• 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】のアイキャッチ画像5枚目

手織り機のおすすめ人気ランキング10選【咲きおり・オリヴィエも!】

素朴でどこかほっこりとする手織りのコースターやマフラー。そんな作品を簡単に作れて便利なのが「手織り機」です。しかし、一口で手織り機といっても、本格的な大型の高機から子どもでも使用できるおもちゃのようなものまで様々な種類があり、クローバーの咲きおりやハマナカのオリヴィエなど、たくさんの商品が販売されているため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、数ある手織り機の中からご自宅のテーブルで気軽に使える卓上手織り機に限定し、その選び方のポイントを徹底解説。また、Amazonや楽天などの通販でも人気の商品を口コミ・価格・特徴などで比較し、本当におすすめできるものをランキング形式でご紹介していきます。ぜひ、自分にぴったりの手織り機を見つけて、心和む手芸タイムを楽しんでくださいね。
  • 最終更新日:2019年06月05日
  • 35,119  views
目次

手織り機の選び方

それではまず、手織り機を購入するときにこれだけは外せないという選び方のポイントから見ていきましょう。

用途に合ったタイプを見つけよう

手織り機には、様々な種類のものがあります。用途に合わせて、自分の目的にあったものを選びましょう。

本格的な織物を楽しみたいなら、テーブルルームがおすすめ

テーブルルームは本格的な織機(高機)を小型化したタイプで、筬(おさ・たて糸を通しておく櫛状の道具)と綜絖(そうこう・たて糸を上下に開く道具。別名ヘルド)が別々になっています。このタイプの特徴は、だいたい綜絖が4~8枚ほど付属してついていることです。一般的に、綜絖の数が多いほど複雑な織りが可能なため、8枚ついていれば、かなり自由自在に楽しめます。

ただし少し複雑なため初心者には不向きで、どちらかというと中級者・上級者向き。ハンドルレバー操作一つで動かせるので、織り方のバリエーションが豊富であればあるほど、様々な手織りを楽しめます。ちなみにテーブルルームの「ルーム」は「room(部屋)」ではなく、「loom(織り機)」です。

リジット機のオープンリードタイプは、裂き織り・毛糸織りに最適

リジット機のオープンリードタイプは、裂き織り・毛糸織りに最適

出典:clover.co.jp

リジット機とは、筬(おさ)と綜絖(そうこう)が一体化したタイプの卓上手織り機のこと。一般的に、卓上手織り機の多くはこのタイプになります。綜絖はプラスティック羽の集合体で、製品によってこの枚数が異なるのが特徴。リジット機は2種類あり、オープンリードタイプとクローズドリードタイプに分かれます。

オープンリードタイプは、たて糸を綜絖の上から引っ掛けるようにして溝の間に入れ、奥までカチッとはめ込むことで綜絖通しを完了させる仕組み。この作業だけで織り進めていけるのでとても使いやすく、初心者にもおすすめです。裂き織り・毛糸で織る作品・ポッパナ織りなどに適しています。

リジット機のクローズドリードタイプは、マフラー・タペストリー作りに

リジット機のクローズドリードタイプは、マフラー・タペストリー作りに

出典:amazon.co.jp

一方、クローズドリードタイプは、筬綜絖(おざそうこう・画像の中央部の白い板の部分)の真ん中に開いている穴にたて糸を入れてセットした上で、縦の溝にたて糸を通しながら織っていくタイプ。マフラーやタペストリー作りを楽しみたい方におすすめです。

インクルルームは、ベルト・バッグの紐を織るのに便利

ベルトを織るのに最適なのが、インクルルーム。ベルトの他、バック用の紐など丈夫なものを織ることができます。ただし、組み立て式が多く、その組み立てが複雑なことと、糸を張るのにスペースがいることがデメリット。初心者向けではありませんが、中級者以上で個性的な小物を作りたい方におすすめです。

小さい作品作りには、ミニ織り機がおすすめ

小さい作品作りには、ミニ織り機がおすすめ

出典:teori-ya.com

ハンディ・タイプのミニ織り機は、場所を選ばず、手織りを楽しめます。これまでご紹介したタイプよりもコンパクトで、小さなコースターほどの大きさのものを織るのに最適。織ったものをいくつかつなげて、テーブルクロスやショールにしたりすることができるのもメリットです。

本体の材質も確認しよう

手織り機は、本体の材質によって見た目が異なります。使い勝手に影響する場合もあるため、しっかりチェックしておきましょう。

プラスティック製は軽量で持ち運びに便利

プラスティック製は軽量で持ち運びに便利

出典:amazon.co.jp

プラスティック製は、軽量で持ち運びに便利な点がメリット。安全性の面から、子どもへのプレゼントに贈るのもおすすめです。また、傷がつきにくいため、お手入れに気を遣わなくてもいいのも嬉しいですね。

木製は安定感があり、インテリアとしても最適

木製の手織り機はプラスティック製に比べて、重たいのが難点。しかし、見た目に重厚感・高級感があり、置いておくだけで部屋のインテリアにもなります。造りがしっかりしているため、長く愛用したい方におすすめです。

折り畳めるタイプは収納性バツグン

組み立て式でもそうでなくても、折り畳めるタイプは、持ち運びにも収納にも便利です。大き目の手織り機であればあるほど、置き場所に困ってしまいますよね。収納スペースが少ない方は、折り畳めるタイプの商品を選ぶとよいでしょう。

また、メーカーによっては折り畳んで持ち運びができるバッグが付属されている場合もあります。お出かけ先でも使いたい、教室に持参しなければならないという方は、付属バッグの有無をチェックしてみましょう。

織り幅60cm以上なら多彩な作品作りを楽しめる!

手織り機の織り幅は、20cm・40cm・60cm・80cmに分かれており、それぞれ対応できる作品が異なります。20cmや40cmほどですと、コースターやマフラーなどまでしか作れませんが、一般的に、60cm以上の手織り機になると、テーブルクロスやストールなどかなり幅広く様々なものを作れるようになります。色々な作品を作って楽しみたいという方は、織り幅が広めのものを選びましょう。

手織り機のおすすめ人気ランキング10選

それでは、選び方のポイントを踏まえて、手織り機のおすすめ商品をご紹介していきます。実際にどのような手織り機を購入したらよいか考えてみてくださいね。
10位
サイズ(約)(組立て前)204×218㎜/(組立て後)本体178×200mm/シャトル160×15mm
材質コートボール紙
織り幅
タイプミニ織り機(丸型)
付属品シャトル
9位

アシュフォード テーブルルーム

88,830円 (税込)

サイズ横幅 約56cm 奥行 約73cm 高さ 約55cm
材質ラッカー塗装
織り幅40㎝
タイプテーブルルーム
付属品シャトル36cm 2本/ステンレス筬40羽/10cm/綜絖通し/おさ通し/糸綜絖/ 日本語説明書ブックレット付き
8位

アシュフォード インクルルーム

10,584円 (税込)

サイズ横約64cm×高さ30cm×奥行き13cm 
材質白木
織り幅
タイプインクルルーム
付属品ベルトシャトル1本付属
7位
サイズ(本体)22.5×35cm /(織り巾)20cm /(「ひ」の長さ)約21cm
材質木製
織り幅
タイプリジット機のオープンリードタイプ
付属品ひ・綜絖
6位

ラ・メールオリジナル折り畳み式卓上織り機

31,860円 (税込)

サイズ約幅715mm×奥行360mm(折りたたみ時)×高さ120mm
材質木製
織り幅60㎝
タイプリジット機のクローズドリードタイプ
付属品板ひ(56cm・63cm・各1本)・クランプ ・整経ペッグ(14本)・おさ板ひ(56cm・63cm各1本)
5位

クロムスキー クロッスノ織り機

27,500円 (税込)

サイズ横幅約54cm×縦約64cm
材質プラスティック製
織り幅60㎝
タイプリジット機のクローズドリードタイプ
付属品シャトル40cm・2本/筬そうこう40羽・10cm/綜絖筬通し・クランプ・整経棒とクランプのセット
4位
手織り機 ヘルムート・ミューラー社 手おり・大 1枚目
出典:amazon.co.jp

ヘルムート・ミューラー社手おり・大

4,000円 (税込)

サイズ46×35cm/織巾26.5cm
材質木製
織り幅60㎝
タイプリジット機のオープンリードタイプ
付属品縦糸巻き・綜絖・筬・ひ・布巻き棒・織り方説明書
3位
手織り機 アシュフォード 手織り機 リジットへドル  1枚目
出典:amazon.co.jp

アシュフォード手織り機 リジットへドル

21,501円 (税込)

サイズ幅730×奥行630×高さ145mm
材質木製(ブナ材)
織り幅60㎝
タイプリジット機のクローズドリードタイプ
付属品リジッドリード1枚・30羽/シャトル2本/整型用木製ピン1本/筬通し1本/綜絖通し1本/使い方マニュアル冊子/組み立て説明書
2位
サイズ565x732x95mm
材質木製
織り幅60㎝
タイプリジット機のオープンリードタイプ
付属品標準セット40羽ソウコウ(60cm)1本/シャトル(大・特大)各1本/ホルダー6個/ホルダー(短)2個/ワープステック(長)12本/テンションバー3本/クリップ1個/面ファスナー2本/専用レンチ1個/使用説明書/取り扱いDVD付
1位
サイズ幅71.5×奥行62×高さ13.5cm
材質木製
織り幅60㎝
タイプリジット機のクローズドリードタイプ
付属品ボディ・へドル30羽 (30本/10cm) /シャトル56cm・30cm/フロントスティック/バックスティック/紐10本/付属品一式/解説ビデオ/取扱説明書

おすすめ人気手織り機の比較一覧表

商品画像
1
手織り機 ハマナカ オリヴィエ60 1枚目

ハマナカ

2
手織り機 Clover  手織り機 咲きおり 1枚目

Clover

3
手織り機 アシュフォード 手織り機 リジットへドル  1枚目

アシュフォード

4
手織り機 ヘルムート・ミューラー社 手おり・大 1枚目

ヘルムート・ミューラー社

5
手織り機 クロムスキー  クロッスノ織り機 1枚目

クロムスキー

6
手織り機 ラ・メール オリジナル折り畳み式卓上織り機 1枚目

ラ・メール

7
手織り機 ニック イネス 1枚目

ニック

8
手織り機 アシュフォード  インクルルーム 1枚目

アシュフォード

9
手織り機 アシュフォード  テーブルルーム 1枚目

アシュフォード

10
手織り機 ハマナカ ミニ織り機 丸型 1枚目

ハマナカ

商品名

オリヴィエ60

手織り機 咲きおり

手織り機 リジットへドル

手おり・大

クロッスノ織り機

オリジナル折り畳み式卓上織り機

イネス

インクルルーム

テーブルルーム

ミニ織り機 丸型

特徴座って簡単に手織りが楽しめる織り機口コミでも使いやすさで人気!初心者向け!糸を張る作業を簡略化初心者の方にも存分に楽しめる手織り機折り畳み式・裏面で整経可能収納性もバツグンの折り畳み式卓上織り機ドイツ製のシンプルな手織り機おしゃれなベルト織りが可能!どんな糸や毛糸でも自由自在個性的な丸型のミニ織り機
価格23,000円(税込)22,236円(税込)21,501円(税込)4,000円(税込)27,500円(税込)31,860円(税込)5,526円(税込)10,584円(税込)88,830円(税込)774円(税込)
サイズ幅71.5×奥行62×高さ13.5cm565x732x95mm幅730×奥行630×高さ145mm46×35cm/織巾26.5cm横幅約54cm×縦約64cm 約幅715mm×奥行360mm(折りたたみ時)×高さ120mm(本体)22.5×35cm /(織り巾)20cm /(「ひ」の長さ)約21cm横約64cm×高さ30cm×奥行き13cm 横幅 約56cm 奥行 約73cm 高さ 約55cm(約)(組立て前)204×218㎜/(組立て後)本体178×200mm/シャトル160×15mm
材質木製木製木製(ブナ材)木製プラスティック製木製木製白木ラッカー塗装コートボール紙
織り幅60㎝60㎝60㎝60㎝60㎝60㎝40㎝
タイプリジット機のクローズドリードタイプリジット機のオープンリードタイプリジット機のクローズドリードタイプリジット機のオープンリードタイプリジット機のクローズドリードタイプリジット機のクローズドリードタイプリジット機のオープンリードタイプインクルルームテーブルルームミニ織り機(丸型)
付属品ボディ・へドル30羽 (30本/10cm) /シャトル56cm・30cm/フロントスティック/バックスティック/紐10本/付属品一式/解説ビデオ/取扱説明書標準セット40羽ソウコウ(60cm)1本/シャトル(大・特大)各1本/ホルダー6個/ホルダー(短)2個/ワープステック(長)12本/テンションバー3本/クリップ1個/面ファスナー2本/専用レンチ1個/使用説明書/取り扱いDVD付リジッドリード1枚・30羽/シャトル2本/整型用木製ピン1本/筬通し1本/綜絖通し1本/使い方マニュアル冊子/組み立て説明書縦糸巻き・綜絖・筬・ひ・布巻き棒・織り方説明書シャトル40cm・2本/筬そうこう40羽・10cm/綜絖筬通し・クランプ・整経棒とクランプのセット板ひ(56cm・63cm・各1本)・クランプ ・整経ペッグ(14本)・おさ板ひ(56cm・63cm各1本)ひ・綜絖ベルトシャトル1本付属シャトル36cm 2本/ステンレス筬40羽/10cm/綜絖通し/おさ通し/糸綜絖/ 日本語説明書ブックレット付きシャトル
商品リンク

手織り機をうまく使うコツ

手織り機をうまく使いこなして、おしゃれなマフラーやテーブルクロスなどを作りたいですよね。そのためのちょっとしたコツをお伝えしていきます。ぜひ参考にしてください。

裂き織りは斬新でおしゃれ

裂き織りは裂いた布を横糸代わりに入れて、織ることです。糸で織っていたところに素材の異なるものが入ることで、斬新な雰囲気と人の手が加わっているぬくもりを感じます。コースターはもちろん、マフラーやストールにも応用できますよ。

手織りの糸はざっくりと太めに

手織りの糸はざっくりと太めに

出典:amazon.co.jp

手織りは細い糸よりも太い糸や毛糸のような糸を使用することで、ざっくり感が出て、手仕事ならではの味わいが出てきます。とくに、手織り機で使う縦糸は強く張るため、細い糸では切れてしまうことも。なるべく太目の強い糸で、なおかつやわらかい感触の糸を選ぶようにしましょう。

手織り機が使いやすくなる便利アイテムも揃えよう!

最後に、手織り機を使用するうえで、いくつか持っておくと便利なアイテムをご紹介します。

スタンドがあれば作業効率UP!

リビングやダイニングのテーブルに置いて、手織りを楽しむのはよいですが、手を伸ばさないといけないため、人によっては疲れやすいという方もいます。そんなときは、スタンドを用意しておくと少し斜めに傾けて使用することができ、手を動かしやすくなるので便利です。ただし、織り幅によってスタンドの種類が変わるので、間違わないように気をつけてください。

太さの異なる糸を織るときには「組み合わせ綜絖キット」が便利

綜絖の密度を自由自在に組み合わせることのできるキットを一つ持っておくと、糸の太さや種類の異なるものを入れるときに、便利です。購入するときは、手織り機のメーカーと同じメーカーのキットを購入するようにしてくださいね。

縦糸の長さを決めるときには「整経台」が便利

織物のデザインによっては、縦糸の長さが異なるため、縦糸の調節がどうしても必要になってきます。そのようなときに整経台があると重宝します。ただし、手織り機の裏面で整経ができるタイプの場合は、あえて整経台は必要ありません。

色々な編み糸を組み合わせてオリジナル作品を作ろう!

手編み機を手に入れたら、早速お気に入りの編み糸を用意して、自分だけのオリジナル作品を作ってみましょう。糸の素材や太さ、色合いの組み合わせは、あなた次第!色々な編み糸を比べながら、作品のイメージを膨らませてみてくださいね。下記の記事も要チェックですよ。

手織り機の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、手織り機のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

手織り機について、選び方のポイントやおすすめの人気商品についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

手織り機の種類・織り幅などによって、作れる小物や織り方が異なることが分かりました。また、持ち運びが便利な商品はお稽古に持参することもできますし、どこかへ移動して手織りを楽しむことも可能です。ぜひお気に入りの手織り機を見つけて、オリジナルな作品を作ってみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す