• ベビーブランケットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ベビーブランケットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ベビーブランケットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ベビーブランケットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ベビーブランケットのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ベビーブランケットのおすすめ人気ランキング10選

これから赤ちゃんを迎えるご家庭ではベビーベッドや赤ちゃん用のお布団などをあらかじめ準備されることでしょう。そういったおねんねの時に使うアイテムとしてはもちろん、外出時や授乳時などにも活躍してくれる心強いベビー用品がベビーブランケットです。

まだまだ一般的とまではいかないかもしれませんが、近年では出産祝いにも選ばれるようになってきました。カシウェアやフェイラー、ベアフットドリームスなどといったブランドの商品も人気を集めています。では、ベビーブランケットにはどのような魅力があるのでしょうか。今回はその選ばれる理由と、Amazonや楽天市場などのランキングから人気の商品を具体的に見ていきたいと思います。

この記事に登場する専門家

浅井 貴子
  • 最終更新日:2018年11月12日
  • 65,979  views
目次

ベビーブランケットの選び方

ベビーブランケットは70cm~120cmほどの大きさの綿やポリエステルなどの化学繊維で作られた、正方形または長方形の小さな毛布のことを指します。贈り物としても喜ばれるものですが、ベビーブランケットは赤ちゃんが使うものなので、失敗がないように選びたいですよね。

まずはベビーブランケットを選ぶときに確認しておきたいポイントを見ていきましょう。

天然繊維のものを選ぶ

天然繊維のものを選ぶ
赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、できるだけ肌に優しい素材で作られているものを選びたいですね。最近では手触りが良いマイクロファイバーを使った商品も人気ですが、静電気が発生するのであまりおすすめしません。大人にとっては少しの刺激でも赤ちゃんにとっては強烈な衝撃になります。

天然繊維のものを選べば静電気の発生を抑えることができます。オーガニックコットンで作られていれば最も安心ですが、少なくとも肌に触れる部分の素材が綿100%の商品を選ぶようにしましょう。綿なら洗濯もしやすいですし洗うごとに柔らかくなっていくので長く重宝します。綿商品は時に薬剤で生地を柔らかく見せていることがあるので使う時には一度洗濯をしてから使うようにしましょう。

細かなパーツや飾りのあるものは避ける

細かなパーツや飾りのあるものは避ける
小さなリボンであったりボタンであっても、赤ちゃんにとっては肌を傷つけたり、うっかり誤嚥してしまう危険物になってしまいます。フリンジのようなデザインでも糸が赤ちゃんの指や爪にからまって怪我をしてしまったという話もあります。万が一でも思わぬ事故が起きないように、ベビーブランケットはとれやすい飾りなどがないシンプルなものを選ぶようにしましょう。

形とサイズを確認する

形とサイズを確認する
ベビーブランケットはベビー服のように月齢毎にサイズが分かれているわけではありませんが、商品によって70cmから120cmくらいのものが一般的です。お家でのみ使うのであればそれほど気にしなくても良いのですが、おくるみや外出時に羽織らせるような使用用途の場合には形やサイズを考慮する必要があります。

長方形のタイプは小さな赤ちゃんなら大丈夫ですが、例えば身長70cm以上ある子に使うのであれば少し体を覆うには小さいかもしれません。足元や体の上にかけるだけなら長方形タイプで問題ありませんが包んだりする場合は正方形タイプのものが使いやすいでしょう。

プロの愛用するおすすめのベビーブランケット

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのベビーブランケットをご紹介します!肌触りのいい赤ちゃんがよろこんでくれるベビーブランケットを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
エイデン&アネイ モスリンコットン おくるみ 4枚セット 1枚目
出典:amazon.co.jp

エイデン&アネイモスリンコットン おくるみ 4枚セット

6,372円 (税込)

ベビーブランケットのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ベビーブランケットの選りすぐりの人気商品をランキング形式で見ていきましょう!
10位
サイズ70×100cm
9位
ベビーブランケット 西川リビング スヌーピー ベビー毛布 ハグ柄
出典:amazon.co.jp

西川リビングスヌーピー ベビー毛布 ハグ柄

3,280円 (税込)

サイズ85×115cm
8位

エムールパフタッチ ベビー綿毛布

4,700円 (税込)

サイズ85×115cm
7位
ベビーブランケット タックコーポレーション エリクリジャガード綿毛布 フレンズ
出典:amazon.co.jp

タックコーポレーションエリクリジャガード綿毛布 フレンズ

1330

3,065円 (税込)

サイズ85×115cm
6位
ベビーブランケット サンデシカ ふわふわ6重ガーゼ ばんざいケット
出典:amazon.co.jp

サンデシカふわふわ6重ガーゼ ばんざいケット

2440-9999-51

5,400円 (税込)

サイズ70×100cm
5位

西川産業baby puff ピュアオーガニックコットン使用 綿毛布

LTG8001917

7,428円 (税込)

サイズ85×115cm
4位

Swaddle Designs究極のおくるみブランケット ブラウンサークル

SD-016

1,478円 (税込)

サイズ107×107cm
3位

ホッペッタコットンブランケット

4,644円 (税込)

サイズ90×115cm
2位
サイズ90×115cm
1位

エイデンアンドアネイモスリンコットン クラシック・ドリーム・ブランケット ディズニー くまのプーさん

7,020円 (税込)

サイズ120×120cm

おすすめ人気ベビーブランケットの比較一覧表

商品画像
1
ベビーブランケット エイデンアンドアネイ モスリンコットン クラシック・ドリーム・ブランケット ディズニー くまのプーさん

エイデンアンドアネイ

2
ベビーブランケット ナオミイトウ POCHO 綿毛布

ナオミイトウ

3
ベビーブランケット ホッペッタ コットンブランケット

ホッペッタ

4
ベビーブランケット Swaddle Designs 究極のおくるみブランケット ブラウンサークル

Swaddle Designs

5
ベビーブランケット 西川産業 baby puff ピュアオーガニックコットン使用 綿毛布

西川産業

6
ベビーブランケット サンデシカ ふわふわ6重ガーゼ ばんざいケット

サンデシカ

7
ベビーブランケット タックコーポレーション エリクリジャガード綿毛布 フレンズ

タックコーポレーション

8
ベビーブランケット エムール パフタッチ ベビー綿毛布

エムール

9
ベビーブランケット 西川リビング スヌーピー ベビー毛布 ハグ柄

西川リビング

10
ベビーブランケット 渡嘉毛織 ふわふわ綿毛布 ヒツジ

渡嘉毛織

商品名

モスリンコットン クラシック・ドリーム・ブランケット ディズニー くまのプーさん

POCHO 綿毛布

コットンブランケット

究極のおくるみブランケット ブラウンサークル

baby puff ピュアオーガニックコットン使用 綿毛布

ふわふわ6重ガーゼ ばんざいケット

エリクリジャガード綿毛布 フレンズ

パフタッチ ベビー綿毛布

スヌーピー ベビー毛布 ハグ柄

ふわふわ綿毛布 ヒツジ

特徴イギリス王室御用達ブランドジャガード織りが可愛く細やかな気配りのあるデザイン北欧風のスタイリッシュなベビーブランケット看護師ママのアイデアによるベビーブランケット西川のオーガニックコットン100%の綿毛布お手てもカバーできるポケット付き襟がくれたデザインで冷気をシャットアウトシンプルな純綿毛布男の子も女の子も使える人気のスヌーピー柄ひと手間かけて仕上げた柔らかい手触り
価格7,020円(税込)5,400円(税込)4,644円(税込)1,478円(税込)7,428円(税込)5,400円(税込)3,065円(税込)4,700円(税込)3,280円(税込)2,778円(税込)
サイズ120×120cm90×115cm90×115cm107×107cm85×115cm70×100cm85×115cm85×115cm85×115cm70×100cm
商品リンク

ベビーブランケットの使い方

ベビーブランケットは通常の毛布として以外にも様々な用途があります。選りすぐりの一品を選んで、徹底的に使いこなせば育児もぐっと楽しくなることでしょう。どんな使い方ができるのか、以下にまとめました。

寒暖の調整に使う

寒暖の調整に使う
赤ちゃんは大人のように暑さ・寒さを感じても自分で体温調節をすることができません。ですが夏場や冬場はエアコンの効いた室内と室外の気温差にさらされることは避けられません。そこでベビーブランケットを一枚携帯しておけば、外出時などで寒暖差を感じるときにさっとまとわせて赤ちゃんを守ることができます。特にベビーカーを利用するときには赤ちゃんの足元にひざ掛けのように使ったり風よけにしたりと大変役に立ちます。

またお寝相の悪い赤ちゃんや暑がりの赤ちゃんはお布団を蹴ってしまう時がありますが、ベビーブランケットをお腹周りにかけておいてあげれば内臓を冷やすことがありませんし、適度に熱を逃がしてあげることができます。

お布団を清潔を保つために使う

お布団を清潔を保つために使う
赤ちゃんはミルクを戻したり、おしっこやうんちで汚したりとなにかとお布団を汚しがちです。ですが忙しい子育ての折、毎日お布団を洗うわけにはいきませんよね。そんなときにベビーブランケットを敷布団の上に敷いておけば万が一汚してしまってもすぐに洗って乾かすことができます。

おくるみがわりに使う

おくるみがわりに使う
小さな赤ちゃんは何かに包まれていることで安心感を感じます。一番はお母さんのだっこですが、それにかわるものとしておくるみというものがあります。おくるみは通常正方形で頭の部分が帽子のようになっているものが多いのですが、ベビーブランケットをその代替にすることもできます。

お気に入りのベビーブランケットがあれば、赤ちゃんもその触り心地を覚えているので包まれるだけで安心することができます。外出時や公共交通機関に乗る時など赤ちゃんが不安を感じやすい時にもベビーブランケットは活躍してくれるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。タオルなどに比べるとブランケットは少しお値段が高くなりますが、それでも毎日肌に長い時間触れるものですから選りすぐりの良い物をつかわせてあげたいですよね。

ベビーブランケットは発想次第で色んな用途があることもわかりました。ここでご紹介した商品は、お家でもお外でも赤ちゃんと過ごす大切な時間の中で、さまざまなシーンで活躍してくれそうですね。皆様もお気に入りのベビーブランケットを見つけて育児を楽しく乗り切っていきましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す