1. TOP
  2. >
  3. ベビー・キッズ
  4. >
  5. ベビー用品
  6. >
  7. 赤ちゃん用スリーピングバッグのおすすめ人気ランキング10選【夏も冬も使える、オールシーズンタイプも】
  • 赤ちゃん用スリーピングバッグのおすすめ人気ランキング10選【夏も冬も使える、オールシーズンタイプも】のアイキャッチ画像1枚目
  • 赤ちゃん用スリーピングバッグのおすすめ人気ランキング10選【夏も冬も使える、オールシーズンタイプも】のアイキャッチ画像2枚目
  • 赤ちゃん用スリーピングバッグのおすすめ人気ランキング10選【夏も冬も使える、オールシーズンタイプも】のアイキャッチ画像3枚目
  • 赤ちゃん用スリーピングバッグのおすすめ人気ランキング10選【夏も冬も使える、オールシーズンタイプも】のアイキャッチ画像4枚目
  • 赤ちゃん用スリーピングバッグのおすすめ人気ランキング10選【夏も冬も使える、オールシーズンタイプも】のアイキャッチ画像5枚目

赤ちゃん用スリーピングバッグのおすすめ人気ランキング10選【夏も冬も使える、オールシーズンタイプも】

ヨーロッパではベビー布団の代わりに使われている、赤ちゃん用のスリーピングバッグ。エイデンアンドアネイなど、海外のベビー用品ブランドを中心にたくさんの商品が販売されています。しかし、夏用や冬用、ベビーカーでも使えるものなど、種類も豊富。どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、赤ちゃん用スリーピングバッグの選び方とともに、通販で買えるおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。シンプルなものから、アニマル柄のデザインまで、幅広く登場!ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 最終更新日:2020年09月11日
  • 29,822  views
目次

赤ちゃんにスリーピングバッグは必要?

赤ちゃんにスリーピングバッグは必要?

赤ちゃん用のスリーピングバッグは、簡単に言えば、赤ちゃん用の寝袋のこと。絶対に必要なものではありませんが、あるとパパ・ママの負担がぐんと楽になるアイテムです。


寝ていても、気づけば布団を蹴飛ばしている赤ちゃんに悩むご家庭は多いと思いますが、赤ちゃんの足先まですっぽりと袋状に覆ってくれるスリーピングバッグがあれば、寝冷えを防げます。赤ちゃんが寝返りを打つたびに布団をかけ直す必要がなく、パパ・ママもゆっくり眠れます。


また、毛布や布団のように、ふとした拍子に赤ちゃんの顔が埋もれてしまう心配がないのもメリットの1つ。早い時期から子どもと別室で眠るヨーロッパでは、SIDS(乳幼児突然死症候群)防止の観点からも、赤ちゃん用の定番アイテムとなっていますよ。


寒い冬だけでなく、夏場のエアコン対策としても重宝する、スリーピングバッグ。赤ちゃんに快適に眠ってほしいと願うパパやママは、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

赤ちゃん用スリーピングバッグの選び方

赤ちゃん用スリーピングバッグのメリットが分かったところで、次に、赤ちゃん用スリーピングバッグの選び方についてみていきましょう!

利用シーンに合わせて形を選ぼう

赤ちゃん用スリーピングバッグには、さまざまな形状があります。どんなシーンで利用するのか、また、赤ちゃんの月齢やタイプも考慮しながら、使いやすいものを選びましょう。

就寝時に利用するなら、フルオープンファスナー式がベター

就寝時に利用するなら、フルオープンファスナー式がベター
夜寝るときに利用するなら、着脱しやすいフルオープンタイプを選ぶのがおすすめ。フロントやサイド部分にファスナーがついていて、フルオープンできるものであれば、眠っている赤ちゃんをそっと中に入れることも可能です。

広げたスリーピングバッグの上に赤ちゃんを寝かせて、あとはファスナーを閉じるだけと、着脱も手軽。また、ファスナーを下まで下げられるタイプなら、夜間のオムツ替えもスムーズです

赤ちゃんが動き回る時期には、スカート状になるタイプがおすすめ

赤ちゃんが動き回る時期には、スカート状になるタイプがおすすめ
スリーピングバッグは足の部分を覆ってしまうタイプが多いですが、中には裾を開閉することでスカート状になるものもあります。赤ちゃんによっては、足が自由に動かせないことでストレスを感じてしまうこともあるので、動きが激しい赤ちゃんには、裾が開閉できて足の動きを妨げないデザインを選ぶのがおすすめ

これなら、ハイハイやあんよができる月齢になったら、寝る前から履かせて自由に過ごさせることもできて便利ですよ。ただし、裾が長すぎると危ないので、ジャストサイズを選ぶ必要があります。すぐにサイズアウトしてしまうこともあるので、こまめに買い替えることを前提に選びましょう。

ベビーカーでも使用するなら、ベルト通しの穴がついたものをチェック

ベビーカーでも使用するなら、ベルト通しの穴がついたものをチェック
外出時にも使えるスリーピングバッグが欲しいなら、ベビーカーなどに対応したデザインのものをチェックしてみましょう。ベルト通し用の穴が開いているものなら、着用したままベビーカーやチャイルドシートに乗せることができるので、屋外での風よけや寒さ対策に便利

特に冬場の寒い季節には、ベビーカーでのフットマフとして使っているというママも多いですよ。肌掛けだと、赤ちゃんが蹴飛ばして落ちてしまうということもありますが、スリーピングバッグならその心配もなし。また、家の中でも外でも同じ環境で過ごせることで、赤ちゃんもリラックスできますよ。

月齢を目安に、ジャストサイズを選ぼう

月齢を目安に、ジャストサイズを選ぼう
安全に快適に使うためには、サイズ選びも大切です。大きい方が良いように感じますが、大きすぎると体がすり抜けて赤ちゃんの鼻や口を塞ぐ危険が。逆に小さすぎると、赤ちゃんが不快に感じてしまうこともあるため、ジャストサイズのものを選びましょう。

0~6ヵ月・6~18ヵ月など、6ヵ月ごとにサイズ設定されているものが多いので、月齢を目安にしながら赤ちゃんに合うサイズを選ぶのがポイントです。


ただ、中には、2ヵ月~2歳までというロングユース設計のものも。スナップボタンなどで首周りを調整して、ジャストサイズにカスタムしながら使うことができるので、長く使えるものを探している方は要チェックです。

対応シーズンもチェック

対応シーズンもチェック

使用する季節に合っているかどうかも、チェックしておきましょう。便利なのは、さらっとして通気性が良い3シーズンやオールシーズン使えるタイプ。綿素材のものが多いのが特徴で、中に着るものを調節すれば、冬場の寒さ対策から夏場の冷房対策まで、幅広く使うことができます。


ただ、冬場に外で使用する方や、寒冷地域にお住まいなど、オールシーズンタイプでは寒さ対策が物足りないなら、中綿にボリュームを持たせたものや、フリース素材など、保温効果が高いものがおすすめです。春~秋仕様のものと、冬場仕様のものと2タイプを用意しておくと万全ですね。

肌への負担が少ないものがおすすめ

肌への負担が少ないものがおすすめ
快適に眠れるように、赤ちゃんの肌に優しいものを選んであげましょう。赤ちゃんの肌に直接触れる表地には、赤ちゃんの汗をよく吸い取ってくれる綿がおすすめ。敏感肌の赤ちゃんは、より刺激の少ないオーガニックコットンを検討してみましょう。

また、商品国際基準である「エコテックス規格」で認められている製品なら、さらにおすすめ。オーガニックコットンなどは、繊維製品を製造加工するための国際基準GOTS認証のものをチェックしてみると良いでしょう。

洗濯機で丸洗いできると便利

洗濯機で丸洗いできると便利

汚れたときにさっと洗えるよう、ジャブジャブと丸洗いできるものを選んでおくと便利ですよ。できれば、手洗いのみではなく、洗濯機もOKのものがおすすめです。


さらに乾燥機も使えるものなら、洗い替えを何枚も用意せずに済みますし、忙しいパパ・ママにも嬉しいですね。スリーピングバッグは、いわば赤ちゃんの布団の役割を果たすもの。ミルクを吐き戻したり、オムツ替えのタイミングで汚れてしまったりと汚れがつきものなので、ぜひチェックしておきましょう。

赤ちゃんスリーピングバッグのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気の赤ちゃん用スリーピングバッグをおすすめのランキング形式でご紹介していきます。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月12日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。

10位
形状サイドオープン
サイズ60×140cm
対応シーズン春・秋・冬
素材コットン
安全基準-
洗濯方法-
9位
形状フルオープン・ベビーカー対応
サイズ45×90cm
対応シーズン秋・冬
素材ポリエステル(表地)・シープボア(裏地)・ポリエステルタフタ(中地)・WDD・フェザー(中綿)
安全基準-
洗濯方法洗濯機
8位
形状フルオープン・ベビーカー対応
サイズ46×85cm
対応シーズン秋・冬
素材ダウンフィール中綿・マイクロフリース
安全基準ホルマリンフリー
洗濯方法丸洗い可
7位
形状フルオープン・ベビーカー対応
サイズXS・S・M・L・XL
対応シーズンオールシーズン
素材綿混(コットン 55% ・モダクリル 45%)
安全基準-
洗濯方法洗濯機
6位
形状-
サイズM・L・XL
対応シーズン
素材モスリンコットン
安全基準-
洗濯方法-
5位

Aden&Anaisシルキーソフト スリーピングバッグ

4,860円 (税込)

形状フルオープン
サイズS・M・L
対応シーズンオールシーズン
素材レーヨン
安全基準-
洗濯方法-
4位

Slumbersacスリーピングバッグ 標準タイプ

5,000円

形状フルオープン
サイズ90cm(6〜18ヵ月)
対応シーズン-
素材コットン(表地・裏地)・ポリエステル(中綿)
安全基準アメリカやヨーロッパの安全基準に合格
洗濯方法洗濯機
3位
形状サイドオープン
サイズ約着丈78×身幅48cm(0~6ヵ月)
対応シーズンオールシーズン
素材コットン(表地・裏地)・ポリエステル(中綿)
安全基準イギリスの安全基準に合格
洗濯方法洗濯機
2位

イマージスリーピングバッグ トゥインクルスター

3,980円 (税込)

形状フルオープン
サイズ45×75cm(0〜3ヵ月頃まで)
対応シーズンオールシーズン
素材コットン(表地・裏地)・ポリエステル(中綿)
安全基準-
洗濯方法手洗い
1位
赤ちゃんスリーピングバッグ エイデンアンドアネイ クラシック・スリーピングバッグ 1枚目
出典:amazon.co.jp

エイデンアンドアネイクラシック・スリーピングバッグ

3,229円

形状フルオープン
サイズS・M・L・XL
対応シーズンオールシーズン
素材モスリンコットン
安全基準-
洗濯方法洗濯機

人気赤ちゃん用スリーピングバッグの比較一覧表

商品画像
1
赤ちゃんスリーピングバッグ エイデンアンドアネイ クラシック・スリーピングバッグ 1枚目

エイデンアンドアネイ

2
赤ちゃんスリーピングバッグ イマージ スリーピングバッグ トゥインクルスター 1枚目

イマージ

3
赤ちゃんスリーピングバッグ エデュテ グロバッグ キャンディクラウド 1枚目

エデュテ

4
赤ちゃんスリーピングバッグ Slumbersac スリーピングバッグ 標準タイプ 1枚目

Slumbersac

5
赤ちゃんスリーピングバッグ Aden&Anais シルキーソフト スリーピングバッグ 1枚目

Aden&Anais

6
赤ちゃんスリーピングバッグ Kesoto ノースリーブ スリーピングバッグ 1枚目

Kesoto

7
赤ちゃんスリーピングバッグ SleepingBaby スリーピングスター 1枚目

SleepingBaby

8
赤ちゃんスリーピングバッグ タムラ ベビースリーピングバッグ 1枚目

タムラ

9
赤ちゃんスリーピングバッグ エムール ふわふわダウン フットマフ 1枚目

エムール

10
赤ちゃんスリーピングバッグ エスケイジャパン スリーピングバッグ 1枚目

エスケイジャパン

商品名

クラシック・スリーピングバッグ

スリーピングバッグ トゥインクルスター

グロバッグ キャンディクラウド

スリーピングバッグ 標準タイプ

シルキーソフト スリーピングバッグ

ノースリーブ スリーピングバッグ

スリーピングスター

ベビースリーピングバッグ

ふわふわダウン フットマフ

スリーピングバッグ

特徴通気性の良いモスリンコットンを使用。柄が豊富でプレゼン...便利なWファスナー。足が出せる設計でムレを防止上質なコットン100%使用!安全性にも配慮季節を問わず使える。ベーシックなアイテムをお探しの方にシルクのような肌ざわり!パジャマの上からも着用可能コットン4層だけど涼しい。吸汗性にも優れた夏用アイテムママのお腹を再現。ヒトデ型の寝袋でぐっすりお家でも外でも。ダウン素材で冬もポカポカ快適モコモコとした感触が気持ち良い。防寒対策におすすめアニマルモチーフのキュートなデザイン
最安値
3,980
送料無料
詳細を見る
7,150
送料要確認
詳細を見る
4,860
送料無料
詳細を見る
1,290
送料別
詳細を見る
8,800
送料無料
詳細を見る
2,990
送料別
詳細を見る
2,890
送料別
詳細を見る
形状フルオープンフルオープンサイドオープンフルオープンフルオープン-フルオープン・ベビーカー対応フルオープン・ベビーカー対応フルオープン・ベビーカー対応サイドオープン
サイズS・M・L・XL45×75cm(0〜3ヵ月頃まで)約着丈78×身幅48cm(0~6ヵ月)90cm(6〜18ヵ月)S・M・LM・L・XLXS・S・M・L・XL46×85cm45×90cm60×140cm
対応シーズンオールシーズンオールシーズンオールシーズン-オールシーズンオールシーズン秋・冬秋・冬春・秋・冬
素材モスリンコットンコットン(表地・裏地)・ポリエステル(中綿)コットン(表地・裏地)・ポリエステル(中綿)コットン(表地・裏地)・ポリエステル(中綿)レーヨンモスリンコットン綿混(コットン 55% ・モダクリル 45%)ダウンフィール中綿・マイクロフリースポリエステル(表地)・シープボア(裏地)・ポリエステルタフタ(中地)・WDD・フェザー(中綿)コットン
安全基準--イギリスの安全基準に合格アメリカやヨーロッパの安全基準に合格---ホルマリンフリー--
洗濯方法洗濯機手洗い洗濯機洗濯機--洗濯機丸洗い可洗濯機-
商品リンク

スリーピングバッグは、早い時期からの使用がおすすめ

スリーピングバッグは、早い時期からの使用がおすすめ
スリーピングバッグがいつから使えるのか気になる方も多いと思いますが、早い時期から使い始めるのがおすすめです。

SIDSが発生しやすい時期が生後2週間から1年の間、そのうち最も発生しやすいのが月齢2~4カ月の間といわれていることからも、低月齢からの使用がおすすめ。赤ちゃんの快適な睡眠のために、ぜひ継続的な使用を検討してみてくださいね。

足を覆わないタイプのスリーパーはこちら!

防寒対策に最適なスリーピングバッグですが、中には、足を覆われるのが苦手な赤ちゃんも。そんな赤ちゃんには、足を覆わないスリーパーも試してみましょう。以下の記事では、おすすめのスリーパーをご紹介しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回は、おすすめの赤ちゃん用スリーピングバッグ10選をご紹介しました。寒さを防いで赤ちゃんの体調を守る商品。取り扱うショップも増えてきているので、ぜひ積極的に活用して、毎日の育児を快適なものにしてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す