• 雪かきスコップの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 雪かきスコップの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 雪かきスコップの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 雪かきスコップの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 雪かきスコップの最強おすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

雪かきスコップの最強おすすめ人気ランキング10選

最近はこれまであまり雪が降らなかったような地域にもいきなり大量の雪が降ったり、寒冷地では積雪量が過去最高になったりと、雪の被害がよくテレビでも取り上げられています。しっかり除雪のための備えをしておかないと、雪が降った後では車が出せなかったりとトラブルの原因にもなります。

そこで今回は、評判の良いおすすめの最強雪かき用スコップを人気ランキング形式でご紹介します。年に雪が数回降るかどうかというところから、毎日雪かきをするような地域まで、用途にあわせてピッタリの道具を選びましょう。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 63,689  views
目次

雪かきスコップの選び方

雪かきスコップを選ぼうと思うと、本当にたくさんの選択肢があります。その中からどれを選んだらいいのか、迷ってしまいますよね。ピッタリの雪かきスコップを見つけるための秘訣は「用途・材質」に注目することです。

ここでは、雪かきスコップの選び方についてご紹介します。

用途に注目して選ぶ

用途に注目して選ぶ

出典:amazon.co.jp

まずは、自分の「用途」に注目して選ぶようにしましょう。たとえば、旅行で雪山にウィンタースポーツを楽しみに行くのなら、コンパクトにしまえる雪かきスコップを持っておくと安心です。

また、年に数回降るような地域は、降雪後もアイスバーンになることは珍しく、雪かきする時にはべちょべちょなことがほとんど。そんな場合は軽いプラスチック製のものでも十分です。ただ、雪国の方にいくと、積もった雪は固くなって氷のようになることもあります。そんな場合は金属製のスコップが最強です。

材質に注目して選ぶ

自分の用途について把握したら、今度は材質の特徴を見ていきましょう。

軽いプラスチック製の雪かきスコップ

軽いプラスチック製の雪かきスコップ

出典:amazon.co.jp

最近ではこれまであまり雪が降らかった地域でも年に数回雪が降って交通がマヒしてしまった、なんていうニュースも耳にします。雪が降る前に事前の備えとして雪かきスコップを用意しておくのが大切です。年に数回雪かきをするかどうか、という地域の方はプラスチック製のものを選びましょう。

プラスチック製のものは軽く、家の前や駐車場の雪かきをするのにも重いスコップと比べて疲れにくいので、女性にもおすすめです。デメリットとして耐久性の問題もありますが、耐久性を向上させるためにプラスチック製の雪かきスコップの先端に金属製のブレードを搭載しているものもあります。またプラスチック製ということで成形が比較的自由にできるので、車輪を付けたり、使わないときはコンパクトに分解できたり、とうれしい機能を搭載している雪かきスコップもあります。一年のうちのほとんどを使わずに保管しておくような地域では、どれくらいコンパクトに収納できるか、というのもポイントになります。

金属製で頑丈な雪かきスコップ

金属製で頑丈な雪かきスコップ

出典:amazon.co.jp

冬の間雪が降る回数が多い積雪地域にお住まいの方には金属製の雪かきスコップがおすすめです。プラスチック製よりも重さはありますが、朝の凍結してガリガリになってしまった雪も重さを利用して削り取ることができます。金属製の雪かきスコップを選ぶ際には材質にも注目しましょう。

金属製のデメリットでもある重量感は材質によってある程度カバーすることができます。安いもので多いのが全スチール製。丈夫さという点では頼れる存在ですが、女性の方が頻繁に使うには、重たく疲れてしまいます。その点、軽量化のためにアルミを利用している雪かきスコップなら、スチール製と比べると若干摩耗しやすいというデメリットがありますが、女性でも軽く扱いやすいので、頻繁に使うのにも便利です。

毎日の雪かきが格段に楽になる電動除雪機

毎日の雪かきが格段に楽になる電動除雪機

出典:amazon.co.jp

長い冬の間、毎朝の日課が雪かきというような豪雪地帯にお住いの方には電動除雪機もおすすめです。スコップを使って毎朝数十分かけて雪かきをしている方、電動除雪機ならびっくりするくらい雪かきがあっという間に終わりますよ。

電動除雪機と聞くと、ずいぶん仰々しいイメージですが、家庭用の扱いやすいコンパクトなモデルも存在します。エンジン式の除雪機もありパワーの点では優れていますが、値段が家庭用でも高額な場合が多いです。その点、電動の除雪機は基本的には新雪の除去がメインになりますが、値段も手頃で手を出しやすいのが特徴です。購入することで冬の間の毎朝の雪かきが快適・時短になりますよ。実家の親族へのプレゼントとしても喜ばれるかもしれません。

雪かきスコップのおすすめ人気ランキング10選

では実際に、機能性や耐久性、そしてコストパフォーマンスのことも考えながら、おすすめのアイテムをランキングでご紹介したいと思います。
10位
全長965mm
先端幅255mm
重量0.9kg
9位

コンパル除雪スコップ 車載&ハウスくん

1,320円 (税込)

全長830mm
先端幅270mm
重量0.63kg
8位
雪かきスコップ ComoLife 組み立て式アルミシャベル
出典:amazon.co.jp
全長720-940mm
先端幅220mm
重量0.66kg
7位
全長670mm
先端幅460mm(除雪幅)
重量13.8kg
6位
全長1,200-1,300mm
先端幅660mm
重量4.1kg
5位
全長840mm
先端幅25mm
重量-
4位

ブラックアンドデッカーコードレス除雪機

SNC3650L2-JP

48,800円 (税込)

全長107mm
先端幅420mm (除雪幅)
重量14.5kg
3位
雪かきスコップ ヴィヴィアンストリート 組み立て式スノーシャベル
出典:amazon.co.jp

ヴィヴィアンストリート組み立て式スノーシャベル

2,000円 (税込)

全長850-1,130mm
先端幅270mm
重量0.5Kg
2位
全長1,320mm
先端幅300mm (除雪幅)
重量5kg
1位
全長1,340mm
先端幅295mm
重量1.4kg

おすすめ人気 雪かきスコップの比較一覧表

商品画像
1
雪かきスコップ 浅香工業 パンチャースコップ

浅香工業

2
雪かきスコップ SIS 雪かき健太郎くん

SIS

3
雪かきスコップ ヴィヴィアンストリート 組み立て式スノーシャベル

ヴィヴィアンストリート

4
雪かきスコップ ブラックアンドデッカー コードレス除雪機

ブラックアンドデッカー

5
雪かきスコップ トンボ カチ割りスコップ

トンボ

6
雪かきスコップ ベルソス 押SNOWさん

ベルソス

7
雪かきスコップ Replay スノーモンスター

Replay

8
雪かきスコップ ComoLife 組み立て式アルミシャベル

ComoLife

9
雪かきスコップ コンパル 除雪スコップ 車載&ハウスくん

コンパル

10
雪かきスコップ 朱鳶 アルミ角スコップ

朱鳶

商品名

パンチャースコップ

雪かき健太郎くん

組み立て式スノーシャベル

コードレス除雪機

カチ割りスコップ

押SNOWさん

スノーモンスター

組み立て式アルミシャベル

除雪スコップ 車載&ハウスくん

アルミ角スコップ

特徴毎日使っても疲れにくい、腰にやさしい雪国用スコップ新雪150mmまで対応可能なコスパ最強電動除雪機家の前の雪かきから車に積もった雪まで対応可能なマルチタイプコードの心配がいらない大容量バッテリータイプカチカチに凍った雪を砕いて削り取るステンレスブレードローラー付きで家の前の雪を一気に集めるスノープッシャー家庭用でも深さ30cmまで対応可能なハイパワーモデル使わないときにはコンパクトに収納できる組み立て式ポリカーボネイト製で軽量さが自慢のベーシックスコップコスパ良しな定番アルミスコップでどんどん雪を削り取ろう
価格5,091円(税込)6,980円(税込)2,000円(税込)48,800円(税込)3,848円(税込)5,200円(税込)34,800円(税込)2,000円(税込)1,320円(税込)1,900円(税込)
全長1,340mm1,320mm850-1,130mm107mm840mm1,200-1,300mm670mm720-940mm830mm965mm
先端幅295mm300mm (除雪幅)270mm 420mm (除雪幅)25mm 660mm 460mm(除雪幅) 220mm 270mm 255mm
重量1.4kg5kg0.5Kg14.5kg-4.1kg13.8kg0.66kg0.63kg0.9kg
商品リンク

まとめ

購入したくなるような雪かきスコップは見つかりましたでしょうか?

今回ご紹介した選び方やおすすめ商品を参考に、大変な雪かきがどんどんはかどる、あなたにぴったりな雪かきスコップを見つけてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す