• ヒップアップショーツのおすすめ人気ランキング5選【ワコール・トラタニ・グンゼなど】のアイキャッチ画像1枚目
  • ヒップアップショーツのおすすめ人気ランキング5選【ワコール・トラタニ・グンゼなど】のアイキャッチ画像2枚目
  • ヒップアップショーツのおすすめ人気ランキング5選【ワコール・トラタニ・グンゼなど】のアイキャッチ画像3枚目
  • ヒップアップショーツのおすすめ人気ランキング5選【ワコール・トラタニ・グンゼなど】のアイキャッチ画像4枚目
  • ヒップアップショーツのおすすめ人気ランキング5選【ワコール・トラタニ・グンゼなど】のアイキャッチ画像5枚目

ヒップアップショーツのおすすめ人気ランキング5選【ワコール・トラタニ・グンゼなど】

ヒップラインをきれいに見せてくれる「ヒップアップショーツ」。ワコール・トラタニ・ユニクロなどから、さまざまな形状のものが発売されています。とはいえ商品やブランドによって細かな機能の違いがあるので、何を選べば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はヒップアップショーツの選び方のポイントと、人気商品のランキングをご紹介します!Amazonや楽天で取り扱いがある商品ばかりなので、気になったものは気軽にチェックしてみてください。ヒップアップに効果的なショーツを手に入れて、タイトなボトムもすっきり着こなしましょう!
  • 最終更新日:2018年11月21日
  • 108,831  views
目次

ヒップアップショーツの選び方

ヒップアップショーツは、理想の美尻を作るためにとても役に立ってくれる頼もしい存在です。では良いヒップアップショーツを選ぶためには、どういった点に注意して選べばいいのでしょうか。

形のタイプで選ぶ

一口にヒップアップショーツといっても様々な形がありますので、まずはそのタイプから押さえておきましょう。自分のスタイルにあう形を選ぶことがとても大切ですよ!

普通のショーツと同じ履き心地がいいなら「ショートタイプ」

普通のショーツと同じ履き心地がいいなら「ショートタイプ」
普通のショーツと同じようなタイプがいいという人におすすめなのが、ショートタイプのヒップアップショーツです。ヒップアップはしたくてもガードルのようないかにも履いています!という感覚が苦手な人もいますよね。そんな人のためにあるのが、このショートタイプです。

ショーツと同じように履くことができるため、スキニータイプのジーンズなど、身体にぴったりとくっついて、ボディラインがはっきりと見えてしまうタイプのボトムでも心配することなく履くことができます。覆い隠すタイプが苦手、という人にはこのショートタイプがぴったりでしょう。

お肉がはみ出るのを防ぎたいなら「ボクサーショーツタイプ」

お肉がはみ出るのを防ぎたいなら「ボクサーショーツタイプ」
ショートタイプはショーツと同じ感覚で履けるのでモコモコせずにすっきり履けて良いのですが、その反面、パンティラインやお尻からはみ出ている肉は、そのままはみ出た状態になってしまう恐れがあります。はみ出そうなお肉も一緒に包み込みたいならば、ボクサーショーツタイプを選ぶとよいでしょう。

ボクサーショーツタイプには、骨盤をきっちり支えてくれるタイプのものが多く、骨盤が開いていることによって垂れてしまっているお尻を、持ち上げてくれる効果が期待できます。

ショートタイプによってできてしまう恐れのある、お肉の段々としたラインが気になる人、ショートタイプだとホールド力が物足りない方はこのボクサータイプを選ぶとよいでしょう。

お腹周りのサポートも欲しいなら「ハイウエストタイプ」

お腹周りのサポートも欲しいなら「ハイウエストタイプ」

出典:uniqlo.com

ハイウエストタイプの良いところは、お尻だけでなく、お腹周りから合わせてボディラインを作ってくれるところです。下腹部のぽっこりが気になる、腰周りのお肉が気になる人には、ハイウエストタイプがおすすめです。

腰付近からしっかりと引き締めてくれて、しかもお尻もきゅっと引き締めて整えてくれると、腰からお尻にかけてのS字ラインを美しく描くことができるため、美尻効果がアップします!

綿やポリウレタンなど、素材も要チェック!

綿やポリウレタンなど、素材も要チェック!
普通のショーツよりシェイプ感があることも多いヒップアップショーツは、履き心地も大切です。そこで着目してほしいのは素材。なるべく肌触りがよく、蒸れにくいものがおすすめです。

肌当たりのよさ、蒸れにくさでいうと「綿」がベスト。ですがヒップアップという機能面ではいまいちな素材なので、全体に使われていることはあまりありません。快適さ重視なら当て布だけは綿を使っているものなどが良いでしょう。


機能重視ならナイロン・ポリウレタンが良いですが、こちらは綿より蒸れやすいので、メッシュ加工がされているなど快適な工夫が施されているものがおすすめですよ。

ボリューム不足な方はヒップパッド入りもアリ

ボリューム不足な方はヒップパッド入りもアリ
お尻のボリュームが少ない方は、美しいヒップラインを作るのが難しい場合もあります。そのためボリュームのないお尻で悩んでいる方には、ヒップパッド入りタイプがおすすめ!

パッドがお尻のボリューム感を足してくれるため、美しいボリュームあるお尻を作ってくれる効果があります。


お尻にボリュームを作ることができると、背中からお尻にかけてのS字ラインが美しく整いやすくなりますよ!

ヒップアップショーツの人気ランキング5選

では、ヒップアップショーツの人気ランキングを、選び方をふまえてご紹介します。

5位

ユニクロボディシェイパーショーツ(スムース・4分丈)

990円 (税別)

ウエストタイプハイウエストタイプ
素材ナイロン・ポリウレタン
サイズ XS・S・M・L・XL・XXL・3XL
カラーブラック・ベージュ・カーキ
4位
ウエストタイプボクサーショーツタイプ
素材本体:ナイロン95%・ポリウレタン5% 腰ゴム部:ナイロン90%・ポリウレタン5%・ポリエステル5%
サイズM・L
カラーブラック・バスクワイン・バンズブルー・ペールブラウン・マスタード
3位

Torataniもっちりレースボックスショーツ

1,600円 (税込)

ウエストタイプボクサータイプ
素材レース:ナイロン・ポリウレタン 足口:綿・ポリウレタン
サイズS(ヒップ82-90cm)・M(ヒップ87-95cm)・L(ヒップ92-100cm)・LL(ヒップ97-105cm)
カラー黒・サックス・モカ・ローズピンク
2位

BRADELIS NY育尻3ステップボトム

2,268円 (税込)

ウエストタイプショート~ハイウエスト丈
素材ナイロン・綿・ポリウレタン
サイズS(82-90cm)・M(87-95cm)・L(92-100cm)・LL(97-105cm)
カラーベージュ・ピンク・コーラルピンク・ネイビー・ブラック
1位

Wacoal(ワコール)キュッとアップパンツ キレイ

3,104円 (税込)

ウエストタイプショート丈
素材ナイロン・ポリウレタンなど
サイズ58・64・70・76・82
カラーシナモンブラウン・ブラック

人気ヒップアップショーツの比較一覧表

商品画像
1
ヒップアップショーツ Wacoal(ワコール) キュッとアップパンツ キレイ 1枚目

Wacoal(ワコール)

2
ヒップアップショーツ BRADELIS NY 育尻3ステップボトム

BRADELIS NY

3
ヒップアップショーツ Toratani もっちりレースボックスショーツ

Toratani

4
ヒップアップショーツ GUNZE Tuche HIP PARADE 3Dなヒップ 1枚目

GUNZE

5
ヒップアップショーツ ユニクロ ボディシェイパーショーツ(スムース・4分丈) 1枚目

ユニクロ

商品名

キュッとアップパンツ キレイ

育尻3ステップボトム

もっちりレースボックスショーツ

Tuche HIP PARADE 3Dなヒップ

ボディシェイパーショーツ(スムース・4分丈)

特徴ヒップもウエストもカバー!メリハリのあるラインをつくる3つのSTEPでヒップアップを目指すショーツ。まずはS...理想を形にしたノンストレスのヒップアップショーツ立体成型編みにより、ヒップの自然な丸みを演出リーズナブルでコスパ最高!安定感も抜群
価格3,104円(税込)2,268円(税込)1,600円(税込)918円(税込)990円(税別)
ウエストタイプショート丈ショート~ハイウエスト丈ボクサータイプボクサーショーツタイプハイウエストタイプ
素材ナイロン・ポリウレタンなどナイロン・綿・ポリウレタンレース:ナイロン・ポリウレタン 足口:綿・ポリウレタン本体:ナイロン95%・ポリウレタン5% 腰ゴム部:ナイロン90%・ポリウレタン5%・ポリエステル5%ナイロン・ポリウレタン
サイズ58・64・70・76・82S(82-90cm)・M(87-95cm)・L(92-100cm)・LL(97-105cm)S(ヒップ82-90cm)・M(ヒップ87-95cm)・L(ヒップ92-100cm)・LL(ヒップ97-105cm)M・LXS・S・M・L・XL・XXL・3XL
カラーシナモンブラウン・ブラックベージュ・ピンク・コーラルピンク・ネイビー・ブラック黒・サックス・モカ・ローズピンクブラック・バスクワイン・バンズブルー・ペールブラウン・マスタードブラック・ベージュ・カーキ
商品リンク

「洋服と同じ」は危険?正しいサイズの測り方

「洋服と同じ」は危険?正しいサイズの測り方
ヒップアップショーツを購入しても、サイズが合っていないと、お尻を潰してしまったり締め付けすぎたりと、逆効果になってしまうことがあります。ベストなのはショップでプロに測定・選んでもらうことですが、通販で買うときなど自分で測る場合は、上手な測り方のコツを押さえておきましょう。

まず、ウエストは腰で一番くびれているところにメジャーを当てるのが重要。またきつく締めすぎないよう注意してください。ヒップを測るときは、ヒップの「一番高いところ」にメジャーを当てましょう。このとき、床ときちんと水平になっているか要チェックです。

なおショーツの場合は、必ずしもいつも着ている洋服と同じサイズを選べばいい、というわけではないのでご注意を。洋服は標準サイズでも、ヒップサイズは大きめ、または小さめの方もいるので、きちんとウエスト・ヒップを測定してから買うようにしてくださいね。

下半身全体のラインにこだわるなら「ガードル」も!

今回は主にお尻のラインを重点的に整える「ヒップアップショーツ」をご紹介しましたが、ウエストや太ももなど、下半身全体のラインを整えたいなら「ガードル」がおすすめです。以下の記事ではさまざまな長さのガードルをご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

まとめ

ヒップアップショーツのおすすめ人気ランキングをご紹介しました。自分ではあまり見る事はありませんが、実はバックスタイルというのは人からは良くみられている場所です。特にパンツスタイルの時は、お尻の形は着こなしにとても大きな影響を与えるため、ヒップアップショーツの果たしてくれる役割はとても大きいものになります。

ぜひここでご紹介したヒップアップショーツを上手に使って、美尻を手に入れてください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す