• 学童用反射テープのおすすめ人気ランキング7選【高輝度タイプも充実!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 学童用反射テープのおすすめ人気ランキング7選【高輝度タイプも充実!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 学童用反射テープのおすすめ人気ランキング7選【高輝度タイプも充実!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 学童用反射テープのおすすめ人気ランキング7選【高輝度タイプも充実!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 学童用反射テープのおすすめ人気ランキング7選【高輝度タイプも充実!】のアイキャッチ画像5枚目

学童用反射テープのおすすめ人気ランキング7選【高輝度タイプも充実!】

夜間の交通事故防止に役立つ、反射テープ(リフレクター)。身につけることで車両の運転者に自分の存在をアピールしやすくなる反射テープは、歩行者、特に子供たちの安全を守るために効果的なアイテムです。

反射テープがあれば、車からでも子供たちの姿が見つけられやすくなり、安全性は格段に高まります。今回は、そんな反射テープの選び方と、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します!ランドセルに貼れる柔らかいテープから、かわいいシールタイプまで、色々な種類の商品が登場しますよ。光をしっかり反射してくれる反射テープを有効利用して、しっかりと子供達の安全を守りたいですね!
  • 最終更新日:2019年03月29日
  • 9,438  views
目次

反射テープって本当に効果があるアイテムなの?

現在はゆとり教育からの転換で、小学生でも下校時刻が遅くなることも。学童クラブや部活があればなおのこと、夜道を歩く確率も上がります。塾やお稽古に通って帰りが遅くなる小学生もたくさんいますよね。反射テープは、身に着けておくことに損はないとは思いつつ、実際のところ、どのくらい効果があるの?という疑問をもつ保護者は大勢います。まずは、反射テープを身に着けることのメリットについて、データをもとに解説していきます。

反射材の着用でいち早く気づいてもらえる!

反射材の着用でいち早く気づいてもらえる!
ドライバーが危険に気づいてから「ブレーキを踏み、実際に車が止まるまで」には、およそ次のような距離が必要とされています。

・時速20km:8m  
・時速40km:20m  
・時速60km:37m

例えば時速40kmで走行中の車が歩行者に気づいてからブレーキを踏むまでに1秒かかれば、約11m進んでしまいます。そこに実際に止まるまでの20mが加われば、最終的に車は31mも進んでしまうことになりますね。また、自動車のヘッドライトがロービームの時、暗い色の服装の歩行者を視認できるのは、約26m~30m手前とされています。ここまでにお伝えした数値を踏まえると、ドライバーが歩行者に気づいてから実際に車が停止するのには、時速40kmでもギリギリとなることがわかります。

しかし、歩行者が反射材をつけていれば約60m~130m、つまり約2倍も手前の距離から視認できることが警察庁による研究でも明らかにされています。130m手前でドライバーが歩行者に気づいてくれれば、事故になる確率もグッと下がりますね。車が急には止まれないことは、これまでの調査でも明らかになっています。反射材の着用などでドライバーに歩行者の存在を知らせることが、夜間の事故を防ぐ何よりの対策となるわけです。

子供の下校時間帯は交通事故率が最も高い

交通事故の遭遇時間帯については、午後4時~6時の間で最も遭遇人数が多くなっています。この時間帯は、現在の小学生で考えると、4年生~6年生が帰宅する時間と重なります。塾やお稽古、学童クラブからの帰宅時間を考えると、ドンピシャの時間帯になりますね。

しかも、色と周囲の明るさの関係で見ると、実は日没15分前くらいが最も多くの色が見えにくい時間帯となり、交通事故も起きやすくなります。さらに、冬場は16時過ぎには日没手前となります。ですから、うちの子は日没前には帰宅するから大丈夫!と考えず、1つでも反射材をつけておくことが、交通事故防止の備えとなりますよ。ゲリラ豪雨の多い夏場であれば、豪雨の前の薄暗がりも危険です。できれば季節を問わず、子供の学用品には少なくとも1つは反射材をつけることをおすすめします。

学童用反射テープの選び方

子供、特に小学生が利用する学童用の反射テープを選ぶポイントには、ただ反射しやすいだけでない、いくつかのポイントがあります。ここからはまず、学童用に使う反射テープの上手な選び方をご紹介します。

反射テープの種類は大きく3つ

学童用に使える反射テープには、主に3つの種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、どこに貼り付けるのかなどを考えて、一番適したものを選びましょう。

柔軟性のある「普通反射タイプ」

柔軟性のある「普通反射タイプ」
普通反射タイプの製品は、やや厚めの両面テープ程度の柔らかさで、汎用性の高い種類です。平面はもちろんですが、曲面や凹凸面にも貼りやすいので、ランドセルなどに貼り付ける際に便利です。粘着力が高いテープも多いため、ランドセルに貼ったけれど、すぐに取れてしまった…ということもあまりないでしょう。

このタイプは軟質のフィルムを使用していることがほとんどなので、幅の太めのテープを購入すれば、子供が希望する形に切り取って貼り付けることも可能です。店舗などの屋外サインに使われていることが多いのも、この普通反射タイプのテープです。ただ3種類のテープの中では一番輝度が低いので、本当の夜道を歩くことが多い子には不向きかもしれません。

曲げにくいがとっても明るい!「高輝度反射タイプ」

曲げにくいがとっても明るい!「高輝度反射タイプ」
反射テープや反射材を見ていると、表面がツブツブ・キラキラしていることに気づいた方がいるかもしれませんね。あれは「カプセル構造」と言われるもので、反射材の輝度を上げるための工夫です。このカプセル構造により、高輝度反射テープは通常の普通反射テープに比べ、3倍も輝度が高くなっています。

ただカプセル構造にしているためにフィルム自身は硬くなり、テープを直角(90°)以上に折り曲げることはできません。子供の道具に貼り付ける際には、習字道具用のバッグや鍵盤ハーモニカケースなど、硬めの素材で折り曲げが起こりにくいものに貼ると良いでしょう。逆にランドセルのかぶせの部分などのように、折り曲げる機会の多い場所に貼るには不向きと言えます。

最も輝度の高い「超高輝度反射タイプ」

最も輝度の高い「超高輝度反射タイプ」
現在市販されている反射テープの種類の中で最も輝度が高く、広角性にも優れているのが、超高輝度反射テープです。こちらは高輝度反射テープの約3倍、普通反射テープの約9倍の輝度があります。本格的な夜道を歩くことが多い子はもちろん、一番事故が起こりやすい夕方の時間帯での視認率も一番高くなっています。

しかし、輝度が上がる=テープの柔軟性は下がるということなので、柔らかい素材への貼り付けには向きません。R(半径)が230以下の曲面に利用することは難しいと考えましょう。ただし、まっすぐな平面に利用する場合には大変有効に使えるので、貼り付ける場所を工夫すれば、非常に心強い明るさの反射テープとなります。一般的には、学童用に使う高輝度・超高輝度のテープは、シールやステッカーになっていることが多くなります。

「テープの色」で相手からの見えやすさが違う!

「テープの色」で相手からの見えやすさが違う!
信号の「止まれ」が赤色なのは、赤色の波長が長く、遠くまで色が伝わるからというのはよく言われることです。確かに赤色は昼間には目立つ色であり、ドライバーからもよく見えます。しかし、夕方~夜間となると、赤色も他の濃い色である黒や青・茶色・緑などと見えやすさは変わらなくなってしまいます。

逆に、昼間に反射し過ぎて目立ちにくい白は、夕方~夜間に最も目立ち、見えやすい色となります。明るめの黄色なども、白色と同じく、夕方~夜間に見えやすい色とされています。順番としては「白・明るい黄・明るい赤」の順に夕方や夜間でも見えやすくなります。子供が最もよく持っているランドセルはカラフルになってきたとは言え、今も黒・落ち着いた赤などが主流です。こうした普段の持ち物の色もかんがみて、反射材はできるだけ明度の高い色を選ぶようにすると良いでしょう。

防水性があれば反射の効果が持続しやすい!

防水性があれば反射の効果が持続しやすい!
小学生の特長と言えば、何と言っても「元気いっぱい」であることですね。これはとっても良いことなのですが、元気さゆえに、雨の日でも登下校で走ったり遊んだり…持ち物が風雨にさらされることが多いのもまた事実です。反射材の中には水がついたり、汚れがつくことで効果が弱くなってしまうものもあります。

子供が使うアイテムは、基本的に防水加工がされているか、という部分をチェックすることが大切。反射材も、防水性をチェックして、できれば汚れが付いたりしても洗濯・ふき取りができるものを選ぶと、長く使うことができて便利ですよ。

サイズもしっかり確認しよう

サイズもしっかり確認しよう
学童用に反射テープを使う場合、貼り付ける場所は「通学用カバン(ランドセル)」や「よく持ち歩く学用品(習字道具・水彩セット・楽器)」などに限られます。早々に暗くなる冬場であれば、いつも着ているアウターなどに貼り付けたいと思う保護者も多いかもしれませんね。

基本的に、反射テープの使用で、車に子どもの存在を気づかせたい注場合は、運転者の目線の位置にくる場所に反射テープを貼り付けると良いと言われています。ですからたくさん貼るよりも、要所に目立つように貼り付けるのが効果的。お子さんとどこに貼るかを話し合って、一番安全性が高くなる場所に、必要な大きさで貼れるようにしましょう。製品としては、テープタイプなら幅、シートやシールタイプなら縦と横サイズをよくチェックしておきましょう。

学童用反射テープのおすすめ人気ランキング7選

ここからは、学童用に使用できる反射テープのおすすめ製品7選をご紹介します。子供達がより安全に登下校できる、ぴったりの反射テープを見つけてくださいね!
7位

CAPTAIN88アイロン接着反射テープ 3cm幅×35cm巻き

466円 (税込)

種類普通反射
白色
防水性×……ただ洗濯は可能なので、汚れを落とすことはできる
サイズ3cm×35cm
6位

3M反射シート プリズム高輝度 白 2枚

RP45 WHI

358円 (税込)

種類高輝度 ※プリズムレンズ型反射シート
白色……赤・黄色の製品もあり
防水性○……雨に濡れてもOK、汚れはふき取れる
サイズ45mm×75mm
5位

ゼウスReflector sticker【海】反射シール

580円 (税込)

種類普通反射
白色
防水性○……傘などへの貼付けもOK
サイズ11cm~20cm ※必要に応じてシートをカットして使用
4位
種類高輝度
蛍光黄色
防水性○……雨に濡れてもOK、汚れはふき取れる
サイズ65mm×65mm
3位

KAWAGUCHI(カワグチ)反射シール ブルー

11-312

554円 (税込)

種類普通反射
白色
防水性×……水にたくさん濡れるのはNG。しずく程度ならOK。
サイズそれぞれのシールによって異なる
2位
種類普通反射
白色
防水性○……衣類などに付けた場合、洗濯もOK
サイズ25mm×1m
1位

3M反射テープ スタンダード 白

R25 WHI

326円 (税込)

種類普通反射 ※封入レンズ型反射シート
白色(同タイプで黄色・赤色あり)
防水性○……汚れはふき取りでOK
サイズ幅25mm×長さ1m

おすすめ人気学童用反射テープの比較一覧表

商品画像
1
学童反射テープ 3M 反射テープ スタンダード 白  1枚目

3M

2
学童反射テープ ニトムズ 防災反射テープ 1枚目

ニトムズ

3
学童反射テープ KAWAGUCHI(カワグチ) 反射シール ブルー  1枚目

KAWAGUCHI(カワグチ)

4
学童反射テープ XPDesign 反射シール 肉球 1枚目

XPDesign

5
学童反射テープ ゼウス Reflector sticker【海】反射シール 1枚目

ゼウス

6
学童反射テープ 3M 反射シート プリズム高輝度 白 2枚 1枚目

3M

7
学童反射テープ CAPTAIN88 アイロン接着反射テープ 3cm幅×35cm巻き 1枚目

CAPTAIN88

商品名

反射テープ スタンダード 白

防災反射テープ

反射シール ブルー

反射シール 肉球

Reflector sticker【海】反射シール

反射シート プリズム高輝度 白 2枚

アイロン接着反射テープ 3cm幅×35cm巻き

特徴反射テープで一番目立つ「白」が堂々の人気No.1!アイロンで簡単接着できる&強力反射で安全を守る!簡単接着でお手軽に使える反射シール扱いやすいシールタイプ&蛍光色で視認性高し!反射テープにもデザイン性を求めたい人におすすめ視認性の高さで人気!使いやすい3Mの反射シートアイロン接着で簡単!洗濯もできて衣料品へ付けやすい!
価格326円(税込)400円(税込)554円(税込)1,000円(税込)580円(税込)358円(税込)466円(税込)
種類普通反射 ※封入レンズ型反射シート普通反射普通反射高輝度普通反射高輝度 ※プリズムレンズ型反射シート普通反射
白色(同タイプで黄色・赤色あり)白色白色蛍光黄色白色白色……赤・黄色の製品もあり白色
防水性○……汚れはふき取りでOK○……衣類などに付けた場合、洗濯もOK×……水にたくさん濡れるのはNG。しずく程度ならOK。○……雨に濡れてもOK、汚れはふき取れる○……傘などへの貼付けもOK○……雨に濡れてもOK、汚れはふき取れる×……ただ洗濯は可能なので、汚れを落とすことはできる
サイズ幅25mm×長さ1m25mm×1mそれぞれのシールによって異なる65mm×65mm11cm~20cm ※必要に応じてシートをカットして使用45mm×75mm3cm×35cm
商品リンク

子供たちの安全をもっとサポート!

夜道には自動車の他にも危険がいっぱい!大切な子供たちの安全を守るため、防犯ブザー(防犯アラーム)も心強い味方となってくれます。

以下の記事では、そんな防犯ブザーのおすすめ商品を多数ご紹介しております。実際に使う機会は来て欲しくないものですが、備えておくに越したことはありません。こちらの記事も参考に、万が一の時にも使いやすい商品を選んであげてくださいね。

反射テープの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、反射テープのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

さて、ここまでにご紹介してきた学童用反射テープランキングはいかがでしたでしょうか。子供は時折、思わぬ行動をすることもあります。また、近年は高齢者ドライバーも増えていますので、歩行者・運転者ともに安全に配慮する必要が出てきています。

いつもの道で事故に遭ってしまうことのないように、お子さんを守る小さなボディガードとして反射テープを使い、安全な毎日を過ごしてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事