• ママコートのおすすめ人気ランキング10選【マタニティ期から使えるものも】のアイキャッチ画像1枚目
  • ママコートのおすすめ人気ランキング10選【マタニティ期から使えるものも】のアイキャッチ画像2枚目
  • ママコートのおすすめ人気ランキング10選【マタニティ期から使えるものも】のアイキャッチ画像3枚目
  • ママコートのおすすめ人気ランキング10選【マタニティ期から使えるものも】のアイキャッチ画像4枚目
  • ママコートのおすすめ人気ランキング10選【マタニティ期から使えるものも】のアイキャッチ画像5枚目

ママコートのおすすめ人気ランキング10選【マタニティ期から使えるものも】

赤ちゃんを、抱っこひもやおんぶひもで抱えた状態で着ることができる「ママコート」。最近は、ママコートに見えないおしゃれなものもたくさん登場していますね!ダッカ―の機能が充実しているものや、ダッカ―なしでポンチョのようにかわいいデザインのもの、ダウン素材で軽くて暖かいものなどさまざまな種類のママコートがあり、正直どれにしようか迷ってしまいます。

今回は、そんなママコートの選び方とともに、人気ランキングをご紹介します。長く愛用できる、ベーシックデザインのものを中心に選びました。便利で暖かいママコートを着て、寒い時期のお出かけを快適にしちゃいましょう!
  • 最終更新日:2019年07月07日
  • 9,779  views
目次

ママコートの選び方

ここからは、自分にぴったりなママコートの選び方を紹介していきます。使用するシーンによっても選ぶべきものが変わってきますので、しっかりリサーチしておきましょう。

ダッカー付きタイプなら赤ちゃんも暖か!

ダッカー付きタイプなら赤ちゃんも暖か!

出典:amazon.co.jp

赤ちゃんをすっぽりと包んでくれるダッカ―。このダッカ―がついているか否かで、シルエットはもちろん、使用シーンも変わってきます。


ダッカ―ありのタイプは、当然ながらダッカ―をつけた状態と外した状態でシルエットがかなり変化します。ダッカ―を外すことで、細身のシルエットになるものも多いです。


一方のダッカ―なしのタイプは、元からかなりゆったりしたデザインで作られてるものが多く販売されています。


ダッカーには、子どもの成長に合わせてサイズ調整できるものをはじめ、ベビーカーに乗っているときのブランケットとして使用できるなど2WAY・3WAYで使用できる商品も多いので、ダッカー付きタイプなら赤ちゃんも暖かです。

ライフスタイルによってタイプを見極めよう

ママコートには「抱っこオンリー」のタイプと、「おんぶもできる」タイプのものがあります。どちらを選ぶのが正解なのかは、普段の赤ちゃんの様子や移動方法を見ながら考えてみましょう。

自転車をよく使用するなら「おんぶできるタイプ」が使いやすい

自転車をよく使用するなら「おんぶできるタイプ」が使いやすい

出典:amazon.co.jp

自転車に乗ることが多かったり、おんぶの方が赤ちゃんが落ち着くことが多い場合は、おんぶもできるタイプのママコートがおすすめです。

道路交通法では、基本的に赤ちゃんを前抱っこした状態で乗ることが認められていません。そのため、ママコートもおんぶに対応したものが必要になります。


おんぶタイプは、ポンチョのようにゆったりしたデザインのものが多くなっています。ダッカーなしのものが多いため、かさ張らないというのも嬉しいポイントですよ。

徒歩・公共の乗り物をよく使用するなら「抱っこタイプ」が◎

徒歩や、公共交通機関の利用が多いというママは、抱っこオンリータイプでも十分かもしれません。乗り物の座席に座るときは、当然おんぶはできませんし、乗り物を降りたらおんぶに切り替える…というのも大変。


せっかくおんぶもできるものを購入したけれど、使うシーンがなかったということありますので、ご自身の行動パターンなどをよく検討したうえで選んでくださいね。

デリケートな肌に触れるから素材感も重要

デリケートな肌に触れるから素材感も重要
デリケートな赤ちゃんの肌にも触れる機会の多いママコート。できるならデリケートな肌でも安心の素材や金具などを利用していると安心ですよね。コートを選ぶときには、チクチクしにくい素材・オーガニック素材などにも着目することをおすすめします。

軽量タイプなら脱ぎ着もラクラク

軽量タイプなら脱ぎ着もラクラク

出典:amazon.co.jp

ママコートは、できるだけ軽いものがおすすめ。赤ちゃんとのお出かけは、とにかく荷物が多くなります。

赤ちゃんを抱っこしていると、身一つのときは全く気にならなかったアウターの重さを感じるようになってくるママが多いもの…。肩や腰への負担を軽減できるよう、少しでもアウターが軽いことに越したことはありません。


ネットで注文する場合は試着することができませんが、軽さを売りにしているものがあれば狙い目です。ただし、肝心の防寒機能も大切になってくるため、使われている素材などもよく見ておきましょう。その点で言うと、ダウンが優秀かつ人気が高い素材と言えます。

撥水加工だと◎!長く愛用できるベーシックデザインがベスト

撥水加工だと◎!長く愛用できるベーシックデザインがベスト

出典:amazon.co.jp

赤ちゃんとのお出かけは晴天ばかりとはいきません。雨風が強いときでも外出しなくてはならないこともあると思います。そんな場合「撥水加工」が施されているコートなら、赤ちゃんが濡れることなく安心して使用できるのでおすすめ。

また、一時期のものだからと妥協せず、自分の好みのデザインを選んでおけば、赤ちゃんが抱っこ時期を卒業しても長く使えます。ベーシックデザインを選んでおけば、数年後、下のお子さんのときにも活躍してくれる事まちがいなしですよ!

ママコートの人気ランキング10選

それではここから、ママコートを人気ランキング形式で紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

10位

株式会社スウィートマミーワイドカラーコート

15,421円 (税込)

ダッカー付き-
タイプ抱っこ対応
素材ウール50%・ポリエステル50%
軽量タイプ-
撥水加工-
9位

犬印本舗フェアリー コーディガン

5,500円 (税込)

ダッカー付き-
タイプ抱っこ対応
素材ポリエステル100%
軽量タイプ-
撥水加工-
8位

株式会社スウィートマミーマタニティ カーディガン

4,590円 (税込)

ダッカー付き-
タイプ抱っこ対応
素材ポリエステル89%・レーヨン11%
軽量タイプ-
撥水加工-
7位

honey on dayダウンコード

12,999円 (税込)

ダッカー付き
タイプ抱っこ対応
素材ポリエステル100%
軽量タイプ-
撥水加工-
6位

株式会社スウィートマミーママポンチョ ドルマンスリーブ

9,676円 (税込)

ダッカー付き-
タイプおんぶ・抱っこ対応
素材ポリエステル100%
軽量タイプ-
撥水加工-
5位

株式会社スウィートマミーライナーベスト付きモッズコート

15,012円 (税込)

ダッカー付き
タイプ抱っこ対応
素材ポリエステル65%・コットン35%
軽量タイプ
撥水加工-
4位

クロスプラスママコート&ケープセット

16,200円 (税込)

ダッカー付き
タイプ抱っこ対応
素材ポリエステル100%
軽量タイプ-
撥水加工-
3位

femmebelly ファムベリーフリースママコーディガン

4,860円 (税込)

ダッカー付き-
タイプ抱っこ・おんぶ対応
素材フリース
軽量タイプ
撥水加工-
2位

株式会社スウィートマミーかるかわ キルティング 高機能ダッカー付き

11,058円 (税込)

ダッカー付き
タイプ抱っこ対応
素材ポリエステル100%
軽量タイプ
撥水加工
1位

株式会社スウィートマミーダッカー付き ダウンコート

19,698円 (税込)

ダッカー付き
タイプ抱っこ・おんぶ対応
素材ポリエステル100%・ダウン90%・フェザー10%
軽量タイプ
撥水加工

ママコートのメリットとデメリットを解説!

ここからは、「本当にママコートを買うべきかどうか」がわかるメリットとデメリットを紹介します。ライフスタイルによって、ママコートを「便利!」だと思う度合いが違いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ママコートのメリット

ママコートがあることによるメリットを紹介します!基本的にあれば便利なものなので、使用していると多くのメリットを感じられます。

両手が空くので、外出先でも身軽

両手が空くので、外出先でも身軽

出典:amazon.co.jp

抱っこひも、おんぶひもをしたままアウターを着られるので、両手が空いて動きやすくなります。上の子がいるときなどに手をつないだり、ベビーカーを押したりできるため便利です。

抱っこ時期の子ども連れは何かと荷物が多くなりますので、両手が空くことによるメリットは多いです。また、子どものアウターを着せたり持ち歩いたりする必要がないため、身軽にお出かけできますよ。

1着でママと赤ちゃん両方が温かい

例えば、子どもにアウターを着せた状態で抱っこひもやおんぶひもに入れると、かさばってしまい窮屈になってしまいがちですよね。また、ママが通常のコートの場合、抱っこひもをした状態では前が閉められないため、ママはけっこう寒い思いをしてしまいます。

ママコートがあると、1着で赤ちゃんとママの2人一緒に防寒できるので、とっても効率的です。また、抱っこやおんぶで密着しているため、赤ちゃんとママとの繋がりも強く感じることができます。

ママコートのデメリット

ママコートのデメリット

出典:amazon.co.jp

基本的にあれば便利なもののため、そこまでのデメリットはありません。が、強いて挙げるなら、価格の問題です。ママコートは安いものもありますが、15,000円オーバーのものも少なくありません。そのため、あまりママコートを使う機会がないママにとっては、少々割高感のある買い物になってしまいます。

車移動がメインであったり、子どもの生まれる時期を考えると明らかに使用期間が短かったりするママは、あまりママコートを使う機会がありません。しかし、産前でも使えるデザインのものもありますので、自分がどれくらいママコートを使う機会があるのかよく考えてから、購入を決めましょう

できるだけ快適に。赤ちゃんの防寒はしっかりと

ベビーカーや車など、赤ちゃんとのお出かけスタイルはさまざま。いつもママと一体…というわけにもいきませんよね。大切な赤ちゃんを寒さから守ってくれるアイテムは、他にもいろいろあります。以下の記事も参考に、暖かくしてお出かけしてくださいね!

ママコートの売れ筋ランキングもチェック!

参考までに、amazon・楽天・Yahoo!ショッピングでの、ママコートの売れ筋ランキングも紹介いたします。以下のリンクから確認してくださいね。

まとめ

今回は、ママコートの選び方や人気ランキングを紹介させていただきました。


ママコートは少し値段が張ることも多いですが、寒い時期のお出かけにはきっと便利ですよ。赤ちゃんと一緒に暖かく過ごせる一体感も楽しめるので、ぜひお気に入りの一着を見つけてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事