1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 旅行用品
  6. >
  7. スーツケースベルトのおすすめ人気ランキング10選
  • スーツケースベルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • スーツケースベルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • スーツケースベルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • スーツケースベルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • スーツケースベルトのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

スーツケースベルトのおすすめ人気ランキング10選

スーツケースベルトは、スーツケースの目印や荷物の飛び出し防止、防犯対策などの使い方ができるアイテムです。海外旅行には特におすすめ。最近では、ブランド品やかわいくておしゃれなデザインのものも多く、ワンタッチ式・マジックテープ式・TSAロック式など種類も豊富になってきています。

そこで今回は、通販で買えるスーツケースベルトの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介。手荷物受取所で他人の荷物と見分けるのにいつも時間がかかる…という方は、スーツケースベルトを使えばすぐ見つかりますよ。
  • 最終更新日:2020年06月10日
  • 86,657  views
目次

スーツケースベルトを使用するメリット

スーツケースベルトを使用するメリット
スーツケースベルトは様々な形・色をしたスーツケースの中から自分のものと見分けることができるアイテムです。ロック式のものなら荷物を預けたときの防犯対策にも有効

また、ファスナーなどの留め具の損傷など、移動中のまさかのトラブル時にもストッパーになり荷物の飛び出しを防いでくれます。

特にファスナー式を利用している方は、荷物でパンパンになったスーツケースの留め具への負担も軽減してくれるのでおすすめです。

スーツベルトは国内を始め、海外旅行でも多い荷物の中に紛れることがなく便利です。

スーツケースベルトの選び方

ここからは、スーツケースベルトの選び方のポイントをご紹介します。留め具や長さなど商品によって異なりますので、選ぶときの参考にしてください。

締め方のタイプで選ぶ

スーツケースベルトには大きく分けて4つのタイプがあります。ここでは、それぞれの特徴についてご紹介しますので、選ぶときの参考にしてくださいね。

絞り式:スーツケースに合わせてしっかり固定ができる

絞り式:スーツケースに合わせてしっかり固定ができる
「絞り式」のスーツケースベルトは、金属などのバックルにベルトを通して固定します。手で引っ張ってしっかり固定できるので、ファスナー式などスーツケースの留め具への負担を軽くしたい方におすすめ。

1度きっちり締めてしまうと、「ワンタッチ式」や「マジックテープ式」とは違い、外すのに苦労するほどしっかりと巻くことができるため、防犯の意味でも優秀です。

反面、自分で利用するときにも着脱に手間がかかります。固定と防犯の面ではメリットがありますが、手軽さという面ではデメリットがあることを念頭に選びましょう。

ワンタッチ式:手軽で荷物の出し入れが容易。耐久性の高いバックルを選ぶ

ワンタッチ式:手軽で荷物の出し入れが容易。耐久性の高いバックルを選ぶ
シートベルトのように固定する「ワンタッチ式」は取り出しが簡単でおすすめです。

ベルトを通すカンの素材は、金属製とプラスチック製が主流。プラスチック製は細身のものは壊れやすいので太めのものを選びましょう。

金属製は、スーツケースに直接触れると傷の原因になるため、直接スーツケースに当たらない作りかどうかを確認してから購入してください。


また、耐久性や固定具合は商品によって異なるので確認が必要です。口コミなどを参考に、頑丈でしっかりロックできるかをチェックしておきましょう。

マジックテープ式:着脱の簡単さが魅力。マジックテープの寿命に注意

マジックテープ式:着脱の簡単さが魅力。マジックテープの寿命に注意

名前の通り、ベルトを「マジックテープ」で留めて固定します。容易に着脱が可能な点がメリットですが、使用頻度の高い方やゴミなどが付着しやすい環境で利用すると、他のタイプより寿命が短いので注意が必要です。


また、マジックテープ式は接着部の折り返しがあるため全長が長いのが特徴。接着部を計算せずにサイズを選ぶと、長さが足りなくなってしまうこともあるので注意してください。


カンの素材にはワンタッチ式と同様、金属製とプラスチック製がありますので、強度と本体に触れるかどうかを確認しておきましょう。

ロック式 :防犯対策に有効。鍵のないスーツケースにもおすすめ

ロック式 :防犯対策に有効。鍵のないスーツケースにもおすすめ
「ロック式」は名前の通り、鍵のかかるスーツケースベルトです。ダイヤル式とキー式があり、現在は下記でも詳しくご紹介している「TSAロック式」が主流。

鍵の有無による価格差はほとんどありませんので、鍵なしのスーツケースやキャリーバッグをご利用の方は、鍵付きのスーツケースベルトを選ぶのがおすすめです。


もちろん、施錠していても鍵を壊されたり、ベルトを切られたりしてしまえば意味がありませんが、鍵の有無は狙われる危険度と反比例するので防犯対策に有効ですよ。なお、スーツケース用の鍵は別で用意したいという方は、以下のリンクも参考にしてください。

アメリカに行くならTSAロックを

アメリカに行くならTSAロックを
渡航先がアメリカ領の場合、テロ対策の一環として、荷物をロックして預け入れることができない決まりになっています。そんな状況の中、唯一の例外が「TSAロック」です。

TSAロックは、アメリカの運輸保安局(TSA)の職員がマスターキーを保有しており、TSA側で荷物の確認ができるのでアメリカ領でもロックした状態で荷物を預けることができます。

鍵なしで荷物を預けるのはやはり不安ですので、スーツケースの鍵が規定に合わない場合は、TSAロック付きのスーツケースベルトだけ買い足すのも一手。「インジケーター」搭載タイプなら、預けた後に荷物が開封されたかも確認できますよ。

スーツケースと巻き方に合わせて長さを選ぶ

スーツケースと巻き方に合わせて長さを選ぶ
スーツケースベルトの巻き方は、水平・垂直・十字巻きの3種類に分かれます。十字巻きの場合は2本必要ですので、セット品などを選ぶとお得です。

サイズの確認は、水平巻きなら幅と奥行き垂直巻きなら高さと奥行き十字巻きなら幅・高さ・奥行きの長さ必要。巻き方に合わせてスーツケースのサイズをチェックして、最適なものを選んでください。


特に調整幅の狭いスーツケースベルトを選ぶときは、対応するスーツケースのサイズが限られるので正確に測っておきましょう。

目印になるようなデザインがおすすめ

目印になるようなデザインがおすすめ

似たようなスーツケースが多いと、どれが自分のものかわからなくなってしまいます。中にはステッカーを貼ったり、バンダナなどを巻いたりして区別している方もいますが、こんなときはスーツケースベルトの出番です。


特徴のないシンプルなスーツケースでも、目印になるような目立つデザインのスーツケースベルトを巻いておけば一目で確認できます。


また、自分で見分けられるのはもちろんですが、同じ型の同じスーツケースを持っている方が間違えて持ち去ることも防げますよ。

ネームタグ付きは紛失や取り違え時に安心!情報を隠せるタイプも

ネームタグ付きは紛失や取り違え時に安心!情報を隠せるタイプも

旅先でスーツケースの紛失や取り違えのときに役に立つのがネームタグ。もちろん住所などの個人情報を全て記載するのは、別の事件が発生する可能性があるのでおすすめできませんが、荷物が戻ってくる可能性が高くなります。


スーツケースベルトにもそんな便利なネームタグが付いた商品が販売されています。必須というわけではありませんが、持ち手などに取り付けるタグ式のものより外れる心配が少ないので安心です。


ネームタグの購入を考えている方は、ネームタグ付きのスーツケースベルトも検討しましょう。表に名前を出すのに抵抗のある方は、裏やポケットに入れて隠せるタイプもあるので検討してみてください。

スーツケースベルトのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、スーツケースベルトのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ぜひお気に入りの1点を見つけてみてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月17日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
タイプワンタッチ式
調節範囲90~150cm
ベルト幅5cm
本数1
TSAロック ×
ネームタグ
9位
タイプワンタッチ式
調節範囲記載なし(190cm)
ベルト幅5cm
本数1
TSAロック×
ネームタグ
8位
タイプワンタッチ式
調節範囲記載なし(180cm)
ベルト幅5cm
本数1
TSAロック×
ネームタグ記載なし
7位
タイプワンタッチ式
調節範囲記載なし(180cm)
ベルト幅5cm
本数1
TSAロック×
ネームタグ記載なし
6位
タイプワンタッチ式
調節範囲記載なし(198cm)
ベルト幅2.54cm
本数1本
TSAロック×
ネームタグ×
5位
タイプワンタッチ式
調節範囲記載なし(120cm)
ベルト幅2.5cm
本数2本
TSAロック×
ネームタグ×
4位

オレンジウェディングTSAロック付きスーツケースベルト

1,296円 (税込)

タイプダイヤル式TSAロック・ワンタッチ式
調節範囲108~182cm
ベルト幅4.9cm
本数1本
TSAロック
ネームタグ記載なし
3位
タイプワンタッチ式
調節範囲記載なし(200cm)
ベルト幅2.5cm
本数1
TSAロック×
ネームタグ×
2位
タイプワンタッチ式
調節範囲水平105~195cm・垂直130~223cm
ベルト幅5cm
本数2本
TSAロック×
ネームタグ
1位
タイプ ダイヤル式TSAロック・ワンタッチ式
調節範囲100~200cm
ベルト幅5cm
本数2
TSAロック
ネームタグ

人気スーツケースベルトの比較一覧表

商品画像
1
スーツケースベルト LANMOK スーツケースベルト 1枚目

LANMOK

2
スーツケースベルト Kroeus 十字型スーツケースベルト 1枚目

Kroeus

3
スーツケースベルト JETEDC Molle スーツケースベルト 1枚目

JETEDC

4
スーツケースベルト オレンジウェディング TSAロック付きスーツケースベルト 1枚目

オレンジウェディング

5
スーツケースベルト origin 荷締めベルト 1枚目

origin

6
スーツケースベルト MAGARROW スーツケースベルト 1枚目

MAGARROW

7
スーツケースベルト FUN ROAD スーツケースベルト 1枚目

FUN ROAD

8
スーツケースベルト TTC HERcules スーツケースベルト 1枚目

TTC

9
スーツケースベルト gowell ポケモン スーツケースベルト 1枚目

gowell

10
スーツケースベルト ティーアンドエス ミニサポートベルト 1枚目

ティーアンドエス

商品名

スーツケースベルト

十字型スーツケースベルト

Molle スーツケースベルト

TSAロック付きスーツケースベルト

荷締めベルト

スーツケースベルト

スーツケースベルト

HERcules スーツケースベルト

ポケモン スーツケースベルト

ミニサポートベルト

特徴2本のTSAロック付きベルトで安全&しっかり固定スーツケースベルトのメリットが詰まったおすすめアイテム耐久性に優れたバックルで割れを防止ユニークなメッセージが目を引くデザイン荷物の飛び出し防止に!使い勝手の良い細めのベルト耐久性と汎用性の高いスーツケースベルトコスパ◎蛍光色カラーのシンプルベルトスーツケースをおしゃれにするPOPデザイン他と差がつくかわいいキャラクターデザインフィット感の高い伸縮性のあるゴムバンド
最安値
919
送料要確認
詳細を見る
950
送料要確認
詳細を見る
1,296
送料要確認
詳細を見る
510
送料要確認
詳細を見る
1,180
送料無料
詳細を見る
399
送料要確認
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
455
送料無料
詳細を見る
タイプ ダイヤル式TSAロック・ワンタッチ式ワンタッチ式ワンタッチ式ダイヤル式TSAロック・ワンタッチ式ワンタッチ式ワンタッチ式ワンタッチ式ワンタッチ式ワンタッチ式ワンタッチ式
調節範囲100~200cm水平105~195cm・垂直130~223cm記載なし(200cm)108~182cm記載なし(120cm)記載なし(198cm)記載なし(180cm)記載なし(180cm)記載なし(190cm)90~150cm
ベルト幅5cm5cm2.5cm4.9cm2.5cm2.54cm5cm5cm5cm5cm
本数22本11本2本1本1111
TSAロック××××××× ×
ネームタグ×記載なし××記載なし記載なし
商品リンク

スーツケースをお探しの方はこちら

今回はスーツケースベルトをご紹介しましたが、以下の記事ではスーツケース本体の選び方とおすすめ商品をご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

スーツケースベルトの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スーツケースベルトのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、スーツケースベルトの選び方とおすすめ商品をランキング形式で紹介しました。


スーツケースベルトは、目的によって必要なタイプが異なります。旅のパートナーとして満足できるアイテムを選んで、楽しい旅を楽しんでくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事