1. TOP
  2. >
  3. ホビー
  4. >
  5. 手芸用品・クラフト
  6. >
  7. 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】
  • 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像5枚目

手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】

素朴でどこかほっこりとする手織りのコースターやマフラー。そんな作品を作りたいときに便利なのが「手織り機」です。しかし、手織り機には、本格的な大型の高機(たかばた)から子どもでも使用できるおもちゃのようなものまでさまざまな種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、手織り機の選び方とともに、ご自宅のテーブルで気軽に使えるおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。初心者から上級者まで楽しめるクロバーの「咲きおり」やハマナカの「オリヴィエ」も登場!。ぜひ、自分にぴったりの手織り機を見つけて、心和む手芸タイムを楽しんでくださいね。

  • 最終更新日:2020年04月23日
  • 64,442  views
目次

手織り機の選び方

それではまず、手織り機を購入するときにこれだけは外せないという選び方のポイントから見ていきましょう。

用途に合ったタイプを見つけよう

手織り機には、様々な種類のものがあります。用途に合わせて、自分の目的にあったものを選びましょう。

本格的な織物を楽しみたいなら、テーブルルームがおすすめ

本格的な織物を楽しみたいなら、テーブルルームがおすすめ

テーブルルームは本格的な織機(高機)を小型化したタイプで、筬(おさ・たて糸を通しておく櫛状の道具)と綜絖(そうこう・たて糸を上下に開く道具。別名へドル)が別々になっています。このタイプの特徴は、だいたい綜絖が4~8枚ほど付属してついていることです。一般的に、綜絖の数が多いほど複雑な模様を織ることが可能なため、8枚ついていればバリエーションに富んだ織りが楽しめます。


ハンドルレバー操作一つで動かせますが、少し複雑なため初心者には不向きで、どちらかというと中級者・上級者向き。ちなみにテーブルルームの「ルーム」は「room(部屋)」ではなく、「loom(織り機)」です。

リジッド機のオープンリードタイプは、裂き織り・毛糸織りに最適

リジッド機のオープンリードタイプは、裂き織り・毛糸織りに最適

リジッド機とは、筬(おさ)と綜絖(そうこう)が一体化したタイプの卓上手織り機のこと。一般的に、卓上手織り機の多くはこのタイプになります。綜絖はプラスティック羽の集合体で、製品によってこの枚数が異なるのが特徴。リジッド機は2種類あり、オープンリードタイプとクローズドリードタイプに分かれます。


オープンリードタイプは、たて糸を綜絖の上から引っ掛けるようにして溝の間に入れ、奥までカチッとはめ込むことで綜絖通しを完了させる仕組み。この作業だけで織り進めていけるのでとても使いやすく、初心者にもおすすめです。裂き織り・毛糸で織る作品・ポッパナ織りなどに適しています。

リジッド機のクローズドリードタイプは、マフラー・タペストリー作りに

リジッド機のクローズドリードタイプは、マフラー・タペストリー作りに

一方、クローズドリードタイプは、筬綜絖(おさそうこう)の真ん中に開いている穴にたて糸を入れてセットした上で、縦の溝にたて糸を通しながら織っていくタイプ。マフラーやタペストリー作りを楽しみたい方におすすめです。

インクルルームは、ベルト・バッグの紐を織るのに便利

インクルルームは、ベルト・バッグの紐を織るのに便利
ベルトを織るのに最適なのが、インクルルーム。ベルトの他、バック用の紐など丈夫なものを織ることができます。ただし、組み立て式が多く、その組み立てが複雑なことと、糸を張るのにスペースがいることがデメリット。初心者向けではありませんが、中級者以上で個性的な小物を作りたい方におすすめです。

小さい作品作りには、ミニ織り機がおすすめ

小さい作品作りには、ミニ織り機がおすすめ

ハンディ・タイプのミニ織り機は、場所を選ばず、手織りを楽しめます。これまでご紹介したタイプよりもコンパクトで、小さなコースターほどの大きさのものを織るのに最適。織ったものをいくつかつなげれば、テーブルクロスやショールにしたりすることもできます。

本体の材質も確認しよう

手織り機は、本体の材質によって見た目が異なります。使い勝手に影響する場合もあるため、しっかりチェックしておきましょう。

プラスティック製は軽量で持ち運びに便利

プラスティック製は軽量で持ち運びに便利
プラスティック製は、軽量で持ち運びに便利な点がメリット。安全性の面から、子どもへのプレゼントに贈るのもおすすめです。また、傷がつきにくいため、お手入れに気を遣わなくてもいいのも嬉しいですね。

木製は安定感があり、インテリアとしても最適

木製は安定感があり、インテリアとしても最適
木製の手織り機はプラスティック製に比べて、重たいのが難点。しかし、見た目に重厚感・高級感があり、置いておくだけで部屋のインテリアにもなります。造りがしっかりしているため、長く愛用したい方におすすめです。

折り畳めるタイプは収納性バツグン

折り畳めるタイプは収納性バツグン
組み立て式でもそうでなくても、折り畳めるタイプは、持ち運びにも収納にも便利です。大き目の手織り機であればあるほど、置き場所に困ってしまいますよね。収納スペースが少ない方は、折り畳めるタイプの商品を選ぶとよいでしょう。

また、メーカーによっては折り畳んで持ち運びができるバッグが付属されている場合もあります。お出かけ先でも使いたい、教室に持参しなければならないという方は、付属バッグの有無をチェックしてみましょう。

織り幅60cm以上なら多彩な作品作りを楽しめる!

織り幅60cm以上なら多彩な作品作りを楽しめる!
手織り機の織り幅は、20cm・40cm・60cm・80cmに分かれており、それぞれ対応できる作品が異なります。20cmや40cmほどですと、コースターやマフラーなどまでしか作れませんが、一般的に、60cm以上の手織り機になると、テーブルクロスやストールなどかなり幅広く様々なものを作れるようになります。色々な作品を作って楽しみたいという方は、織り幅が広めのものを選びましょう。

手織り機のおすすめ人気ランキング10選

人気の手織り機をランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月19日時点)をもとにして順位付けしました。

10位
タイプミニ織り機
本体の材質ABS
折りたたみ不可
織り幅15cm
9位
タイプリジッド機(クローズ)
本体の材質プラスチック
折りたたみ不可
織り幅22cm
8位
タイプミニ織り機
本体の材質-
折りたたみ不可
織り幅最大約16cm
7位
タイプリジッド機(クローズ)
本体の材質木(ブナ)
折りたたみ不可
織り幅60cm
6位
タイプリジッド機(オープン)
本体の材質
折りたたみ不可
織り幅20cm
5位

Herumut Muller(ヘルムート・ミューラー)手おり・小

HE0118

972円 (税込)

タイプミニ織り機
本体の材質
折りたたみ不可
織り幅16.5cm
4位
タイプリジッド機(クローズ)
本体の材質
折りたたみ
織り幅60cm
3位
タイプリジッド機(クローズ)
本体の材質
折りたたみ不可
織り幅40cm
2位
タイプリジッド機(オープン)
本体の材質
折りたたみ不可
織り幅約20cm
1位
タイプリジッド機(オープン)
本体の材質
折りたたみ不可
織り幅40cm

人気手織り機の比較一覧表

商品画像
1
手織り機 クロバー 手織り機 咲きおり 1枚目

クロバー

2
手織り機 Betterday 手織り機  1枚目

Betterday

3
手織り機 ハマナカ オリヴィエ リラ 40 1枚目

ハマナカ

4
手織り機 ラ・メール オリジナル折り畳み式卓上織り機 1枚目

ラ・メール

5
手織り機 Herumut Muller(ヘルムート・ミューラー) 手おり・小 1枚目

Herumut Muller(ヘルムート・ミューラー)

6
手織り機 ニック イネス 1枚目

ニック

7
手織り機 ashford(アシュフォード) リジッドヘドル 1枚目

ashford(アシュフォード)

8
手織り機 横田 ダルマ 絵織亜ミニ 1枚目

横田

9
手織り機 大石天狗堂 卓上手織機  1枚目

大石天狗堂

10
手織り機 アーテック ファンシーはたおりき 1枚目

アーテック

商品名

手織り機 咲きおり

手織り機

オリヴィエ リラ 40

オリジナル折り畳み式卓上織り機

手おり・小

イネス

リジッドヘドル

ダルマ 絵織亜ミニ

卓上手織機

ファンシーはたおりき

特徴扱いやすさで選ぶなら断然おすすめの「咲きおり」テーブルの上でも膝の上でも織れる!初心者にも上級者にもおすすめの一台収納性もバツグンの折りたたみ式卓上織り機コンパクト&リーズナブル!手軽に楽しめる木製の織り機親子でも楽しめる!長めの織物製作にぴったり織り機本体から組み上げるタイプ。大きめの織物にもOKどこででも織物が作れるミニタイプ裂き織りでアレンジも楽しめるリジット機お子さんの手芸用にもぴったり!
最安値
14,500
送料無料
詳細を見る
3,389
送料別
詳細を見る
22,966
送料無料
詳細を見る
31,860
送料要確認
詳細を見る
972
送料要確認
詳細を見る
6,380
送料無料
詳細を見る
22,440
送料要確認
詳細を見る
1,672
送料要確認
詳細を見る
2,720
送料要確認
詳細を見る
1,097
送料別
詳細を見る
タイプリジッド機(オープン)リジッド機(オープン)リジッド機(クローズ)リジッド機(クローズ)ミニ織り機リジッド機(オープン)リジッド機(クローズ)ミニ織り機リジッド機(クローズ)ミニ織り機
本体の材質木(ブナ)-プラスチックABS
折りたたみ不可不可不可不可不可不可不可不可不可
織り幅40cm約20cm40cm60cm16.5cm20cm60cm最大約16cm22cm15cm
商品リンク

手織り機をうまく使うコツ

手織り機をうまく使いこなして、おしゃれなマフラーやテーブルクロスなどを作りたいですよね。そのためのちょっとしたコツをお伝えしていきます。ぜひ参考にしてください。

裂き織りで、斬新でおしゃれに

裂き織りで、斬新でおしゃれに
裂き織りは裂いた布を横糸代わりに入れて、織ることです。糸で織っていたところに素材の異なるものが入ることで、斬新な雰囲気と人の手が加わっているぬくもりを感じます。コースターはもちろん、マフラーやストールにも応用できますよ。

手織りの糸はざっくりと太めに

手織りの糸はざっくりと太めに
手織りは細い糸よりも太い糸や毛糸のような糸を使用することで、ざっくり感が出て、手仕事ならではの味わいが出てきます。とくに、手織り機で使う縦糸は強く張るため、細い糸では切れてしまうことも。なるべく太目の強い糸で、なおかつやわらかい感触の糸を選ぶようにしましょう。

手織り機が使いやすくなる便利アイテムも揃えよう!

最後に、手織り機を使用するうえで、いくつか持っておくと便利なアイテムをご紹介します。

スタンドがあれば作業効率UP!

スタンドがあれば作業効率UP!
リビングやダイニングのテーブルに置いて、手織りを楽しむのはよいですが、手を伸ばさないといけないため、人によっては疲れやすいという方もいます。そんなときは、スタンドを用意しておくと少し斜めに傾けて使用することができ、手を動かしやすくなるので便利です。ただし、織り幅によってスタンドの種類が変わるので、間違わないように気をつけてください。

太さの異なる糸を織るときには「組み合わせ綜絖キット」が便利

太さの異なる糸を織るときには「組み合わせ綜絖キット」が便利
綜絖の密度を自由自在に組み合わせることのできるキットを一つ持っておくと、糸の太さや種類の異なるものを入れるときに、便利です。購入するときは、手織り機のメーカーと同じメーカーのキットを購入するようにしてくださいね。

縦糸の長さを決めるときには「整経台」が便利

縦糸の長さを決めるときには「整経台」が便利
織物のデザインによっては、縦糸の長さが異なるため、縦糸の調節がどうしても必要になってきます。そのようなときに整経台があると重宝します。ただし、手織り機の裏面で整経ができるタイプの場合は、あえて整経台は必要ありません。

色々な編み糸を組み合わせてオリジナル作品を作ろう!

手織り機を手に入れたら、早速お気に入りの織り糸や編み糸を用意して、自分だけのオリジナル作品を作ってみ ましょう。糸の素材や太さ、色合いの組み合わせは、あなた次第!色々な編み糸を比べながら、作品のイメージを膨らませてみてくださいね。以下の記事も要チェックですよ。

手織り機の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、手織り機のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクから確認してください。

まとめ

手織り機について、選び方のポイントやおすすめの人気商品について紹介しました。いかがでしたか。


手織り機は種類・織り幅などによって、作れる小物や織り方が異なります。また、持ち運びが便利な商品はお稽古に持参することもでき、どこかへ移動して手織りを楽しむことも可能です。ぜひお気に入りの手織り機を見つけて、オリジナルの作品を作ってみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す