1. TOP
  2. >
  3. インテリア・家具
  4. >
  5. 家具
  6. >
  7. 収納付きソファのおすすめ人気ランキング14選【一人暮らし向けコンパクトサイズも】
  • 収納付きソファのおすすめ人気ランキング14選【一人暮らし向けコンパクトサイズも】のアイキャッチ画像1枚目
  • 収納付きソファのおすすめ人気ランキング14選【一人暮らし向けコンパクトサイズも】のアイキャッチ画像2枚目
  • 収納付きソファのおすすめ人気ランキング14選【一人暮らし向けコンパクトサイズも】のアイキャッチ画像3枚目
  • 収納付きソファのおすすめ人気ランキング14選【一人暮らし向けコンパクトサイズも】のアイキャッチ画像4枚目
  • 収納付きソファのおすすめ人気ランキング14選【一人暮らし向けコンパクトサイズも】のアイキャッチ画像5枚目

収納付きソファのおすすめ人気ランキング14選【一人暮らし向けコンパクトサイズも】

収納スペースが少ないお部屋に最適な「収納付きソファ」。布団や衣類などの収納を叶えつつ、くつろぎ空間を作ってくれる優秀アイテムです。カウチやベッドとして使える商品も多く、リラックスタイムや来客時に役立つことでも人気を集めています。


そこで今回は、収納付きソファの選び方と、Yahoo!ショッピングやAmazon、楽天でも買えるおすすめの商品14選をランキング形式でご紹介します。通販で安くゲットできるアイテムが多いので、見ておいて損はありませんよ。ぜひ、おしゃれで快適な収納付きソファを見つけてくださいね!
  • 最終更新日:2020年10月26日
  • 6,749  views
目次

収納付きソファの選び方

それでは早速、収納付きソファの選び方をご紹介します。ポイントは、ソファを使うことになる人数とライフスタイルを考えながら選ぶことです。

用途に合ったタイプのソファ を選ぶ

まずは、ソファのタイプに着目していきましょう。部屋の中でどのように使いたいかを考えて、用途に合わせたタイプの商品を選ぶと失敗が少ないですよ。

座るだけなら2人掛けまでの大きさでOK

座るだけなら2人掛けまでの大きさでOK

座ることが目的で、できるだけ場所を取りたくないという場合は、1人掛けまたは2人掛けのコンパクトなサイズを選びましょう。


成人男性1人がゆったり座るのに必要な幅は70cmが目安。小さめのサイズをお探しの方はこれを目安にしてください。このとき、ソファの総幅ではなく座面の幅を確かめるようにしてくださいね。

横になりたいなら「カウチソファ」や「コーナーソファ」

横になりたいなら「カウチソファ」や「コーナーソファ」

座面の一部が長く、足を伸ばしたり寝転がったりできるのがカウチソファ。長いカウチ部分は左右の位置を入れ替えられる商品がほとんどで、お部屋に合わせて自由にカスタマイズできます。また、L字の座面全てに背もたれが付いたコーナーソファも、横になれる十分な長さがあります。


どちらも家族で一緒に使えますので、リビングに、みんなでゆったりとくつろぐスペースが欲しい方に合っています。

スペース節約に最適。ベッドにもなる「ソファベッド」

スペース節約に最適。ベッドにもなる「ソファベッド」

ソファをベッドとしても使用したい場合はソファベッドを選びましょう。収納付きで、さらにベッドとしての機能も兼ねていれば、かなりのスペース節約になります。


カウチソファやコーナーソファと違い、ソファベッドは背もたれを倒して完全にフラットにすることができます。ただし、ネット上では用語が混同している場合もありますので、購入の際は商品の仕様をよく確認するようにしてください。


また身長によっては足がはみ出てしまうこともありますので、ベッドとして使うときのサイズを必ずチェックしましょう。

収納するモノに合わせた収納形式を選ぶ

収納付きソファの収納形式には、大きく分けて3つのタイプがあります。中に何を入れるかという点を一つの基準にしましょう。

出し入れの多い衣類や雑誌なら「引き出し収納」

出し入れの多い衣類や雑誌なら「引き出し収納」
出典:amazon.co.jp

引き出し式の収納は、取り出しやすさが特長です。頻繁に出し入れする衣類はもちろんのこと、本や雑誌など、ソファに座りながら手に取りたいものを足元に入れておくと、大変便利です。前方に引き出しを引く分のスペースも必要になることを忘れないようにしましょう。

大きめの寝具やぬいぐるみなら「跳ね上げ収納」

大きめの寝具やぬいぐるみなら「跳ね上げ収納」

座面を持ち上げた(跳ね上げた)スペースに収納するタイプは、収納量が多く、見やすく整理しやすいことが特長です。ブランケット・クッション・ぬいぐるみなども余裕を持ってしまえるので、急な来客の際にも素早く片付けることができます


ただ、収納スペースの深さが十分でない商品もあり、座面下収納が必ずしも大容量というわけではないので、サイズを必ずチェックしましょう。

頻繁に取り出さないものなら「スツール収納」も検討を

頻繁に取り出さないものなら「スツール収納」も検討を
出典:amazon.co.jp

ソファにスツール(背もたれのないイス)が付属している場合、その座面下が収納スペースになっている商品も多く見られます。蓋を取り外して収納するシンプルなタイプが多く、蓋の取り外しがやや面倒という声も聞かれますが、使用頻度の少ない季節モノなどを収納するにはぴったりです。

座り心地を決める3つの要素に注目

収納力も大事ですが、やはりソファにとって座り心地は重要です。座り心地を決める大事な要素である「クッション材」「衝撃吸収材」「表面素材」についてご紹介します。

座面・背もたれに使われる「クッション材」

座面・背もたれに使われる「クッション材」

ソファの座面・背面などに使われるクッション材として代表的な「ウレタンフォーム(ウレタンスポンジ)」は種類が多く、座り心地は商品によって異なります


そのため、「ウレタンフォーム」の表記だけで座り心地を想像するのは難しいのですが、例えば「高弾性ウレタン」は少し硬めのしっかりとした座り心地、「低反発ウレタン」は体を包み込むようなフィット感があります。可能な限り詳しく素材を確かめてみると、座り心地の手がかりになりますよ。


また、表面に最も近い部分には「フェザー(羽毛)」や「シリコンフィル」といった柔らかいクッション材が使用されている商品もあり、ふわふわと沈むような心地よさが特徴です。商品の口コミなども参考にして、自分の好みの感触を探してみてくださいね。

金属?布?衝撃吸収材の種類を知ろう

金属?布?衝撃吸収材の種類を知ろう

クッション材の下、つまり座面の底には「衝撃吸収材」があり、大きく「スプリング(金属バネ)」と「ウェービングテープ(布バネ)」の2つに分けられます。


「スプリング」は、使い始めの座り心地を長期間キープさせたい方におすすめ。金属製のバネなので、耐久性があります。比較的柔らかい「波形スプリング(Sバネ)」、弾力性が高く座り心地が均一な「コイルスプリング」、体重を分散させやすい「ポケットコイル」など種類が豊富なので、好みに合わせて選ぶことができますよ。


より柔らかい座り心地を求めるなら、「ウェービングテープ」がおすすめです。布製のテープを張り巡らせた形の衝撃吸収材で、布ならではの柔らかさがあります。背の部分にもよく使用されており、スプリングに比べて安価で軽量ですが、その分へたりやすいという点に注意しましょう。

肌ざわりを左右する表面素材も重要

肌ざわりを左右する表面素材も重要

収納付きのソファでは、本革製はほとんどありません。そのため、合成皮革製か布製から選ぶのが一般的でしょう。


レザーのような高級感を楽しめる合成皮革は、汚れをすぐに拭き取ることができ、お手入れも簡単なのがメリット。ただし、空気の抜けが悪く体にフィットしにくいという点と、夏は蒸れやすく冬は冷たいというデメリットもあります。


通気性が良く、最もカラーやデザインが豊富なのが布張りのソファです。種類が多いので、選ぶものによって質感やイメージもかなり変わります。デメリットは、汚れの付着・毛玉・擦り切れがあること。長く使用したい場合は、カバーを掛け替えられるタイプのものを選びましょう。

「搬入」と「組み立て」の条件確認は必須!

「搬入」と「組み立て」の条件確認は必須!

せっかくソファを買ったのにドアを通らない…となってしまったら大変です。ドア以外にも廊下・階段・エレベーターなど設置するまでの難所は数多くありますので、サイズや角度に問題がなく、部屋まで運べるかどうかを必ず確認しておきましょう。


また、マンションへの配達はエントランスまでという制限があったり、「2人以上で組み立ててください」と記載されているものも少なくありません。当たり前のことですが、商品ページの説明を隅々まで読むことがトラブル防止につながります。

収納付きソファの人気ランキング14選

ここからは、人気の収納付きソファ14選をランキング形式でご紹介していきます!収納以外の機能や特徴もチェックしながら、ベストな商品を見つけてください。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3⽉11⽇時点)をもとにして順位付けしています。

14位
ソファのタイプソファベッド
本体サイズソファ時:幅184×奥行き85×高さ75cm(ベッド時:幅184×奥行き105×高さ38cm)
収納形式跳ね上げ
収納部の内寸
クッション材
衝撃吸収材S型スプリング
表面の素材合成皮革
座面の高さ38cm
13位
ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅195×奥行き90×高さ94㎝(ベッド時:幅192×奥行き120×高さ45㎝)
収納形式跳ね上げ
収納部の内寸幅82.5×奥行き62×高さ18.5cm
クッション材ウレタンフォーム・樹脂綿
衝撃吸収材ボンネルスプリング
表面の素材ポリエステル
座面の高さ45cm
12位

ドリスカウチソファベッド ラメール

dr-lamer-p-wh

44,990円 (税込)

ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅185×奥行き80~140×高さ80cm
収納形式跳ね上げ
収納部の内寸幅49×奥行き120×高さ18.5cm
クッション材綿・ポリプロピレン
衝撃吸収材ウェービングベルト・Sバネ
表面の素材合成皮革
座面の高さ座面高さ42cm
11位

ドリスソファーベッド クノーケ

dr-knorke-f-nv

25,990円

ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅140×奥行き70~88×高さ32~65.5cm
収納形式引き出し+スツール+アームレスト
収納部の内寸幅77×奥行き33×高さ19cm
クッション材綿・ポリプロピレン
衝撃吸収材ウェービングベルト・Sバネ
表面の素材合成皮革orポリエステル
座面の高さ32cm
10位

ドリスソファベッド バジーナ

dr-vageena-gr-wh

21,990円

ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅174×奥行き72×高さ72cm
収納形式引き出し
収納部の内寸幅74×奥行き37×高さ8cm
クッション材-
衝撃吸収材-
表面の素材レザー
座面の高さ35cm
9位

ドリスソファーベッド フェリス

dr-feliz

28,990円

ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅193×奥行き49〜101×高さ77cm(ベッド時:長さ193×幅101cm)
収納形式引き出し+スツール
収納部の内寸引き出し:幅62.5×奥行き37.5×高さ7.5cm(×2)・スツール:幅87.5×奥行き26.5×高さ15cm
クッション材ウレタンフォーム
衝撃吸収材ウェービングベルト・Sバネ
表面の素材合皮or布
座面の高さ36cm
8位
ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅129×奥行き42.5×高さ39cm(ベッド時:幅129×奥行き92×高さ39cm)
収納形式引き出し+オットマン
収納部の内寸幅119 cm×奥行き47×高さ9.5cm・オットマン:幅87×奥行38×高さ13.5cm
クッション材シリコンフィル
衝撃吸収材ポケットコイル
表面の素材
座面の高さ39cm
7位

生駒ソファーベッド コンフォルト

sb001WH

29,990円 (税込)

ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅150×奥行き105×高さ38cm(ベッド時:長さ192×幅104cm)
収納形式スツール
収納部の内寸幅91×奥行き29×高さ14cm
クッション材ウレタンフォーム
衝撃吸収材ウェービングベルト・Sバネ
表面の素材合皮or布
座面の高さ38cm
6位
ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅196×奥行き81×高さ72cm(ベッド時:長さ196×幅100×高さ55cm)
収納形式※座面下収納
収納部の内寸幅164×奥行き62×高さ10~12cm
クッション材ウレタンフォーム
衝撃吸収材Sバネ
表面の素材ファブリック
座面の高さ44cm
5位
ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅174×奥行き73~93×高さ73cm(ベッド時:長さ174×幅93cm)
収納形式引き出し
収納部の内寸幅74×奥行き37.5×高さ7.5cm
クッション材ウレタンフォーム・シリコンフィル
衝撃吸収材ウェービングベルト・Sバネ
表面の素材合皮
座面の高さ37cm
4位
ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅157×奥行き75×高さ80.5cm(ベッド時:長さ190×幅100cm)
収納形式引き出し+スツール+肘掛け部の棚
収納部の内寸引き出し:幅57.5×奥行き45×高さ9cm・スツール:幅43×奥行87×高さ12cm
クッション材ウレタンフォーム
衝撃吸収材-
表面の素材合皮or布
座面の高さ37cm
3位

ドリスソファーベッド ラフォーレ

dr-laforet-f-gry

25,990円 (税込)

ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅140×奥行き71×高さ68cm(ベッド時:長さ178×幅92cm)
収納形式引き出し
収納部の内寸幅60.5×奥行き37×高さ9.5cm
クッション材ウレタンフォーム
衝撃吸収材ウェービングベルト・Sバネ
表面の素材
座面の高さ34cm
2位

ぼん家具ソファベッド ロータイプ

sof010278-sliv

36,800円 (税込)

ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅210×奥行き99.5×高さ72cm(ベッド時:幅210×奥行き100×高さ49cm)
収納形式引き出し
収納部の内寸幅65×奥行36.2×高さ6.7
クッション材ウレタンフォーム・シリコンフィル
衝撃吸収材ウェービングベルト・鋼製バネ
表面の素材PVCレザーorポリエステル
座面の高さ36cm
1位
ソファのタイプソファベッド
本体サイズ幅167㎝×奥行き72㎝×高さ75㎝(ベッド時:幅206㎝×奥行き102㎝×高さ49㎝)
収納形式引き出し
収納部の内寸幅×66奥行き37.5×高さ7㎝
クッション材ウレタンフォーム・シリコンフィル
衝撃吸収材ウェービングベルト・Sバネ
表面の素材合皮or布
座面の高さ37cm

人気収納付きソファの比較一覧表

商品画像
1
収納付きソファ ドリス ソファベッド ナトゥーラ 1枚目

ドリス

3
収納付きソファ ドリス ソファーベッド ラフォーレ 1枚目

ドリス

4
収納付きソファ モダンデコ ソファベッド massimo 1枚目

モダンデコ

5
収納付きソファ ドリス  ソファーベッド ベーネ 1枚目

ドリス

7
収納付きソファ 生駒 ソファーベッド コンフォルト 1枚目

生駒

9
収納付きソファ ドリス ソファーベッド フェリス 1枚目

ドリス

商品名

ソファベッド ナトゥーラ

ソファーベッド ラフォーレ

ソファベッド massimo

ソファーベッド ベーネ

ソファーベッド コンフォルト

ソファーベッド フェリス

特徴細部まで抜かりなし!ゆったりくつろげるクッション付き格納できるサイドテーブルが便利!コンパクトさも◎隠す&見せるのダブル収納。機能も見た目もいうことなし!コスパ抜群。お部屋にマッチしやすいシックなソファ男性におすすめのゆったりサイズ。ロータイプでも使用可能!豊富なカラーと収納力の高さで、お部屋をワンランクアップ!
最安値
34,990
送料別
詳細を見る
25,990
送料別
詳細を見る
36,990
送料要確認
詳細を見る
29,990
送料別
詳細を見る
ソファのタイプソファベッドソファベッドソファベッドソファベッドソファベッドソファベッド
本体サイズ幅167㎝×奥行き72㎝×高さ75㎝(ベッド時:幅206㎝×奥行き102㎝×高さ49㎝)幅140×奥行き71×高さ68cm(ベッド時:長さ178×幅92cm)幅157×奥行き75×高さ80.5cm(ベッド時:長さ190×幅100cm)幅174×奥行き73~93×高さ73cm(ベッド時:長さ174×幅93cm)幅150×奥行き105×高さ38cm(ベッド時:長さ192×幅104cm)幅193×奥行き49〜101×高さ77cm(ベッド時:長さ193×幅101cm)
収納形式引き出し引き出し引き出し+スツール+肘掛け部の棚引き出しスツール引き出し+スツール
収納部の内寸幅×66奥行き37.5×高さ7㎝幅60.5×奥行き37×高さ9.5cm引き出し:幅57.5×奥行き45×高さ9cm・スツール:幅43×奥行87×高さ12cm幅74×奥行き37.5×高さ7.5cm幅91×奥行き29×高さ14cm引き出し:幅62.5×奥行き37.5×高さ7.5cm(×2)・スツール:幅87.5×奥行き26.5×高さ15cm
クッション材ウレタンフォーム・シリコンフィルウレタンフォームウレタンフォームウレタンフォーム・シリコンフィルウレタンフォームウレタンフォーム
衝撃吸収材ウェービングベルト・Sバネウェービングベルト・Sバネ-ウェービングベルト・Sバネウェービングベルト・Sバネウェービングベルト・Sバネ
表面の素材合皮or布合皮or布合皮合皮or布合皮or布
座面の高さ37cm34cm37cm37cm38cm36cm
商品リンク

組み合わせるテーブルの高さに注意!

組み合わせるテーブルの高さに注意!

ソファとテーブルを併せて使いたいという場合は、ソファの座面の高さとテーブルの高さのバランスが重要です。ソファに座った時の沈み込みも考慮する必要があるので、なるべくならソファの後にテーブルを購入することをおすすめします。


ソファに座りながらテーブルで食事をしたり、パソコンや書き物などの作業をする場合は、座ったときのソファの座面プラス27〜30cmの高さのテーブルを合わせるのが理想。テーブルが低いと腰が曲がった状態になり、体勢を保つのが厳しくなってしまいます。


特に作業はせず、テーブル越しにテレビを見る場合などは、ソファの座面と同じくらい〜プラス5cmまでの高さのローテーブルを合わせると、視線が遮られず快適です。以下の記事ではおすすめのローテーブルを紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

まとめ

おすすめの収納付きソファをご紹介しましたが、いかがでしたか?ソファなどの家具は決してお安いものではありません。失敗しないためには事前の下調べがとても大切です。この記事を参考にして、スペースを上手に使った快適なお部屋づくりをしてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す