• バイク用バッテリー充電器のおすすめ人気ランキング10選【簡単・安全に使えるのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • バイク用バッテリー充電器のおすすめ人気ランキング10選【簡単・安全に使えるのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • バイク用バッテリー充電器のおすすめ人気ランキング10選【簡単・安全に使えるのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • バイク用バッテリー充電器のおすすめ人気ランキング10選【簡単・安全に使えるのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • バイク用バッテリー充電器のおすすめ人気ランキング10選【簡単・安全に使えるのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

バイク用バッテリー充電器のおすすめ人気ランキング10選【簡単・安全に使えるのはどれ?】

バイクのバッテリーに電力を補充するのが、「バイク用バッテリー充電器」。「バッテリーチャージャー」とも呼ばれます。しかし、商品ごとに対応するバッテリーの種類や充電容量、性能もさまざま。そのうえ、デイトナ・スーパーナット・メルテックと販売メーカーも多いので、どれを選べばいいか悩んでしまう人は多いのではないでしょうか?


そこで今回は、バイク用バッテリー充電器の選び方を徹底解説。さらに、通販レビューでも評判の高いおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。使い勝手の良い商品を選んで、大事な愛車のメンテナンスを楽しみましょう。

  • 最終更新日:2018年12月27日
  • 5,965  views
目次

バイク用バッテリー充電器はライダーの必須アイテム!

バイク用バッテリー充電器はライダーの必須アイテム!

最近のバイクはETCや盗難防止装置などの電装品が多いため、バッテリーの消耗が早く、寒い冬の朝やツーリング途中に急にバッテリーがあがってしまうこともしばしば。とくにすぐに出掛けなければならないときは本当に困ってしまいますが、バイク用バッテリー充電器があればもう安心です。


自分で気軽に充電ができれば修理工場に持ち込む必要はなく、手間も時間も節約できて便利。バッテリーはバイク用品の中でも高額パーツですから、自宅で充電できれば経済的です。バッテリー充電器は耐用年数が長いため、長くバイクに乗り続ける人なら持っていて損はない必須アイテム。上手に活用して、より快適にバイクライフを楽しみましょう!

バイク用バッテリー充電器の選び方

バイク用バッテリー充電器は、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

対応するバッテリーの種類を確認しよう

対応するバッテリーの種類を確認しよう
バイクの充電器には鉛系の開放型・密閉型(MF型)・リチウムイオン系といくつかの種類があるため、まず最初にバッテリータイプの適合性を確認しましょう。対応していない充電器を使うと、容器が破裂する危険性があります。

将来的にバイクの乗り換えやバッテリーの交換を検討している人には、複数の種類に対応する商品がおすすめですよ。

出力電圧の適合性もチェック

出力電圧の適合性もチェック

バイクや車のバッテリーの電圧は、現在12ボルト(V)が主流。ただし、充電器の中にはトラック用の24ボルトや古い小型バイクの6ボルトに対応する商品もありますので、「バイク用」という表記とともに出力電圧も確認しておきましょう。


なかには、12ボルトと24ボルトで出力を切り替えられる、マルチな商品もあります。値段面ではほとんど差がないため、仕事などでトラックにも乗る場合は出力の幅が広い商品を選ぶとお得ですよ。

バイクの種類に合ったバッテリー容量を選ぼう

バイクの種類に合ったバッテリー容量を選ぼう

充電はバッテリー容量の1/10以下の電流で、安全に行う必要があります。バッテリー容量はバイクの排気量によって違い、一般的に50ccのバイクのバッテリー容量は3アンペア(Ah)、250〜400ccで8〜10アンペア、1,000ccで12アンペア、2,000ccで30アンペアが目安です。充電器に対してバッテリー容量が適しているか、取説などで数値を確認してから選びましょう。

バッテリーを長持ちさせる機能にも注目しよう

充電性能や機械の仕様は、商品によってさまざまです。愛車のメンテナンスをこまめにしたい人や、バッテリーを大事に使いたいなら、次のポイントに沿って使いやすさをチェックしていきましょう。

サルフェーション除去できるものが◎

サルフェーション除去できるものが◎

バッテリーは充電器で電気を補充しても、極端子にサルフェーション(硫酸鉛)が発生すれば通電性が低下してしまいます。強い電流でサルフェーションを除去する機能がついた商品なら、大事なバッテリーを長く使えて◎


ただし充電状態を維持するために時間がかかり、そのぶん電気代もかかるので、メンテナンスにかかるコスパを考えて選ぶといいでしょう。

自動スイッチオフ機能付きが安心

自動スイッチオフ機能付きが安心

過充電はバッテリーの寿命を縮めるので注意が必要ですが、管理が面倒ならフル充電を検知して勝手に切れる商品を選びましょう。インジケーターランプやデジタル画面をいちいち確認しなくても良いので便利です。


また、サルフェーション除去機能がついた商品の多くは、自然放電をカバーするために、微小電流により充電し続ける「トリクル充電方式」を採用しています。このタイプであれば充電をし続けてもバッテリーに負担をかけにくいので、過充電が気になる人におすすめです。

トラブル発生時に安全に使えるものを選ぼう

整備士に見てもらっている場合でも、突然のバッテリートラブルには自分で対処する必要があります。緊急時でも対応しやすい商品を選びましょう。

急速充電ができるものが便利

急速充電ができるものが便利
自分では難しいメンテナンスをしたくない、緊急時の対応ができればよいという人におすすめしたいのは、急速充電ができる商品。短時間でエンジンを始動するだけの電力を得ることでき、速やかに修理工場に持ち込めて安心です。

ただし、指定の電流値や充電時間を守らないと逆にバッテリーをダメにするので、取説などの確認はしっかりしておきましょう。

防水・防塵性が高いものが安心

防水・防塵性が高いものが安心

充電器は家電製品ですから、安全性も大事ですね。工具とともにガレージや物置に長期間保管する場合は、湿気によるショートやホコリの侵入による発火のリスクがない、防水性や防塵性の高い商品を選びましょう。冬の朝に突然バッテリーがあがってしまった時など、慌てて充電器を取り出したときでも安全に使えます。

バイク用バッテリー充電器の人気ランキング10選

それでは、バイク用バッテリー充電器のおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介していきます。

10位

Fheimin12Vバッテリー専用 簡易型充電器

1,050円 (税込)

対応バッテリー 開放型・密閉型・シールド型
出力電圧 12V
バッテリー容量最大1.25Ah
サルフェーション対策×
過充電対策×
急速充電機能×
防水・防塵性×
本体サイズ (重量)幅22.1×奥行12.4×高さ3.6㎝(109g)
9位
対応バッテリー 開放・密閉・ドライセル
出力電圧 12V
バッテリー容量2.3~30Ah
サルフェーション対策
過充電対策〇(トリクル充電方式)
急速充電機能×
防水・防塵性〇(防塵性IP50適合)
本体サイズ (重量)幅6.3×奥行5.4×高さ9.7㎝(365g)
8位

バッテリーテンダーウオータープルーフ800 防水型維持充電器

022-0150-DL-JP

5,419円 (税込)

対応バッテリー 開放型・密閉型・シールド型・AGM型・ジェル型
出力電圧 12V
バッテリー容量最大65Ah
サルフェーション対策
過充電対策〇(自動スイッチオフ機能付き・トリクル充電方式)
急速充電機能×
防水・防塵性〇(生活防水)
本体サイズ (重量)幅10.8×奥行19.0×高さ27.9cm(726g)
7位
対応バッテリー 開放型・密閉型・シールド型・AGM型・ジェル型
出力電圧 6V・12Vで切り替え可能
バッテリー容量1.2~24Ah
サルフェーション対策
過充電対策〇(トリクル充電方式)
急速充電機能×
防水・防塵性×
本体サイズ (重量)幅6.9×奥行11.0×高さ3.9㎝(340g)
6位

ジーエスユアサ バッテリー充電器

MBC-3

5,980円 (税込)

対応バッテリー 開放型・密閉型
出力電圧 12V
バッテリー容量2.3~20Ah
サルフェーション対策×
過充電対策〇(自動スイッチオフ機能付き)
急速充電機能×
防水・防塵性×
本体サイズ (重量)幅17.45×奥行4.8×高さ8.2cm(500g)
5位
対応バッテリー 開放型・密閉型・シールド型
出力電圧 12V
バッテリー容量最大1Ah
サルフェーション対策×
過充電対策×
急速充電機能×
防水・防塵性×
本体サイズ (重量)幅7.0×奥行4.5×高さ2.8cm(140g)
4位

デイトナディスプレイバッテリーチャージャー

91875

10,802円 (税込)

対応バッテリー 開放型・密閉型(リチウム系バッテリーは不可)
出力電圧 12V
バッテリー容量2.3~28Ah
サルフェーション対策
過充電対策〇(トリクル充電方式)
急速充電機能×
防水・防塵性〇(防滴・防塵性IP65相当)
本体サイズ (重量)幅7.3×高さ5.3×長さ16.7cm(355g)
3位

テックメイトオプティメート4 デュアル

10,020円 (税込)

対応バッテリー 開放型・密閉型・AGM型・ゲル型(リチウム系バッテリーは不可)
出力電圧 12V
バッテリー容量3~50Ah
サルフェーション対策
過充電対策〇(トリクル充電方式)
急速充電機能×
防水・防塵性〇(防水性IP54適合)
本体サイズ (重量)幅20.9×奥行37.7×高さ7.4cm(980g)
2位

メルテックバッテリー充電器

Meltec SC-650

4,680円 (税込)

対応バッテリー 開放型・密閉型・ドライセル型
出力電圧 12V
バッテリー容量2~70Ah
サルフェーション対策×
過充電対策〇(自動スイッチオフ機能付き)
急速充電機能
防水・防塵性×
本体サイズ (重量)幅18.5×奥行17.5×高さ14.5cm(1300g)
1位

スーパーナット全自動12Vバイクバッテリー充電器

BC-GM12-V

2,980円 (税込)

対応バッテリー 開放型・密閉型・シールド型・AGM型・ジェル型(リチウム系バッテリーは不可)
出力電圧 12V
バッテリー容量最大75Ah
サルフェーション対策×
過充電対策〇(トリクル充電方式)
急速充電機能×
防水・防塵性〇(防塵・防滴IP65準拠)
本体サイズ (重量)長さ8.5×奥行5.2×高さ3.3㎝(222g)

人気のバイク用バッテリー充電器比較一覧表

商品画像
1
バイク 充電器 スーパーナット 全自動12Vバイクバッテリー充電器 1枚目

スーパーナット

2
バイク 充電器 メルテック バッテリー充電器 1枚目

メルテック

3
バイク 充電器 テックメイト オプティメート4 デュアル 1枚目

テックメイト

4
バイク 充電器 デイトナ ディスプレイバッテリーチャージャー  1枚目

デイトナ

5
バイク 充電器 GOODGOODS 12V バッテリー充電器 1枚目

GOODGOODS

6
バイク 充電器 ジーエスユアサ  バッテリー充電器  1枚目

ジーエスユアサ

7
バイク 充電器 スーパーナット 星乃充電器 1枚目

スーパーナット

8
バイク 充電器 バッテリーテンダー ウオータープルーフ800 防水型維持充電器  1枚目

バッテリーテンダー

9
バイク 充電器 大橋産業 バイクチャージャー 2706 1枚目

大橋産業

10
バイク 充電器 Fheimin 12Vバッテリー専用 簡易型充電器 1枚目

Fheimin

商品名

全自動12Vバイクバッテリー充電器

バッテリー充電器

オプティメート4 デュアル

ディスプレイバッテリーチャージャー

12V バッテリー充電器

バッテリー充電器

星乃充電器

ウオータープルーフ800 防水型維持充電器

バイクチャージャー 2706

12Vバッテリー専用 簡易型充電器

特徴充電がスピーディー。普段使わないバイクのメンテナンスにも◎家族全員で使える。冬のバッテリー液の凍結も防げるフルオートでバッテリーをメンテナンス。サルフェ―ションも撃退6ステップで充電状態をデジタル表示。完了までの時間もわかるPSEマーク取得済み。家庭用コンセントから気軽に充電できる自動スイッチオフで操作が簡単。充電状態の確認もしやすい幅広いバッテリーに対応。自己診断機能付きで無駄がないバッテリーの状態を常にチェック。ショート防止機能も完備幅広いバッテリー容量に対応。各種保護回路付きで安心して使えるコンパクトで収納しやすい。おもちゃの車の充電にも使える
価格2,980円(税込)4,680円(税込)10,020円(税込)10,802円(税込)1,380円(税込)5,980円(税込)3,980円(税込)5,419円(税込)2,494円(税込)1,050円(税込)
対応バッテリー 開放型・密閉型・シールド型・AGM型・ジェル型(リチウム系バッテリーは不可)開放型・密閉型・ドライセル型開放型・密閉型・AGM型・ゲル型(リチウム系バッテリーは不可)開放型・密閉型(リチウム系バッテリーは不可)開放型・密閉型・シールド型開放型・密閉型開放型・密閉型・シールド型・AGM型・ジェル型開放型・密閉型・シールド型・AGM型・ジェル型開放・密閉・ドライセル開放型・密閉型・シールド型
出力電圧 12V12V12V12V12V12V 6V・12Vで切り替え可能12V12V12V
バッテリー容量最大75Ah2~70Ah3~50Ah2.3~28Ah最大1Ah2.3~20Ah1.2~24Ah最大65Ah2.3~30Ah最大1.25Ah
サルフェーション対策×××××
過充電対策〇(トリクル充電方式)〇(自動スイッチオフ機能付き)〇(トリクル充電方式)〇(トリクル充電方式)×〇(自動スイッチオフ機能付き)〇(トリクル充電方式)〇(自動スイッチオフ機能付き・トリクル充電方式)〇(トリクル充電方式)×
急速充電機能×××××××××
防水・防塵性〇(防塵・防滴IP65準拠)×〇(防水性IP54適合)〇(防滴・防塵性IP65相当)×××〇(生活防水)〇(防塵性IP50適合)×
本体サイズ (重量)長さ8.5×奥行5.2×高さ3.3㎝(222g)幅18.5×奥行17.5×高さ14.5cm(1300g) 幅20.9×奥行37.7×高さ7.4cm(980g)幅7.3×高さ5.3×長さ16.7cm(355g)幅7.0×奥行4.5×高さ2.8cm(140g)幅17.45×奥行4.8×高さ8.2cm(500g)幅6.9×奥行11.0×高さ3.9㎝(340g)幅10.8×奥行19.0×高さ27.9cm(726g)幅6.3×奥行5.4×高さ9.7㎝(365g)幅22.1×奥行12.4×高さ3.6㎝(109g)
商品リンク

正しい充電で、バッテリ―を長持ちさせよう

正しい充電で、バッテリ―を長持ちさせよう

一般的にバッテリーの寿命は2〜3年程度とされていますが、できるだけ長く使いたいですよね。バッテリーを長持ちさせるコツは、スターターやライトの衰えを感じる前に、こまめに充電すること弱ったバッテリーを使い続けるとバイクの電装品や制御機器を壊すリスクにもつながりますので、バッテリー充電器をしっかり活用してメンテナンスの習慣をつけましょう。


ただし、過充電や急速充電を繰り返すとバッテリーを傷めて、寿命を短くしてしまうことがあるので、気を付けてくださいね。使いやすいバッテリー充電器を備えて正しく利用し、大切なバイクを長く愛用していきましょう。

補充液を使い分けてバッテリーを長持ちさせよう

バイクのメンテナンスを行うときは、バッテリー補充液を継ぎ足して、ベストな状態を維持していきましょう。用途によって使い分けることで、バッテリーをより長持ちさせることができますよ。ぜひ以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

バイク用バッテリー充電器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、バイク用バッテリー充電器のAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

バイク用バッテリー充電器のおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?


電気は目に見えないため、バッテリーのお手入れに苦手意識を持つ人は多いのですが、バッテリー充電器があればもう怖くはありません。あなたもお気に入り商品を選んで、気軽にバイクのバッテリーのメンテナンスに取り組みましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事