1. TOP
  2. >
  3. コンタクトレンズ
  4. >
  5. ソフト&ハードケア用品
  6. >
  7. コンタクトケースのおすすめ人気ランキング14選
  • コンタクトケースのおすすめ人気ランキング14選のアイキャッチ画像1枚目
  • コンタクトケースのおすすめ人気ランキング14選のアイキャッチ画像2枚目
  • コンタクトケースのおすすめ人気ランキング14選のアイキャッチ画像3枚目
  • コンタクトケースのおすすめ人気ランキング14選のアイキャッチ画像4枚目
  • コンタクトケースのおすすめ人気ランキング14選のアイキャッチ画像5枚目

コンタクトケースのおすすめ人気ランキング14選

コンタクトレンズを使っている場合に欠かすことができない、コンタクトケース。定期的に交換しなくてはいけないものですが、メニコン・アイミーといったメーカーから、さまざまな種類の商品が販売されています。使い勝手もそれぞれなので、一体どんなケースを使おうか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、コンタクトケースの選び方とともに、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。シンプルで使いやすいものから、おしゃれなデザインのもの、かわいいキャラクターものまでラインナップ豊富。ぜひあなたも、お気に入りのコンタクトケースを手に入れましょう。

  • 最終更新日:2020年09月11日
  • 55,553  views
目次

コンタクトケースの選び方

まずは、賢いコンタクトケースの選び方をいくつかのポイントに分けてご紹介します。ソフトレンズ用ケースとハードレンズ用ケースで異なるポイントがありますので、使用しているレンズに合わせてしっかりとチェックしていきましょう!

レンズに合ったケース選びが基本!

コンタクトにはソフトレンズとハードレンズの2種類がありますが、ケースもソフトレンズ用とハードレンズ用で違いがあります。そこでまずは、基本となるレンズケースの違いを押さえておきましょう。

ソフトレンズは平たい横型ケースで保管

ソフトレンズは平たい横型ケースで保管
ソフトレンズ用のケースは、ソフトレンズが保存液にしっかり浸るよう、横に平たくなっているのが特徴です。ソフトレンズの場合、注意したいのが洗浄方法。ソフトレンズを水道水で洗浄すると、水道水の成分でレンズが変形・変色してしまうことがあります。そのため、ケースを洗浄した場合でも、ケースに水分が残らないよう、しっかり自然乾燥させることが大切です。

レンズの装着後、保存液を入れたケースを持ち歩くことが多い場合は、ケースを何個か用意して交互に使うと便利ですよ。ソフトレンズ用ケースは、1.5ヵ月~3ヵ月に1回を目処に交換するようにしましょう。

ソフトコンタクトレンズのお手入れに必要な洗浄液については、以下のリンクでご紹介しています。あわせて参考にしてください。

ハードレンズはホルダー付きケースで保管

ハードレンズはホルダー付きケースで保管
出典:bausch.co.jp

水分をほとんど含まず硬い素材でできているハードレンズには、表面に傷がつかないよう、レンズを固定するためのホルダーが付いたケースを選びましょう。


よくハードレンズをソフトレンズ用ケースに保管している方がいますが、これは絶対にNG。ソフト用ケースでは、ケースの中でレンズが動いてしまったり、取り出すときにケースの縁にレンズが当たったりして、傷をつけてしまうおそれがあるため、必ずホルダー付きの専用ケースで保管することが重要です。ハードレンズ用ケースの場合、6ヵ月~1年に1回が交換の目安になります。


ハードコンタクトレンズのお手入れに必要な洗浄液については、以下のリンクでご紹介していますので参考にしてください。

ハードレンズ用は仕切りの有無をチェック!

ハードレンズ用ケースで注目したいのがケースの中央にある仕切りの有無。ここでは仕切りがある場合とない場合でのメリット・デメリットを解説していきますので、どちらのタイプがあなたのスタイルに合っているのか見極めていきましょう。

清潔さを重視したい方は仕切りがあるケースを

清潔さを重視したい方は仕切りがあるケースを
出典:menicon.co.jp

仕切りがあるタイプは、両側から保存液を注入するため若干の手間がかかります。しかし、もしレンズを入れたまま保存液を流してしまった場合でも、片方のレンズのみの損失で済みますので、万が一のときでも安心して使えるタイプと言えるでしょう。


また片側の汚れがもう片方のレンズに付着することもありませんので、清潔さを重視したい方にはおすすめのタイプです。

素早くお手入れしたい方は仕切りのないケースを

素早くお手入れしたい方は仕切りのないケースを
仕切りがないタイプのメリットは、保存液の注入が1回で済むという点。素早く手間なく収納したいという方におすすめです。

ただし、仕切りがあるタイプに比べて使用する保存液が多いのが難点。また、片方のレンズが汚れていたときはもう片方のレンズも汚れてしまうことにつながりますし、万が一レンズを入れたまま保存液を流してしまった際にはレンズを2つとも失うことになりますので、扱いには十分注意しましょう。

旅行時には便利なセット商品がおすすめ

旅行時には便利なセット商品がおすすめ
旅行など外泊をするといったときにあると便利なのが、コンタクトケースや保存液用のボトルなどがセットになったアイテム。コンパクトなケースの中にコンタクトのケアに必要な道具がそろっていますので、持ち運びにも邪魔になりません。

また、コンタクトケースと保存液用ボトルを収納するケースの内側に鏡が付いているものもおすすめ。鏡がない場所でもコンタクトの着脱を簡単に行えるようになりますよ。

左右の区別が分かりやすいものを選ぼう

左右の区別が分かりやすいものを選ぼう

コンタクトをつける際に左右のレンズを間違えないためにも、左右(上下)の判別がしやすいものを選ぶことが大切です。左右の区別がない、あるいは判別がしにくいという場合には、ペンで印を付けたりシールを貼ったりして判別しやすくしておくことをおすすめします。

買い換える必要があるからこそコスパで選んで

買い換える必要があるからこそコスパで選んで

コンタクトケースは定期的に交換するもの。だからこそ経済的な負担にならないコスパの良いものを選ぶことも大切です。毎回新しいケースを購入するのが面倒だという方は、何個かのケースがセットになった商品を選ぶのもおすすめですよ。

やっぱり気に入ったデザインが一番

やっぱり気に入ったデザインが一番

ここまでさまざまなコンタクトケースを選ぶ際のポイントをご紹介してきましたが、やっぱり気に入ったデザインのケースを選ぶことが一番。毎日のように使用するのものですので、使うたびに気分が上がるようなお気に入りのコンタクトケースを選んでくださいね。

コンタクトケース(ソフトレンズ用)のおすすめ人気ランキング9選

ここからは、おすすめのコンタクトケースを「ソフトレンズ用」と「ハードレンズ用」に分けてご紹介します。まずは、ソフトレンズ用のランキングから。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月18日現在)をもとに順位付けしています。

9位
タイプセット(ケース・保存液ケース・ピンセット・スティック)
仕切り-
8位
タイプセット(ケース・ピンセットが3セット)
仕切り-
7位
タイプケースのみ×3
仕切り-
6位
タイプセット(ケース・鏡など)
仕切り-
5位

De.Markt(デマークト)マカロン型 コンタクトケースセット

155円 (税込)

タイプセット(鏡付きコンパクト・レンズケース、保存液ボトル・ピンセット)
仕切り-
4位
タイプコンタクトレンズケース、ケースカバー
仕切り-
3位
タイプ鏡付きコンパクト・レンズケース・保存液ケース・ピンセット
仕切り-
2位

くろねこらいふコンタクトレンズケース 黒猫

367円 (税込)

タイプセット(収納ケース・レンズケース・ミニボトル・ピンセット)
仕切り-
1位
タイプケースのみ(3個入り)
仕切り-

人気コンタクトケース(ソフトレンズ用)の比較一覧表

商品画像
1
コンタクトケース メニコン ソフトレンズケースセット 1枚目

メニコン

2
コンタクトケース くろねこらいふ コンタクトレンズケース 黒猫 1枚目

くろねこらいふ

3
コンタクトケース art of black レンズケース 1枚目

art of black

4
コンタクトケース SHO-BI スヌーピー コンタクトレンズケース 1枚目

SHO-BI

5
コンタクトケース De.Markt(デマークト) マカロン型 コンタクトケースセット 1枚目

De.Markt(デマークト)

6
コンタクトケース Ofone コンタクトケース 1枚目

Ofone

7
コンタクトケース 山田化学 コンタクトケース フタ一体型 3P 1枚目

山田化学

8
コンタクトケース VSYS コンタクトレンズケース 1枚目

VSYS

9
コンタクトケース SSサービス 肉球コンタクトレンズケース 1枚目

SSサービス

商品名

ソフトレンズケースセット

コンタクトレンズケース 黒猫

レンズケース

スヌーピー コンタクトレンズケース

マカロン型 コンタクトケースセット

コンタクトケース

コンタクトケース フタ一体型 3P

コンタクトレンズケース

肉球コンタクトレンズケース

特徴大手コンタクトメーカーのケースは、コスパも良好猫好きにはたまらない、癒し系のケースセットポーチに入れておきたい、コスメのようなケースデザインも豊富な、スヌーピーのケース&ケースカバープチプラ価格が嬉しい、マカロン型キラキラのコンパクトで気分もアッププチプラだから、気軽に買い替え可能シンプルでおしゃれなクリアデザイン5色の肉球から選べる便利なセット
最安値
336
送料別
詳細を見る
367
送料要確認
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
748
送料要確認
詳細を見る
155
送料別
詳細を見る
980
送料無料
詳細を見る
110
送料要確認
詳細を見る
2,043
送料別
詳細を見る
1,080
送料要確認
詳細を見る
タイプケースのみ(3個入り)セット(収納ケース・レンズケース・ミニボトル・ピンセット)鏡付きコンパクト・レンズケース・保存液ケース・ピンセットコンタクトレンズケース、ケースカバーセット(鏡付きコンパクト・レンズケース、保存液ボトル・ピンセット)セット(ケース・鏡など)ケースのみ×3セット(ケース・ピンセットが3セット)セット(ケース・保存液ケース・ピンセット・スティック)
仕切り---------
商品リンク

コンタクトケース(ハードレンズ用)のおすすめ人気ランキング5選

続いて、「ハードレンズ用」コンタクトケースのランキングをご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月18日現在)をもとに順位付けしています。

5位
タイプケースのみ
仕切り
4位
タイプケースのみ
仕切り
3位
タイプケースのみ
仕切り
2位
タイプケースのみ
仕切り
1位
タイプセット(鏡付き収納ケース・レンズケース・保存液詰め替えミニボトル・スポイト)
仕切り-

人気コンタクトケース(ハードレンズ用)の比較一覧表

商品画像
1
コンタクトケース メニコン ケアパレット 1枚目

メニコン

2
コンタクトケース アイミー ハードレンズ保存ケース 1枚目

アイミー

3
コンタクトケース SEED(シード) ハードレンズケース 1枚目

SEED(シード)

4
コンタクトケース ボシュロム O2レンズケース 1枚目

ボシュロム

5
コンタクトケース SSサービス ハードコンタクトケース 1枚目

SSサービス

商品名

ケアパレット

ハードレンズ保存ケース

ハードレンズケース

O2レンズケース

ハードコンタクトケース

特徴旅行にもぴったりなセットタイププリズムデザインで持ちやすく転がりにくいパステルカラーの明るいデザインが魅力キャップの色が異なるから、左右の区別がラク5色から選べるシンプルタイプ
最安値
1,187
送料要確認
詳細を見る
352
送料要確認
詳細を見る
526
送料無料
詳細を見る
443
送料要確認
詳細を見る
850
送料要確認
詳細を見る
タイプセット(鏡付き収納ケース・レンズケース・保存液詰め替えミニボトル・スポイト)ケースのみケースのみケースのみケースのみ
仕切り-
商品リンク

コンタクトケースの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、コンタクトケースのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

おすすめのコンタクトケースのランキングをご紹介しましたが、使ってみたいと思える商品は見つかりましたか?

コンタクトケースの寿命は短く、ソフトコンタクト用なら3ヵ月以内、ハードコンタクト用なら1年以内に交換するのが基本です。それ以上使用すると一見きれいなケースでも雑菌が繁殖していて、コンタクトを通して目を傷つけてしまう危険性があります。コンタクトケースおよびコンタクトを正しく扱い、快適なコンタクトライフを送ってくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す