1. TOP
  2. >
  3. インテリア・家具
  4. >
  5. 収納家具・収納用品
  6. >
  7. 吸盤フックのおすすめ人気ランキング10選【落ちにくいのは!?】
  • 吸盤フックのおすすめ人気ランキング10選【落ちにくいのは!?】のアイキャッチ画像1枚目
  • 吸盤フックのおすすめ人気ランキング10選【落ちにくいのは!?】のアイキャッチ画像2枚目
  • 吸盤フックのおすすめ人気ランキング10選【落ちにくいのは!?】のアイキャッチ画像3枚目
  • 吸盤フックのおすすめ人気ランキング10選【落ちにくいのは!?】のアイキャッチ画像4枚目
  • 吸盤フックのおすすめ人気ランキング10選【落ちにくいのは!?】のアイキャッチ画像5枚目

吸盤フックのおすすめ人気ランキング10選【落ちにくいのは!?】

「吸盤フック」は、壁を傷つけずにスペースを有効活用できる便利グッズです。キッチンや浴室などの収納用が人気ですが、最近では壁面だけでなく天井タイプの商品も販売されています。しかし、おしゃれなものから機能性重視のものまで吸盤フックは種類が多く、どれを選んでいいかわからなくなってしまいますよね。

そこで今回は、吸盤フックの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。吸盤の復活方法や、くっつかない場所に吸盤を取り付けられる補助板の紹介もしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
  • 最終更新日:2020年03月19日
  • 80,753  views
目次

吸盤フックの選び方

とても便利な吸盤フックですが、吸着力や使い勝手は商品によって異なります。ここでは、そんな吸盤フックの選び方のポイントをご紹介しますので参考にしてください。

耐荷重で選ぶ

吸盤フックの耐荷重より重いものを掛けると、重量に耐えきれず落下してしまいます。そのため、耐荷重の確認は吸盤フック選びの重要ポイント。ここでは、耐荷重を確認するときにチェックしておきたいポイントをご紹介します。

耐荷重は取り付け場所によっても変化。余裕をもって選ぶ

耐荷重は取り付け場所によっても変化。余裕をもって選ぶ
吸盤フックの耐荷重は、取り付け場所の素材や状態によっても変化します。そのため、商品詳細にある耐荷重ギリギリの物を吊るすのは危険です。

フックに掛けるものが決まっているなら、その重量+αの耐荷重のあるものを選びましょう。商品にもよりますが3kg以下なら500g以上、3kg以上なら1kg程度の余裕を持つのがおすすめです。

家庭で使いやすいのは耐荷重3kg以上のフック

家庭で使いやすいのは耐荷重3kg以上のフック
吸盤フックの耐荷重はメーカーやサイズによってさまざまですが、汎用性で選ぶなら3kg以上あるものがおすすめです。

吊り下げ収納するアイテムの中で、重めなものといえばフライパンですが、直径28cmで1kg前後、鉄製でも2kg以下が平均。ドライヤーなども1kg前後なので、耐荷重3kgあれば十分です。

カギやキーホルダーなどの小物をメインに利用するなら、500g~1kgくらいの小ぶりなものでもOK。またサンシェードやカーテンなど重さがあるものに使用するなら、3kgでは足りません。重量に見合った耐荷重のものを用意しましょう。

接着面が広いものほど安定しやすい

接着面が広いものほど安定しやすい
接着面が広いと吸盤と壁の間の気圧(真空状態)より、壁に押し付ける気圧の方が大きくなるので吸着力が安定します。また吸着力が安定することにより、吸盤の変形も起こりにくくなります。

接着面が広いほど耐荷重が高くなるので、安定した状態で吸盤フックを使いたい方は、直径が大きめのものを選びましょう。


ただし、吸着面が大きくなるほど本体サイズが増すため存在感もアップします。大型の吸盤フックを選ぶときは、インテリアを損なわないようデザイン性にも注目しましょう。

吸盤の取り付け方法や素材もチェック

吸盤の取り付け方法や素材もチェック
少し前までは押し付けて貼るシンプルな吸盤が主流でしたが、最近ではプッシュ式・レバー式・回転式など、少ない力でより強く密着する吸盤フックが人気です。

価格は少し上がるものの、ワンタッチで取り付けられるところが魅力。また空気がより多く抜けるのでしっかり取り付けられ、何度も貼り直す手間がかかりません。吸盤本体の素材も進化が進み、ジェルタイプやシリコン素材も登場。柔らかく耐久性があるので長期間の固定に向いています。

価格よりも性能重視!吸着力は口コミなども参考に

価格よりも性能重視!吸着力は口コミなども参考に
吸盤フックの価格は、商品によって大幅に違います。同じ耐荷重ならついつい安価なものを選びたくなってしまいますが、価格に飛びつくのはNG

高価であれば強力吸着が保証されるわけではありませんが、突然外れてものが壊れるなど、ショックな思いを味わうことがないよう、安すぎるものには注意しましょう。吸着力に関しては実際に使用しないとわからない部分もありますので、口コミなどを参考にするのがおすすめです。

インテリアのアクセントとして選ぶのもおすすめ

インテリアのアクセントとして選ぶのもおすすめ
日用雑貨は、機能重視だとちょっぴり寂しい気がしませんか?吸着フックにはユニークなものもたくさん出ていますので、デザインをメインに選んでみるのもおすすめです。

人気キャラクターやお花・葉っぱなどナチュラルで凹凸の少ないもの、発色のきれいなビタミンカラーなど、見た目の楽しさと実用性を両立したものがいろいろ販売されています。

目立たないものはインテリアになじんで重宝しますが、アクセントになるものを選んで、キッチン・お風呂・玄関などの雰囲気を変えてみるのも楽しいですよ。

吸盤フックのおすすめ人気ランキング10選

人気の吸盤フックをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月16日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
耐荷重1kg
サイズ55mm×35mm×70mm
取り付け方法-
素材塩化ビニル樹脂・ステンレス
9位
耐荷重700g
サイズ35mm×41mm×30mm
取り付け方法-
素材スチロール樹脂・ビニル樹脂
8位
耐荷重10kg
サイズ110mm×55mm×55mm
取り付け方法プッシュ式
素材ステンレス
7位
耐荷重4kg
サイズ44mm×68mm×49mm
取り付け方法レバー式
素材ABS樹脂・合成ゴム(NBR)
6位
耐荷重5kg
サイズ170mm×90mm×32mm
取り付け方法回転式
素材(本体)ABS樹脂・(吸盤)PVC
5位
耐荷重凹凸面(天井使用)6kg・(壁面使用)2.5kg/ガラス面(天井使用)8.5kg・(ガラス面)3kg
サイズ47mmx40mmx105mm
取り付け方法レバー式
素材ABS樹脂・ポリカーボネート・ステンレス・ポリウレタン・ウレタン系エラストマー
4位
耐荷重3kg
サイズ70mm×90mm
取り付け方法-
素材-
3位
耐荷重3kg
サイズ37mm×55mm×88mm
取り付け方法レバー式
素材ABS樹脂・ステンレス・PVC
2位
耐荷重400g
サイズ25mm×30mm×35mm
取り付け方法-
素材塩化ビニル樹脂・AS樹脂
1位
耐荷重3.5kg
サイズ50mm×35mm×75mm
取り付け方法プッシュ式
素材ABS樹脂・塩化ビニル樹脂・ステンレス・鋼線

人気吸盤フックの比較一覧表

商品画像
1
吸盤フック レック おふろフック (プッシュ式吸盤) 1枚目

レック

2
吸盤フック レック クリア吸盤フック ミニ 1枚目

レック

3
吸盤フック オート レバー式吸盤フック 1枚目

オート

4
吸盤フック SHOP DELICIOUS 吸盤フック 強力 壁掛け 1枚目

SHOP DELICIOUS

5
吸盤フック イチネンネット 吸盤革命・フック 1枚目

イチネンネット

6
吸盤フック 大一鋼業 ちょこっと右へ60° 吸盤フック シングル 1枚目

大一鋼業

7
吸盤フック エスディアイジャパン スペースマジック 吸盤フック 1枚目

エスディアイジャパン

8
吸盤フック Emoko フック 超強力 吸盤 1枚目

Emoko

9
吸盤フック ニトムズ 透明吸ばんフック 1枚目

ニトムズ

10
吸盤フック レック クリア吸盤フック 1枚目

レック

商品名

おふろフック (プッシュ式吸盤)

クリア吸盤フック ミニ

レバー式吸盤フック

吸盤フック 強力 壁掛け

吸盤革命・フック

ちょこっと右へ60° 吸盤フック シングル

スペースマジック 吸盤フック

フック 超強力 吸盤

透明吸ばんフック

クリア吸盤フック

特徴ボタンをプッシュで真空状態に!お風呂にぴったり目立ちにくいクリアタイプの吸盤フックフックが回転!吸着力と使い勝手のよさを両立どんな場所にも合わせやすいシンプルなデザイン凹凸に対応可能!密着ジェルでしっかり吸着回して真空状態に!手軽に強力吸着できるフックカラフルな吸盤フックはインテリアのアクセントに10kgの重さに耐えられるステンレス製フック平らなところにピタッと吸着!小物もすっきり大きめの吸盤でしっかり固定!
最安値
260
送料無料
詳細を見る
131
送料要確認
詳細を見る
216
送料要確認
詳細を見る
1,202
送料要確認
詳細を見る
708
送料無料
詳細を見る
339
送料要確認
詳細を見る
413
送料無料
詳細を見る
133
送料要確認
詳細を見る
161
送料別
詳細を見る
耐荷重3.5kg400g3kg3kg凹凸面(天井使用)6kg・(壁面使用)2.5kg/ガラス面(天井使用)8.5kg・(ガラス面)3kg5kg4kg10kg700g1kg
サイズ50mm×35mm×75mm25mm×30mm×35mm37mm×55mm×88mm70mm×90mm47mmx40mmx105mm170mm×90mm×32mm44mm×68mm×49mm110mm×55mm×55mm35mm×41mm×30mm55mm×35mm×70mm
取り付け方法プッシュ式-レバー式-レバー式回転式レバー式プッシュ式--
素材ABS樹脂・塩化ビニル樹脂・ステンレス・鋼線塩化ビニル樹脂・AS樹脂ABS樹脂・ステンレス・PVC-ABS樹脂・ポリカーボネート・ステンレス・ポリウレタン・ウレタン系エラストマー(本体)ABS樹脂・(吸盤)PVCABS樹脂・合成ゴム(NBR)ステンレススチロール樹脂・ビニル樹脂塩化ビニル樹脂・ステンレス
商品リンク

貼って剥がせて目立たない「粘着シート」タイプも人気

最近では、吸盤フックのように壁に傷を付けず再利用も可能な、粘着シートタイプのフックも人気です。このタイプは、粘着面が吸盤より広いのがポイント。フックにかかる力を分散させながらしっかり支えてくれます。

本体が多少大きくても、クリアタイプなら目立ちません。使用範囲や耐荷重などは商品によりますが、吸盤フック同様に便利なツール。ぜひチェックしてみてください。

取り付け時の注意点と吸着力の復活法

吸盤フックはお手入れによって驚くほど吸着力が復活します。ご自宅でできる簡単な方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

吸着力を高めるためには、取り付け場所の掃除が重要

吸着力を高めるためには、取り付け場所の掃除が重要
吸盤の吸着力を高めしっかり取り付けるためには、凹凸のない平面であることが重要です。一見きれいに見える壁面も、目に見えないホコリや油汚れが付着しているので取り付け前にきれいに拭き取っておきましょう。

水気が残っていると吸着力が落ちるので、水拭き後は乾くまで待ち、再度乾拭きしてから取り付けましょう

取り付けが難しい場所には「補助板」の利用を

吸盤は金属面やタイル、鏡面など取り付けられる場所が限られています。そんな取付範囲を広げてくれるのが吸盤用の「補助板」です。裏面が粘着シート状になっていて、取り付けたい部分に貼れば、吸盤が取り付けられる環境を作ってくれます。


壁や凹凸の激しい場所には使用できませんが、吸盤の使用範囲が広がるのでおすすめです。ツルツルした面に貼ったのに、なぜか吸着力が弱い…というときも、補助板を使うことでよりしっかり固定できる場合がありますので、ぜひ試してみてください。


最近は洗うことで再生し、繰り返し使えるタイプの補助版も出ています。

吸着力の復活には水洗いや過熱が有効。商品説明書も確認

吸着力の復活には水洗いや過熱が有効。商品説明書も確認
出典:amazon.co.jp
一度貼った吸盤フックが落下してしまったときや、別の場所に移動するときは、取り付け面と吸着面、両方の汚れをしっかり落としてください。水洗いで、吸着力が復活するものも販売されているので試してみましょう。

また、本体が固くなって吸着力が落ちている場合は、お湯やドライヤーなどで温めるのが有効。熱により吸盤の変形が解消され、吸着力が戻ります。このとき温度が高すぎると、もっとひどい変形の原因になるので注意してください。

上記は一般的な吸盤の復活方法ですが、使われている素材によって適した方法は変わります。説明書をよく確認してみることをおすすめします。

キッチンには「キッチンツールフック」もおすすめ

今回は汎用性の広い吸盤フックをご紹介しましたが、キッチンツールの吊り下げ収納には専用のフックがおすすめ。以下の記事で選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、吸盤フックの選び方とおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

吸盤フックの最大の魅力は「キズ跡なく、スペースが有効活用できる収納力」。落下などのデメリットもありますが、適切な耐荷重・貼り方・補助版の使用で、かなり防ぐことができます。ぜひ活用してくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す