• 破魔弓のおすすめ人気ランキング10選【男の子の初正月に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 破魔弓のおすすめ人気ランキング10選【男の子の初正月に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 破魔弓のおすすめ人気ランキング10選【男の子の初正月に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 破魔弓のおすすめ人気ランキング10選【男の子の初正月に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 破魔弓のおすすめ人気ランキング10選【男の子の初正月に!】のアイキャッチ画像5枚目

破魔弓のおすすめ人気ランキング10選【男の子の初正月に!】

お正月飾りとしてお馴染みの破魔弓は、特に初正月を迎える男の子に贈られるものとして有名ですよね。しかし、商品によって素材や価格に違いがあったり、サイズも大きいものからコンパクトなものまで存在したりするため、いざ贈るとなったとき、どのようなものを選べばよいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、破魔弓の上手な選び方とおすすめの商品10選をランキング形式でご紹介したいと思います。破魔弓は一生に一度の贈り物なので、選び方を参考に、品質・見た目ともに納得のいくものを選んでくださいね!
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 8,789  views
目次

どうして破魔弓を贈るの?

「破魔弓は縁起物である」ということはなんとなく知っていても、「どうして男の子の初正月に破魔弓を贈るのか?」ということは意外と知られていないものです。そこでまず、「破魔弓とはどういうものなのか?どうして男の子に贈るのか?」ということについて解説いたします。

破魔弓の起源は鎌倉時代に遡る!

破魔弓の起源は鎌倉時代に遡る!
古くより、弓矢には魔を祓う力があるとされ、神社などで神事に用いられてきました。

現在のように、男の子の初正月に破魔弓が贈られるようになったのは、鎌倉時代からのことです。武士にとって、弓はとても重要なもの。そのため、武家の男の子が成長して立派な武士になることを願って贈られたものであるといわれています。

かつての破魔弓は手遊びに使えるようなものであったため、新春に「ハマ」とよばれる的を作って破魔矢で射る「ハマコロ」という遊びが、男児たちの間で行われていたこともありました。

現在では、男の子がすこやかに成長することを祈願するものに

現在では、男の子がすこやかに成長することを祈願するものに
現代に近づくにつれて、破魔弓の装飾はどんどん豪華になっていきました。それに伴って、破魔弓が子どもの手遊びに使われることはなくなり、現在では正月飾りとして飾られることが主流となっています。かつては立派な武士になることを願って贈られた破魔弓は、今は男の子のすこやかで力強い成長を願う魔除けの道具として贈られるものとして親しまれています。

破魔弓の選び方のポイント

ここからは、破魔弓の選び方について解説していきます。男の子の成長を願う気持ちを伝えるためにも、上手な選び方を知り、より良い破魔弓を見つけてみましょう!

高級感のある木製の弓を選ぶ

高級感のある木製の弓を選ぶ

出典:koitoku.com

破魔弓には、木製のものとプラスチック製のものがあります。プラスチック製の破魔弓は安価ですが、独特の光沢が安っぽさを感じさせてしまうことも…。また、多くのプラスチック製の破魔弓には、製造工程で発生する「バリ」と呼ばれる筋のようなものが残ってしまっているという点も、弓の美しさが損なわれる原因となります。

一方、木製の破魔弓は重厚であり、どっしりとしているのが特徴です。安っぽい光沢もないため、天然素材ならではの落ち着きを感じさせてくれます。プラスチック製と比べれば高価ですが、一生に一度の贈り物ですから、高級感のある木製のものを選ぶとよいでしょう。

天然の矢羽を使っているものを選ぶ

天然の矢羽を使っているものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

破魔弓とセットで飾られる矢には、「矢羽(やばね)」と呼ばれる羽がついています。破魔弓を選ぶ際には、矢羽がなるべく染色されていない、本物の鳥の羽根を使用したものを選ぶようにしましょう。矢羽に使用される、美しい羽を持った代表的な鳥の種類としては、金鶏・銀鶏・ガチョウ・フクロウなどが挙げられます。

安価な破魔弓の矢羽には、プラスチック素材や染められたニワトリの羽が使用されていることもありますが、そのような羽には不自然なテカリがあり、安っぽく見えてしまうもの。天然の矢羽はつややかで風合いもよく、さらに耐久性においても優れているのでおすすめです。

ネットで購入する際など、自分の目で矢羽の風合いを確かめられない場合には、上記の鳥の羽を用いたものを選択するとよいでしょう。

弦巻は「籐巻」のものを選ぶ

弦巻は「籐巻」のものを選ぶ

出典:koitoku.com

破魔弓には、通常「弦巻(つるまき)」と呼ばれる、ひもを巻き付けたような装飾がついています。弦巻に使われる素材には、籐・綿・ビニールといったものがありますが、なるべく籐のものを選ぶようにするとよいでしょう。

籐の弦巻は「籐巻」と呼ばれ、弦巻の中でも最も上等なものとして知られており、上品な印象を感じさせる天然素材特有の落ち着いた色味が特徴的。価格の安いビニール製や綿製の弦巻は、どうしても籐巻のものに比べると高級感に欠け、見劣りしてしまいます。成長への願いを込める破魔弓だからこそ、職人が心を込めて巻いた籐巻のものを選びましょう。

鏃の形で選ぶ

破魔弓とセットで飾られる矢の先端部、鏃(やじり)の形状には、先が尖った「征矢(そや)」と、尖っていない「鏑矢(かぶらや)」があります。どちらも破魔弓としては理にかなった形状であるため、それぞれの特徴を把握した上で、気に入った方を選択するとよいでしょう。

魔や厄を射抜くとされる「征矢」

魔や厄を射抜くとされる「征矢」

出典:amazon.co.jp

「征矢(そや)」とは、戦場で用いる一般的な尖った矢です。戦いの際には、この矢が刺さることで相手にダメージを与えます。破魔弓においては、魔や厄を直接射抜くものと考えられている征矢は、勇敢に育って欲しいお子さんにぴったりです。

道を指し示し、さらに魔物をおそれさせるとされる「鏑矢」

道を指し示し、さらに魔物をおそれさせるとされる「鏑矢」

出典:amazon.co.jp

「鏑矢(かぶらや)」とは、飛びながら音を出す、先が尖っていない矢のことをいいます。古くより、合戦のはじまりの合図や、道を指し示すための道具として使われてきました。

魔物は鏑矢から発せられる音を怖がるとされているため、厄除けに有効であると考えられています。「道を指し示す霊的な力が宿る道具」ともいわれる鏑矢は、お子さんの幸せな将来への願いを込めるのに適しているといえるでしょう。

置く場所に合わせたサイズのものを選ぶ

置く場所に合わせたサイズのものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

破魔弓には、かなり大型のものからこじんまりとしたものまであり、サイズはさまざま。最近は集合住宅に住む方が増えてきているため、小型の破魔弓が多くなってきていますが、大きくて立派な破魔弓の需要もまだまだあります。そのため、破魔弓を贈る際には、飾る位置をある程度把握して、その場所に合わせたサイズのものを選ぶようにしましょう。

また、ほとんどの破魔弓は、「10号」「15号」というように号数でサイズを表記しています。しかし、同じ号数であっても、メーカーによってサイズが異なるという場合も多いです。破魔弓の大きさを選ぶときは、号数だけでなく、センチメートル単位でのサイズ表記もチェックしておくようにしましょう。

破魔弓のおすすめ人気ランキング10選

それでは、ここからはおすすめの破魔弓10選をランキング形式でご紹介します。どんな破魔弓があるのか、自分が贈るならどんな破魔弓がいいか、といったようなことを考えながら読んでみてくださいね!

10位:パノラマ暁星 12号

パノラマ暁星 12号

28,080円 (税込)

詳細情報
・弓:木製
・弦巻:籐巻
・矢羽:ガチョウ
・鏃:征矢
・サイズ:12号(横幅24cm×奥行21.5cm×高さ45.5cm)

全体的に落ち着いた色味が勇壮な印象を感じさせる

この破魔弓は、全体的に落ち着いた色味で統一されているところが特徴です。矢羽に使用されているガチョウの羽のグラデーションも、そのような印象を醸し出すのに一役買っています。

かつての武士の勇壮な佇まいを彷彿とさせるような色味で、男の子のたくましい成長を願う縁起物としてふさわしい一品であるといえるでしょう。華やかな色合いの破魔弓よりも、大人びた印象のものを贈りたいという方におすすめです。

9位:光鶴 西川 8号

光鶴 西川 8号

38,800円 (税込)

詳細情報
・弓:木製
・弦巻:籐巻
・矢羽:キジ
・鏃:征矢
・サイズ:8号(横幅25cm×奥行21cm×高さ36.5cm)

ひのきの色合いと美しい木目がやわらかな雰囲気を醸し出す

この破魔弓は、ひのきそのままのナチュラルで明るい色合いや、きれいな木目を活かした仕上がりとなっています。ひのきは、1300年以上前に建てられた薬師寺や法隆寺に使われている木材。これらの寺が今も美しいままであることからもわかるように、ひのきは非常に丈夫であり、長持ちします。子どもが丈夫にたくましく育つよう願いを込めるものとしても、適している木材であるといえるでしょう。

矢羽にはキジの羽が使用されており、派手すぎず気品のある雰囲気を作り出しています。明るくやわらかで、美しい破魔弓を探しているという方におすすめしたい一品です。

8位:桂 13号

桂 13号

27,000円 (税込)

詳細情報
・弓:木製
・弦巻:籐巻
・矢羽:銀鶏鳥
・鏃:征矢
・サイズ:13号(横幅26.5cm×奥行24cm×高さ47.5cm)

現代的な雰囲気のシルバーのケースと破魔弓のコントラストが美しい

この破魔弓のケースは、現代的な雰囲気を持つシルバーカラー。しかし、その中には、伝統的な様式を大切にした重厚感のある破魔弓が入っています。このケースと破魔弓のコントラストが不思議と美しく、現代的なお部屋にもマッチするデザインです。

矢羽には、銀鶏鳥の羽が使用されています。銀鶏鳥の羽は、家を守り福を招くといわれている、大変縁起の良いものです。特有の縞模様も美しく、高級感を感じさせてくれます。さらに、組紐は長寿延命を意味する、おめでたい菊結び。デザイン的に格好良いだけではなく、縁起が良い商品であるため、贈り物として喜ばれること間違いなしですよ。

7位:光鶴 越前 8号

光鶴 越前 8号

51,000円 (税込)

詳細情報
・弓:木製(漆塗り)
・弦巻:籐巻
・矢羽:銀鶏鳥
・鏃:征矢
・サイズ:8号(横幅26cm×奥行26cm×高さ37cm)

コンパクトながら、手塗りの漆仕上げで高級感たっぷり

この破魔弓は、高さ37cm程度のコンパクトなものです。アパートやマンションなど、飾るスペースがあまり広くとれないという場合であっても、贈りやすい破魔弓であるといえるでしょう。

コンパクトではありますが、決して安っぽいわけではありません。天然素材を豪華に使用し、その上職人の手塗りによるつややかな漆で仕上げられているため、非常に高級感があります。銀鶏鳥の羽のカットも美しく、細部まで気が配られた仕上がりの破魔弓です。

ケースの枠や台座も漆で仕上げられており、破魔弓の美しさをより引き立ててくれています。小さくても、華やかさを感じさせてくれる一品です。

6位:清浩 月桂 20号

清浩 月桂 20号

19,800円 (税込)

詳細情報
・弓:木製
・弦巻:籐巻
・矢羽:花紋鳥
・鏃:征矢
・サイズ:20号(横幅31.5cm×奥行21cm×高さ71cm)

美しい仕上がりなのに格安!コストパフォーマンス良好の破魔弓

この「月桂」は、20号と比較的大型であるにも関わらず、2万円を切るという格安の破魔弓です。しかし、だからといって安っぽい印象はなく、むしろ非常に美しい仕上がりとなっており、驚くべきコストパフォーマンスの高さを誇っています。

木製の弓や籐巻、そして天然の花紋鳥を使用した矢羽といったように、天然の素材をふんだんに使い、どっしりとした存在感がある破魔弓です。さらに、中央部には天然の籐を使用した籐篭の飾りがついており、より豪華な印象を強めています。

ケースの内部にはオルゴールが入っており、贈られたお子さんにも喜んでもらえる商品です。多額のお金はかけられないけれど、それでもなるべく豪華な見た目のものを選びたいという方には、もってこいの破魔弓ですよ。

5位:極上登竜 20号

極上登竜 20号

35,000円 (税込)

詳細情報
・弓:木製
・弦巻:籐巻
・矢羽:銀鶏鳥
・鏃:征矢
・サイズ:20号(横幅31cm×奥行21cm×高さ62cm)

勇ましい昇り龍の彫金が施され迫力たっぷり!

この破魔弓において特徴的なのは、なんといっても昇り龍の彫金でしょう。矢を入れる容器である「箙(えびら)」に施された昇り龍の彫金は勇ましく、迫力たっぷりです。

昇り龍のモチーフは「滝を登りきった鯉が龍となり、天へと昇っていった」という故事から生まれたものとされています。そこから、昇り龍は「鯉が滝登りをして龍となったように、ふつうの人間であっても努力すれば飛躍することができる」という意味を持ち、縁起物として愛されるようになりました。

そんな昇り龍の彫金が施されたこの破魔弓は、男の子のたくましい成長への願いを託すのにふさわしい品であるといえるでしょう。デザイン的にも、落ち着いた色合いや銀鶏鳥の矢羽によって、グッと昇り龍の格好良さが引き立っています。「男の子には、とにかく格好良い破魔弓を贈りたい!」という方におすすめの一品です。

4位:光鶴 喜多 8号

光鶴 喜多 8号

34,000円 (税込)

詳細情報
・弓:木製
・弦巻:籐巻
・矢羽:キジ
・鏃:征矢
・サイズ:8号(横幅24.5cm×奥行21cm×高さ47.5cm)

バックの格子模様と左右の枠のないケースがスタイリッシュな印象

飾り房に鮮やかな赤が使われていたり、矢羽に明るい色合いのキジの羽が使用されていたりと、華やかな破魔弓。しかし、バックの格子模様や左右の枠のないガラスケースは、非常に現代的かつスタイリッシュな印象です。そのため、和室のみならず、洋室に置いてもしっくり馴染んでくれます。

矢羽に使用されているキジは、吉兆や金財運の象徴とされる縁起の良い鳥です。日本の国鳥ともされているため、馴染み深く感じる方も多いでしょう。凝ったつくりでありながらも小さめサイズであるため、破魔弓を置くスペースを広く取ることができないお宅にも設置しやすいことも高ポイントです。置き場所を選ばないデザインのため、贈り物にはぴったりですよ!

3位:光鶴 勇 8号

光鶴 勇 8号

39,500円 (税込)

詳細情報
・弓:木製
・弦巻:籐巻
・矢羽:金鶏鳥
・鏃:征矢
・サイズ:8号(横幅26.5cm×奥行26cm×高さ36.5cm)

黒と朱に塗り分けられた内板が格調高さを演出

黒と朱に塗り分けられた内板が目を引くこちらの「勇」。美しくつややかに塗られた内板は格調高さを演出しており、破魔弓の高級感をぐっと高めています。ケースには、美しい木目が特徴のタモ材を使用。天然のものを使用しているため、経年によって色がより濃く変化していくさまを楽しむことができるでしょう。ケースの足部分が、「福を呼び込む」といわれる猫足となっていることも特徴的です。

あまり大きな破魔弓ではありませんが、細部までこだわったつくりであるため、お部屋の中でも強い存在感を放ってくれることでしょう。木の風合いを活かした、格調高い破魔弓を探している方におすすめです。

2位:宝童 翔輝 8号

宝童 翔輝 8号

32,000円 (税込)

詳細情報
・弓:木製
・弦巻:籐巻
・矢羽:ガチョウ
・鏃:征矢
・サイズ:8号(横幅23.5cm×奥行13.7cm×高さ35.5cm)

破魔弓だけでなく護り太刀もついた、小ぶりながら豪華なセット

この「翔輝」をひと目見ただけで、「格好良い!」と感じる方は多いことでしょう。シックな印象の破魔弓に護り太刀、そして光の当たり方によってさまざまな表情を見せる螺鈿(らでん)風の龍の刻印は、誰もが憧れるような勇ましさを感じさせます。

護り太刀は、武家において、さまざまな災厄や病気から身を守るお守りとして与えられるものでした。こちらの商品についている大小の護り太刀は、シルバーの飾りと落ち着いた色味のバランスが美しく、頼もしさも感じられる仕上がりとなっています。

全体的に落ち着いた色合いの中、ガチョウの羽を使った矢羽がアクセントとなっている、豪華な印象の「翔輝」。頼もしく育って欲しい男の子へ、ぜひ贈りたい一品だといえるでしょう。

1位:光鶴 帝 20号

光鶴 帝 20号

40,000円 (税込)

詳細情報
・弓:木製
・弦巻:籐巻
・矢羽:キジ
・鏃:鏑矢
・サイズ:20号(横幅34cm×奥行28cm×高さ71.5cm)

台座の加工も金箔仕上げの矢も見事の一言!長く飾るのにふさわしい破魔弓

20号という迫力のある大きさに、立体的に組まれた美しい台座、そして金箔仕上げの矢。さらに、きれいにカットされたキジの矢羽に、つややかな弓。どこを見ても「見事」と言わざるを得ないのが、この「帝」です。

特に高級感を感じさせるのは、やはり金箔で仕上げられた矢でしょう。材質にこだわって作られた破魔弓でも、矢の金色は樹脂仕上げとなっていることが多いものです。しかし、この破魔弓には金箔が使われているため、光沢の出方が違います。樹脂の場合はただギラギラした仕上がりとなりがちですが、金箔が使われた「帝」は上品な輝きを放ってくれるのが特徴です。

このような見事な仕上がりでありながら、低価格に抑えられているのは驚きの一言。完成度の高い、長く飾るのにふさわしいものを選びたいというあなたに強くおすすめしたい、本当に美しい逸品です。

女の子の初正月には羽子板を贈ろう!

破魔弓は男の子への贈り物ですが、女の子には羽子板を贈るという風習があります。お正月を初めて迎えるという女の子がいる場合は、羽子板をプレゼントしてお祝いしましょう。羽子板については下記のリンクで詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

破魔弓の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、破魔弓のAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回はおすすめの破魔弓10選をご紹介しましたが、いかがでしたか?破魔弓は、弓や弦巻などの素材に違いがあったり、鏑矢の形によって意味が異なったりと、購入の際に考慮すべきポイントがたくさんありましたね。男の子のすこやかな成長を願って、ぜひすてきな破魔弓を贈ってあげましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す