• 【DIY・野外作業に!】コードリールのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【DIY・野外作業に!】コードリールのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【DIY・野外作業に!】コードリールのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【DIY・野外作業に!】コードリールのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【DIY・野外作業に!】コードリールのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

【DIY・野外作業に!】コードリールのおすすめ人気ランキング7選

コードリール(電工ドラム)は、ドラム型の本体に電源コードを巻き付けた延長コードで、電源から離れた場所で電気を使うことができる便利なツールです。活用すれば夜間の野外作業で照明を使用する場合などでも便利で、片付けもスムーズに行えるコードリール。でも、室内用の2芯タイプにアースを取ることができる3芯タイプ、また防水や防泥カバーを備えたものなどさまざまな種類があり、特に初心者はどれを選んでよいのか悩みがちになりますよね。

そこでここではコードリールの選び方と、おすすめの商品を7選ご紹介します!ぜひ参考にして、ご自身の用途にぴったり合ったコードリールを見つけてくださいね。
  • 最終更新日:2019年03月04日
  • 12,126  views
目次

コードリールとは

コードリールとは

出典:amazon.co.jp

コードリールは、ドラム型の本体に電源コードを巻き付けた延長コードで、電源から離れた場所で電気を使うことができる便利なツールです。メーカーによって、「コードリール」(ハタヤ)、「電工ドラム」(日動)という商品名で販売されており、防水性能を備えたものやプラグ部分のアースを出し入れ可能なものなど、さまざまな種類が存在します。本記事では「コードリール」という名称で説明を行います。

コードリールの特徴

コードリールの特徴は、電源使用の範囲が広くなる、巻き取ることで簡単に片付けができる、過酷な環境でも使用できる、などがあります。

電源使用の範囲が広くなり、片付けもラク

電源使用の範囲が広くなり、片付けもラク
コードリールはドラム型の巻き上げ装置に電源コードを巻き上げ、かなりの長さ(20m、50mなど)の延長コードを一か所にまとめることができます。釣り竿のリールのようにコードを引き出したり巻いたりできますので、コードが絡みにくく、スムーズに作業を開始・後片付けを行うことができますよ。

過酷な環境でも使える

過酷な環境でも使える
長さだけでなく耐久性も高くなるように、家庭用の延長コードと比較すると被膜部分も厚くなっています。引きずられても損傷しにくい設計で、アスファルト・コンクリート・土の上など、あらゆる環境で使えます。

また、屋外や庭などでDIY作業をする際にも、何10mも電源から離れて作業ができるので、とても便利です。

コードリールの選び方

建築現場・工場からDIYまで、とても広い範囲で活躍させることのできるコードリール。コードリールは、屋内・屋外向けの製品で構造にやや違いがあります。また、コードリールは用途別(一般向け・セミプロ向け・プロ向け)でも分類することができ、それぞれに異なる機能を備えています。

使用する場所・用途に合わせて適切なコードリールを選択し、電源範囲の拡大に活用しましょう!

屋内用・屋外用で選ぶ

屋内用・屋外用で選ぶ

出典:hataya.jp

屋内用と屋外用でコードリールの特徴は異なります。以下では、それぞれについてご説明します。

屋内用コードリールの特徴

2mのコンパクトタイプから100mを超える長尺の特大リールまで、多種のコードリールがあります。屋内のみで使用しますので防雨機能などはありませんが、防塵シャッター付きのコンセントを採用しているものも多くあります。

屋外型コードリールの特徴

コードリールを屋外で使用する場合、天候による雨水等の影響が考えられます。そのため感電事故防止の観点から、製品は耐候性や防雨性が重視されています。通電部を水やほこり、湿気から守るためにコンセントの防雨カバーを備え、内部結線をモールド、また密閉した構造で作られています。

さらに漏電遮断機が取り付けられているものも多くあります。屋外型のコードリールを使用する前には、漏電遮断機のテストボタンを押して、正常に漏電遮断機が作動しているかのチェックも忘れずに行いましょう。

2芯・3芯等のプラグの種別をチェックする

2芯・3芯等のプラグの種別をチェックする

出典:amazon.co.jp

建築現場など、過酷な状況下で使用されるコードリールの場合は、アースを取ることができる3芯が義務化されている場合がほとんどです。2芯である場合、コードの劣化・損傷などで漏電した場合にアースを取る事ができないため、感電の危険が生じるからです。

絶縁処理されていない2芯のコードリールは、工事現場などの持ち込み検査で許可がおりない場合があります。労働安全衛生法によって義務付けられているからです。安全に作業するためのツールである事を認識し、正しい芯数のコードリールを選択しましょう。

用途(一般向け・セミプロ向け・プロ向け)で選ぶ

用途(一般向け・セミプロ向け・プロ向け)で選ぶ
コードリールを用途により選ぶ場合、一般向け・セミプロ向け・プロ向けに分類されます。それぞれに屋内外向けの製品がありますが、ここでは屋内・屋外共通の用途別の差についてご説明します。

一般向けのコードリール

DIYなどに手軽に使える一般向けのコードリールは屋内型の場合、防塵シャッターを内蔵してホコリの侵入を防ぐ機能を備えたものが多く、屋外用の場合は防雨型のものなどがあります。

コードの直径は1.25mm〜2.0mm程度と、軽く扱いやすいタイプが多くなっています。長さは20m~50mまであり、電線の溶解を防ぐための温度センサーがついています。

一般向けのコードリールにも2P接地付きプラグに対応したモデルがあります。なお、接地端子(アースピン)付きのコードリールのコンセントは2Pプラグだけでなく、2P接地付きのプラグも差し込むことができます。アースピン付きのコードリールのプラグには、アースピンが飛び出し式の「フキュートビプラグ」と、本体カバーを回すことでアースピンを出し入れする「ニュートビプラグ」がありますよ。

セミプロ向けのコードリール

一般向けのコードリールの機能に加え、漏電遮断機能がプラスされています。また、電圧降下を防ぐ、極太コード(直径3.5mm)を使用しているものもあります。

屋外用の場合は防雨機能が搭載され、さらに防泥カバーもプラスされています。防水ユニットやドラム固定栓など、メンテナンスがドライバー1本でできる、扱いの楽な業務用コードリールです。

プロ向けのコードリール

一般向け、セミプロ向けの機能とほぼ同じ機能が搭載されています。それらにプラスして、プロ向けのコードリールで、他と一番異なっている部分は、コードの素材と太さです。

丈夫な造りでしなやかなソフトンVCTケーブルなど、特別な素材のコードが採用されており、コードの直径も3.5mmまでの太さがあります。

電線の太さ・長さと電圧降下について

電線の太さ・長さと電圧降下について
電線コードに電流を流すと電圧降下が発生し、コンセントからとれる電圧が電源から直接とる場合より低くなってしまうことがあります。消費電力の大きさだけでなく、延長コードの電線が『細く』『長く』なるほど、電圧降下の影響を大きく受けることがわかります。

消費電力の低い電動工具を使用する場合は電圧降下の影響が小さいので、電線の太さにこだわらなくても良いでしょう。でも、消費電力が大きくパワーを落としたくない機械をつなげる場合は、電線の太いタイプを選ぶことをおすすめします。ただし、コードは太くなるにつれて値段も上がります。

コードリールを選ぶ際に、電圧降下の影響についてもよく考える必要がありますね!

コードリールのおすすめ人気ランキング7選

それでは、おすすめのコードリールをランキング形式でご紹介します!

スペックなどもしっかり比較して、使う場所・用途に合った商品を見つけてくださいね!
7位
コードリール ハタヤ 標準型サンデーリール 100V型 1枚目
出典:amazon.co.jp

ハタヤ標準型サンデーリール 100V型

S-30

3,548円 (税込)

種別/用途100V型タイプ(屋内用)/一般向け
プラグ仕様(芯数)2C
コンセント個数4
コンセント定格2P・15A・125V
コード長さ30m
質量/寸法(高さ×幅×奥行)5.8 Kg/324×275×181mm
定格電流/限度電流5A/15A
電線太さ/電線仕様-種別1.25mm2/VCT
6位
コードリール ハタヤ サンデーレインボーリール 屋外用 標準型 接地付 1枚目
出典:amazon.jp

ハタヤサンデーレインボーリール 屋外用 標準型 接地付

SS-30K

7,225円 (税込)

種別/用途100V型タイプ(屋外用)/セミプロ向け
プラグ仕様(芯数)3C
コンセント個数4(防雨タイプ)
コンセント定格2P・15A・125V(接地付)
コード長さ30m
質量/寸法(高さ×幅×奥行)7.5 Kg/324×230×181mm
定格電流/限度電流5A/15A
電線太さ/電線仕様-種別1.25mm2/VCT
5位
コードリール ハタヤ 標準型 温度センサー付 JTⅢ 100V型 1枚目
出典:amazon.co.jp

ハタヤ標準型 温度センサー付 JTⅢ 100V型

JTⅢ-101KS

5,145円 (税込)

種別/用途100V型パーソナルタイプ(屋内用)/プロ向け
プラグ仕様(芯数)3C
コンセント個数4(三相防じんシャッター付)
コンセント定格2P・15A・125V(接地付)
コード長さ10m
質量/寸法(高さ×幅×奥行)2.71 Kg/288×224×167mm
定格電流/限度電流7A/-
電線太さ/電線仕様-種別1.25mm2/VCTF
4位
コードリール ハタヤ BR型コードリール 漏電遮断器付・接地付 1枚目
出典:amazon.jp

ハタヤBR型コードリール 漏電遮断器付・接地付

BR-301KX

21,407円 (税込)

種別/用途100V型タイプ(屋内用)/プロ向け
プラグ仕様(芯数)3C
コンセント個数3(コンセント防塵キャップ付)
コンセント定格2P・15A・125V(接地付)
コード長さ30m
質量/寸法(高さ×幅×奥行)8.8 Kg/397×255×253mm
定格電流/限度電流6A/15A
電線太さ/電線仕様-種別2mm2/ソフトンケーブルVCT
3位
コードリール 日動工業 防雨・防塵型ドラム 屋外型 アース付 1枚目
出典:amazon.jp

日動工業防雨・防塵型ドラム 屋外型 アース付

FW-E23F

17,544円 (税込)

種別/用途100V型タイプ(屋外用)/プロ向け
プラグ仕様(芯数)3C
コンセント個数3(コンセント防塵キャップ付)
コンセント定格2P・15A・125V(接地付)
コード長さ20m
質量/寸法(高さ×幅×奥行)7.7 Kg/341×275×220mm
定格電流/限度電流5A/-
電線太さ/電線仕様-種別3.5mm2/VCT
2位
種別/用途100V型タイプ(屋内用)/一般向け
プラグ仕様(芯数)2C
コンセント個数4
コンセント定格2P・15A・125V
コード長さ20m
質量/寸法(高さ×幅×奥行)4.0 Kg/328×258×201mm
定格電流/限度電流5A/-
電線太さ/電線仕様-種別1.25mm2/VCT
1位

ハタヤ防雨サンデーレインボーリール 15A 屋外用

SS-20

3,738円 (税込)

種別/用途100V型タイプ(屋外用)/一般向け
プラグ仕様(芯数)2C
コンセント個数4
コンセント定格2P・15A・125V
コード長さ20m
質量/寸法(高さ×幅×奥行)4.4 Kg/324×230×181mm
定格電流/限度電流5A/-
電線太さ/電線仕様-種別1.25mm2/VCT

おすすめ人気 コードリールの比較一覧表

商品画像
1
コードリール ハタヤ 防雨サンデーレインボーリール 15A 屋外用 1枚目

ハタヤ

2
コードリール ハタヤ シンサンデーリール 1枚目

ハタヤ

3
コードリール 日動工業 防雨・防塵型ドラム 屋外型 アース付 1枚目

日動工業

4
コードリール ハタヤ BR型コードリール 漏電遮断器付・接地付 1枚目

ハタヤ

5
コードリール ハタヤ 標準型 温度センサー付 JTⅢ 100V型 1枚目

ハタヤ

6
コードリール ハタヤ サンデーレインボーリール 屋外用 標準型 接地付 1枚目

ハタヤ

7
コードリール ハタヤ 標準型サンデーリール 100V型 1枚目

ハタヤ

商品名

防雨サンデーレインボーリール 15A 屋外用

シンサンデーリール

防雨・防塵型ドラム 屋外型 アース付

BR型コードリール 漏電遮断器付・接地付

標準型 温度センサー付 JTⅢ 100V型

サンデーレインボーリール 屋外用 標準型 接地付

標準型サンデーリール 100V型

特徴安心・安全な屋外用コードリールのベストセラーポップなデザイン!どこでも便利に使えます雨や水の多い場所でも安心!安全作業を守る!漏電遮断器付のプロ向けコードリール安全性と機能性を追求したプロ向け小型コードリールどしゃ降りでも安全なセミプロ向け製品屋内型の4口電源、軽量で使いやすい30mタイプ
価格3,738円(税込)3,482円(税込)17,544円(税込)21,407円(税込)5,145円(税込)7,225円(税込)3,548円(税込)
種別/用途100V型タイプ(屋外用)/一般向け100V型タイプ(屋内用)/一般向け100V型タイプ(屋外用)/プロ向け100V型タイプ(屋内用)/プロ向け100V型パーソナルタイプ(屋内用)/プロ向け100V型タイプ(屋外用)/セミプロ向け100V型タイプ(屋内用)/一般向け
プラグ仕様(芯数)2C2C3C3C3C3C2C
コンセント個数443(コンセント防塵キャップ付)3(コンセント防塵キャップ付)4(三相防じんシャッター付)4(防雨タイプ)4
コンセント定格2P・15A・125V2P・15A・125V2P・15A・125V(接地付)2P・15A・125V(接地付)2P・15A・125V(接地付)2P・15A・125V(接地付)2P・15A・125V
コード長さ20m20m20m30m10m30m30m
質量/寸法(高さ×幅×奥行)4.4 Kg/324×230×181mm4.0 Kg/328×258×201mm7.7 Kg/341×275×220mm8.8 Kg/397×255×253mm2.71 Kg/288×224×167mm7.5 Kg/324×230×181mm5.8 Kg/324×275×181mm
定格電流/限度電流5A/-5A/-5A/-6A/15A7A/-5A/15A5A/15A
電線太さ/電線仕様-種別1.25mm2/VCT1.25mm2/VCT3.5mm2/VCT2mm2/ソフトンケーブルVCT1.25mm2/VCTF1.25mm2/VCT1.25mm2/VCT
商品リンク

コードリール使用時の注意点

工事現場や趣味のDIYにキャンプなど、活用される場の多いコードリールですが、使用する際にいくつか注意する点があります。電源を扱う器具で危険を伴うこともありますから、注意事項は必ず守るようにしましょうね。

巻き付けたまま使用しない!!

巻き付けたまま使用しない!!
コードをドラムに巻いたまま使用すると、熱が生じてコードが溶けたりすることがあり、大変危険です。必ず「引き止めマーク」まで引き出して使用しましょう。温度センサー付きのコードリールでは、自動的に熱が高くなると、シャットダウンするものがありますが、やはり基本的には全部引き出して使用しましょう。

接続した工具も防雨型プラグを!

接続した工具も防雨型プラグを!
コードリールに取り付ける電動工具も防雨型プラグを使用しないと、接続部より水が浸入してしまい、防水性能を保つことができず感電する恐れがあります。必ず工具の防雨性を確認しましょう。

その他使用時のチェック項目

その他使用時のチェック項目
以下のチェック項目は、使用する場面によって異なりますので、必ず確認してからコードリールを使用しましょうね。

・電圧をチェックします(100Vか200Vか?)。コードの長さはどれくらいでしょうか?
・使用場所は、屋内・屋外どちらでしょうか?(屋外の場合は、屋外防雨型を選びましょう)
・漏電遮断機(ブレーカー)付きであるかどうか?コンセントの数はいくつでしょう?
・定格電流(A)を確認します(定格電流とは、コードをドラムに巻いたまま使用する時の電流値です)。
・限度電流(A)を確認します(限度電流とは、コードを「引き止めマーク」まで延ばして使用する時の電流値です)。

まとめ

コードリールのおすすめ7選をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

一般に延長コードをドラムに巻き付けたコードリールといえば、工事現場やライブ会場で使用されているものなどを思い浮かべますが、屋内用・屋外用、一般向けからプロ向けまで実に多くの商品が揃っています。

コードリールはDIYや作業現場だけでなく、災害時の電源確保に役立ちますので、1個は家に用意しておくのもいいかもしれませんね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す