• スパバッグのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • スパバッグのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • スパバッグのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • スパバッグのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • スパバッグのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

スパバッグのおすすめ人気ランキング10選

家のお風呂も良いですが、時々無性に大きなお風呂に思い切り足を伸ばしてゆっくり浸かりたくなる時がありますよね。急に思い立って温泉や銭湯に行きたくなった時のために、あらかじめスパバッグに小分けしたシャンプーや化粧品などを入れて常備しておくとすぐに持ち出せてとても便利ですよ。アフタヌーンティーや無印良品など人気のブンドから多くの商品が出ており、今や温泉だけでなく、ジム通いにも必須のアイテムになっています。

そんなスパバッグ、女子ならばかわいい見た目にこだわりたいところですが、お風呂で使うという特性上、選ぶ際には見た目以外にもチェックしておきたいポイントがいくつかあります。今回はスパバッグの選び方と、おすすめのスパバッグを厳選してご紹介します。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 97,238  views
目次

スパバッグの選び方

ほとんどの銭湯や温泉には備え付けのシャンプーやボディソープが置いてありますが、いつも使っているシャンプーやトリートメントを持ち込んで使いたいこだわり派の方はお風呂場での荷物が増えて大変ですよね。

そこでスパバッグの出番です。今までタオルでくるんで運んでいた洗面用具を全部バッグに詰めてそのまま浴場まで持っていけて、置き場にも困りません。

水場にも持ち込むスパバッグ、選び方をしっかり押さえて自分にとって一番ぴったりなものを選びたいですね。

水はけ・通気性のよいものを選ぶ

水はけ・通気性のよいものを選ぶ
スパバッグは浴場まで持ち運ぶものですから、当然ビショビショになります。これを家まで持ち帰るわけですので、水はけが良い事は必須条件です。そこで、底や側面がメッシュ状になっているか、穴が開いていてバッグの中に水が溜まったままにならないものを選びましょう。濡れたスパバッグをさらに入れられるオーバーバッグや巾着袋がセットになっていると理想的です。

また温度の高いお湯がかかりますので、水気がバッグの内部に溜まったままだとカビの発生率も上がります。ナイロンやポリエステルなど、カビの生えにくい素材でできているかも確認が必要です。

入れるものの大きさで選ぶ

入れるものの大きさで選ぶ
スパバッグを買った際の失敗談に、バッグを買ったけれど入れたい荷物が入らなかった、というものがあります。よくあるケースが化粧水や乳液などのボトルです。

トラベル用のミニ容器に化粧水や乳液を取り分けて入れるか、アフターバス用にもう一つバッグを用意する方法もありますが、やはり思い立った時にいつもの化粧品を一つのバッグでさっと持ち運べると便利ですよね。

あらかじめ入れたいものの中で一番大きそうな容器の大きさを計っておけば間違いなく荷物を全部入れることができます。ただ、それでなくてもバッグに必要なものを入れていくとあれもこれも入れたくなる、というケースはよくあるので、あらかじめ容量が大きめのスパバッグを選んでおくというのも一つの選び方です。

内ポケットがあると便利

内ポケットがあると便利
スパバッグには大きめのボトルも入れますが、同時にヘアゴムやシュシュ、また外したアクセサリーを入れることもあります。かなりこまごまとしたものを入れるので、バッグの中で散らばるとどこへ行ってしまったか分からなくなるケースがよくあります。

小さなものが散らからないように、内ポケットや仕切りがついているかをチェックしておきましょう。

スパバッグのおすすめ人気ランキング10選

それではここから、スパバッグのおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介していきます。どのバッグも可愛くて見ているだけで欲しくなってしまいますよね。入れたいものをあらかじめ想定してみて、上記の選ぶポイントをチェックしながら、好みに合った、また使い勝手も良いスパバッグを見つけてくださいね。
10位

エソール3WAY 2重構造 オシャレ 温泉バッグ

163341

756円 (税込)

素材クリアバッグ=塩化ビニル/メッシュバッグ=ナイロン・ポリエステル・ポリプロピレン
水はけ全面メッシュ(メッシュバッグのみ)
大きさクリアバッグ=約16.5cm×23cm×9cm /メッシュバッグ=約15cm×20cm×9cm
内ポケットなし
9位
素材ヘンプ・PVC
水はけ底面・側面メッシュ
大きさ約25×15×6cm
内ポケットあり
8位
素材EVA素材
水はけ側面に穴
大きさ約28cm×22.5cm×12cm
内ポケットなし
7位

ANAPロゴスパバッグ ラメポーチ付

1,540円 (税別)

素材塩化ビニル・ナイロン・ポリエステル・ポリプロピレン
水はけ底面・側面メッシュ
大きさ約26.5cm×19.5cm×11cm
内ポケットなし
6位
スパバッグ Kate Ruber ジム&スパバッグ 大小2個セット
出典:amazon.co.jp

Kate Ruberジム&スパバッグ 大小2個セット

4,298円 (税込)

素材ポリエステル(ブラックのみナイロン製)
水はけ底面メッシュ(小バッグのみ)
大きさ大48cm×32cm×20cm/小29cm×17cm×11cm
内ポケットあり
5位

ヨコズナクリエーションスパポーチ バスフレンド

1,404円 (税込)

素材ポリエステル
水はけ底面・側面メッシュ
大きさ約18cm×24cm×10cm
内ポケットあり
4位
素材ポリエステル
水はけ全面メッシュ
大きさ約30cm×23cm×9cm
内ポケットあり
3位
素材ナイロン・ポリエステル
水はけ全面メッシュ
大きさ約22cm×21.5cm×10cm
内ポケットあり
2位
スパバッグ コジット 温泉ポーチ 専用バッグ付
出典:amazon.co.jp

コジット温泉ポーチ 専用バッグ付

1,803円 (税込)

素材ナイロン・ポリエステル
水はけ底面・側面メッシュ
大きさポーチ約25cm×18cm×11cm
内ポケットあり
1位
素材ポリエステル・EVAシート
水はけ底面・側面メッシュ
大きさポーチ約25cm×17.5cm×D10cm
内ポケットあり

機能が充実!たくさんのデザインから選べるのも嬉しい

トートバッグ専門のブランドとして、さまざまなアーティストコラボデザインしたおしゃれなバッグを数知れず世に送り出している「ROOTOTE」のスパバッグ「スパルー」です。2位の温泉ポーチよりもほんの少し小ぶりですが、こちらもたくさんの内ポケットとファスナー付の仕切りで、細かいアイテムまでしっかり分けて収納することができます。

専用のオーバーバッグは「ルーポケット」に忍ばせて

外側の角っこに斜めの切り目が入っているのにお気づきでしょうか?こちらは「ルーポケット」と言ってほぼ全てのROOTOTEのバッグについているポケットです。バッグ内部に入りきらない柄の長いブラシなどを収納するのにも便利です。

濡れたバッグをすっぽり包み込むことができる専用巾着袋も抜かりなくセットされています。巾着袋をしまう場所としてもルーポケットは重宝しそうですね。

おすすめ人気 スパバッグの比較一覧表

商品画像
1
スパバッグ ROOTOTE スパルー

ROOTOTE

2
スパバッグ コジット 温泉ポーチ 専用バッグ付

コジット

3
スパバッグ noafamily CAT スパバッグ

noafamily

4
スパバッグ Best of Luck スパバッグ

Best of Luck

5
スパバッグ ヨコズナクリエーション スパポーチ バスフレンド

ヨコズナクリエーション

6
スパバッグ Kate Ruber ジム&スパバッグ 大小2個セット

Kate Ruber

7
スパバッグ ANAP ロゴスパバッグ ラメポーチ付

ANAP

8
スパバッグ Optari ソルトート Sサイズ

Optari

9
スパバッグ L'ABSURDE ヘンプ スパバッグ

L'ABSURDE

10
スパバッグ エソール 3WAY 2重構造 オシャレ 温泉バッグ

エソール

商品名

スパルー

温泉ポーチ 専用バッグ付

CAT スパバッグ

スパバッグ

スパポーチ バスフレンド

ジム&スパバッグ 大小2個セット

ロゴスパバッグ ラメポーチ付

ソルトート Sサイズ

ヘンプ スパバッグ

3WAY 2重構造 オシャレ 温泉バッグ

特徴見た目よりたくさん入れられる収納上手全面メッシュで水はけ抜群!ボトルも立てて入れられるとにかく大容量で通気性抜群!巾着袋もセットで抜かりなし仕切りや内ポケットなどで小物が散らかりにくい大容量でも軽くて柔らかいので持ちやすい!意外に大きめでたくさん入る大人気サンダルがスパバッグに?!汚れたらガンガン洗える厚みがないのでバッグの中にすっぽりオーバーバッグがセットで水濡れ対策万全
価格1,928円(税込)1,803円(税込)1,380円(税込)1,404円(税込)4,298円(税込)1,540円(税別)6,732円(税込)1,944円(税込)756円(税込)
素材ポリエステル・EVAシートナイロン・ポリエステルナイロン・ポリエステルポリエステルポリエステルポリエステル(ブラックのみナイロン製)塩化ビニル・ナイロン・ポリエステル・ポリプロピレンEVA素材ヘンプ・PVCクリアバッグ=塩化ビニル/メッシュバッグ=ナイロン・ポリエステル・ポリプロピレン
水はけ底面・側面メッシュ底面・側面メッシュ全面メッシュ全面メッシュ底面・側面メッシュ底面メッシュ(小バッグのみ)底面・側面メッシュ側面に穴底面・側面メッシュ全面メッシュ(メッシュバッグのみ)
大きさポーチ約25cm×17.5cm×D10cmポーチ約25cm×18cm×11cm約22cm×21.5cm×10cm約30cm×23cm×9cm約18cm×24cm×10cm大48cm×32cm×20cm/小29cm×17cm×11cm約26.5cm×19.5cm×11cm約28cm×22.5cm×12cm約25×15×6cmクリアバッグ=約16.5cm×23cm×9cm /メッシュバッグ=約15cm×20cm×9cm
内ポケットありありありありありありなしなしありなし
商品リンク

使用後は必ず洗って乾かしておこう

使用後は必ず洗って乾かしておこう
水に強い素材でできているスパバッグでも、持ち帰った後は入れていた荷物を全部出して、水洗いしてしっかり乾かしておきましょう。カビが生えにくいからと安心して放置していると、カビだけでなく匂いの原因になってしまいます。

特に温泉のお湯はそのままにしておくと変色にもつながる場合があるので、水道水でしっかり洗い流しておくことが大切です。きれいになるためにお風呂に行く訳ですから、持っていくバッグもいつもきれいにしておきたいですね。

まとめ

スパバッグの選び方と、おすすめのスパバッグをご紹介してきましたが、いかがでしたか?お気に入りのバッグを手に入れるとそれだけで気分が上がってワクワクしてきますよね。可愛いバッグを誰かにお披露目するために温泉に出かけたくなってしまうかもしれません。

今回の記事でご紹介した選び方を参考にしていただき、ピッタリのスパバッグと一緒に楽しいスパライフを満喫してくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す