• 妊娠検査薬のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 妊娠検査薬のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 妊娠検査薬のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 妊娠検査薬のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 妊娠検査薬のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

妊娠検査薬のおすすめ人気ランキング7選

妊娠の可能性がある時に、手軽に妊娠しているか判定できる「妊娠検査薬」。チェックワンやクリアブルーなどいろいろな種類がありますが、蒸発線で表示するもの・陰性と陽性が見やすいデジタルタイプのもの・早期チェックできるものなどがあり、何を重視して選んでいいのか困ってしまうものです。

今回は、初めての方にもわかりやすい妊娠検査薬の選び方と、通販で人気の商品をランキング形式でご紹介します。妊活中の方におすすめのものや、使いやすさに特化した商品などが登場。記事の後半では正しい使い方と知っておきたい注意点も解説しますので、初めての方はぜひチェックしてくださいね。
  • 最終更新日:2018年11月12日
  • 295,922  views
目次

妊娠検査薬の選び方のポイント

妊娠検査薬は、妊娠しているか・していないかを判定する大切な検査の第一歩です。まずは妊娠検査薬を選ぶ際のポイントをご紹介します。

早期?通常?まずは妊娠検査薬のタイプを選ぶ

妊娠すると、体内ではhCGと言うホルモンが作られ始めます。この特性を利用し、妊娠検査薬はhCGの量から陰性・陽性判定を行います。しかし判定が可能な時期は「早期タイプ」「通常タイプ」で異なりますので、まずはどちらを選ぶか決めましょう。

生理開始予定日の1週間後から使える「通常タイプ」

生理開始予定日の1週間後から使える「通常タイプ」

出典:amazon.co.jp

通常タイプは、ドラッグストアやコンビニでも手に入る、ごく一般的な妊娠検査薬です。生理開始予定日の1週間後から使用することができるので、生理が遅れていると思った頃に検査することができます。

ただ生理不順の方の場合は生理開始予定日が判断できないこともありますので、この後に解説する「検査可能時期」についても確認してみてください。

薬局でのみ販売され、もっと早い段階で使える「早期タイプ」

薬局でのみ販売され、もっと早い段階で使える「早期タイプ」
早期妊娠検査薬は、生理開始予定日の6日前~当日ごろの早い段階で使用できるタイプ。妊娠の可能性が極めて高い方や、早く結果を知りたい方に最適です。

ただこちらは薬剤師の居るドラッグストアや薬局でしか購入できず、コンビニでは販売されていません。また早期検査のため人によってはhCG量が不十分なことも多く、陽性でも陰性判定が出ることもありますので、この点には注意しておきましょう。

検査可能時期は「生理周期」に合わせて

検査可能時期は「生理周期」に合わせて
早期タイプを除くほとんどの妊娠検査薬は、生理開始予定日の4日~1週間後から検査できるようになっています。しかし、これは生理が毎月正確に来る方を基準としていますので、生理不順の方の場合は少し異なります。生理不順の方は次回の生理開始予定日が分からないので、前回の生理から45日経過した時点で使用しましょう。

妊活中など頻繁に使うなら2回用や3回用がお得

妊活中など頻繁に使うなら2回用や3回用がお得

出典:amazon.co.jp

頻繁に妊娠検査薬を使う方は、1本ではなく2本・3本セットになっているものを選んだ方が割安になります。妊活中の場合、毎月使用することもあるでしょうし、生理不順で検査結果をもう一度確かめたい方などは数本あった方が安心できます。コスパも重視したいのなら、2回用や3回用を検討してみてくださいね。

判定の正確さはどれも99%。商品による差はほぼなし

判定の正確さはどれも99%。商品による差はほぼなし

出典:amazon.co.jp

妊娠検査薬の判定の正確さは、どの商品も99%以上となっています。商品によって差が出ることはほとんどなく、正確性においては気にすることはありません。ただし使い方が誤っていると正確な判定ができませんので、この記事の後半で紹介している「使い方」も参考にして、正しく使用しましょう。

判定結果の見やすさも重要。デジタルならより明確

判定結果の見やすさも重要。デジタルならより明確
一般的な妊娠検査薬は、「蒸発線」というラインが出ることで陰性か陽性かを表示します。しかし、色が薄い・判定が曖昧で見にくいということもありますので、もっと正確に知りたい方はデジタル判定タイプを選ぶと良いでしょう。

デジタルタイプは価格は高くなりますが、陽性と陰性を「+」「-」で表示してくれるので大変見やすくなっています。見やいものなら一目で結果が分かりますからとても便利ですよ。

妊娠検査薬の人気ランキング7選

それでは、妊娠検査薬の選び方のポイントを踏まえて、ここからは人気商品をランキング形式でご紹介します。使いやすさやコスパも比較して選んでみてください。
7位
妊娠検査薬 アラクス チェックワンデジタル 3回用
出典:amazon.co.jp

アラクスチェックワンデジタル 3回用

2,140円 (税込)

検査可能時期生理開始予定日の1週間後から
入り数3回分
判定表示デジタルタイプ
6位
妊娠検査薬 武田コンシューマーヘルスケア ハイテスターN 1回用
出典:amazon.co.jp

武田コンシューマーヘルスケアハイテスターN 1回用

698円 (税込)

検査可能時期生理開始予定日の1週間後から
入り数1回分
判定表示蒸発線タイプ
5位
妊娠検査薬 不二ラテックス ウー・マン チェック 1回用
出典:amazon.co.jp

不二ラテックスウー・マン チェック 1回用

328円 (税込)

検査可能時期生理開始予定日の1週間後から
入り数1回分
判定表示蒸発線タイプ
4位
検査可能時期生理開始予定日の1週間後から
入り数2回分
判定表示蒸発線タイプ
3位
妊娠検査薬 オムロンヘルスケア クリアブルー 2回用
出典:amazon.co.jp

オムロンヘルスケアクリアブルー 2回用

408円 (税込)

検査可能時期生理開始予定日の1週間後から
入り数2回分
判定表示蒸発線タイプ
2位
検査可能時期生理開始予定日の1週間後から
入り数2回分
判定表示蒸発線タイプ
1位
妊娠検査薬 ミズホメディー P-チェック・S 2回用
出典:amazon.co.jp

ミズホメディーP-チェック・S 2回用

419円 (税込)

検査可能時期生理開始予定日の1週間後から
入り数2回分
判定表示蒸発線タイプ

人気妊娠検査薬の比較一覧表

商品画像
1
妊娠検査薬 ミズホメディー P-チェック・S 2回用

ミズホメディー

2
妊娠検査薬 アラクス チェックワン 2回用

アラクス

3
妊娠検査薬 オムロンヘルスケア クリアブルー 2回用

オムロンヘルスケア

4
妊娠検査薬 ロート製薬 ドゥーテスト 2回用

ロート製薬

5
妊娠検査薬 不二ラテックス ウー・マン チェック 1回用

不二ラテックス

6
妊娠検査薬 武田コンシューマーヘルスケア ハイテスターN 1回用

武田コンシューマーヘルスケア

7
妊娠検査薬 アラクス チェックワンデジタル 3回用

アラクス

商品名

P-チェック・S 2回用

チェックワン 2回用

クリアブルー 2回用

ドゥーテスト 2回用

ウー・マン チェック 1回用

ハイテスターN 1回用

チェックワンデジタル 3回用

特徴線の有無で簡単に判定できるから分かりやすい妊活中の方におすすめ!コスパに優れたチェックワンブルーの線で結果をお知らせしてくれる妊娠検査薬わずか1分で判定完了。すぐ結果が分かるから安心コスパも良く、ひとまず使いたい方におすすめ持ちやすいロングタイプで検査しやすい液晶ディスプレイで結果が見やすい
価格419円(税込)395円(税込)408円(税込)495円(税込)328円(税込)698円(税込)2,140円(税込)
検査可能時期生理開始予定日の1週間後から生理開始予定日の1週間後から生理開始予定日の1週間後から生理開始予定日の1週間後から生理開始予定日の1週間後から生理開始予定日の1週間後から生理開始予定日の1週間後から
入り数2回分2回分2回分2回分1回分1回分3回分
判定表示蒸発線タイプ蒸発線タイプ蒸発線タイプ蒸発線タイプ蒸発線タイプ蒸発線タイプデジタルタイプ
商品リンク

妊娠検査薬の使い方と使用上の注意

妊娠検査薬はセルフで妊娠しているか判定できるアイテムですが、誤った使い方では正確な判定ができません。また使い方によっては誤判定となることもありますので、以下の注意点や使い方もしっかり確認してみましょう。

妊娠検査薬の正しい使い方

妊娠検査薬の正しい使い方

出典:amazon.co.jp

妊娠検査薬の使い方は、ほぼどの商品も同じです。まずは検査薬の採尿部に尿を掛けましょう。あらかじめ紙コップなどに採尿して、検査薬を浸す方法でも使えます。商品によって尿を掛ける時間や浸す時間が決められていますので、この時間はしっかり守りましょう。

その後は平らな場所に置いて、指定された時間放置してください。判定終了の窓がある商品は、終了のサインが出たら判定できる状態となっています。判定窓がない場合は指定された時間まで待って、判定結果を確認しましょう。

説明書の手順や時間をよく確認した上で使用することが大切です。

検査可能時期や異常妊娠など、誤判定に注意して

検査可能時期や異常妊娠など、誤判定に注意して
妊娠検査薬の判定正確率は99%ですが、正しい使い方をしても100%確実な結果が出るわけではありません。検査可能時期よりも早く使うなど、ほとんどが誤った使い方をした時に誤判定となりますが、そうでない場合もありますので注意が必要です。

例えば多胎妊娠(双子など)の場合は妊娠しているのに陰性が出ることもありますし、子宮外妊娠・流産など異常妊娠の場合も陰性となることがあります。陰性結果が出た場合でも、数日待って生理が来ない時や、妊娠初期の症状が現れるなどした場合は早目に受診して正しい判定をしてもらう方が良いでしょう。

最終判定は病院で。早期に受診することが大切

最終判定は病院で。早期に受診することが大切
妊娠検査薬は、妊娠していることを早めに知り、胎児や母体の健康状態を保つためにあるものです。したがって、陽性反応が出た場合は速やかに受診して、母子ともに健康に過ごせるように心掛けましょう。

とくに妊娠初期は母体も胎児も大変不安定な頃で、最も重要な時期です。早目に検査して、妊娠が判明したら食事や生活のリズムなどに気を付けて過ごすようにしてくださいね。

妊活中の方にはこちらもおすすめ

妊娠を待ち望んでいる方には、排卵日を知るための検温や、妊活アプリもおすすめ。妊娠しやすいタイミングを把握しておくことでより妊娠しやすくなりますよ。妊活中の方は以下のリンクもぜひ、参考にしてみてくださいね。

妊娠検査薬の売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、妊娠検査薬のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は妊娠検査薬の選び方と人気商品をご紹介しました。いかがでしたか?

妊娠の早期発見はお腹の赤ちゃんの健全な発育と、お母さんの健康のためにも大切なことです。正しい使い方で検査して、陽性判定後は早目の受診を心がけましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す