【徹底比較】アイテープのおすすめ人気ランキング18選【目立たない方法とは?】

【徹底比較】アイテープのおすすめ人気ランキング18選【目立たない方法とは?】

重たい一重まぶたも奥二重も、手軽に二重にできる「アイテープ」。両面・片面タイプと種類が豊富なうえにメザイクやD.UPなどから多数販売されていますが、剥がれたりかぶれたりせずキレイな二重にしてくれるものはどれなのか、悩んでしまう方は多いと思います。


そこで今回は、@cosme・Amazon・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋上位のアイテープ18商品をすべて購入し、編集部で5項目について徹底的に検証しました。

  1. 仕上がり(しっかり二重になるか・バレにくさ)
  2. メイクがしっかりできるか
  3. 使用感
  4. 耐水性
  5. オフのしやすさ

果たしてどれが最もおすすめのベストバイなのでしょうか?アイテープをより目立ちにくくする方法もご紹介しますので、必見です!

  • 2020年04月22日更新
  • 599,659 views

検証のポイント

売れ筋のアイテープ18商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 仕上がり

    検証① 仕上がり

    まずは一番気になる「しっかり二重になるのか」という点と、「バレにくいかどうか」という点についての検証。全商品を奥二重の編集部2人で実際に試し、自分の理想とする二重に仕上げてくれるものがどれかを検証しています!

  • メイクがしっかりできるか

    検証② メイクがしっかりできるか

    次に、「アイテープをする前後にメイクができるかどうか」についての検証。アイテープだとアイメイクが楽しめない気がして、手が出せないという方ももしかしたらいるのではないでしょうか。アイテープをしていてもアイメイクが楽しめるものを確認していきます!

  • 使用感

    検証③ 使用感

    続いて「プッシャーは使いやすいか」や「テープは扱いやすいか」など、使用感の検証です。それぞれ実際に全商品を試してみて、より使いやすいプッシャー・テープなのはどの商品なのかをチェックしていきます。

  • 汗や水への強さ

    検証④ 汗や水への強さ

    続いて、汗・水への耐久性の検証です。ミストボトルでアイテープを施したまぶたに水をかけてティッシュオフし、前後での変化の有無をチェックしています。

  • オフのしやすさ

    検証⑤ オフのしやすさ

    最後に、もっともオフがしやすい商品がどれかを検証しました。公式のやり方があるものはその通りにオフし、ないものはクレンジングシートで優しくマッサージしています。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    アイテープの選び方

    アイテープを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。

    ① キレイな二重を作るためにも自分のまぶたに合ったタイプを選ぼう

    アイテープは3種類ありますが、その中でも自分のまぶたに合ったものを選ぶのが大切です。ひとつひとつの特徴と使用ポイントを解説していきますので、自分に合ったアイテープを見つけましょう。

    「両面粘着タイプ」は瞼が重い人向け

    「両面粘着タイプ」は瞼が重い人向け
    まぶたが厚い人やはっきりとした二重ラインを作りたい人には、「両面接着タイプ」のアイテープがおすすめです。両面接着タイプのアイテープは、テープの両面でまぶたをくっつけて二重ラインを作るためくっきり二重になれます。

    ただ、両面タイプのアイテープはまぶた同士をくっつけて二重を作るので、二重ラインの幅を欲張りすぎると目を閉じたときにまぶたが引きつってしまうことも。ドライアイになりやすいので、注意が必要です。

    薄いまぶたにおすすめの「片面接着タイプ」

    薄いまぶたにおすすめの「片面接着タイプ」
    片面タイプのアイテープは、まぶたの皮膚が薄い一重の方や奥二重の方におすすめ。片面タイプのアイテープは片面だけに接着面があり、テープを貼ったところがまぶたに食い込むことによって二重ラインができるようになっています。

    まぶた同士を接着させるわけではないので、両面タイプのように引きつることはありません。ただ、商品やメイクの仕方によっては貼っているのがはっきり分かってしまう場合があります。

    目立ちにくさを重視するなら「ファイバータイプ」が◎

    目立ちにくさを重視するなら「ファイバータイプ」が◎
    どうしても目立ちにくいアイテープがほしい!という方には、「ファイバータイプ」か「布タイプ」がおすすめ。糸のような形状をしたかなり細いファイバーをまぶたに食い込ませることで二重のラインを作る商品になっており、仕上がりの自然さはダントツです。

    ただ、ファイバータイプに関してはテープを食い込ませて端のテープを専用のハサミで切るなど、片面・両面タイプにはない工程があるため使い方が難しく、コツが必要かもしれません。ですが、慣れてしまえば時間はかからなくなるでしょう。

    ② メイクがしやすいものを選ぼう

    メイクがしやすいものを選ぼう

    テープが邪魔でアイメイクができなかったり、アイシャドウをしてもアイテープが目立ってしまったりするのは嫌ですよね。アイテープを目立ちにくくするためにも、アイメイクはしっかりしたいところ。


    アイメイクをするとテープが悪目立ちしてしまうものや剥がれてしまうもの、仕上がりが汚くなってしまうものは避けましょう。

    ③ テープやプッシャーが使いやすいものを選ぼう

    テープやプッシャーが使いやすいものを選ぼう

    多くのアイテープに付属しているプッシャーは、自分の目に合った二重のラインを確認するのに必要なアイテムです。また、商品によってはプッシャーを使ってテープを貼るものもあるので、使いやすさは重要といえます。


    テープにおいても、簡単に貼れるものほどメイクの時短になるので扱いやすいものを選ぶべき。実際に使ってみなければ分からない部分でもあるので、今回の検証を参考にしてみてください!

    ④ スポーツをするなら汗・水に強いものを選ぼう

    スポーツをするなら汗・水に強いものを選ぼう
    基本的にアイテープは液状の二重形成アイテムより汗・水に強いのが特徴といえます。とはいえ絶対に取れたくない日などは、タイプを問わず強力接着を謳っているアイテープを選ぶとさらに安心です。

    スポーツをしたりアクティブに行動したりすることが分かっている日は、汗・水に強い接着面が強力なアイテープを選ぶと良いでしょう。

    ⑤ オフがしやすいものを選ぼう

    オフがしやすいものを選ぼう

    まぶたは皮膚の中でもとくにデリケートな部分。まぶたへの負担を最低限にとどめるためにも、オフがしやすいアイテープを選ぶべきです。肌が敏感な方や弱い方はなおさら気を付けなければいけません。


    アイプチもそうですが、アイテープを貼っているときよりもオフの時に摩擦で負担がかかります。少ないマッサージで剥がせるアイテープを選んで、まぶたへの負担を少しでも軽減しましょう!

    売れ筋の人気アイテープ全18商品を徹底比較!

    アイテープの検証
    ここからは、@cosme・Amazon・Yahoo!ショッピングなどで購入した売れ筋上位18商品のアイテープを、どれが最も優れたアイテムなのか、奥二重の編集部2人で比較・検証していきます!

    上記の選び方のポイントを踏まえ、検証項目は以下の5つとしました。

    検証①:仕上がり(しっかり二重になるか・バレにくさ)

    検証②:メイクがしっかりできるか

    検証③:使用感

    検証④:耐水性

    検証⑤:オフのしやすさ

    今回検証した商品

    1. D-UP|ワンダーアイリッドテープ マイルド
    2. アーツブレインズ|メザイク フリーファイバー
    3. D-UP|ワンダーアイリッドテープ エクストラ
    4. アネックスジャパン|RiPiれるふたえテープ 極細
    5. フィートジャパン|ブリッジファイバーII
    6. ディアローラ|オートマティックビューティ ダブルアイテープ
    7. ビーエヌ|パーフェクトダブルテープ
    8. ディアローラ|オートマティックビューティ シングルアイテープ
    9. シーオーメディカル|湘南美容 アイリッドテープ
    10. ノーブル|プリュドール ネイキッド
    11. ビューティーワールド|ナチュラルアイテープ 素肌タッチのふたえテープ
    12. オートマティックビューティ|シングルナチュラルアイテープ
    13. シーオーメディカル|湘南美容アイリッドテープ 片面タイプ
    14. アネックスジャパン|RiPiれるふたえテープ
    15. ノーブル|プリュドール ナチュラル
    16. ノーブル|プリュドール セパレート
    17. ガールズメーカー|エタニティアイテープ
    18. コジット|ふたえ用アイラインシール

    検証① 仕上がり

    仕上がり
    まずは一番気になる「しっかり二重になるのか」という点と、「バレにくいかどうか」という点についての検証。

    全商品を奥二重の編集部2人で実際に試し、自分の理想とする二重に仕上げてくれるものがどれかを検証しています!

    【検証結果ハイライト】幅が細めの両面タイプ・ファイバータイプは自然な仕上がりに!不織布のテープはバレバレ…

    【検証結果ハイライト】幅が細めの両面タイプ・ファイバータイプは自然な仕上がりに!不織布のテープはバレバレ…

    仕上がりの検証ではテープが細くて両面タイプのものか、ファイバータイプのものがより自然な二重になることが分かりました。画像はファイバータイプで二重にしたもの。片面タイプも二重にはなりましたが、自然さという点においては両面タイプに劣ってしまう結果に。


    逆に、まぶたが特に重いという方には、幅が太めのテープの方がいいのかもしれません。テープの幅が太いものは、編集部2人の目だとまぶたがくっつきすぎて瞬きがしにくくなりました。テープもはみ出してしまっていたので、まぶたの厚さを選ぶでしょう。


    また、不織布でできたアイテープは「貼っています感」がどうしても否めません。メイクでアイテープを隠しきるのは難しいかもしれません。

    検証② メイクがしっかりできるか

    メイクがしっかりできるか

    次に、「アイテープをする前後にメイクができるかどうか」についての検証。


    アイテープだとアイメイクが楽しめない気がして、手が出せないという方ももしかしたらいるのではないでしょうか。アイテープをしていてもアイメイクが楽しめるものを確認していきます!

    【検証結果ハイライト】片面・両面それぞれメイクしづらい部分があった

    【検証結果ハイライト】片面・両面それぞれメイクしづらい部分があった

    基本的にどれもアイメイク自体はできるのですが、タイプ別に弱点が見受けられました。両面タイプやファイバータイプは、接着しているまぶたの溝にアイシャドウが埋まってしまうものが多数…。


    片面タイプは、テープのテカりが気になるものも。中でも不織布でできた片面タイプは、アイシャドウをしてもテープが目立ってしまいました。不織布のアイテープは、かなり濃いメイクを施さなければテープをしていることがバレてしまうでしょう。

    検証③ 使用感

    使用感
    続いて「プッシャーは使いやすいか」や「テープは扱いやすいか」など、使用感の検証です。

    それぞれ実際に全商品を試してみて、より使いやすいプッシャー・テープなのはどの商品なのかをチェックしていきます。

    【検証結果ハイライト】プッシャーが小さいとまぶたに貼るのが大変。テープは片面タイプが剥がしやすく使いやすい

    【検証結果ハイライト】プッシャーが小さいとまぶたに貼るのが大変。テープは片面タイプが剥がしやすく使いやすい
    プッシャーが付属していない商品は、テープを剥がしたり二重のラインを確認したりするのが本当に大変でした。加えてプッシャーが小さいものはテープを剥がしにくく、まぶたにも貼りにくかったです。


    テープが扱いやすかったのは、片面タイプ。台紙の造りやテープの硬さにもよりますが、片面タイプはするっと剥がせるものが多かったです!


    両面タイプのアイテープは、粘着力が強すぎて台紙から剥がした瞬間テープが丸まってしまったり、ただただ剥がしにくかったり…。また、ファイバータイプは端の方をハサミで切る作業が少し怖かったです。

    検証④ 汗や水への強さ

    汗や水への強さ
    続いて、汗・水への耐久性の検証です。


    ミストボトルでアイテープを施したまぶたに水をかけてティッシュオフし、前後での変化の有無をチェックしています。

    【検証結果ハイライト】水には透明な片面タイプの商品が強い!

    【検証結果ハイライト】水には透明な片面タイプの商品が強い!

    水をかけてもそれほど変化がなかったものは比較的たくさんありましたが、その中でも透明な片面タイプの商品は特に水に強い印象を受けました。


    ファイバータイプや両面タイプの中には、水をかけた瞬間取れるものや端の方が取れかけてしまうものもありました。海やプールなど水を大量に浴びてしまう場面では、こういったタイプの商品は使えなさそうです。

    検証⑤ オフのしやすさ

    オフのしやすさ
    最後に、もっともオフがしやすい商品がどれかを検証しました。

    公式のやり方があるものはその通りにオフし、ないものはクレンジングシートで優しくマッサージしています。

    【【検証結果ハイライト】ファイバータイプは2~3回のマッサージでポロっと取れた!

    【【検証結果ハイライト】ファイバータイプは2~3回のマッサージでポロっと取れた!

    編集部の2人がそろってオフしやすいと感じたのは、ファイバータイプの商品でした!クレンジングシートで2~3回くるくるとマッサージするだけでポロッと取れてくれます。クレンジング剤でマッサージすれば、肌の負担は気にならないはず。


    一方で、粘着力が強すぎる商品は強めにマッサージしてもまったく取れず、むしろまぶたが引っ張られて痛いと感じるものさえありました。こういった商品はテープが取れてもまぶたがヒリヒリしていたので、次もまた使おう!という気持ちにはなれません…。

    PR
    寝ている間に二重をクセ付け

    ストリートレンドナイトアイボーテ

    2,980円(税別)

    ぶきっちょさんでもOK!夜つけて寝るだけで1日中くっきり二重に!「ナイトアイボーテ」

    アイテープやアイプチが苦手なぶきっちょさん、肌が荒れやすい方におすすめなのが、話題の二重美容液「ナイトアイボーテ」です。

    こちらを夜寝る前にまぶたにすっと塗るだけで、朝から自然なパッチリ二重を実現!コンパクトな毛先で塗りやすい上、1日中ずっと二重ラインをキープしてくれるので、どなたでも簡単にお使いいただけます。


    毎日使い続けるだけで、しっかりクセがついてくれるので、何もしなくても二重をキープできるようになる人も♪


    さらに、美肌成分のおかげで長時間接着による肌負担も軽減。朝のイライラを解消して、自然な二重を手に入れてみませんか?

    1日約70円でくっきり二重!1本でたっぷり2ヵ月使えるからおトク♪

    ナイトアイボーテ
    二重コスメは毎日繰り返し使うものなので、コスパが重要!できるだけリーズナブルにゲットしたいですよね。この「ナイトアイボーテ」なら、1日あたりたったの70円!他の二重コスメのように何度も失敗したり、つけ直したりする必要がないのでとってもお得です。

    さらに今なら先着で34%OFFのキャンペーンも実施中なので、この機会にぜひ話題の「ナイトアイボーテ」を試してみませんか?
    No.1

    D-UPワンダーアイリッドテープ マイルド

    680円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 総合評価: 5.0
    • 仕上がり: 5.0
    • 使用感: 4.0
    • メイクがしっかりできるか: 4.0
    • 耐水性: 4.0
    • オフのしやすさ: 4.0

    柔らかいテープがしっかりまぶたを捉えて離さない!mybestイチオシのアイテープ!!

    今回、唯一2人が仕上がりに対して「A+」をつけたのがこの商品でした。


    なんといっても柔らかいテープがまぶたをしっかり捉えてくれるので、安定的な二重を作ることができます!マイルドタイプとなっており、オフもしやすいので毎日使っていても負担はかなり少ないのではないでしょうか。


    3位のテープと同じ形なので端の方が痛いのかと思いきや、テープ自体が柔らかく作られているおかげか痛みは感じませんでした。アイシャドウをしてもテープが剥がれたりヨレたりすることもなかったので、どんなシーンにおいても安心して使用できるアイテムだといえます。

    No.2

    アーツブレインズメザイク フリーファイバー

    1,135円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • 仕上がり: 4.0
    • 使用感: 3.0
    • メイクがしっかりできるか: 4.0
    • 耐水性: 4.0
    • オフのしやすさ: 5.0

    かなり自然でテープをしていることも忘れるくらい軽い付け心地

    2人ともかなり自然な二重に仕上がりました。なんといってもテープの幅が0.45mmしかなく非常に細いため、付けているのを忘れるくらい付け心地が良かったのが印象的です。自ら「アイテープをしている」と言わない限り、バレないのではないでしょうか。


    また、耐水性がしっかりあるにもかかわらず2~3回のマッサージでオフもできるので、まぶたへの負担もそこまで心配なさそうです。


    端の方をハサミで切らなければいけない点だけがネック。販売元から専用のカッターが別売りされているので、ハサミで切るのが怖い方はそちらを購入しておくのがおすすめです。

    No.3

    D-UPワンダーアイリッドテープ エクストラ

    880円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • 仕上がり: 4.0
    • 使用感: 3.0
    • メイクがしっかりできるか: 3.0
    • 耐水性: 4.0
    • オフのしやすさ: 4.0

    しっかりキレイな二重に成形してくれる!アイメイクは△

    かなり強い粘着力でまぶたをしっかり食い込ませ、自然な二重にしてくれました。台紙からも剥がしやすいですし、プッシャーでテープを剥がしてそのまま貼れるのも嬉しいです!


    ただ、アイシャドウをのせると目尻側のテープが剥がれてきてしまうのが残念でした。また、テープ自体が比較的硬く、端も鋭利なので人によっては痛みを感じるかもしれません。

    No.4

    アネックスジャパンRiPiれるふたえテープ 極細

    734円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • 仕上がり: 4.0
    • 使用感: 3.0
    • メイクがしっかりできるか: 4.0
    • 耐水性: 2.0
    • オフのしやすさ: 3.0

    くっきり二重になった!ただ、台紙から剥がしにくいのが残念

    テープが細いので、まぶたにしっかり食い込んで二重にしてくれます。アイテープを貼った上からアイシャドウをのせてみても、テープでできた溝に粉が埋まることはほぼありません。


    ただ、台紙からはかなり剥がしにくいです。剥がす際のコツが説明書に記載されていますが、テープについている白い紙しか剥がれる様子がなく、爪でこそぎ取らないと剥がせませんでした。

    No.5

    フィートジャパンブリッジファイバーII

    880円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 仕上がり: 3.0
    • 使用感: 2.0
    • メイクがしっかりできるか: 3.0
    • 耐水性: 2.0
    • オフのしやすさ: 4.0

    絶妙に使いにくい…仕上がりやオフのしやすさは◎

    しっかり二重にしてくれるファイバータイプの商品なのですが、如何せん持ち手部分が滑るため二重のラインを狙って食い込ませるのが大変でした。また、瞬きをした際に「テープがついているな」という感覚があるのも気になります。


    ただ、かなりオフがしやすく2~3回マッサージをしただけでポロっと取れます。同シリーズの1.6mmの方も試してみましたが、ほぼ同じ使用感・仕上がりでした。

    No.6

    ディアローラオートマティックビューティ ダブルアイテープ

    1,080円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 仕上がり: 3.0
    • 使用感: 1.0
    • メイクがしっかりできるか: 4.0
    • 耐水性: 4.0
    • オフのしやすさ: 3.0

    仕上がりは申し分ないのにテープのフィルムが剥がしにくすぎる

    まぶたにしっかり食い込んでくれるため、二重の仕上がりはかなり良かったです。ただ、テープを台紙から剥がした後にさらにテープについているフィルムを剥がさなければならず、面倒臭さを感じました…。まぶたごとつまんで剥がすため、若干の痛さもあります。


    朝の忙しい時間には向いていないといえるでしょう。

    No.7

    ビーエヌパーフェクトダブルテープ

    309円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 仕上がり: 3.0
    • 使用感: 3.0
    • メイクがしっかりできるか: 2.0
    • 耐水性: 4.0
    • オフのしやすさ: 4.0

    アイシャドウが乗りにくく、テープをしているのがバレやすい

    テープを貼った上からアイシャドウをしてみると、半透明のテープが逆に際立ってしまい、かなり人工的な二重に。とはいえかなり耐水性があるので、アイシャドウにそこまでこだわる必要のないプールや海など、夏場のシーンでは大活躍してくれるかもしれません。
    No.8

    ディアローラオートマティックビューティ シングルアイテープ

    480円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 仕上がり: 3.0
    • 使用感: 4.0
    • メイクがしっかりできるか: 3.0
    • 耐水性: 4.0
    • オフのしやすさ: 2.0

    キレイに二重になるが、瞬きをした時の違和感が拭えない

    一見、比較的キレイな二重に見えます。しかし、とくにアイシャドウをした後なのですが、瞬きをした時や光に当たった時にかなりの違和感が。また、テープが硬めなので剥がしにくいので、オフする際は時間をかけてゆっくりふやかして剥がすようにしましょう。
    No.9

    シーオーメディカル湘南美容 アイリッドテープ

    1,150円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 仕上がり: 3.0
    • 使用感: 2.0
    • メイクがしっかりできるか: 3.0
    • 耐水性: 2.0
    • オフのしやすさ: 4.0

    テープが小さいのとアイシャドウが埋まるのが気になる

    テープが非常に小さいので貼ってもそれほど目立ちはしませんが、小ささによる扱いづらさとアイシャドウを塗るとテープに埋まってしまうのが残念でした。水をかけてみると、テープは残りますがまぶたが離れてしまったので、汗をかく場面やプールなどでは取れないかが少々心配です。
    No.10

    ノーブルプリュドール ネイキッド

    480円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 仕上がり: 2.0
    • 使用感: 2.0
    • メイクがしっかりできるか: 2.0
    • 耐水性: 4.0
    • オフのしやすさ: 3.0

    まぶたが厚い人は二重にするのが難しい

    片方のスタッフは二重になりましたが、もう1人は二重にはなりませんでした。テープが柔らかすぎるため、まぶたが厚いと二重にするのは難しいといえます。ただ、テカりが少なく目立ちにくいので、まぶたが薄くて普段ナチュラルメイクが好きな方におすすめ
    No.11

    ビューティーワールドナチュラルアイテープ 素肌タッチのふたえテープ

    230円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • 仕上がり: 3.0
    • 使用感: 2.0
    • メイクがしっかりできるか: 2.0
    • 耐水性: 2.0
    • オフのしやすさ: 4.0

    アイメイクをするとテープを貼っているのが分かってしまう

    アイテープを貼っただけであれば、比較的自然な二重になりました。ただ、アイシャドウをすると目尻側が剥がれて悪目立ちする形に。こちらもアイメイクにこだわらず、純粋に二重にしたい方にはおすすめといえます。
    No.12

    オートマティックビューティシングルナチュラルアイテープ

    480円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • 仕上がり: 2.0
    • 使用感: 3.0
    • メイクがしっかりできるか: 2.0
    • 耐水性: 2.0
    • オフのしやすさ: 3.0

    粘着力が弱すぎて、剥がれないか不安になる

    仕上がりも使用感も悪い印象ではなかったのですが、粘着力が弱めなので、普通につけているだけでも途中で剥がれないか不安になります。案の定、水をかけると目頭や目尻が浮いてきてしまいました。
    No.13

    シーオーメディカル湘南美容アイリッドテープ 片面タイプ

    1,080円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • 仕上がり: 2.0
    • 使用感: 2.0
    • メイクがしっかりできるか: 2.0
    • 耐水性: 2.0
    • オフのしやすさ: 3.0

    二重にできるかどうかはまぶたを選ぶ!アイシャドウはのりにくい

    アイシャドウをする前は2人ともキレイに二重でしたが、まぶたの厚みが関係しているのか、片方のスタッフはテープが浮き出てきてしまいました。テープのテカりはほとんどないので、ナチュラルメイクが好きでアイシャドウをほとんどしない方にはおすすめです。
    No.14

    アネックスジャパンRiPiれるふたえテープ

    702円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • 仕上がり: 2.0
    • 使用感: 1.0
    • メイクがしっかりできるか: 2.0
    • 耐水性: 3.0
    • オフのしやすさ: 2.0

    二重にはなるが、しわしわ…アイシャドウも埋まる

    二重にはなりましたが、しわしわになっていてキレイな仕上がりとはいえません。また、アイシャドウを塗るとテープに埋まってしまうので、さらに汚い仕上がりになってしましました。
    No.15

    ノーブルプリュドール ナチュラル

    508円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • 仕上がり: 1.0
    • 使用感: 3.0
    • メイクがしっかりできるか: 1.0
    • 耐水性: 3.0
    • オフのしやすさ: 1.0

    アイテープ貼ってます感が濃いメイクでしか隠せない…

    テープ自体は貼りやすかったのですが、どんな風に貼ってもアイテープをしていることが分かってしまいます…。かなり濃いメイクをしないと、すぐにバレてしまうでしょう。
    No.16

    ノーブルプリュドール セパレート

    439円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • 仕上がり: 1.0
    • 使用感: 1.0
    • メイクがしっかりできるか: 4.0
    • 耐水性: 1.0
    • オフのしやすさ: 1.0

    とにかく貼る位置が難しくて使いにくい

    片面タイプの中でもとくに台紙から剥がしにくく、使い勝手が悪かったです。貼る位置も難しく、間違えると二重にならなかったり変な形の二重になったりするので、慣れるまでに時間が必要かも
    No.17

    ガールズメーカーエタニティアイテープ

    2,310円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • 仕上がり: 1.0
    • 使用感: 1.0
    • メイクがしっかりできるか: 1.0
    • 耐水性: 1.0
    • オフのしやすさ: 1.0

    テープなのにねっとりしすぎてメイクもしづらい

    テープなのにノリのように糸を引くため台紙からも剥がしにくく、メイクをしてもしなくても汚い仕上がりになってしまいました。台紙から剥がすと、テープが丸まってしまうのも△。
    No.18

    コジットふたえ用アイラインシール

    509円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • 仕上がり: 1.0
    • 使用感: 1.0
    • メイクがしっかりできるか: 1.0
    • 耐水性: 3.0
    • オフのしやすさ: 1.0

    「二重とは」と定義を問いたくなる…

    「二重とは」と問いたくなる仕上がりに。オフする際も粘着力が強すぎて剥がしにくかったので、これを毎日するとなるとまぶたへの負担が心配です。正直二度と使いたくないと思いました。

    人気アイテープの検証結果比較表

    アイテープで上手に二重を作るためのコツ

    使い慣れるまで多少時間とコツが必要なアイテープですが、慣れてしまえば簡単です。早く慣れるために、二重を作るためのコツをご紹介します。「私は不器用だからどうせ使えない…」と自信のない方も、ぜひ見てみてくださいね!

    まぶたの油分はしっかりオフする

    アイメイクをしたあとにテープを貼る商品以外は、まぶた表面についている油分や汚れをコットンなどでしっかり落としましょう。油分や汚れがまぶたに残っていると、アイテープの付きが悪くなってしまうためです。

    まぶたがキレイな状態であればあるほど、しっかりフィットしてくれるので剥がれにくくなります。

    二重幅は欲張らず自分の目にあったラインを決めてから貼る

    アイテープを貼るときは、必ず自分の目にあった二重ラインを決めてから貼るようにしてください。そこに継続してアイテープを貼ることで、クセがつきやすくなるためです。


    この時気を付けたいのが、「二重幅は欲張らない」ということ。もちろん本来であれば平行二重が理想です。ただ、目の形やまぶたの厚みによっては、平行二重が作りにくい方もいます。


    無理に平行二重にしようとすると、テープが浮いたり違和感のある目になってしまう可能性が…。二重幅は決して欲張らず、自分の目にあった二重ラインを決めて貼るようにしましょう。

    アイテープをバレにくくするためのコツもご紹介!

    アイテープはバレやすいというのが難点だと解説しましたが、なるべくバレないようにするには素材だけではなく、アイメイクにもコツが必要です。ここではアイテープがバレにくくなるアイメイクのコツをご紹介します。

    アイシャドウは肌馴染みがいいラメ入りのものがおすすめ!

    バレにくくしてくれるアイテムとして外せないのが、アイシャドウです。これはアイプチの時もそうなのですが、ラメ入りのものであればラメでテープのテカりを相殺してくれるため、バレにくくなります。


    また、ピンクやブルーなどの色味よりは、ブラウンやオレンジなど肌馴染みのいいアイシャドウの方がバレにくくなるのでおすすめです!

    つけまつげやマツエクをすればよりバレにくくなる

    アイテープをする際は、つけまつげやマツエクをするのもおすすめです。長くなったまつげがまぶたをカモフラージュしてくれるため、バレにくくなります。


    また、つけまつげをすると芯でまぶたが持ち上がりやすくなることがあるので、アイテープと併用すると二重が作りやすくなるかもしれません!

    テープの端が目立つなら接着タイプのアイプチやアイライナーで対処

    アイテープが剥がれてくるのは、やはり端の方からです。時間が経つとテープが剥がれてくるのが気になる…という方におすすめの対処法が2つあります。

    1つは、画像のようにアイテープを貼った端の部分とまぶたにリキッドアイライナーで薄く数ミリの線を引いて、二重のラインを強調させる方法です。リキッドアイライナーで描いたラインを二重の線のように見せることで、よりバレにくくなります。


    そしてもう1つは、あらかじめアイテープの端を接着タイプのアイプチでまぶたにくっつけてしまう方法。アイプチほどまぶたを強力にくっつけなくてもよい、という方はテープの端だけくっつけてみてください!

    カットする位置が難しいファイバータイプは黒目を基準にするのがコツ!

    ファイバータイプは、テープを8~10cmほど伸ばして二重のラインにつけたら、目頭は黒目のフチ部分・目尻は黒目から0.5mmほどのところをハサミでカットするのがコツ!実際に編集部の2人でも画像の◯部分を切ってみたところ、それぞれが理想とする二重に近い仕上がりになりました。


    また、ファイバーはしっかり伸ばすことが大切ですが、伸ばしすぎも良くありません。伸ばす時は8~10cmほどを意識してみると、しっかりまぶたにフィットしてくれました。

    アイテープを剥がす際の注意点

    アイテープを剥がす際の注意点
    アイテープは、絶対に無理やり剥がさないでください。まぶたは非常にデリケートな部分なため、無理やり剥がすとまぶたを傷つけてしまう可能性があります。

    テープを剥がす際はクレンジングオイルや水などで優しくマッサージし、端の方がまぶたから剥がれるのを待ちましょう。端が剥がれてきたら、まぶたを押さえながらゆっくり剥がしてください。

    二重になりにくい人は日中・夜用のアイプチもおすすめ!

    二重になりにくい人は日中・夜用のアイプチもおすすめ!

    アイテープで二重にするのが難しい、二重になりにくいという方は日中や夜用のアイプチを使ってみるのはいかがでしょうか。アイプチに関しては、本記事同様に21商品を徹底比較しています。


    また、寝ている間に二重を作りやすくするアイテムを平行して使っていれば、起きる頃にはある程度二重のラインがついていることもあるので、メイクが楽になるかもしれません。気になる方は以下の記事をあわせてチェックしてくださいね。

    まとめ

    今回は目の形が違う編集部の2人で売れ筋の人気アイテープ18商品を徹底比較してみましたが、いかがでしたか?

    私は普段、寝るときのクセ付けとして3位の商品を使っているのですが、すべての商品を試してみて、個人的に一番目立ちにくいと感じたメザイクのフリーファイバーを使ってみたいと思いました!


    ご紹介したコツを意識してアイテープを使うことで、より早く慣れて自分の目にあった二重が作れるようになるはずです。自分の目に合ったアイテープで、理想の二重を作ってメイクを楽しんでくださいね。


    文:松田幸奈、写真:川島勇輝

    ランキング作成日:2018/09/30

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す