎日の記録をつけたり、検診や予防接種のスケジュール管理ができたり、写真を共有して家族で見られたりするアプリもあります。

中には、お気に入りの写真を印刷できたり、保存した写真をアルバムやポストカードとして注文できる機能があるものも!これなら特別な思い出たちを形に残せるので、安心ですね。
浅井 貴子
助産師
浅井 貴子さんのコメント
個人的には、「フォトブック・赤ちゃん写真アルバム Baby365」をおすすめしています。毎日一枚写真を撮って、「今日泣いたよ」「歯が生えた」「一生懸命お風呂に入ったよ」など、短いコメントを書いて更新できるお手軽感が魅力です。さらに、365日記録すると一冊の本にすることができます。

立派なハードカバーもさることながら、かわいい赤ちゃんの写真が表紙になった、世界で一つだけのオリジナルブックは一生ものの宝物になることでしょう。製本は有料ですが、アプリは無料なので、気になる方はチェックしてみてください。

育児日記のデコレーションにはこちらもおすすめ

せっかく育児日記をつけるのなら、後から見返した時に楽しくなるようにデコレーションしてみてはいかがでしょう。以下のリンクでは育児日記にぴったりの文具をご紹介していますので、興味のある方はぜひ一緒にチェックしてくださいね。

育児日記の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、育児日記・育児ダイアリーのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

人気の育児日記をご紹介しましたが、いかがでしたか?

日々の赤ちゃんの様子や生活リズム、特別な思い出など書き残したい内容は人それぞれです。自分が書きやすく続けていきやすい育児日記を選んで、あまり気負い過ぎずに楽しく思い出を書き残していってくださいね。その記録は、きっと将来素晴らしい宝物になりますよ♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す