1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. スキンケアオイル
  6. >
  7. 【美容と健康に!】アーモンドオイルのおすすめ人気ランキング10選
  • 【美容と健康に!】アーモンドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【美容と健康に!】アーモンドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【美容と健康に!】アーモンドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【美容と健康に!】アーモンドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【美容と健康に!】アーモンドオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【美容と健康に!】アーモンドオイルのおすすめ人気ランキング10選

美容オイルのひとつとして注目されている、アーモンドオイル。肌へのなじみもよく、顔や髪などに使用でき美肌効果も期待できると評判です。また、ビタミンEも豊富で健康にもよいと報告されています。しかし、さまざまなメーカーから発売されオーガニック・マッサージ用など種類も多いため、どのオイルを選んだらよいか目移りしてしまう方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、食用・外用の用途別におすすめのアーモンドオイルをランキングで10選ご紹介していきます。自分に合ったお気に入りのアーモンドオイルを見つけましょう!

  • 最終更新日:2020年08月13日
  • 64,676  views
目次

アーモンドオイルの種類

アーモンドオイルとは、アーモンドの種子を原料とした植物性の天然オイル。古代ギリシアから使われていたそうですから、古い時代から重宝されてきたオイルです。


ちなみに、このアーモンドにはスイート種とビター種がありますが、食用のアーモンドオイルはスイート種。一方でビター種は刺激が強く、大量に摂取すると有害性があるため、アメリカでは販売が禁止されているほどです。よく見かける「スイートアーモンドオイル」はスイート種のアーモンドを使用しているという意味で、「アーモンドオイル」と同じと考えてOKです。


アーモンドオイルには大きく分けて、食用に使われる場合と外用に使われる場合の2種類があります。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

食用のアーモンドオイル

食用のアーモンドオイル

口から摂取するアーモンドオイルの使い方は実にさまざまです。例えば、サラダのドレッシング用に、あるいは肉料理やパスタの香りづけとしても使われます。アーモンドオイルと絡めることで、アーモンドのほのかな香りとマイルドな味わいに驚くはずです。よくお菓子づくりにも密かに使われていますよ。


アーモンドオイルには「オレイン酸」という成分が含まれていて、健康を維持してくれる効果も期待できます。

外用のアーモンドオイル

外用のアーモンドオイル

アーモンドオイルは美容分野でも幅広く活躍してくれます。例えば、マッサージオイルとして全身に塗布したり、ヘアケア・スキンケア・ネイルケア用のオイルとしても使用できますよ。


アーモンドオイルの成分として、食用に続き美容でも注目すべきなのはオレイン酸。皮膚に対して低刺激なので、化粧品の原料にもなっています。ヘアケアとしては、オレイン酸は髪の毛のキューティクルを保護し、髪の毛をナチュラルな状態に保つ働きがあるので、使用し続けているとしっとりサラサラヘアに。


また、赤ちゃんや乾燥肌の方も使用しやすく、ハリのあるしっとりとしたお肌に導いてくれるでしょう。アーモンドは植物の中でもビタミンEが豊富。肌をやわらかくし、保湿力を高めてくれますよ。

アーモンドオイルの選び方

アーモンドオイルについて食用と外用の区別をご説明しました。次に、それぞれのアーモンドオイルを選ぶときのポイントをご紹介していきます。

なるべく低温圧搾法で抽出されたものを選ぶ

なるべく低温圧搾法で抽出されたものを選ぶ

アーモンドオイルは、アーモンドの実の中の「仁」という部分から抽出されるオイル。仁には油分が含まれており、アーモンドに熱を加えないで、じっくりと圧力をかけてこの原液を搾り取る方法が低温圧搾法です。


低温圧搾(コールドプレス)して抽出されたものは、アーモンドの良い成分を残しており高品質。しかし、最初に圧搾法でオイルを抽出したあと、薬剤を用いてさらにオイルを抽出することもあります。この問題点は、栄養成分の含有量が少ないこと。


安価で販売されているアーモンドオイルは、大量生産を目的としてこうした薬品を使用した「溶剤抽出法」で採られたオイルである可能性が高いです。お安い分だけ有効成分も少ないので、気を付けましょう。

より安全性を重視するなら、オーガニック製品を選ぶ

より安全性を重視するなら、オーガニック製品を選ぶ

より安全性を重視するのならば、オーガニックのアーモンドオイルを選びましょう。例えば、世界基準の有機認証機関であるECOCERT GREENLIFE(エコサート グリーンライフ)による、ECOCERT Standard(エコサート基準)及びCOSMOS Standard(コスモス基準)のオーガニック認定などがあります。


また、COSMOS Standard(コスモス基準)とは、フランスをはじめとしたオーガニック認証機関5団体により制定された基準です。オーガニックとナチュラル化粧品についての、世界統一基準と考えてよいでしょう。その他にも類似したオーガニックを表すマークがついていたら、手に取って確かめてみましょう。

食用か外用か記載を確認して選ぶ

食用か外用か記載を確認して選ぶ

アーモンドオイルを食用として体の内側からケアしたい方は、必ず食用かどうかを必ず確認しましょう。基本的に外用のアーモンドオイルを食用として摂取することは控えてください。また、特別な記載がない限りは、食用のアーモンドオイルを外用に使用することもやめましょう。

遮光性の缶か瓶に入っているものを選ぶ

遮光性の缶か瓶に入っているものを選ぶ

アーモンドオイルのような植物油は、直射日光によって劣化してしまいます。オイルの品質を守るために、遮光性の缶や瓶に入っているアーモンドオイルを選びましょう。瓶の場合、遮光性が高いのは青や緑、黒などの濃い色みの瓶。どんなに品質が優れていても、こうした缶や瓶で保存されていないと、オイルの質が低下していってしまいます。食用なら体内に入るので、とくに注意しなければなりません。

アーモンドオイル(食用)のおすすめ人気ランキング5選

それでは人気のアーモンドオイルを、食用と外用に分けてランキング形式でご紹介します。まずは食用のアーモンドオイルです。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月10日時点)を参考に、編集部独自で順位付けしています。

5位
抽出方法低温圧搾
内容量200ml
生産国アメリカ
4位
抽出方法-
内容量250ml
生産国フランス
3位

La Tourangelle(ラ・トウランジェル)アーモンドオイル

1,570円 (税込)

抽出方法-
内容量250ml
生産国フランス
2位

エモーションプレミアム スイートアーモンドオイル

795円 (税込)

抽出方法-
内容量120ml
生産国アメリカ
1位
抽出方法-
内容量250ml
生産国イギリス

人気アーモンドオイル(食用)の比較一覧表

商品画像
1
アーモンドオイル オーフスカールスハムン アーモンドオイル

オーフスカールスハムン

2
アーモンドオイル エモーション プレミアム スイートアーモンドオイル 1枚目

エモーション

3
アーモンドオイル La Tourangelle(ラ・トウランジェル) アーモンドオイル 1枚目

La Tourangelle(ラ・トウランジェル)

4
アーモンドオイル GABAN(ギャバン) クロワヴェルト アーモンドオイル 1枚目

GABAN(ギャバン)

5
アーモンドオイル 高尾石材 SWEET ALMOND OIL 1枚目

高尾石材

商品名

アーモンドオイル

プレミアム スイートアーモンドオイル

アーモンドオイル

クロワヴェルト アーモンドオイル

SWEET ALMOND OIL

特徴高品質なアーモンドオイルをお手頃価格でアーモンドの深い風味が味わえる伝統的製法の手作りオイルフランス老舗オイルメーカーのアーモンドオイル低温圧搾法で国内抽出!外用としても
最安値
848
送料要確認
詳細を見る
795
送料要確認
詳細を見る
1,570
送料要確認
詳細を見る
1,047
送料要確認
詳細を見る
1,944
送料要確認
詳細を見る
抽出方法----低温圧搾
内容量250ml120ml250ml250ml200ml
生産国イギリスアメリカフランスフランスアメリカ
商品リンク

アーモンドオイル(外用)のおすすめ人気ランキング5選

次に、外用のアーモンドオイルをランキング別にご紹介していきます。食用よりも幅広い使い方ができるので、スキンケア・全身マッサージケア・ネイルケア・手作り化粧品用など、目的に応じて選ぶとよいですよ。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月10日時点)を参考に、編集部独自で順位付けしています。

5位
抽出方法圧搾
内容量500ml
生産国スペイン・アメリカ・オーストラリア・イタリア
4位
抽出方法低温圧搾
内容量100ml
生産国スペイン(日本国内でボトリング)
3位
抽出方法低温圧搾
内容量300ml
生産国アメリカ(充填は日本国内)
2位
抽出方法低温圧搾
内容量100ml
生産国アメリカ・オーストラリア
1位
抽出方法低温圧搾
内容量1,000ml
生産国アメリカ・イタリア

アーモンドオイル(外用)の比較一覧表

商品画像
1
アーモンドオイル ワールドジェイビー スイートアーモンドオイル 1枚目

ワールドジェイビー

2
アーモンドオイル サンエターナル  スイートアーモンドオイル 1枚目

サンエターナル

3
アーモンドオイル うたた寝屋 スイートアーモンドオイル 1枚目

うたた寝屋

4
アーモンドオイル ease easeアロマショップスイートアーモンド 1枚目

ease

5
アーモンドオイル 自然化粧品研究所 スイートアーモンドオイル

自然化粧品研究所

商品名

スイートアーモンドオイル

スイートアーモンドオイル

スイートアーモンドオイル

easeアロマショップスイートアーモンド

スイートアーモンドオイル

特徴サラッとした使い心地で夏場にも!天然無添加!スイートアーモンドオイル100%なめらかなテクスチャでマッサージに◎お肌の乾燥対策におすすめ手作り化粧品にもおすすめのアーモンドオイル
最安値
2,750
送料要確認
詳細を見る
1,240
送料要確認
詳細を見る
2,640
送料要確認
詳細を見る
550
送料要確認
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
抽出方法低温圧搾低温圧搾低温圧搾低温圧搾圧搾
内容量1,000ml100ml300ml100ml500ml
生産国アメリカ・イタリアアメリカ・オーストラリアアメリカ(充填は日本国内)スペイン(日本国内でボトリング)スペイン・アメリカ・オーストラリア・イタリア
商品リンク

アーモンドオイルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、アーモンドオイルのAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回はアーモンドオイルについて、食用と外用別に人気のあるおすすめランキングをご紹介しました。いかがでしたか?


選ぶポイントなどを参考にして、ぜひ体の内側からのケアや美容ケアとして役立ててみてくださいね。ただし、どんな良質なオイルでもご自身に合うかどうかが大事。必ずパッチテストをしてからお試しください。また、食用オイルは摂りすぎには十分注意しましょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す